ボーンマス移籍のソランケ、デビューは2月か 指揮官が故障明かす2019.01.06 11:45 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボーンマスに所属するイングランド代表FWドメニク・ソランケのケガが判明した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。ソランケは今冬の移籍市場でリバプールからボーンマスに完全移籍。5日に行われたFAカップ3回戦のブライトン戦で早速ベンチ入りの可能性が浮上したが、姿はなかった。

1-3で敗れてFAカップ敗退が決まったエディ・ハウ監督は試合後、そのソランケの欠場理由について次のようにコメント。負傷を明かした。

「今の彼はハムストリングに問題がある。おそらく1月の大半を欠場することになるだろう。ひょっとしたら2月までかかる。我々はいくつかの検査を行った。小さなハムストリングの問題さ」

ボーンマスはプレミアリーグ第21節終了時点で8勝3分け10敗の12位。13日に行われる次節、エバートンとアウェイで対戦する。
コメント
関連ニュース
thumb

ナポリ、守備強化にアケを注視か

ナポリが、ボーンマスに所属するオランダ代表DFネイサン・アケ(24)に関心を寄せているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の情報を引用して『フットボール・イタリア』が伝えている。 母国フェイエノールト下部組織からチェルシーアカデミーに加入し、後にトップデビューを飾ったアケ。だが、世界的レベルの選手を揃えるチェルシーにおいて、若輩だったアケはポジションを掴むことはできずレンタル移籍を繰り返した。 そんな中、2016年夏からレンタル加入していたボーンマスで結果を残し完全移籍を勝ち取ると、今シーズンはここまでリーグ戦全31試合に出場。180cmと上背こそないものの高い身体能力とセントラルMFや左サイドバックでもプレー可能なスピード、ボールスキルを武器に総合力の高いセンターバックとして活躍している。 ナポリはそんなアケを高く評価。チェルシーからボーンマスへ加入した際の移籍金2280万ユーロ(約28億円)だったが、3000万ユーロ(約37億円)の評価額に上昇しているものの、守備強化を掲げるナポリが注視している模様だ。 だが、アケには、ナポリ同様に守備強化を目指すマンチェスター・ユナイテッドやトッテナムも獲得を狙っていることが伝えられている。そのため、2022年まで契約を残すアケを巡って、水面下で火花が散ることになりそうだ。 2019.03.23 21:34 Sat
twitterfacebook
thumb

リッチーの土壇場ボレー弾でニューカッスルが敵地でドロー…武藤は13試合ぶりにプレー《プレミアリーグ》

日本代表FW武藤嘉紀の所属するニューカッスルは、16日にプレミアリーグ第31節でボーンマスと対戦し、2-2の引き分けに終わった。武藤は82分からプレーした。 13位ニューカッスル(勝ち点34)が、12位のボーンマス(勝ち点37)のホームに乗り込んだ一戦。前節エバートンとの打ち合いを制したニューカッスルは、その試合から先発を3人変更。武藤は2試合ぶりのベンチ入りとなった。 試合は序盤から一進一退の攻防を繰り広げる。すると10分、ボーンマスはJ・キングのパスをボックス左手前で受けたフレイザーがそのままボックス内まで侵入しシュート。しかし、このシュートは右ポストに弾かれた。 膠着状態が続く一戦が動いたのは前半アディショナルタイム。ニューカッスルはボックス左手前でアルミロンがアイブに倒されFKを獲得。このFKをロンドンが直接ゴール左に突き刺した。 1点リードで前半を終えたニューカッスルだったが、後半開始早々に失点する。47分、右CKをボックス内で競り合ったF・フェルナンデスがアケを引き倒しPKを献上。これをJ・キングが確実に決めた。 開始早々の同点弾で主導権を握ったボーンマスは81分、途中出場のソランケが相手ボックス手前でボールを奪うと、ボックス内で相手DF4人を引きつけラストパスを供給。これをボックス中央に走り込んだJ・キングがゴールに流し込み、ホームチームが逆転に成功した。 逆転を許したニューカッスルは、82分にアルミロンを下げて武藤を、83分にディアメを下げてシェルヴェイをピッチに送り出す。すると、後半アディショナルタイムにドラマが待っていた。 後半アディショナルタイム4分、ルジューヌのパスを右サイド高い位置で受けたイェドリンがダイレクトで折り返すと、ファーサイドのリッチーが強烈なボレーシュートをゴールネットに突き刺し、ニューカッスルが土壇場で食らいつく。 結局、試合は2-2のままタイムアップ。リッチーの土壇場弾でドローに持ち込んだニューカッスルが、敵地で勝ち点1を獲得した。 2019.03.17 02:14 Sun
twitterfacebook
thumb

ボーンマスがウェールズ代表MFブルックスとの契約延長を発表!

ボーンマスは4日、ウェールズ代表MFデイビッド・ブルックス(21)との契約延長を発表した。なお、契約期間は長期とのみ伝えられている。 シェフィールド・ユナイテッド出身のブルックスは2018年夏にボーンマスに加入。シェフィールド・Uでは主に攻撃的MFを主戦場にしていたが、エディ・ハウ監督率いるボーンマスでは主に右ウイングで起用されるようになり、ここまでリーグ戦23試合で6ゴール4アシストを記録している。 新契約にサインしたブルックスは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「クラブと新たな契約についての話し合いにはそれほど時間がかからなかった。ボーンマスとの契約延長は僕も望んでいたことだからね」 2019.03.05 01:00 Tue
twitterfacebook
thumb

負傷デ・ブライネの代役マフレズが決勝ゴール! シティ、ボーンマス下してリーグ5連勝《プレミアリーグ》

マンチェスター・シティは2日、プレミアリーグ第29節でボーンマスと対戦し、1-0で勝利した。 2位のシティ(勝ち点68)が12位ボーンマス(勝ち点34)のホーム、ヴァイタリティ・スタジアムに乗り込んだ一戦。現在公式戦7連勝中のシティは、先月24日に行われたEFLカップでチェルシーをPK戦の末に下して2連覇。前節のウェストハム戦では、ホームで圧倒的な成績を残すアグエロのゴールで1-0で勝利した。リーグ戦5連勝を目指す今節は、ウェストハム戦からスタメンを4選手変更。ダニーロ、コンパニ、マフレズ、ザネに代わり、ウォーカー、ジンチェンコ、スターリング、ベルナルド・シウバが起用された。 序盤からボーンマスを圧倒するシティ。8割を超えるポゼッションの中で次々とチャンスを演出していく。決定機となったのは19分、ベルナルド・シウバの縦パスを受けて右サイドの空いたスペースを突いたデ・ブライネがグラウンダーで中へ折り返す。ここに走り込んだシルバがダイレクトで狙ったが、左足のシュートは惜しくも枠の右に外れた。 その後も相手に攻撃の隙を与えないまま多彩な攻撃で崩しにかかるシティだが、シルバやアグエロ、オタメンディらがゴールに迫るものの、シュートを枠に飛ばすことが出来ない。 前節同様に難しい展開が予想されるシティにアクシデントが襲う。デ・ブライネが足を痛めでマフレズと負傷交代を余儀なくされてしまった。 嫌な流れのまま後半に向かったシティは48分にストーンズを下げてコンパニを投入。50分にはカウンターからスターリングにチャンスが訪れるが、ボックス左で相手に捕まってしまった。 このままズルズルいくかに思われたが、55分にこじ開けた。左サイドのジンチェンコの仕掛けからボックス中央でボールを持ったシルバが右のマフレズに渡すと、マフレズは角度の無い所からGKポルツの守るゴールのニアを右足で打ち抜いてネットを揺らした。 徐々にギアを上げてきたシティは69分、左サイドのスペースを突いたスターリングのパスを受けたアグエロがボックス中央で出来に囲まれながらも右足アウトフロントでゴールを狙う。ゴール左隅を狙った巧みなシュートだったが、GKポルツが横っ飛びでキャッチした。 77分には、ボーンマスのセンターバックの処理ミスからスターリングにビッグチャンス。GKと一対一になったが、大きくバウンドしたところをGKポルツにパンチングで跳ね返された。81分には、アグエロがボックス外からポルツの頭上を抜くループシュートを狙ったがクロスバーに嫌われた。 結局、追加点は生まれなかったものの、シティが2試合連続1-0で勝利。負傷したデ・ブライネの代わりに投入されたマフレズが決勝ゴールを決めて、リーグ戦5連勝を飾った。 2019.03.03 01:57 Sun
twitterfacebook
thumb

元チェルシーのアケ「モウリーニョに心を壊された」

ボーンマスに所属するオランダ代表MFネイサン・アケが、チェルシー時代にジョゼ・モウリーニョ監督に「心を壊された」と語っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 2017年夏にチェルシーからボーンマスに完全移籍したアケは、2011年にフェイエノールトの下部組織からチェルシーの下部組織へ渡り成長を続けてきた。 チェルシーといえば、育成組織に多くの有能な若手を抱えているものの、そのほとんどがトップチームで出番を与えてもらえず、毎年大勢の選手が他クラブへレンタル移籍している。アケもその一人で、2015年からレディングやワトフォードにレンタル、2016年夏からは現所属のボーンマスにレンタルしていた。 2012-13シーズンに、シーズン途中に就任したラファエル・ベニテス監督暫定監督の下でトップチームに引き上げられたが、翌13-14シーズンから指揮を執ったジョゼ・モウリーニョ監督にリザーブチームに戻され、それ以降は数える程しか出場機会を与えられずに他クラブへと移籍。イギリス『テレグラフ』のインタビューでチェルシー在籍時をアケは以下のように振り返った。 「僕はラファエル・ベニテス監督の下で、チェルシーのトップチームに上がった。だけど、シーズン終了後にジョゼ・モウリーニョが監督に就任すると、僕は練習に参加できなくなりセカンドチームに落とされたんだ。最もショックな出来事のひとつだね。かなり心が折れたよ」 2019.03.02 23:48 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース