チェルシーvsセインツはゴールレス! フル出場吉田がPLデビューのGKガンと共に無失点に貢献《プレミアリーグ》2019.01.03 06:50 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第21節、チェルシーvsサウサンプトンが2日にスタンフォード・ブリッジで行われ、0-0のドローに終わった。なお、サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場を果たした。4位のチェルシー(勝ち点43)と17位のサウサンプトン(勝ち点15)による2019年のリーグ初戦。2018年最終戦となったクリスタル・パレス戦を競り勝ったチェルシーは2連勝で2018年を締めくくった。新年初戦で3連勝を目指すチームはパレス戦で負傷したジルーに代わってモラタを最前線で起用した以外同じメンバーを起用した。

一方、マンチェスター・シティに大敗して2018年を終えたサウサンプトンは連敗ストップを目指す新年初戦に向けてベドナレク、ロメウ、ワード=プラウズを除く先発8人を変更。守護神マッカーシーに代わって昨夏シティから加入したGKガンがプレミアデビューを飾ったほか、吉田やイングス、セドリックらが先発に復帰。システムも[4-1-4-1]から[3-4-2-1]に戻した。

試合は戦前の予想通り、ホームのチェルシーが後方から丁寧にボールを動かしながらサウサンプトンを押し込んでいく。13分にはアスピリクエタのフィードに対してオフサイドラインを掻い潜ったモラタがヘディングシュートを狙うが、これは力なくGKガンの腕の中に収まる。

一方、自陣でブロックを形成しながらカウンターからチャンスを窺うサウサンプトンは16分、左サイドのセドリックからのクロスをゴール前に走り込んだイングスが頭で合わすが、これは枠を捉えきれず。逆に24分にはボックス右で仕掛けたウィリアンに枠を捉えたシュートを許すが、ここはDF吉田の身体を張ったシュートブロックで凌いだ。

前半半ばを過ぎても試合展開に大きな変化はなし。しかし、34分にはチェルシーにこの試合最大の決定機。リュディガーのロングフィードに反応したアザールがボックス左でフリーとなりニアを狙ったシュートを放つが、これはGKガンのビッグセーブに阻まれる。

すると直後にはアクシデントが発生。吉田との接触で左足を痛めたウィリアンがプレー続行不可能となり、ロフタス=チークが緊急投入される。前線に新たな負傷者を出して嫌なムードが漂う中、40分にはボックス右でバークリーのパスを受けたモラタに決定機も右足のシュートはDFヴァレリの出した足に当たってしまい、枠外に外れた。

チェルシーペースもゴールレスで折り返した試合。後半先に動いたのはアウェイのサウサンプトン。イングスに代えてより機動力があるロングをハーフタイム明けに投入した。すると、キックオフ直後には左サイドから切り込んだアームストロングが右足のミドルシュートを放つが、これはGKケパにはじき出された。

チェルシーの身体の重さ、サウサンプトンの出足が増したことで後半は完全にイーブンな形で試合は進んでいく。吉田を中心に最終ラインがクロスやシュートにきっちり身体を投げ出してピンチを凌ぐアウェイチームは、攻撃の場面ではアームストロングが馬力のある縦への仕掛けで再三相手陣内の深い位置までボールを運びロングらがフィニッシュに絡んでいく。

一方、後半に入ってリズムを掴めないチェルシーは68分、精彩を欠いたバークリーを下げてモナコ移籍が噂されるセスクがプレミア通算350回目のピッチに投入される。この交代直後の70分にはゴール左に抜け出したモラタのシュートがネットを揺らすが、これはオフサイドの判定で認められず。

何とかゴールをこじ開けたいチェルシーは78分に絶好機。ハーフウェイライン付近でボールを受けたセスクが絶妙なスルーパスをロフタス=チークに通すと、ロフタス=チークはボックス左に走り込むモラタへ丁寧なラストパス。しかし、モラタのニアを狙ったシュートはGKガンに読まれて先制点とはならず。

その後も相手を押し込んで再三の決定機を作ったチェルシーだったが、集中力を切らさないセインツ守備陣を最後までこじ開けることはできず。この結果、2連勝と2連敗と好対照のチーム同士による新年初戦はゴールレスドローで決着。攻め手を欠いたチェルシーにとっては痛恨の勝ち点逸も、敵地で連敗ストップのセインツにとっては価値ある勝ち点1となった。なお、吉田は今節を最後にUAEで行われるアジアカップに参戦する。
コメント
関連ニュース
thumb

セルタ、吉田同僚の蘭代表DFホードを買い取りOP付きレンタルで獲得!

セルタは22日、サウサンプトンに所属するオランダ代表DFヴェスレイ・ホード(24)を、今シーズン終了時に発動する買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 母国のAZでプロキャリアをスタートしたホードは、2015年にラツィオに完全移籍して在籍2シーズンで成長を遂げ、2017年にサウサンプトンに加入。すると、初シーズンからプレミアリーグ28試合に出場したが、今シーズンは開幕からのプレミア13試合連続で出場した後、一切の出場機会を与えられず。日本代表DF吉田麻也が第12節から出場機会を増やし始めており、押し出されるような形となった。 セルタは、ホードを「優れたテクニックとプレービジョンを有する左利きのディフェンダー」と絶賛し、「ショートパスとロングパスの両方で完璧な制度のボールを供給」、「セットプレー時に強になる」と攻撃面の魅力を紹介。また、ディフェンス面についても「彼のサイズとスピードは相手FWを一対一で打ち負かす」と評価している。 2019.01.22 20:15 Tue
twitterfacebook
thumb

直近9試合6敗、FAカップは4部相手に敗退…解任説の浮上のレスター監督「コメントはない」

レスターのクロード・ピュエル監督は、自身の状況について説明している。<br><br>12日に行われたプレミアリーグ第22節で、サウサンプトンを本拠地キングパワー・スタジアムに迎えたレスター。前半のうちに2ゴールを許すと、相手が退場者を出したが反撃は1点にとどまり、1-2と敗れている。なお、岡崎慎司はベンチ外となった。<br><br>これで直近9試合で6敗目を喫したレスター。先日には、FAカップ3回戦でフットボールリーグ2(英4部)のニューポートに1-2と敗れて敗退が決定し、すでにカラバオカップも敗退。ピュエル監督の解任も騒がれている。<br><br>指揮官はプレッシャーについてはコメントせず、ピッチ内でのことだけにフォーカスしていると強調した。<br><br>「私が考えることではなく、コメントはない。チームにフォーカスし、集中しているだけだ」<br><br>「私はこれらの選手たちと働き続けたい。これがフットボールだ。ファンも我々と同じように失望し、フラストレーションが溜まっているだろう」<br><br>「(結果には)本当にがっかりしている。FAカップのニューポート戦からポジティブな反応を示したかった。2点目のようなゴールを受け入れるのは難しい。我々には多くのチャンスがあった。お互いを良く理解し、コミュニケーションをとることが必要だ」<br><br>提供:goal.com 2019.01.13 15:25 Sun
twitterfacebook
thumb

岡崎と吉田不在の対決は10人のセインツが逃げ切り勝利で降格圏脱出《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第22節、レスター・シティvsサウサンプトンが12日に行われ、1-2でサウサンプトンが勝利した。レスターのFW岡崎慎司はベンチ外、サウサンプトンのDF吉田麻也はアジアカップ参戦中のため欠場となった。 新年初戦の前節エバートン戦を1-0と勝利して7位に浮上したレスター(勝ち点31)は、直近のFAカップで4部相手に先発しながらもチャンスを決めきれなかった岡崎がベンチ外となった。 一方、前節チェルシー戦を吉田の活躍もあってゴールレスドローに持ち込んだ18位サウサンプトン(勝ち点16)は、吉田がアジアカップ参戦中のため欠場となった。 日本人が不在となった一戦は、アームストロングが序盤に際どいシュートを2本放つなどサウサンプトンが良い入りを見せると、10分にPKを獲得した。ロングがボックス左に侵入したところでメンディに倒された。このPKをワード=プラウズが決めてサウサンプトンが先制した。 失点を受けて前がかるレスターに対し、シュートを打たせないサウサンプトンは28分に追加点のチャンス。しかし、CKからスティーブンスの放ったヘディングシュートはGKシュマイケルにセーブされた。 すると35分、レスターに同点のチャンス。FKの流れからルーズボールをボックス左のモーガンがプッシュ。しかし、ゴールライン前に戻ったベドナレクに決死のクリアで阻まれた。 だが45分、レスターは数的優位となる。チルウェルと再三やりあってイエローカードを受けていたヴァレリがオルブライトンを倒して2枚目のイエローカードを受け、退場となった。 ところが追加タイム2分、10人のサウサンプトンがロングの今季初ゴールで加点する。ロングボールを収めたロングがメンディとの競り合いを制してボックス左に侵入。ゴール右にシュートを流し込んで2-0とし、前半を終えた。 後半からメンディとオルブライトンに代えてグレイとバーンズを投入したレスターは開始4分、マグワイアのミドルシュートでGKを強襲。続く52分にもマディソンもミドルシュートでGKを強襲したレスターが攻勢に出ると、58分に1点差に詰め寄った。 リカルド・ペレイラが右サイドゴールライン際までえぐって折り返したクロスをエンディディが身体で押し込んだ。 その後もレスターが攻勢に出る中、76分にチョーダリーに代えてゲザルを投入し、3枚の交代枠を使い切った。そのレスターが終盤にかけても押し込む流れが続いたが、決定的なチャンスは作れずに1-2で敗戦。 一方、リーグ戦4試合ぶりの勝利を手にしたサウサンプトンは17位に浮上し、降格圏を抜け出している。 2019.01.13 01:58 Sun
twitterfacebook
thumb

サンプドリア、吉田麻也の同僚FWガッビアディーニの獲得を発表! 2013年以来の復帰

サンプドリアは11日、サウサンプトンからイタリア代表FWマノロ・ガッビアディーニ(26)の獲得した。なお、契約期間は明かされていないが、背番号は23と発表されている。 名門アタランタユース育ちのガッビアディーニは、2013年に加入したサンプドリアで台頭。当時の監督シニシャ・ミハイロビッチに左足のフリーキックやストライカーとしての強靭なメンタルを植え付けられた同選手は、イタリア代表に招集されるレベルのプレーヤーに成長した。 その後、2014年にナポリへ移籍するも自身の望むポジションでなかなか出場機会を与えられず、2017年の冬にサウサンプトンへ移籍。しかし、イングランドでも本領を発揮できず、昨季はプレミアリーグ28試合の出場で先発出場はわずか11試合に留まっており、今季もここまでリーグ戦12試合に出場しているが、先発はわずか3試合となっていた。 2019.01.12 00:10 Sat
twitterfacebook
thumb

W杯に向けた成長を見据えるDF吉田麻也 引退の楢崎&中澤へは「お疲れさまでした」《AFCアジアカップ2019》

日本代表は9日、AFCアジアカップUAE2019初戦でトルクメニスタン代表と対戦する。8日に行われた前日会見には、森保一監督と主将DF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)が出席した。 質疑に応じた吉田は、目標が優勝であることを明確にしつつ、チームの成長や期待を背負うが重要だとコメント。また、同日に引退が発表となっていたサムライブルーの功労者2名、、DF中澤佑二(横浜F・マリノス)、GK楢崎正剛(名古屋グランパス)へのメッセージも述べた。 ◆DF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド) ──大会への意気込みを 「オーストラリアで(開催されたアジアカップで)UAEに敗れた4年前、僕たちはとても失望しました。ですが、ロシア・ワールドカップ後の今回は新監督の下、新しいチームで本当に期待されているでしょう。大会を楽しみながら、成長しつつトーナメントを勝ち上がっていき、最終的にタイトルを掴みたいと思います」 ──引退が発表された元日本代表DF中澤佑二、GK楢崎正剛へのメッセージはあるか 「個人的にも特に楢崎選手に関してはずっと憧れの選手で、背中を追い続けてきた選手です。中澤選手に関しても、代表を去ってから同じ22番という番号を引き継いで、今でも正直見えない背中を追いかけているという感覚です。もちろん試合数もゴール数もそうですけど、中澤選手にはまだまだ僕も追いつけていないと思っています。とにかく『お疲れさまでした』ということと、これからまだまだ日本のサッカーに貢献していただきたいと思っています。さっき監督とも少し話しましたが、そういう意味でも日本サッカー協会もこれからのセカンドキャリアを称えて、サポートしていただきたいなと思っています」 「それは川口(能活)選手にも言えることだと思いますけど、日本サッカーに貢献してきた選手に対して日本サッカーがもっとサッカー界全体としてリスペクトするべきかなと。まずはお疲れさまでしたということと、これから日本サッカーを一緒に成長させて行けたらいいなと思っています」 ──今回は選手たちにとってどのような意味を持つ大会か 「ワールドカップと違ってアジアの中で勝たなければいけないという状況、期待の中で戦うというのはまた違ったプレッシャーになってくると思います。その期待の中で勝ち上がれるか、優勝できるかどうかというのがポイントの1つ。そして新しいチームが立ち上がって、これからまたアジアの予選を戦い抜く。もう一回ワールドカップに出て結果を残すためのベースとなる部分を作り上げることが、1つだと思っています」 「その2つが大きなカギになるかなと思いますし、先ほど出た選手たち(中澤や楢崎、川口)だけでなく今まで日本代表として戦ってきた選手たちが作り上げてきたものを、この新しい若い日本代表がその責任や誇りを新たに背負って戦う場だと思います。そういう意味でも、この大会は非常に大きな大会になると思います」 ──日本はグループリーグでトルクメニスタンやオマーンと同居しているが 「もちろんランキングで見ても日本より下のチームだと思いますけど、大会が始まってオーストラリアが負けたり、タイも大敗したり、韓国も大勝したわけではありません。そういう意味では、とにかくどんなトーナメントも初戦が非常に大事だと思いますし、まずは初戦にしっかり勝つこと。それはワールドカップでも同じでしたけど、それが一番大事になってきます。予選を通してチームが成長していかなければならないですし、より成熟してその後の戦いを戦えるように、まずはこのグループリーグを確実に突破することを目標にしています」 ──「期待」という言葉を幾度も口にしているが、それがプレッシャーに変わらないように経験ある選手としてどうアプローチするか 「やはり期待=プレッシャーに代わる可能性はあると思いますけど、そのプレッシャーの中で戦えるようにならないと、これからアジアの予選に関しても、もちろんワールドカップに関しても、もしくは個々の選手としてもキャリアの中でも戦っていけなくなると思います。なので、こういうプレッシャーの中で戦って、そういう所に身を置いて自分を少しずつ成長させていくことが若い選手の成長に繋がると思います。多くの選手がこれからヨーロッパでこれから活躍していきたいと思っている選手ばかりなので、そういう意味でもこのプレッシャーに勝てるようにならないと次のステップを、踏めないぞと。あえて期待という言葉を多く使っていますし、その期待の中で結果を出す難しさを克服することが日本サッカーの次のステップかなと僕個人は思っています。もちろん、僕だけじゃなくて経験のある選手はそれを上手くサポートしながら、大会を戦っていきたいなと思います」 2019.01.08 22:51 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース