チェルシーvsセインツはゴールレス! フル出場吉田がPLデビューのGKガンと共に無失点に貢献《プレミアリーグ》2019.01.03 06:50 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第21節、チェルシーvsサウサンプトンが2日にスタンフォード・ブリッジで行われ、0-0のドローに終わった。なお、サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場を果たした。4位のチェルシー(勝ち点43)と17位のサウサンプトン(勝ち点15)による2019年のリーグ初戦。2018年最終戦となったクリスタル・パレス戦を競り勝ったチェルシーは2連勝で2018年を締めくくった。新年初戦で3連勝を目指すチームはパレス戦で負傷したジルーに代わってモラタを最前線で起用した以外同じメンバーを起用した。

一方、マンチェスター・シティに大敗して2018年を終えたサウサンプトンは連敗ストップを目指す新年初戦に向けてベドナレク、ロメウ、ワード=プラウズを除く先発8人を変更。守護神マッカーシーに代わって昨夏シティから加入したGKガンがプレミアデビューを飾ったほか、吉田やイングス、セドリックらが先発に復帰。システムも[4-1-4-1]から[3-4-2-1]に戻した。

試合は戦前の予想通り、ホームのチェルシーが後方から丁寧にボールを動かしながらサウサンプトンを押し込んでいく。13分にはアスピリクエタのフィードに対してオフサイドラインを掻い潜ったモラタがヘディングシュートを狙うが、これは力なくGKガンの腕の中に収まる。

一方、自陣でブロックを形成しながらカウンターからチャンスを窺うサウサンプトンは16分、左サイドのセドリックからのクロスをゴール前に走り込んだイングスが頭で合わすが、これは枠を捉えきれず。逆に24分にはボックス右で仕掛けたウィリアンに枠を捉えたシュートを許すが、ここはDF吉田の身体を張ったシュートブロックで凌いだ。

前半半ばを過ぎても試合展開に大きな変化はなし。しかし、34分にはチェルシーにこの試合最大の決定機。リュディガーのロングフィードに反応したアザールがボックス左でフリーとなりニアを狙ったシュートを放つが、これはGKガンのビッグセーブに阻まれる。

すると直後にはアクシデントが発生。吉田との接触で左足を痛めたウィリアンがプレー続行不可能となり、ロフタス=チークが緊急投入される。前線に新たな負傷者を出して嫌なムードが漂う中、40分にはボックス右でバークリーのパスを受けたモラタに決定機も右足のシュートはDFヴァレリの出した足に当たってしまい、枠外に外れた。

チェルシーペースもゴールレスで折り返した試合。後半先に動いたのはアウェイのサウサンプトン。イングスに代えてより機動力があるロングをハーフタイム明けに投入した。すると、キックオフ直後には左サイドから切り込んだアームストロングが右足のミドルシュートを放つが、これはGKケパにはじき出された。

チェルシーの身体の重さ、サウサンプトンの出足が増したことで後半は完全にイーブンな形で試合は進んでいく。吉田を中心に最終ラインがクロスやシュートにきっちり身体を投げ出してピンチを凌ぐアウェイチームは、攻撃の場面ではアームストロングが馬力のある縦への仕掛けで再三相手陣内の深い位置までボールを運びロングらがフィニッシュに絡んでいく。

一方、後半に入ってリズムを掴めないチェルシーは68分、精彩を欠いたバークリーを下げてモナコ移籍が噂されるセスクがプレミア通算350回目のピッチに投入される。この交代直後の70分にはゴール左に抜け出したモラタのシュートがネットを揺らすが、これはオフサイドの判定で認められず。

何とかゴールをこじ開けたいチェルシーは78分に絶好機。ハーフウェイライン付近でボールを受けたセスクが絶妙なスルーパスをロフタス=チークに通すと、ロフタス=チークはボックス左に走り込むモラタへ丁寧なラストパス。しかし、モラタのニアを狙ったシュートはGKガンに読まれて先制点とはならず。

その後も相手を押し込んで再三の決定機を作ったチェルシーだったが、集中力を切らさないセインツ守備陣を最後までこじ開けることはできず。この結果、2連勝と2連敗と好対照のチーム同士による新年初戦はゴールレスドローで決着。攻め手を欠いたチェルシーにとっては痛恨の勝ち点逸も、敵地で連敗ストップのセインツにとっては価値ある勝ち点1となった。なお、吉田は今節を最後にUAEで行われるアジアカップに参戦する。
コメント
関連ニュース
thumb

サウサンプトン、プレミア2試合連続ゴール中のDFヴァレリと2023年まで契約延長

サウサンプトンは14日、DFヤン・ヴァレリ(20)との契約を2023年まで延長したことを発表した。 ヴァレリの契約延長について、ラルフ・ハッセンヒュッテル監督は以下のようにコメントしている。 「ヤンのここ数カ月の成長は素晴らしい。彼は若く向上心がある。まるでサウサンプトンの哲学を体現しているようだ」 「ヤンのような選手は、今だけでなく、今後のサウサンプトンを担って行く存在だ。彼が我々のために新たな契約にサインしてくれたことを私はとてもうれしく思っているよ」 2015年7月にレンヌの下部組織からサウサンプトンのアカデミーに加入したヴァレリは、2019年1月にトップチームに昇格。すると、すぐにハッセンヒュッテル監督の信頼を勝ち取り、右サイドバックのレギュラーに定着。 これまでプレミアリーグ16試合に出場しており、第29節のマンチェスター・ユナイテッド戦、第30節のトッテナム戦と2試合連続でゴールを記録している。 2019.03.15 03:30 Fri
twitterfacebook
thumb

吉田麻也がトッテナム戦でFK弾の同僚MFの代表入りを支持「招集されても驚きはない」

サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也は、ジェームズ・ウォード=プラウスのイングランド代表入りを後押しした。<br><br>サウサンプトンのアカデミー出身のウォード=プラウスは、昨年12月にラルフ・ハーゼンヒュットル監督が就任して以降、キープレーヤーとして活躍。先日のトッテナム戦でもFKを直接沈め、勝ち点3の獲得に貢献した。この活躍を受け、3月下旬から始まるユーロ2020予選でのイングランド代表入りが期待される同選手に対して、吉田が地元メディア『デイリー・エコー』で賛辞を送った。<br><br>「彼がイングランド代表に招集されても驚きはありません。インターナショナルブレイクの間、休暇を取ろうなんて考えるべきではないですね。今、彼はこの良い時間を楽しんでいます。このところ、毎試合でプレーし、毎試合でゴールを挙げています。だから、彼は代表チームに選出されるに相応しい選手です。僕は彼が代表チームに入り、良い経験を積めることを願っています」<br><br>また、直近のリーグ戦9試合で6ゴールを記録するなどの活躍を見せるウォード=プラウスがこれからもトッテナム戦のような活躍を見せてくれるはずだと信頼を寄せた。<br><br>「トレーニングでの彼の姿を見ることがあれば、彼がプレミアリーグのベストフリーキッカーの1人であることがわかると思います。前の監督(マーク・ヒューズ)の下で、彼はとても難しい時間を過ごしていました。でも、彼は練習を続け、プロフェッショナルであり続けました。だから、彼が新監督の下でチャンスを手にできたと思います。彼の活躍を本当にうれしく思います」<br><br>2017年に1試合だけイングランド代表としてプレーした経験のあるウォード=プラウスは、吉田が期待するように13日に発表されるメンバーに入ることができるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2019.03.13 08:40 Wed
twitterfacebook
thumb

セインツが逆転でトッテナムを下す! トッテナムは4試合勝利無し《プレミアリーグ》

9日にプレミアリーグ第30節のサウサンプトンvsトッテナムが行われ、2-1でサウサンプトンが勝利した。サウサンプトンの吉田はフル出場を果たしている。 リーグ戦ここ3試合未勝利が続く3位トッテナム(勝ち点61)は、いつのまにか安全圏からチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いに巻き込まれてしまっている。前節のアーセナルとのノースロンドン・ダービーを後半のケインのPKで辛うじて引き分けに持ち込み最悪の事態は回避。ミッドウィークのCLでドルトムントを下してベスト8進出を決めたが、この試合は先月のバーンリー戦で主審を批判したポチェッティーノ監督がベンチ入り禁止処分となっている。 一方、降格圏と勝ち点差「2」で17位のサウサンプトン(勝ち点27)はリーグ戦ここ6試合でわずか1勝。今節の結果次第では18位に転落してしまう可能性がある。残り9試合となる中で絶対に落とせないホーム戦。吉田は3試合連続の先発出場となった。 ファーストシュートはトッテナム。3分に、およそ1ヵ月半ぶりの出場となったデレ・アリのバックヘッドからケインにチャンス。ボックス手前左から思い切りよく右足を振り抜いたがシュートは左に逸れた。4分にもエリクセンのパスからケインがシュートに持ち込んだ。 21分、防戦一方のセインツは自陣左サイドでボールを奪われピンチに。3バックの一角を担った吉田はすぐさまゴール前に戻り、グラウンダーのクロスに対しスライディングで止めにかかる。するとこれが右ポストを弾いてあわやオウンゴールという場面に。ひとまずクリアを試みたが、ボックス手前でダイアーに奪われてしまい、たまらずヴァレリがファウルでストップ。このFKでのエリクセンのシュートはバー直撃した。 紙一重で守るセインツだったが26分、ついに試合が動く。カウンターで3対3のチャンスを迎えたトッテナム。ボックス手前左のデレ・アリから、ボックス右のケインに浮き球のパスが通ると、ケインはトラップから冷静にシュートを流し込んで先制点を奪った。 前半に10本のシュートを放ったトッテナムが後半も先にチャンスを作る。51分、ボックス左から侵攻したケインがファーサイドを狙ってシュート。しかし、ここはGKガンが弾き出す。 だが、後半から2人代えてきたセインツも55分にレドモンドがボックス左からシュート。62分には鋭い縦パスから好機を演出。一度相手に奪われるものの、ホイビュルクが奪い返してシュートに運ぶが、こちらはバーの上に。 ギアが上がってきたセインツは、途中出場のシムズの前線の身体を張った守備からロングがボールを拾って右サイドから中に折り返す。そこにレドモンドが飛び込んだが、惜しくも枠を捉えることは出来ず。最大の決定機だった。 72分に、トッテナムはルーカス・モウラを下げてソン・フンミンを投入。スタンド観戦のポチェッティーノ監督が一枚目の交代カードを切った。セインツも負傷したロングをベンチに戻してアームストロングがピッチへ。こちらは全ての交代枠を使い切った。 互いに手を打った後半戦。徐々に攻勢を強めてきたセインツがついに同点に追いつく。76分、左サイドのバートランドから斜めのパスをボックス左で受けたアームストロングがグラウンダーのクロスを送ると、これがトッテナムの守備陣を抜けてファーサイドへ。ここで待っていたヴァレリが押し込んで、試合は振出しに戻った。 同点ゴールに沸くセント・メリーズ・スタジアム。サポーターの声援を背にさらなる攻勢に出る。81分、セインツの攻撃の場面でボックスに走り込むアームストロングをウォーカー=ピータースが倒してしまいセインツにFKが与えられる。ゴール正面の絶好の位置、ワード=プラウズがこれをゴール左に直接沈めて、ホームチームが逆転に成功した。 そして、試合はこのまま終了。ケインの今季17得点目で先制したトッテナムだったが、逆転を許してリーグ4試合未勝利に。サウサンプトンは降格圏転落を免れた。 2019.03.10 01:57 Sun
twitterfacebook
thumb

MOMのルカク、2試合4ゴールのうち3発の“右足”に言及「懸命に取り組んできた」

マンチェスター・ユナイテッドは2日、プレミアリーグ第29節でサウサンプトンに3-2で逆転勝利した。試合後、この試合で2ゴールを挙げたベルギー代表FWロメル・ルカクがコメントを残した。クラブ公式サイトが伝えている。<br><br>今回の白星によりオーレ・グンナースールシャール体制でリーグ戦12試合10勝2分けとしたマンチェスター・U。サウサンプトン戦では、2-2で迎えた終盤の88分にルカクが右足のミドルシュートを決めて、値千金の決勝弾を挙げた。<br><br>2試合で4ゴール、そのうち3ゴールを利き足とは逆の右足で記録しているルカク。マン・オブ・ザ・マッチを獲得した大型FWは試合後、右足でのゴールについて、「僕のキャリアで挙げたゴールを見てもらえれば、右足、左足、頭でのゴールでのバランスは取れていると思う。右足でも、左足で変わらずシュートを放つことができている。だから、右足の方にボールがきたときに、シュートを打つことを躊躇わない」と、自身の逆足精度への自信を示し、以下のように続けて練習の成果を強調した。<br><br>「僕は自分が今できることを理解している。(逆足の)練習に毎日、コーチ陣と懸命に取り組んでいる。自分の力を信じてね。ここ7、8年で一生懸命に取り組んできた。右足でも左足と同様のゴール数を挙げることができるんだと理解してきている。どちらの足でもゴールを挙げることができるように取り組み続けるよ」<br><br>ルカクが調子を上げてきたマンチェスター・Uは、6日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16セカンドレグ、アウェーでのパリ・サンジェルマン戦でファーストレグ0-2のビハインドからの巻き返しを狙う。<br><br><br>提供:goal.com 2019.03.03 18:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ポグバ、今季3度目PK失敗…スールシャールがかけた言葉とは?

マンチェスター・ユナイテッドを率いるオーレ・グンナー・スールシャール暫定監督が、PKを失敗したフランス代表MFポール・ポグバにかけた言葉を明かした。イギリス『メトロ』が伝えている。 ユナイテッドは2日、プレミアリーグ第29節でサウサンプトンをホームに迎えて3-2で逆転勝利。試合の中では、前半に先制点を奪われた後、後半序盤にペレイラ、ルカクが立て続けにネットを揺らしてリードを手にする。その後、75分に再び被弾したものの、試合終了間際にルカクが自身の2点目を奪って熱戦をものにした。 劣勢を幾度も土壇場で跳ね返してきたサー・アレックス・ファーガソン時代の様な、“強いユナイテッド”を彷彿させるような試合運びに各地では称賛の声が上がっている。しかし、その一方で後半ATに得たPKの場面でポグバのキックがサウサンプトンGKに阻まれ、トドメを刺せず。 独特の助走から蹴り込まれるポグバのPKが阻まれるのは、これで今シーズン3度目。キッカーを務めた計9本のうち6本は決めているものの、最近ではコースが読まれている感もあり、不安視する声も聞こえている。しかし、スールシャール監督にキッカーを変更する考えはないようだ。 「あそこでは彼にこう言ったんだ。『次に備えろ。次も同じように君が蹴る予定だからだ』とね」 「ペナルティをミスした。だが、彼は自信のある少年であり、次を欲している」 「今日の彼は本当に非難された人物の1人だ。だが、いつもの彼なら適切な場所に蹴り込むだけだから、(今後は)大丈夫だろう」 2019.03.03 16:00 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース