セビージャ、ムリエルのフィオレンティーナ移籍を公式発表!2019.01.02 01:43 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セビージャは1月1日、コロンビア代表FWルイス・ムリエル(27)がフィオレンティーナに買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入することを発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。

昨夏、サンプドリアからセビージャ史上最高額の2000万ユーロ(約25億2000万円)で加入したムリエルだが、今季はフランス代表FWベン・イェデル、ミランからレンタル移籍中のポルトガル代表FWアンドレ・シウバとのポジション争いに敗れ、ここまでは途中出場を中心に公式戦19試合4ゴールの数字にとどまっていた。

そして、出場機会を求めるムリエルに対してはフィオレンティーナと共にミランが強い関心を示してきたが、最終的に選手自身が望むフィレンツェへの移籍を決断したようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

レーティング:レアル・マドリー 2-0 セビージャ《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第20節、レアル・マドリーvsセビージャが19日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、ホームのマドリーが2-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽レアル・マドリー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190120_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 25 クルトワ 5.5 復帰明けもチームが押し込んだことでラクな展開に。それでも、エスクデロの決定機を抜群のポジショニングで阻止 DF 2 カルバハル 6.0 相手のカウンターをケアしつつ高い位置に攻め上がって攻撃の起点に 5 ヴァラン 6.0 前回対戦で苦杯を舐めた相手をきっちり完封。ロングボールをことごとく撥ね返す 4 セルヒオ・ラモス 6.0 無難に守備をこなしつつリスクを冒した攻撃参加を見せた 23 レギロン 6.0 決勝点をお膳立て。オーバーラップ、インナーラップを織り交ぜて攻撃に変化を付けた MF 10 モドリッチ 6.5 試合を決める2点目を奪取。攻守の切り替えと細かい揺さぶりを武器に攻撃をけん引 14 カゼミロ 6.5 相手の堅守を打ち破る見事なミドルシュートを突き刺す。守備の局面ではカウンターのケアをきっちり行った 24 ダニ・セバージョス 6.5 2戦連発は逃したが、後半は高いシュート意識で攻撃に関与。球際の勝負でも気迫を見せた FW 17 L・バスケス 5.5 攻守両面で最低限の仕事はこなしたが、押し込んだ中で打開力に欠けた (→イスコ 5.5) 投入直後の先制点によって期待された役割とは異なる役割をこなすことに 9 ベンゼマ 5.5 右手小指の骨折を負った中、前線できっちり起点となった 28 ヴィニシウス 6.0 持ち味のスピードを生かして貴重な攻め手となったが、課題のラストプレーの精度は改善できず 監督 ソラーリ 6.0 守備的な相手の攻略に手を焼くが、全体を通して勝利に相応しいパフォーマンスだった ▽セビージャ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190120_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 バシリク 5.5 前半から好守を見せていたが、カゼミロのゴラッソに沈む DF 6 カリソ 4.5 敗色濃厚とはいえ不用意なボールロストで2失点目に関与した罪は重い 4 ケアー 6.0 地上戦、空中戦共に素晴らしい粘りの守備でエリア内では相手アタッカーに仕事をさせず 3 セルジ・ゴメス 5.5 機動力とつり出されない我慢の守備で奮闘 MF 16 ヘスス・ナバス 5.5 豊富な運動量で守備を助けた。前半は惜しいクロスも供給 17 サラビア 5.0 獲得報道も出る古巣相手に奮闘も攻撃面ではなかなか良さを出せなかった 10 バネガ 5.5 アンカーで何とかバイタルエリアのスペースを埋めたが、攻撃の起点にはなれず 22 フランコ・バスケス 5.0 守備に追われて前線と中盤を繋ぐ役割を果たせず 18 エスクデロ 5.5 守備面でソリッドな対応を続けたが、前半に訪れたチーム唯一の決定機を決めたかった (→ブライアン・ヒル -) FW 9 イェデル 5.0 予想以上に押し込まれた結果、得意の相手最終ラインと駆け引きする形にはならなかった (→プロメス 5.0) 投入直後の失点によってカウンターの形を出せず 12 アンドレ・シウバ 5.0 空中戦や球際で劣勢を強いられ、2ゴールを決めた前回対戦のようなインパクトを残せず (→ムニル 5.0) かつての宿敵相手にノーインパクトに終わる 監督 マチン 5.0 疲労の影響か持ち味のプレッシングが機能せず、割り切って引き分けを狙うも相手のゴラッソに沈み公式戦3連敗… ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! モドリッチ(レアル・マドリー) 貴重な先制点となるゴラッソを決めたカゼミロの活躍も見事だったが、好調時の躍動感を取り戻しつつあるバロンドーラーをMOMに選出。攻守両面での存在感は際立ち、試合最終盤に相手のミスを見逃さず決めた追加点は心身共にフォームを取り戻した証拠に。 レアル・マドリー 2-0 セビージャ 【レアル・マドリー】 カゼミロ(後33) モドリッチ(後47) 2019.01.20 02:22 Sun
twitterfacebook
thumb

カゼミロの鮮烈ミドルでセビージャの堅守こじ開けたマドリーが上位アンダルシア勢連破で3位浮上《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第20節、レアル・マドリーvsセビージャが19日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、ホームのマドリーが2-0で勝利した。 勝ち点33で並ぶ4位のレアル・マドリーと、3位のセビージャによる直接対決。前節、MFダニ・セバージョスの劇的な恩返しゴールでベティスとの接戦を制したマドリーだが、直近のコパ・デル・レイではベスト8進出こそ果たしたもののレガネスに敵地で敗れ、今季の公式戦10敗目。その敗戦からバウンスバックが求められる今節は前回対戦で0-3の惨敗を喫したセビージャとのリベンジマッチ。 マドリーはベティス戦から先発3人を変更。負傷のケイロル・ナバスに代わって負傷明けのクルトワを起用したほか、ナチョとバルベルデに代えてセバージョス、ルーカス・バスケスを起用。システムを[4-3-3]に戻し、右手小指を骨折中のベンゼマも先発に入った。 一方、アスレティック・ビルバオとの公式戦3連戦を1勝2敗で負け越したセビージャは1stレグでのアドバンテージを生かしてコパで8強進出を手繰り寄せたものの、2試合連続無得点での連敗は頂けない。公式戦連敗ストップを目指すこの一戦に向けては、前節のリーグ戦から先発2人を変更。負傷のニャニョンに代わってカリソ、ロケ・メサに代えてフランコ・バスケスを起用した。 立ち上がりから勢いを持ってプレッシャーをかけていくホームのマドリーが試合の主導権を握る。開始5分には左サイドからのダイアゴナルランで最終ライン裏を狙うヴィニシウスにベンゼマから絶妙なスルーパスが通るも、ボックス右に抜け出したヴィニシウスのシュートはコースが甘く相手GKバシリクのセーブに遭う。 その後もマドリーペースで試合は進むが、要所で鋭いカウンターを仕掛けるセビージャも決定機を作っていく。22分にはベン・イェデルのスルーパスに抜け出したエスクデロがボックス左から左足のシュートを狙うが、ここはGKクルトワにコースを消されてサイドネットに外してしまう。直後の25分にはヘスス・ナバスの右クロスからゴール前のアンドレ・シウバがヘディングシュートを放つが、これは力なくGKクルトワの腕の中に収まる。 前半半ばから終盤にかけて試合は完全にイーブンな状況に。相変わらずホームチームがボールを持つものの、セビージャの堅い守備を前にほとんど決定機を作れずにいる。さらに接触プレーでモドリッチが目尻から流血するアクシデントにも見舞われた中、試合はゴールレスで折り返すことに。 迎えた後半、早い時間帯にゴールをこじ開けたいマドリーが立ち上がりから攻勢を仕掛けていく。中央を徹底的に締める相手に対してサイドを起点とした崩し、バイタルエリアからのミドルシュートの二段構えで攻略を目指すホームチーム。セバージョス、モドリッチ、レギロンと積極的にミドルシュートを狙うが、ことごとく相手のブロックに遭う。67分にはボックス手前左のセバージョスが渾身の右足シュートを放つが、これは惜しくもクロスバーを叩いた。 一方、前半以上に守勢が続くセビージャは70分を過ぎてイェデル、アンドレ・シウバの2トップを下げてよりスピードに長けたプロメス、ムニルを続けて投入。0-0の継続を意識しながらも前がかる相手の背後を突く、ロングカウンターでの一刺しを狙う。 セビージャの堅守攻略に手を焼くマドリーは77分、バスケスを下げてイスコを最初の交代カードとして投入。すると、直後の78分にはボックス手前右でレギロンから横パスを受けたフリーのカゼミロが右足を一閃。枠の右上隅を捉えた強烈なシュートがGKバシリクの懸命に伸ばした左手を弾いてゴールネットを揺らした。 カゼミロの今季リーガ初ゴールとなるゴラッソでようやく均衡を破ったマドリーは、ようやく重心を下げてここからバランス重視の戦い方にシフト。前がかるセビージャ相手に今度はカウンターを繰り出していくと、試合終了間際の92分には相手最終ラインのボール回しにプレッシャーをかけたモドリッチがDFカリソからボールを奪い、最後はGKとの一対一を制して試合を決める2点目を奪った。 そして、守備的なアウェイチームを中盤の2選手のゴールで勝ち切ったマドリーがセビージャ勢との連戦を連勝で飾り、3位に浮上した。一方、公式戦3連敗のセビージャは優勝争いから一歩後退となった。 2019.01.20 02:21 Sun
twitterfacebook
thumb

コパ・デル・レイ準々決勝の組み合わせが決定! バルサvsセビージャの昨季決勝カードが実現!

スペイン・サッカー協会(RFEF)は18日、コパ・デル・レイ準々決勝の組み合わせを発表した。 5回戦でレバンテを逆転で下し、出場停止者による失格処分問題を免れた同大会4連覇中の王者バルセロナは、昨季決勝で対戦したセビージャとの対戦が決まった。 そして、昨季の雪辱を果たしてレガネスを下したレアル・マドリーは、アトレティコ・マドリーを倒したジローナと、MF柴崎岳の所属するヘタフェはバレンシアと、MF乾貴士の所属するベティスはエスパニョールとの対戦が決まった。 1stレグは来週のミッドウィークに、2ndレグは再来週のミッドウィークに行われる。組み合わせは以下の通り。 セビージャ vs バルセロナ レアル・マドリー vs ジローナ ヘタフェ vs バレンシア エスパニョール vs ベティス 2019.01.19 01:51 Sat
twitterfacebook
thumb

セビージャ、南野同僚のイスラエル代表FWダブールを獲得! 加入は今季終了後

セビージャは17日、ザルツブルクのイスラエル代表FWムナス・ダブール(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月までだが、今季はザルツブルクにレンタルの形で残留するとのことだ。移籍金はスペイン『マルカ』によれば1500万ユーロ(約18億6000万円)とのことだ。 2016年夏にグラスホッパーからザルツブルクに加入したストライカーのダブールは今季、オーストリア・ブンデスリーガで18試合に出場して9ゴール4アシスト、ヨーロッパリーグで6ゴールを挙げるなど、公式戦30試合で20ゴールを挙げていた。 この活躍を受け、リバプールも獲得に乗り出していたとされるが、セビージャが獲得に漕ぎ着けた格好だ。 2019.01.18 03:05 Fri
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ前半戦ベストイレブン】バルサ&アンダルシア勢が席巻

2018-19シーズンのリーガエスパニョーラは第19節を消化しました。そこで本稿では前半戦のベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。 ◆前半戦ベストイレブン GK:オブラク DF:バルトラ、ピケ、ジェネ MF:フィルポ、サラビア、バネガ、ロ・セルソ、ジョルディ・アルバ FW:ストゥアーニ、メッシ GKヤン・オブラク(26歳/アトレティコ・マドリー) リーガエスパニョーラ出場数:19(先発回数:19)/失点数:13<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_33_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>4年連続サモラ賞獲得へまい進中。今季は最終ラインに多くの負傷者が出て毎試合のようにメンバーが変わる中、抜群の安定感でリーグ最少失点に貢献。ポジショニング、反応速度、判断力のいずれも高次元でテア・シュテーゲンやクルトワらライバルたちを凌駕するゴールキーピングを見せている。 DFマルク・バルトラ(27歳/ベティス) リーガエスパニョーラ出場数:19(先発回数:19)/得点数:1<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_33_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>昨季の半年間の試運転を経て完全にセティエン監督の戦術にフィットすると、変則的な最終ラインをきっちり統率し、攻撃では持ち味のビルドアップ能力を遺憾なく発揮している。シーズン序盤こそ被カウンターの局面で拙い対応も見られたが、時間の経過と共にコンディション、判断力を向上させ頼れるディフェンスリーダーに君臨。 DFジェラール・ピケ(31歳/バルセロナ) リーガエスパニョーラ出場数:19(先発回数:19)/得点数:3<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_33_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>ユムティティやセルジ・ロベルトの離脱で脆さを見せた最終ラインをフル稼働で支える。30歳を過ぎてアジリティの問題から快足アタッカーにちぎられる場面は少なくないが、[4-3-3]への回帰、ブスケッツのプチスランプで昨季に比べて中盤でフィルターが掛かり切らない中でも何とか守備を統率。攻撃ではやり過ぎな場面も多々あるが、セットプレーや果敢な攻撃参加で早くも3ゴールを奪取。 DFジェネ(27歳/ヘタフェ) リーガエスパニョーラ出場数:18(先発回数:18)/得点数:0<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_33_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>今季も抜群の守備力でリーグ屈指の堅守を牽引。昨夏、ステップアップの可能性が濃厚な中残留を選択した27歳は卓越した身体能力と読みを利かせた守備で新守護神ソリアと共にチームの守備に安定感を与える。また、機動力を生かして守備的MFでも起用されるなど、新境地も見せ始めている。 MFジュニオル・フィルポ(22歳/ベティス) リーガエスパニョーラ出場数:15(先発回数:15)/得点数:3<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_33_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>右サイドに有力な選手がいなかったため、左サイドでジョルディ・アルバと共に躍動した22歳の若武者を右サイドで選出。昨季、ブレイクの兆しを見せ始めたフィルポは今季に入って完全にブレイク。マンチェスター・シティDFメンディを髣髴とさせる高い身体能力と攻撃性能を兼ね備える逸材は果敢な仕掛けと裏への飛び出しでパンチ力不足のチームにおいて貴重な攻め手に。 MFジオバニ・ロ・セルソ(22歳/ベティス) リーガエスパニョーラ出場数:16(先発回数:11)/得点数:4(PK:1)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_33_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>カナレスと共にベティスの中盤と前線を繋ぐ逸材チャンスメーカー。パリ・サンジェルマンからのレンタル移籍で昨夏終盤に加入すると、シーズン序盤戦こそチームとリーガ適応に時間を要したものの、卓越した戦術眼と攻撃センスを武器にアタッキングサード攻略の切り札に成長。前線の決定力不足が顕著な中で、チーム最多の4ゴールを記録するなどフィニッシャーとしても著しい成長を見せている。 MFエベル・バネガ(30歳/セビージャ) リーガエスパニョーラ出場数:18(先発回数:17)/得点数:3(PK:2)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_33_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>パスサッカーから大きく転換を図ったチームでも絶対的司令塔の立場は揺るがず。マチン監督の就任に伴い、トランジションスタイルに大きく舵を切った中、アンカーや2センターの一角で抜群のキープ力と質の高いパスでチーム全体をオーガナイズする。また、守備的MFの不在によって苦手の守備でも身体を張り、攻守両面でチームの心臓として機能している。 MFパブロ・サラビア(26歳/セビージャ) リーガエスパニョーラ出場数:18(先発回数:17)/得点数:7<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_33_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>高精度の左足を武器にキャリア初の2桁ゴールも視界に捉える。セビージャ加入3年目を迎えた今季は2シャドーの一角、インテリオールの2ポジションで持ち味の攻撃センスを生かしてストライカー陣に決定機を供給。さらに、フィニッシュの局面においては積極的にゴールを狙う意識が高まっており、それがゴール量産に繋がっている。 MFジョルディ・アルバ(28歳/バルセロナ) リーガエスパニョーラ出場数:19(先発回数:18)/得点数:1<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_33_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>メッシと共にバルセロナのベストプレーヤーに君臨。ネイマール退団、[4-4-2]へのシステム変更の恩恵を受けて昨季からその攻撃性能を遺憾なく発揮すると、今季はシステムが[4-3-3]に戻った中でもメッシとの阿吽の呼吸で崩しの切り札に。好調を維持するデンベレとの連係も深まっており、後半戦は更なる爆発に期待だ。 FWリオネル・メッシ(31歳/バルセロナ) リーガエスパニョーラ出場数:17(先発回数:16)/得点数:17(PK:1)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_33_tw11.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>今季前半戦のMVP。ロシア・ワールドカップでの失望、長年のライバル、クリスティアーノ・ロナウド不在によるモチベーションの低下も懸念されたが、そんな心配も何処吹く風。シーズン序盤から圧巻のペースでゴールを量産し、3年連続のヨーロッパ・ゴールデンシュー(欧州得点王)獲得に向けてポールポジションに立つ。 FWクリスティアン・ストゥアーニ(32歳/ジローナ) リーガエスパニョーラ出場数:17(先発回数:15)/得点数:12(PK:2)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_33_tw12.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>首位バルセロナをメッシと共に牽引するウルグアイ代表の同僚ルイス・スアレスの活躍も見事だったが、ジローナ唯一の得点源として奮闘するストゥアーニを選出。21ゴールを記録した昨季に続いて今季も小兵ポルトゥとの2トップでゴールを量産。加えて、屈強なフィジカルと経験を生かした強さと巧さを兼ね備えたポストワークで周囲をうまく生かしている。 2019.01.15 18:01 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース