ブラジルの逸材パケタがミラン入り! 16日のユーべとのコッパ・イタリア決勝でデビューか2019.01.04 01:11 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
昨年10月にミラン移籍が発表されていたブラジル代表ルーカス・パケタ(21)がチームに合流したようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。パケタは今冬から、フラメンゴからミランに加入。昨季のブラジル・セリエAでリーグ戦32試合に出場し10ゴールを挙げてチームの2位フィニッシュに大きく貢献したブラジルの至宝は、バルセロナやレアル・マドリー、パリ・サンジェルマンに加えマンチェスターの2クラブなど錚々たるビッグクラブとの争奪戦を制したミランに移籍することなった。なお、移籍金はブラジル『Globoesporte』によると3500万ユーロ(約45億円)+ボーナスで、2023年までの契約となっている。

既報通り、パケタはブラジル・セリエA終了後の今冬にミラン入り。『カルチョメルカート』によれば、7日からトレーニングに合流する見込みで、16日にサウジアラビアで行われるユベントスとのコッパ・イタリア決勝戦でデビューする可能性も伝えられている。

ミランは現在、MFルーカス・ビリア、MFジャコモ・ボナヴェントゥーラ、MFアンドレア・ベルトラッチがケガで離脱中。リーグ戦では5位に位置しているものの、ここ5試合で1勝と苦しい状況が続いている。果たしてパケタはそんなミランの救世主となれるだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

ナポリ戦までに“レヴァ2世”獲得を急ぐミラン、移籍金44億円とJ・マウリを提示か

ミランはジェノアに所属するポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテクの獲得に向けて、トレード要員としてMFホセ・マウリを差し出すことを検討している。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が21日、伝えている。<br><br>ミランでは、FWゴンサロ・イグアインのチェルシー移籍が濃厚となっており、後釜として&ldquo;レヴァンドフスキ2世&rdquo;と呼ばれるジェノアの23歳ピョンテクの獲得を狙っている。すでに両クラブの間で交渉は進められており、合意まであとわずかとなっている。ジェノアのエンリコ・プレツィオージ会長は、クラブの至宝の評価額を少なくとも4000万ユーロ(約50億円)と見積もっており、ミランのイヴァン・ガジディスCEOは移籍金3500万ユーロ(約44億円)に加え、トレード要員を提案する。<br><br>■3人目のトレード候補にJ・マウリが浮上これまでトレード要員には、MFアレン・ハリロヴィッチやMFアンドレア・ベルトラッチの名前が浮上したが、ジェノアはクロアチア人MFを拒否。元ジェノアMFのベルトラッチについては、シーズン終了後にミランとの契約が切れるため、選手がより好条件での契約を求めてフリーでの移籍を待つことを希望しているとみられる。<br><br>このためミランはJ・マウリをトレード要員として提示。イタリア系アルゼンチン人MFもシーズン終了後に契約満了を迎えるが、ジェノアが求めるプロフィールに一致しており、実現可能な取引であると指摘されている。プレツィオージ会長はさらに19歳GKアレッサンドロ・プリザーリにも関心を示しているが、ミランはクラブの宝と評価しており、放出は検討していないようだ。<br><br>21日にも両クラブは交渉の席に着き、移籍の合意へ向けて最終調整を進めることになる。ミランは26日に行われるナポリ戦までにピョンテクを確保し、FWアルカディウシュ・ミリクとのポーランド対決を実現させたい意向だ。J・マウリのトレードがピョンテク獲得交渉のカギとなるのか、今後の動向は注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.22 22:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ミランがスソの恩返し弾などでジェノアに辛勝、4位浮上!《セリエA》

ミランは21日、セリエA第20節でジェノアとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。 2018年最終戦のSPAL戦をイグアインの8戦ぶり弾で競り勝って5試合ぶりの勝利とした5位ミラン(勝ち点31)は、先週行われたコッパ・イタリアではサンプドリア相手に延長戦の末、クトローネの2発で勝ち上がったが、5日前に行われたスーペル・コッパではユベントスに惜敗した。そのミランはチェルシーへの移籍が決定的となったイグアインが欠場となり、負傷明けのスソがスタメンに戻った。 ミランへの移籍が濃厚なピョンテクが出場停止の14位ジェノア(勝ち点20)に対し、[4-3-3]を採用したミランは、GKにドンナルンマ、4バックに右からアバーテ、サパタ、ムサッキオ、R・ロドリゲス、中盤アンカーにバカヨコ、インサイドにパケタとチャルハノール、3トップに右からスソ、クトローネ、ボリーニと並べた。 そのミランはジェノアのアグレッシブな入りの前に苦戦すると、14分にビラスキのコントロールシュートでゴールに迫られた。そして、右足を痛めたサパタがプレー続行不可能となってA・コンティを右サイドバックに投入せざるを得なくなったミランは、アバーテがセンターバックに回る。 流れの悪いミランは27分、パンデフとのパス交換でゴールエリア左まで侵入したヴェサに決定的なシュートを許すも、GKドンナルンマがセーブして難を逃れる。ハーフタイムにかけても主導権を握れないミランは45分、パケタの際どいボレーシュートでゴールに迫ったがわずかに枠を外れ、前半を0-0で終えた。 迎えた後半、ミランが押し込む流れで立ち上がっていくと、55分にボリーニがコントロールシュートでGKを強襲。その後、62分にパケタの浮き球パスを受けたボックス左のボリーニが際どいシュートを浴びせると、66分にはパケタがヘディングシュートでゴールに迫った。 そして72分、ミランが押し切った。ボックス右で仕掛けたA・コンティがマイナスに送ったクロスをボリーニがダイレクトで蹴り込んだ。さらに83分、かつてジェノアに所属していたスソの恩返し弾が生まれる。クトローネのスルーパスに抜け出したスソがボックス右に侵入して右足でゴール左にシュートを流し込み、リードを広げた。 このまま2-0で勝利したミランがラツィオをかわして4位に浮上している。ミランは次節、26日にナポリとの大一番を迎える。 2019.01.22 01:04 Tue
twitterfacebook
thumb

イグアインのチェルシー移籍、22日に完了か

ミランに所属するアルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアイン(31)のチェルシー移籍は22日にも実現しそうだ。 今冬のチェルシー移籍報道が取り巻くイグアイン。保有権を持つユベントスとチェルシーの間で1年間の期間延長オプションが付随した半年間のレンタル移籍で合意に達しているとみられる。 その中、イグアインは21日に敵地で行われるセリエA第20節のジェノア戦でメンバー外に。ミランを率いるジェンナーロ・ガットゥーゾ監督も「彼の決断を受け入れる」と話しており、もはや移籍濃厚だ。 そして、イギリス『エクスプレス』が21日付けで報じたところによれば、イグアインは22日にもロンドンに到着予定。そこで、契約書にサインを済ませ、晴れてチェルシーの一員になる見込みだという。 これにより、スペイン代表FWアルバロ・モラタ(26)がチェルシーからアトレティコ・マドリーへ。ミランもジェノアからポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテク(23)の加入が決まる模様だ。 2019.01.21 14:00 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシー行き迫るイグアインが21日ジェノア戦メンバー外に! ガットゥーゾも移籍示唆

チェルシー移籍が決定的とされるミランに所属するアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(31)が21日に行われるセリエA第20節のジェノア戦でメンバー外となった。イタリア『スカイ・スポルト』が伝えた。 シーズン半ばを過ぎてエースストライカー不在が顕著なチェルシーは、今冬の移籍市場でスペイン代表FWアルバロ・モラタの退団を認め新ストライカーの確保に動く模様。そして、そのメインターゲットがマウリツィオ・サッリ監督のナポリ時代の教え子であるイグアインだ。 ここ数日、ミランとのレンタル契約を満了し保有元のユベントスからチェルシーに3200万ポンド(約45億4000万円)の買い取りオプション付きのレンタル移籍の可能性が報じられていた中、週明けにも移籍が成立する見込みだ。 ミランを率いるジェンナーロ・ガットゥーゾ監督は20日、ジェノア戦に向けて公式会見の場でイグアイン希望を受け入れたことを認めた。 「私は彼の決断を受け入れる。恐らく、彼はよりうまくやることができたと思う。そして、我々が彼のフィットさせるため助けることができたかもしれない」 「私はすべてに対して正直でありたい。こういった移籍の噂もあり今日のトレーニングセッションは酷いものだった。我々はトレーニングセッション後に彼と話し合ったが、私は彼が次の試合への準備ができているとは考えていない」 2019.01.21 00:00 Mon
twitterfacebook
thumb

モラタ、22日にもアトレティコ入りか 買取OPは75億円?

チェルシーに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタ(26)のアトレティコ・マドリー入りは、22日になりそうだ。スペイン『マルカ』が報じた。 育成年代にアトレティコ・マドリーからヘタフェを経てレアル・マドリーに加入、トップチーム昇格を果たしたモラタは、ユベントス移籍、レアル・マドリー復帰を経て2017-18シーズンからチェルシーに加入。今シーズンは公式戦24試合9ゴールを記録しているが、イングランドでは物足りなさが指摘されており、アトレティコへの移籍が既定路線と見られている。 また、19日に行われたプレミアリーグ第23節アーセナル戦(0-2でチェルシーは敗北)で招集メンバーに含まれなかったことも、移籍報道に信憑性をもたらす事柄の一つだ。『マルカ』は、大きな変更さえ起こらなければモラタはアトレティコと契約することになり、その日付が22日になるであろうことを伝えている。 モラタはレンタル移籍の契約を結ぶとされており、残る交渉は買い取りオプションの設定金額のみ。なお、記事ではチェルシーが6000万ユーロ(約75億円)前後の値が付くと信じている、とされている。 とはいえ、アトレティコ内部での問題も残されており、それはラ・リーガの設定する給与制限に関するものだ。現状で上限までの猶予が残されておらず、モラタの給与を負担するためには人員整理が必要に。伝えられるところでは、MFジェウソン・マルティンスがモナコに売却され、FWニコラ・カリニッチも放出される可能性があるようだ。 さらに、以前から伝えられる通り、ユベントスからレンタルでミランに加入しているFWゴンサロ・イグアインのチェルシー入りも間近に。チェルシーは24日にリーグカップ準決勝のトッテナム戦を控えており、同選手に関してもそれまでの発表が見込まれそうだ。 2019.01.20 13:50 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース