絶好調の本田圭佑、ハムストリング負傷で4週間離脱へ…今季ここまで5G3A2019.01.03 14:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
Aリーグのメルボルン・ビクトリーは3日、元日本代表MF本田圭佑が右足ハムストリング損傷と診断されたことを発表した。4週間離脱する見込み。

Aリーグ直近2試合を欠場していた本田だが、クラブの発表によると2日の検査によって判明。現在、リハビリプログラムを開始しているとのこと。

メルボルン・Vを指揮するケビン・マスカット監督は、「これはケイスケ(本田圭佑)、チームメイト、クラブ、そしてファンにとって残念なことだ」とコメントしている。

2018年8月にメルボルン・Vに加入した本田は、デビュー戦のメルボルン・シティ戦で初ゴールを記録すると、その後も絶好調を維持。ここまでリーグ戦8試合5ゴール3アシストという成績を残していただけに、チームにとっては大きな痛手となりそうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

本田が先制点をアシスト! メルボルン・Vが逃げ切りで7戦ぶり勝利《Aリーグ》

元日本代表FW本田圭佑の所属するメルボルン・ビクトリーは16日、オーストラリア・Aリーグ第22節でブリスベン・ロアーと対戦し、2-1で勝利。本田はフル出場し、1アシストを記録した。 リーグ3位に位置するメルボルン・Vが、9位のブリスベンをホームに迎えた一戦。ミッドウィークのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第2節で1ゴールを決めた本田は、その試合に引き続きダイヤモンド型の[4-4-2]の中盤右で先発した。 試合は前半半ばに動きを見せる。24分、ブリスベン陣内低い位置でボールを持った本田が、ルックアップして左足を一振りし、グラウンダーのスルーパスを最前線に供給。バーバルーゼスのゴールをアシストした。本田の今シーズン5アシスト目でメルボルン・Vが先制点を奪取している。 さらに39分にも、トロイージの浮き球のスルーパスに反応したバーバルーゼスが左足のシュートで追加点をマーク。オフサイドかに思われたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による審議の結果、メルボルン・Vの2得点目となった。 2-0でメルボルン・Vがリードして折り返した試合は、50分にブリスベンFWボセアクが1点を返す。しかし、メルボルン・Vはその後の加点を許さず、リードを守り抜いて試合を終えた。 この結果、メルボルン・Vは公式戦7試合ぶりの白星を手にしている。 メルボルン・ビクトリー 2-1 ブリスベン・ロアー 【メルボルン・V】 バーバルーゼス(前24) バーバルーゼス(前39) 【ブリスベン】 ボセアク(後5) 2019.03.16 21:30 Sat
twitterfacebook
thumb

広島が今大会初白星! メルボルン本田も凱旋弾《ACL2019》

サンフレッチェ広島は12日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019グループF第2節でメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)をホームに迎え撃ち、2-1で勝利した。 広州恒大(中国)との初戦を落とした広島は直近の一戦から先発11名が入れ替わり、パトリックや水本といった攻守の要を先発起用。本田もメルボルン・V側の先発メンバーに入り、主将として2007年以来12年ぶりにJリーグクラブと相対した。 本田の両チームを通じたオープニングシュートで立ち上がった試合は、ホームの広島が3分にカウンター。相手のハイラインを抜け出したパトリックがドリブルでボックス右深くをえぐり、中央に折り返す。これに東が合わせ、広島が先制する。 右インサイドハーフでプレーする本田の急所を突く縦パスやセットプレーで攻撃を活性化させたメルボルン・Vだが、要所のところで広島守備網の攻略に苦慮。そのなか、本田が33分に見せ場を迎えるが、左足のミドルシュートを枠に飛ばせない。 多くボールの主導権を握られ、守備の時間帯が続く広島だが、大崩れすることなくメルボルン・Vの揺さぶりに対応。前半終盤にカウンターやセットプレーからパトリックがメルボルン・Vのゴールに襲いかかるなど、良いリズムで攻撃を繰り出す。 追加点を目指す広島は1点リードで迎えた後半の頭から先制弾の東を下げ、エミル・サロモンソンを投入。だが、追いすがるメルボルン・Vが前半と同様、ボールの主導権を握り続け、自陣深い位置で守備に回る展開を強いられてしまう。 何とか追いつきたいメルボルン・Vは59分、司令塔として存在感が際立つ本田にシュートチャンス。ハーフウェイライン付近でのパスカットから敵陣中央に持ち運び、迷いなく得意の左足を一閃。鋭いシュートだったが、枠の上に外れる。 だが、トロイージが左足コントロールショットでGK中林の守る広島ゴールを脅かすと、71分にボックス右深くに侵攻したレシオティスの折り返しにボックス中央の本田が反応。滑り込みながら左足で合わせ、メルボルン・Vがイーブンに戻す。 追いつかれた広島は77分に水本を下げて柏、続く83分に最後の交代枠で和田に代えて野津田をピッチに送り出すと、81分に勝ち越し。左サイドの柏が上げたクロスにボックス内の渡が頭で合わせ、広島が再びリードする。 結局、このゴールが決勝点となり、広島が今大会初白星。4月10日に行われる次節、大邱FC(韓国)とホームで対戦する。本田の一発も実らず、開幕2連敗のメルボルン・Vは同日、広州恒大(中国)のホームに乗り込む。 2019.03.12 20:53 Tue
twitterfacebook
thumb

【ACLプレビュー】本田圭佑が凱旋! 今大会初勝利を目指す両者が激突《サンフレッチェ広島vsメルボルン・ビクトリー》

12日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019のグループステージ第2節が開催。サンフレッチェ広島はホームにメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)を迎える。 <span style="font-weight:700;color:#9a1cd5;font-size:1.1em;">◆ACL組の力で大会初勝利へ</span> プレーオフ、そして第1節の広州恒大戦と若手選手を起用した城福浩監督。しかし、プレーオフはゴールレスのままPK戦へ、広州恒大戦は2-0と完敗を喫し、無得点と結果を残せていない。 世代交代、戦術変更と2つの改革を実行に移している段階ではあり、勝ちに行ったメンバー構成とは言いながらも、結果を残せていない状況なだけに、やや急速すぎる感もある。一方で、主力選手が主体となっている明治安田生命J1リーグでは前節のセレッソ大阪戦で初勝利。実に2018年9月1日以来、約半年ぶりの白星に安堵したはずだ。 ホームで迎えるメルボルン・ビクトリー戦は、ACL組とリーグ戦組の混合チームになると予想される。ここまで無得点の攻撃陣にテコ入れしつつ、リーグ戦の控え組選手たちを先発させていくだろう。今大会初勝利なるか。 <span style="font-weight:700;color:#2b5be2;font-size:1.1em;">◆広島以上の注目を集める本田圭佑</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190312_7_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>Jリーグ勢の戦いとあって、普段であれば広島の戦いぶりに注目が集まるところだが、それ以上の注目を集めているのはメルボルン・ビクトリーのMF本田圭佑だ。 2008年に名古屋グランパスからVVVフェンロへと移籍して以来、日本代表の活動以外では初の日本でのプレーとなる本田。さらに、自身にとってもACLという新たなチャレンジを始めたばかりであり、チームの勝利のために躍動することは間違いない。 初戦の大邱FC戦では元スウェーデン代表FWオラ・トイヴォネンのゴールで先制しながらも、3失点を喫して逆転負け。今大会の初勝利を目指し、高い志を持って来日している。 トイヴォネンは今季のAリーグで14試合に出場し10ゴールと得点の形を確立。トップ下での出場が予想されるMFジェームズ・トロイージは20試合で5得点に加え、リーグ最多アシストを記録している。本田を含めた攻撃陣は広島にとって脅威となるだろう。 <span style="font-weight:700;color:#9a1cd5;font-size:1.1em;">◆サンフレッチェ広島予想スタメン</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190312_7_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> GK:中林洋次 DF:荒木隼人、井林章、佐々木翔 MF:エミル・サロモンソン、松本大弥、和田拓也、清水航平 MF:川辺駿、東俊希 FW:パトリック 監督:城福浩 前述の通り、ACLメンバーとリーグ戦メンバーを分けて起用している状況だが、今節は混合チームになると予想。GKはACL組の中林洋次、最終ラインは荒木隼人、井林章のACL組とリーグ組の佐々木翔と予想する。 中盤にはリーグ戦組でここまで唯一ゴールを決めているエミル・サロモンソンを起用。マッチアップする機会は少ないだろうが、トイヴォネンとの元スウェーデン代表対決にも注目だ。また、その他は松本大弥、和田拓也、清水航平とACL組が並ぶだろう。 シャドーにはリーグ戦組の川辺駿とACL組の東俊希が並ぶと予想。1トップはパトリックと見る。 <span style="font-weight:700;color:#9a1cd5;font-size:1.1em;">◆注目選手</span> FWパトリック(31) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190312_7_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 広島の注目選手はFWパトリックだ。今シーズンはコンディションの問題で出遅れたこともあるが、ここまで先発は1試合。ノーゴールと元気がない状況だ。チームの戦い方の変更もあり、なかなか効果的なプレーができておらず、この辺りでシーズン初ゴールを期待したいところだ。 メルボルン・ビクトリー相手には、体の強さを生かしたプレーが求められ、シャドーに入る選手へのチャンスメイクも期待される。公式戦5試合で2得点と元気がないチーム状況を打破するためにも、パトリックの躍動に期待せざるを得ない。 2019.03.12 12:01 Tue
twitterfacebook
thumb

本田圭佑がACLデビュー! 先制点の起点もメルボルン・ビクトリーは大邱に逆転負け《ACL2019》

5日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)が開幕。グループFのメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)vs大邱FC(韓国)が行われ、1-3で大邱FCが勝利した。 東地区の初戦となったこの試合。メルボルン・ビクトリーは、MF本田圭佑が先発出場しACLデビューに。その他、元スウェーデン代表FWオラ・トイヴォネンも先発した。 一方の大邱FCは、韓国代表GKチョ・ヒョヌが先発出場。また、FWエドガル、MFセシーニャのブラジル人コンビが先発。日本人MF西翼はベンチスタートとなった。 試合は立ち上がりからメルボルン・ビクトリーがペースを握る。すると12分、バールバールゼスからのクロスを中央でトイヴォネンがヘッド。 29分、本田圭佑が起点となり、スルーパスを受けたバーバルーゼスがボックス右からグラウンダーのクロス。これを中央に飛び込んだトイヴォネンが合わせ、メルボルン・ビクトリーが先制する。 1点をリードされた大邱FCは31分、右サイドからのクロスをエドガル・シウバがヘディングで落とすと、ボックス手前でセシーニャがハーフボレー。強烈なシュートがゴール右上に決まり、大邱FCが同点に追いつく。 1-1となってもペースを握ったのはメルボルン・ビクトリー。41分には本田からのボールをトイヴォネンがシュートも、GKチョ・ヒョヌがセーブする。 1-1の同点で迎えた後半、先手を奪ったのは大邱だった。51分、セシーニャがドリブルで中央を持ち上がると、ボックス手前で横パス。これを受けたファン・スンミンがボックス手前からシュートを放つと、DFに当たってディフレクトしたボールがネットを揺らし、大邱が逆転に成功する。 さらに61分、右サイドを抜け出したセシーニャにチョン・ソンウォンがスルーパス。セシーニャはボックス右からクロスを上げると、ニアサイドに飛び込んだエドガルがDFと競り合いながらシュート。一旦は防がれるも、そのまま押し込み、大邱がリードを2点に広げる。 メルボルン・ビクトリーは63分、左サイドからアントニスガクロスを上げると、ボックス中央でトイヴォネンがヘッド。しかし、これはGKチョ・ヒョヌが鋭い反応を見せてセーブする。 追いつきたいメルボルン・ビクトリーは77分にトイヴォネンを下げて、ケニー・アティウを投入。しかし、攻撃が活性化せず、時間が経過していく。結局そのまま試合は終了。1-3で大邱FCが逆転勝利を収めた。なお、本田圭佑はフル出場を果たしている。 メルボルン・ビクトリー 1-3 大邱FC 【メルボルン・ビクトリー】 トイヴォネン (前29) 【大邱FC】 セシーニャ (前31) ファン・スンミン (後6) エドガル (後16) 2019.03.05 19:25 Tue
twitterfacebook
thumb

本田圭佑、同点アシストで数的不利のメルボルンを救う! ダービーマッチで勝ち点1《Aリーグ》

元日本代表FW本田圭佑の所属するメルボルン・ビクトリーは23日、オーストラリア・Aリーグ第20節でメルボルン・シティと対戦し、1-1で引き分けた。本田はフル出場し、1アシストを記録した。 現在、リーグ戦で3位に位置するメルボルン・V(勝ち点38)が、5位のメルボルン・C(勝ち点29)をホームに迎えたダービーマッチ。前節のウェリントン・フェニックスFC戦で2カ月ぶりにゴールを決めた本田は、インサイドハーフで先発した。 試合は15分、メルボルン・Cのマクラーレンにボックス内への侵攻を許すと、ニーダーマイアーがたまらずファウル。この日2枚目のイエローカードを受け、前半早々に退場処分となった。このPKを自らキッカーを務めたマクラーレンに決められてしまい、先制点を与えてしまう。 その後、数的不利も影響し、押し込まれる時間帯が続いたメルボルン・Vが、後半開始5分に同点ゴールが生まれる。50分、敵陣中央やや右で本田がパスを受けて、素早くボックス右にスルーパス。反応したバーバルーゼスが深い位置まで持ち込み、角度のないところから右足でシュートを放つと、相手GKに触られたが、ボールはそのままゴールに吸い込まれた。 試合を振り出しに戻したメルボルン・ビクトリーはその後、再び相手に試合のペースを握られたが、クロスバーに助けられるなど、何とか守り切り、1-1で試合終了。勝ち点1をもぎ取った。 メルボルン・ビクトリー 1-0 メルボルン・シティ 【メルボルン・V】 バーバルーゼス(後5) 【メルボルン・C】 マクラーレン(前16[PK]) 2019.02.23 20:59 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース