トゥールーズが日本代表DF昌子源の正式加入を発表! 契約は2022年までで背番号は「3」2019.01.04 21:45 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トゥールーズは4日、鹿島アントラーズに所属していた日本代表DF昌子源(26)と2022年までの契約を結んだことを発表。背番号3を与えることも伝えている。

昌子は、米子北高校から2011年に鹿島へと入団。プロ4年目の2014年にレギュラーポジションを掴むと、ディフェンスリーダーとしてチームを支え6つのタイトル獲得に貢献。また、個人としては2016年、2017年にはJリーグベストイレブンを獲得した。通算では、J1リーグ157試合8得点、リーグカップ19試合1得点、天皇杯15試合2得点、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)22試合の出場を記録している。

また、ロシア・ワールドカップ(W杯)に臨んだ日本代表ではレギュラーセンターバックとして活躍。ベスト16進出に大きく貢献していた。

先日には、鹿島側がトゥールーズへの完全移籍が合意に達したこと発表。フランスでのメディカルチェック後に正式契約を結ぶとしていた。

トゥールーズは、公式サイト上に「クラブそしてサポーター一同、TFC(トゥールーズフットボールクラブの省略名)はクラブ史上初の日本人プレーヤーとなる昌子源選手の加入を歓迎します」という文章を掲載し、歓迎の意を示した。また、昌子を紹介するPVも掲載されており、最後には本人が「俺が本当の日本を見せてやる」と一言。期待値の高さを窺わせる作りとなっている。
コメント
関連ニュース
thumb

デンバ・バがイスタンブールBBへ 昨夏に上海申花復帰

イスタンブール・バシャクシェヒルは22日、上海申花に所属する元セネガル代表FWデンバ・バ(33)の加入を発表した。 デンバ・バは2005年にフランスでプロデビュー後、ホッフェンハイムやウェストハム、ニューカッスル、チェルシー、ベシクタシュ、上海申花、ギョズテペを転々。昨年6月に上海申花復帰を果たすと、中国スーパーリーグ17試合5得点2アシストを記録した。 イスタンブール・バシャクシェヒルは現在、トルコ・スーパーリーグ11勝5分け2敗で首位。トルコ代表MFアルダ・トゥランや元ブラジル代表FWロビーニョ、元トーゴ代表FWエマヌエル・アデバヨールら有名選手が在籍している。 2019.01.22 21:35 Tue
twitterfacebook
thumb

セルタ、吉田同僚の蘭代表DFホードを買い取りOP付きレンタルで獲得!

セルタは22日、サウサンプトンに所属するオランダ代表DFヴェスレイ・ホード(24)を、今シーズン終了時に発動する買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 母国のAZでプロキャリアをスタートしたホードは、2015年にラツィオに完全移籍して在籍2シーズンで成長を遂げ、2017年にサウサンプトンに加入。すると、初シーズンからプレミアリーグ28試合に出場したが、今シーズンは開幕からのプレミア13試合連続で出場した後、一切の出場機会を与えられず。日本代表DF吉田麻也が第12節から出場機会を増やし始めており、押し出されるような形となった。 セルタは、ホードを「優れたテクニックとプレービジョンを有する左利きのディフェンダー」と絶賛し、「ショートパスとロングパスの両方で完璧な制度のボールを供給」、「セットプレー時に強になる」と攻撃面の魅力を紹介。また、ディフェンス面についても「彼のサイズとスピードは相手FWを一対一で打ち負かす」と評価している。 2019.01.22 20:15 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナが買い取りOP付きレンタルでK・ボアテングを獲得!

バルセロナは21日、サッスオーロの元ガーナ代表MFケヴィン=プリンス・ボアテング(31)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。今季終了後に買い取る場合、必要な移籍金は800万ユーロ(約9億9000万円)とのことだ。 攻撃的MFやセカンドストライカーを本職とするK・ボアテングは、ミランやシャルケ、フランクフルトで活躍。リーガエスパニョーラでは2016-17シーズンにラス・パルマスでプレーし、リーグ戦10ゴールを挙げていた。 4大リーグ全てを経験し、今季からサッスオーロでプレーしていたK・ボアテングはセリエAで13試合に出場して4ゴール2アシストを記録していた。 バルセロナではFWルイス・スアレスのバックアッパーを務めていたFWムニル・エル・ハダディがセビージャに移籍し、攻撃陣の枚数が不足していた。 2019.01.22 05:46 Tue
twitterfacebook
thumb

アストン・ビラにレンタル移籍していたボラシエがエバートンに復帰

チャンピオンシップ(イングランド2部)のアストン・ビラは21日、DRコンゴ代表MFヤニク・ボラシエ(29)がエバートンに復帰することを発表した。 爆発的なスピードを持つウインガーのボラシエはクリスタル・パレスでで活躍。今季、エバートンからアストン・ビラにレンタル移籍し、アストン・ビラではリーグ戦21試合に出場して2ゴール5アシストと主力としてプレーしていた。 しかし、チームは28試合を終えたリーグ戦で13位に沈み、昇格が厳しい状況となっていた。 2019.01.22 04:25 Tue
twitterfacebook
thumb

最下位・ハダースフィールドがドルトムントⅡから若手ドイツ人指揮官を招へい

ハダースフィールドは21日、ドルトムントⅡの指揮官を務めていたヤン・ジーヴェルト監督(36)を招へいしたことを発表した。契約期間は2021年の夏までとのことだ。 ハダースフィールドは、2017-18シーズンにプレミアリーグへ昇格。45年ぶりの1部リーグでは16位と残留に終わっていた。しかし、2年目の今シーズンは開幕から絶不調。ここまでわずかに2勝と不振に喘ぎ最下位に低迷。チームを久々の1部昇格に導いたデイビッド・ワーグナー監督(47)を1月15日に解任していた。 ジーヴェルト新監督は、ドイツの下部リーグでプレーし2009年に27歳で現役を引退。引退後は、U-18やU-17ドイツ代表のアシスタントコーチを務めると、2015年7月にエッセンで監督としてのキャリアをスタート。2016年7月からボーフムのアシスタントコーチ、ボーフムU-19の監督に就任し、2017年7月からはドルトムントⅡで監督を務めていた。 若手の指導で経験を積んだジーヴェルト監督に関しては、「前の監督であるデイビッド・ワーグナーの下で大きな成功を収め、その彼と多くの似ている点がある新たな監督を任命した」とクラブの会長が明かしている。 2019.01.22 01:35 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース