あと3つ、過去最高へ復興への思いを胸に尚志が挑むベスト4《全国高校サッカー選手権》2019.01.05 12:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
平成最後の全国高校サッカー選手権大会もベスト8が決定した。

今大会も全国から強豪校が多く出場した大会だったが、ベスト8に残った顔ぶれを見ると優勝経験がある学校は2校。前々回大会の第95回大会(2016年度)で優勝した青森山田高校(青森県)と、現在は大宮アルディージャでプレーするFW大前元紀を擁した第86回大会(2007年度)に優勝した流通経済大学柏高校(千葉県)のみだ。

8校中6校が初優勝を目指すこととなる今大会。その中でも強い想いをもって臨んでいる学校がある。それが、福島県代表の尚志高校だ。
(C)CWS Brains,LTD.

「がんばろーぜ、がんばろーぜ、尚志高校」。試合前、選手たちが手を繋ぎ、円陣を組んでこう歌いながらジャンプする。同じ目標に向かって、チームが1つになり、士気を上げる儀式だ。

福島県代表として5年連続10回目の出場となった尚志。これまでの最高位はベスト4だ。そのベスト4の結果を残したのは第90回大会(2011年度)、未曾有の被害を生んだ東日本大震災の年に開催された大会だ。

当時は準決勝で日本代表FW浅野拓磨(ハノーファー)を擁した四日市中央工業高校(三重県)に1-6と大敗。創部からチームを率いる仲村浩二監督は、現在のチームを「震災後初めてこういった状況になっている」とコメントした。

2018年のチームはJFA U-18サッカープレミアリーグの参入を争うまでに成長。そして、JFAアカデミー福島U-18、横浜F・マリノスユースを倒し、見事に2019年のプレミアリーグ参入を決めた。そのチームのテーマは、「頼らない」サッカーだ。

今大会の尚志は、U-17日本代表のFW染野唯月や突破力が売りのFW加瀬直輝、そして左足から高精度のキックを繰り出すDF沼田皇海(すかい)らタレントが揃っている。しかし、そんなタレントに依存することなく、監督の言葉通り分厚い選手層で勝ち上がってきた。

初戦の神村学園高校(鹿児島県)は前半をゴールレスで終えると、後半早々に投入されたMF伊藤綾汰が55分にゴール。しかし、後半アディショナルタイムにDF隈元聖也に直接FKを決められてしまい、PK戦にもつれ込む。しかし、仲村監督は同点に追いつかれた後にGKを鈴木康洋へと交代。その鈴木は、神村学園の2人目のシュートをストップ。チームに勝利をもたらせた。
(C)CWS Brains,LTD.

2回戦は、初戦で0-4と快勝を飾った優勝候補の一角であり、前回大会の1回戦で敗れた東福岡高校(福岡県)を相手に0-2と勝利。守備陣は強力な東福岡攻撃陣を抑え、攻撃面では前後半に1点ずつを奪い、見事前年のリベンジを達成した。

そして3回戦は、前回王者の前橋育英高校(群馬県)が相手。優勝候補との対戦が続いたものの、0-0で迎えた後半に沼田が直接FKを沈めて先制。さらに加藤の突破から染野が落ち着いて流し込んでリードを広げ、1-2で勝利した。
(C)CWS Brains,LTD.

試合後、チームについて聞かれた仲村監督は「誰に頼ることないチーム」とコメント。これまでの得点者が全て違うこともさながら、前半から選手を交代させたり、後半の選手交代で流れを掴んでいることからも、チームとして11人以上の力を持っていることを示している。
(C)CWS Brains,LTD.

また、指揮官と選手の信頼も厚い。0-1で迎えた51分、サイドでクロスボールのルーズボールを加藤が拾うと、仲村監督は「行け」と仕掛けることをベンチから指示。その言葉通り、加藤がドリブルを仕掛けDFをかわし、最後は染野が落ち着いてゴールを決めた。このシーンについては、「『行けという言葉が聞こえた』と言ってました」と仲村監督が明かし、加藤が監督の言葉に背中を押されて貴重な追加点を生み出したと言えるだろう。チームとしての信頼があることがうかがえた。
(C)CWS Brains,LTD.

東日本大震災から7年半が経過。尚志がベスト4の結果を残してから、丸7年を迎えようとしている中、2018年は福島県にとっては大きな転機となった。最も大きなものは、震災以降営業を停止していたJヴィレッジ(福島県双葉郡)が営業を再開したこと。かつては日本代表のトレーニングキャンプでも使用されたナショナルトレーニングセンターが、2018年7月28日に7年4カ月ぶりに営業を再開した。

尚志は、2018年10月に行われたJヴィレッジ営業再開後初となる国際大会に出場。そして、そのJヴィレッジに尚志は感謝している。「2018年はJヴィレッジが復活した。素晴らしい施設、そして天然芝で私たちは好き勝手にやらせて貰った」と仲村監督が語った。
(C)CWS Brains,LTD.

福島県にとって復興のシンボルとなるJヴィレッジが復活。そして、震災の翌年に行われた選手権でベスト4の結果を残した尚志が、今大会でその記録に追いつき、追い越そうとしている。「全部が決勝戦」と語る仲村監督。その仲村監督が1つのチームとして作り上げた尚志が、一戦必勝で挑む頂点まではあと「3」つだ。
《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》
コメント
関連ニュース
thumb

日本高校サッカー選抜候補メンバーが発表! 選手権優勝の青森山田から7名が選出

日本サッカー協会(JFA)は22日、日本高校サッカー選抜候補メンバーを発表した。 今回のメンバーには、見事に優勝を果たした青森山田高校のキャプテンGK飯田雅浩やMF天笠泰輝、MF檀崎竜孔、MFバスケス・バイロンら7名が最多選出。そのほか、準優勝の流通経済大学柏からは2名、ベスト4の尚志からは3名が選出。また、全国高校サッカー選手権に出場していない市立船橋からは3名が選出されている。 日本高校サッカー選抜は、1月24〜27日、2月13〜15日に選考合宿を実施。2月16日に埼玉スタジアム2002で行われる「FUJI XEROX SUPER CUP 2019」の川崎フロンターレvs浦和レッズの前に行われる 「NEXT GENERATION MATCH」に出場。また、3月には強化合宿と欧州遠征強化合宿、4月13日〜24日にかけては欧州遠征をおこない、第57回デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会に参加する。 ◆日本高校サッカー選抜候補メンバ- GK 1.飯田雅浩(青森山田/3年) 2.八井田舜(岡山学芸館/3年) 3.松田亮(東福岡/3年) DF 4.豊島基矢(青森山田/3年) 5.フォファナ・マリック(尚志/3年) 6.後藤裕二(矢板中央/3年) 7.白井陽貴(矢板中央/3年) 8.中田青(富山第一/3年) 9.西田翔央(東福岡/3年) 10.吉村仁志(大津/3年) MF 11.天笠泰輝(青森山田/3年) 12.武田英寿(青森山田/2年) 13.檀崎竜孔(青森山田/3年) 14.バスケス・バイロン(青森山田/3年) 15.熊澤和希(流通経済大柏/3年) 16.藤井海和(流通経済大柏/1年) 17.谷内田哲平(帝京長岡/2年) 18.水野雄太(大津/3年) FW 19.佐々木銀士(青森山田/3年) 20.染野唯月(尚志/2年) 21.伊藤綾汰(尚志/3年) 22.大崎舜(大津/3年) 23.宮崎純真(山梨学院/3年) 24.大石悠介(山梨学院/3年) 25.岡井駿典(市立船橋/3年) 26.松尾勇佑(市立船橋/3年) 27.鈴木唯人(市立船橋/2年) 28.須藤直輝(昌平/1年) 2019.01.22 17:00 Tue
twitterfacebook
thumb

2得点で優勝に導いた青森山田MF檀崎竜孔「後悔なく終われる」…内定先の札幌についても言及《全国高校サッカー選手権》

14日に埼玉スタジアム2002で行われた第97回全国高等学校サッカー選手権大会決勝の青森山田高校(青森)vs流通経済大学付属柏高校(千葉)は、青森山田が3-1の勝利を収め、優勝を果たした。 試合後、2得点で優勝に導いた北海道コンサドーレ入団内定の青森山田MF檀崎竜孔が、ミックスゾーンでの取材に応対。 ◆MF檀崎竜孔(青森山田高校・3年) ──ご自身が1年時に優勝した先輩を目にしていたが、それはどんな意味があったか 「入学当初からその学年に似ていると言われていた中で、なかなかチームが一つにまとまらなかったですけど、最後の大会で有終の美を飾るために1人1人がチームのために1つの方向に向かってやれたというのがこの結果につながったと思います」 ──プロ内定選手と周囲に知られている中でこの大会に臨んだが、注目される中でのプレッシャーなどはあったか 「最初あまり結果を残すことができなかったですけど、最後はという思いはありました。結果として決勝で2得点を決めれたことは仲間に感謝したいですし、後悔なく終われる大会でした」 ──来年から北海道コンサドーレ札幌でプレーするが、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督にどういうイメージを持っているか 「本当に面白いサッカーをするなと思っています。僕も攻撃的な選手なので、ああいうのはやってみたいサッカーです。あの監督の下で磨きをかけたいです」 ──どういうところを伸ばしていきたいか 「まずは自分を知ってもらうために、これからキャンプもありますけど積極的にやっていきたいです。その中でチームのコンセプトを徹底できる選手になりたいです」 「僕は体が細いのでフィジカル面の強化は必要だと思います。太くしないと、プロの世界では潰れてケガして終わりだと思うので、そういうところをまず作っていきたいです」 「まずは試合に出ることが第一目標ですけど、そうしないと代表にも呼ばれないと思うので、開幕スタメンを狙うくらいの気持ちを持って取り組んでいきたいです」 ──監督はこのチームを「やんちゃなチーム」と言っていたが 「2年前に優勝した世代と似ていると言われてきましたけど、1人1人の個性が強い中、自己主張が強かったりするところはありました。そういう人たちが1つの方向に向かってやっていければこのように大きい力になり、こういう結果を手に入れることができました。信じてやってきて良かったです」 ──高校生活を振り返って 「いろいろなことを我慢してやってきた成果がこういうタイトルにつながりました。6年間辛いことがありましたけど良かったかなと思います」 ──試合が終わった瞬間に何が目に入って、どう思ったか 「やはり仲間の顔と、親ですね。自分はいろいろな人に支えられて今の自分がいます。ありがとうございましたと伝えたいですね」 2019.01.14 22:15 Mon
twitterfacebook
thumb

準決勝に続く途中出場でのゴール…青森山田FW小松慧、勝負強さについて言及《全国高校サッカー選手権》

14日に埼玉スタジアム2002で行われた第97回全国高等学校サッカー選手権大会決勝の青森山田高校(青森)vs流通経済大学付属柏高校(千葉)は、青森山田が3-1の勝利を収め、優勝を果たした。 試合後、準決勝に続き途中出場でゴール(3点目)を決めた青森山田FW小松慧が、ミックスゾーンでの取材に応対。その勝負強さについて自身なりの考えを明かした。 ◆FW小松慧(青森山田高校・3年) ──今後について 「今日は今日で優勝できたことは嬉しいですけど、優勝したからプロになれる訳でもなく、ゴールを決めたからプロになれる訳ではありません。全体的にまだまだ上手くならないとプロになれないと思いますけど、自分のストロングを失わずに足りないものを埋めていきたいです」 ──進路は 「静岡県の常葉大学です」 ──高校サッカーを振り返って 「自分はいろいろな人に支えられてきました。みんなそうやって言うと思いますけど、自分は本当にいろいろな人に支えられました。自分が辛い時は土屋(雅史)さんが試合に出ていないのに声をかけてくれて、そういうのが自分は頑張るモチベーションにつながっていました」 「やはり取材は活躍した選手にしかしないと思いますし、青森山田だと檀崎(竜孔)や(三國)ケネディ(エブス)、飯田(雅浩)って中心選手が決まってきます。でも、それを今まで見てきていや俺もって思っていましたし、インタビューしてくれと思っていました。ただ、今の自分はその土俵にいないんだなとハッキリ分かったので、そこでピックアップされるように上がっていってやろうという気持ちが反骨心になっていました」 「そういう意味ではいろいろな人に支えられてきたなと思います」 ──今日のゴールはファーストタッチだったか 「だったと思います」 ──準決勝でも途中出場してすぐにゴールを決めたが、短時間で結果を残す秘訣は 「自分は埼玉県出身で、越谷サンシンサッカースポーツ少年団というところで小学校5年生からサッカーを始めました。その時はへたくそ過ぎてどうしようもなんない自分を監督は、6年生のチームに出してくれて、自分のスピードと体格を武器にFWとして生き残るための術を教えてもらった2年間でした」 「その時にゴールを取る嬉しさを学びましたし、他のポジションもやりましたけど、全然つまらなかったです。ゴールネットを揺らすということだけが自分の仕事だし、それだけのために生きているようなもんです。ゴールを奪えないFWは、必要じゃないというか、存在価値を見出せないですし、そういう想いでいつもゴールばっかりめがけてやってきました」 「それが裏目に出る時もありましたけど、そういう経験を経て、自分が残り何分で何をしなくてはいけないかやチームでやるべきことを頭に入れつつ、心の中では『絶対に点を取る』という気持ちをいつも持っています。それが一番大事かなと思います」 ──今大会の準決勝、決勝以外で持ってるなというようなゴールはあったか 「特にないですけど、中学校の時は延長後半ロスタイムに全国大会出場を決めるゴールを決めたりというのはありました。ただ、自分でもやれると信じていますし、仲間からもお前ならやってくれると思ってたとよく言われます。絶対にそこはみんなに言われますね。自分ではよくわからないですけど」 2019.01.14 22:13 Mon
twitterfacebook
thumb

昨年12月の主将変更…檀崎から引き継いだ青森山田主将GK飯田雅浩、「優勝チームのキャプテンになったが…」《全国高校サッカー選手権》

14日に埼玉スタジアム2002で行われた第97回全国高等学校サッカー選手権大会決勝の青森山田高校(青森)vs流通経済大学付属柏高校(千葉)は、青森山田が3-1の勝利を収め、優勝を果たした。 試合後、青森山田高校のキャプテンを務めるGK飯田雅浩がミックスゾーンでの取材に応対。昨年12月のキャプテン変更を振り返り、MF檀崎竜孔から引き継いで成長した部分や檀崎への感謝を告げた。 ◆GK飯田雅浩(青森山田高校・3年) ──昨年12月にMF檀崎竜孔からキャプテンが自身に。檀崎への想いは 「自分が優勝チームのキャプテンになりましたけど、これまでまとめてきたのは檀崎だと思っています。自分も檀崎に感謝しなくてはいけないですし、檀崎とは練習からぶつかる場面も多くありましたけど、2人で話し合いながらチームの中心・核となってやっていこうと話していました」 「2年生の時には僕と檀崎しか試合に出ていませんでしたし、新チームになった時からそう話していました」 ──例えばどんな話があったか 「普段ミーティングがありましたけど、僕が副キャプテンの時は自分がミーティングに積極的に参加するという感じではありませんでした。その協力的でなかった部分は檀崎から指摘されました。プレーの面ではあまりないですけど、これからどうやってこのチームを強くしていくのかというのを一緒に話していました」 ──自身がキャプテンになって変わったことは 「自分のことよりもチームを第一にするというのは変わりました。副キャプテンをやっていた頃は、自分のプレーに集中していましたけど、キャプテンになってからは自分のことだけではダメですし、チームのことを第一に行動するようになりました。あとは、自分が責任を持って行動しなくてはいけないなと感じました」 ──選手権予選の後からこれまでチームが大きく変わったという実感はあるか 「僕も日頃から時間がないという話はみんなにしていましたし、チーム内でのミーティングを含めて檀崎たちを中心に話し合えたのはすごく良かったです。監督やコーチから言われていることだけでなく、プラスアルファで何ができるかという話をしていましたし、それが今日の試合でも臨機応変さが出たのかなと思います」 ──ここまでに逆境はあったと思うが、そういうのが力になったという想いはあるか 「本当一番忘れられない試合が自分にあって、それは2年生の時に出ていたプレミアリーグ最終節のFC東京U-18戦です。勝てば優勝が決まるという試合でしたけど、自分のミスも含めて3失点してしまい、2-3で負けてしまいました。2年生で責任を感じましたし、大久保コーチとも話して『来年イチから頑張ろう』と話をしました。あのFC東京戦は絶対に忘れられないです」 2019.01.14 22:12 Mon
twitterfacebook
thumb

どん底の2年間を経て最高の1年に! 2点目演出の青森山田MFバスケス・バイロン「嘘偽りなく頑張ってきて良かった」《全国高校サッカー選手権》

14日に埼玉スタジアム2002で行われた第97回全国高等学校サッカー選手権大会決勝の青森山田高校(青森)vs流通経済大学付属柏高校(千葉)は、青森山田が3-1の勝利を収め、優勝を果たした。 試合後、鋭いドリブルから2点目をアシストしたいわきFCへの加入が決定している青森山田高校のMFバスケス・バイロンがミックスゾーンでの取材に応対。2年間試合に出ることができなかったところから名門校の右サイドを務めるまでなった成長に「嘘偽りなく頑張ってきて良かった」と語った。 ◆MFバスケス・バイロン(青森山田高校・3年) ──2点目のドリブルシーンについて 「自分の得意な切り返しなので、見事相手が引っかかってくれて監督からも『切り返しはどんどんひっかかる』と言われていて、自分も自信持って楽しくやっていました。本当に2点目が入ってよかったです」 ──緊張とかはなかったか 「いや、特になかったです。ピッチに立った時すごく人も多くて、楽しかったです」 ──地元・埼玉でのプレーとなったが 「そうですね。小学校や中学校の時にいろいろお世話になった人が観に来てくれました。応援メッセージとかもいっぱい貰っていたので、昨日のサッカーノートにも書きましたけど、みんなが応援してくれているということを胸に入れてました」 ──サッカーノートは何冊目か 「2冊目で今日書いてちょうど終わるくらいです」 ──選手権中も書いていたのか 「書いていました。昨日も自分の想いをびっしり書いて今日臨みました」 ──今日書きたいことは 「今日の試合を振り返って、そしてこの1年間を自分の中で総括したいです。次のステージは福島県のいわき(いわきFC)でやるんですけど、それまでは少し頭を整理したいです。やっと日本一という偉業を成し遂げることができたので、まずはまだ実感が沸いてこないので、いっぱい優勝を味わいたいです」 ──高校の頂点に立って、自身の成長はどのように感じるか 「2年間は何も試合に出ることができず、どん底に落ちてすごく苦しかったです。3年生になって自覚も出てきて、サッカーノートも書き始めて、プロの夢を持っていて自分が変わらなきゃいけないと努力をしてきたつもりです。1年間ずっとサッカーノートを書いていますけど、本当に長いようで短い1年間でした。嘘偽りなく、いろいろなことを頑張ってきて良かったなと思います」 2019.01.14 22:11 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース