セルティック、WBAから21歳のスコットランド代表MFをレンタルで獲得2019.01.05 21:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セルティックは5日、WBAからスコットランド代表MFオリヴァー・バーク(21)をレンタルで獲得したことを発表した。移籍期間は今シーズン終了時まで。

ノッティンガムでプロキャリアをスタートさせたバークは、2016年8月にライプツィヒへ完全移籍。2017年8月にWBAに活躍の場を移し、今シーズンはここまで公式戦11試合4ゴール3アシストを記録していた。
コメント
関連ニュース
thumb

レスター、ロジャーズとコーチングスタッフの招へいに13億超の違約金をセルティックに支払う

元日本代表FW岡崎慎司の所属するレスター・シティは、新監督に就任したブレンダン・ロジャーズ監督の招へいに際しセルティックへ多額の違約金を支払ったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 レスターは、2月23日に行われたプレミアリーグ第27節クリスタル・パレス戦で大敗を喫し、6戦未勝利(1分け5敗)となった後、同24日にクロード・ピュエル前監督の解任を発表。後任としてセルティックで2年連続国内3冠を達成したロジャーズ監督を招へいした。 伝えられるところによると、レスターはセルティックとの契約を2021年6月まで残していたロジャーズ監督の違約金600万ポンド(約8億9000万円)に加え、コーチングスタッフの違約金300万ポンド(約4億4500万円)を合わせた総額900万ポンド(約13億3500万円)を支払われたとのことだ。 ロジャーズ監督は、初陣となった3日の第29節ワトフォード戦では黒星を喫したが、9日に行われた第30節のフルアム戦で新体制勝利を飾った。なお、レスターは16日にプレミアリーグ第31節でバーンリーとのアウェイ戦に臨む。 2019.03.15 01:10 Fri
twitterfacebook
thumb

レスター初陣前のロジャーズ監督、古巣愛を語る「セルティックに戻る可能性はある」

レスター・シティの新監督に就任したブレンダン・ロジャーズ新監督が、古巣への愛情を示している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 レスターは2月26日、クロード・ピュエル前監督の後任にロジャーズ監督を招へいしたことを発表。ロジャーズ監督は2016-17シーズンから指揮を執り、リーグ無敗優勝や16年ぶりの国内3冠を達成したセルティックを、シーズン途中に離れることとなった。 この人事に、セルティックの一部サポーターは怒りを露わに。ニール・レノン暫定監督が指揮を執った2月27日のスコティッシュ・プレミアリーグ第28節ハート戦では、「ロジャーズは詐欺師」というバナーが掲げられ、「死ぬことを願う」という呪詛めいたチャントがこだました。 しかし、ロジャーズ監督は3月3日に控える新天地での初陣、プレミアリーグ第29節ワトフォード戦を前にして、古巣への愛を強調。将来的な復帰を夢見ていると明かした。 「二度とあそこに戻れないとしたら、私は非常に、非常にがっかりする」 「あそこに全てを投じたのに、二度とやれないとしたら本当に失望するだろう」 「再びスコットランドで働くかって? もちろんそうする」 「私はあそこでの毎秒を愛していた。10年以内に落ち着けば、セルティックに戻る可能性があるかもしれない」 「(監督として戻りたいという意味かという問いに対し)イエス、絶対的に。100%だ」 2019.03.02 19:00 Sat
twitterfacebook
thumb

レスターを選んだロジャースに古巣ファンが恨み節「セルティックの人間ではない…あなたは詐欺師」

レスターがブレンダン・ロジャース監督を招へいし、プレミアリーグ第28節ブライトン戦で2-1の勝利を収めた。その一方で、契約期間中で指揮官ロジャーズを引き抜かれた形になったセルティックのサポーターが、元指揮官に皮肉のアピールを行った。<br><br>現地時間27日に行われたスコティッシュ・プレミアリーグ第28節ハートvsセルティックは、セルティックの暫定監督であるニール・レノンの復帰戦初陣となった。<br><br>試合は1-1で迎えた後半アディショナルタイムにオドソンヌ・エドゥアールが土壇場で勝ち越しゴールを決め、セルティックが1-2で勝利を収めている。<br><br>だが、この試合ではセルティックサポーターが、ロジャーズに対する辛らつなバナーを掲げたことでも話題となっている。<br><br>「ロジャーズは永遠の愛よりも平凡なものを選んだ。あなたはセルティックの人間ではない。ただの詐欺師」<br><br>レスターはクロード・ピュエルを更迭し、セルティックとの契約期間中だったロジャーズを引き抜き、新監督として招いた。<br><br>セルティックは2014年まで率いたレノン監督を5年ぶりに呼び寄せた形になった。だが、セルティックサポーターからして、レスターからオファーを受けるとともにスコットランドの地からイングランドへと主戦場を変えたロジャーズに対し、恨みとも取れる複雑な感情を抱いているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.28 20:30 Thu
twitterfacebook
thumb

DF最高額の男ファン・ダイク、セルティック移籍時から怪物だった!

セルティックを率いるニール・レノン監督がリバプールに所属するオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク(27)の獲得逸話を明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ファン・ダイクはフローニンヘンでプロデビュー後、2013年6月にセルティック移籍。その当時の移籍金は174万ポンド(約2億5000万円)だった。そして、2015年9月のサウサンプトンへ。2018年1月に現所属のリバプールに加入した。 そのリバプール加入時の移籍金はDF史上最高額の7500万ポンド(現在のレートで約110億4000万円)。だが、ピッチ上でも堂々たるパフォーマンスを続けており、現フットボール界指折りのセンターバックとしての呼び声も高まっている。 今冬にセルティック監督復帰を果たしたレノン監督は、自身の第一政権下に獲得したファン・ダイクにまつわるエピソードを次のように回想。獲得に動いた舞台裏や、当時のファン・ダイクに抱いた印象を語った。 「傑出していたよ。スカウト陣から彼のビデオを見させてもらったとき、『次のリオ・ファーディナンドになれる』と思った」 「ただ、彼を視察するためにアヤックス戦を観に行ったとき、何かしらの問題があるんじゃないかと思った」 「周りを見回しながら考えた。『何故、ここに他のスカウトがいないんだ?』ってね」 「急いで契約をまとめる必要があった。で、彼を200万ユーロ(約2億5000万円)で獲得したのさ」 「彼はトレーニング初日からアンビリーバブルだった。全てを兼ね備えていたよ。だから、その初日にこう言った。『ここで楽しめ。息子よ。君はここに長くいない』とね」 「だから、彼があんなにも長くスコットランドにいたことに驚いたよ。サウサンプトンは賢明だったね」 「ただ、ビッグクラブのどこからも問い合わせがなかったも驚きだった。レアル・マドリーやバルセロナでもプレーできる力があったのに」 2019.02.28 16:15 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナルが21歳スコットランド代表左SBに関心 36億円用意か

アーセナルが、セルティックに所属するスコットランド代表DFキーラン・ティアニー(21)に関心を示しているようだ。スコットランド版『サン』が伝えている。 セルティックの下部組織出身のティアニーは2015年4月にトップチームデビュー。ポジションは左サイドバックで、鋭い縦への突破からのアシストが印象的だ。また、左足には大砲を備えており、2017年8月に行われたキルマーノック戦では36メートルの距離から強烈なミドルシュートを決めている。同じレフティでかつてセルティックで活躍した中村俊輔を憧れと語る将来有望な若手だ。 アーセナルは2年ほど前からティアニーに注目していたようで、左サイドバックの獲得を狙うウナイ・エメリ監督の意向もあってか、今夏に2500万ポンド(約36億5000万円)のオファーを出すと見られている。 エバートンも獲得を狙っているとされるティアニーの契約は2023年まで。今季は4試合連続アシストを記録するなどその評価を高めているが、21歳の逸材は今夏、ステップアップを果たすことになるのだろうか。 2019.02.27 16:18 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース