ヴァーディがさすがの決定力! レスターが2019年プレミアリーグ初戦でエバートンを破り白星発進《プレミアリーグ》2019.01.01 23:30 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第21節、エバートンvsレスター・シティが1月1日にグディソン・パークで行われ、アウェイのレスターが1-0で勝利した。なお、レスターのFW岡崎慎司はベンチ入りも出場機会はなかった。10位のエバートン(勝ち点27)と、8位のレスター(勝ち点28)による元日開催の2019年プレミアリーグ初戦。2018年最終戦となったブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオン戦を0-1で落としたエバートンはシステムを[3-4-3]から[4-2-3-1]に変更した。

一方、チェルシー、マンチェスター・シティ相手に連続金星を飾ったレスターだが、エバートン同様に前節ではカーディフ相手に惜敗。その試合からは先発4人を変更も岡崎は引き続きベンチスタートとなった。

立ち上がりからホームのエバートンがボールを保持する展開が続く。サイドを起点にトップ下のシグルドソンがアクセントを付けながら攻め手を窺っていく。

19分にはセットプレーの流れからケニーがボックス右からシュートを放つが、これは右ポストを叩く。さらに26分にはキャルバート=ルーウィン、32分にはズマがいずれもセットプレーの流れからシュートチャンスを得るが、枠に飛ばすことができない。

一方、守備の局面では集中力の高さを見せるものの攻撃の場面では得意のカウンターアタックを繰り出せないレスターはリカルド・ペレイラやヴァーディが散発的にフィニッシュに持ち込んだものの、決め手を欠いたまま前半をゴールレスで終えた。

後半先に動きを見せたのはレスター。右ウイングのゲザルを下げて同じ位置にオルブライトンを投入。より縦への推進力とクロスを意識した戦い方にシフトする。この選手交代で大きく流れが変わることはなかったものの、相手のミスを突いて頼れるエースが先制点をもたらす。

58分、GKシュマイケルからのロングボールをウォルコット、DFキーンといずれもクリアし損ねると、このこぼれ球に反応したリカルド・ペレイラが背後のスペースを狙うヴァーディにワンタッチパス。このままボックス左まで持ち込んだヴァーディが左足のシュートを対角のサイドネットに流し込んだ。

ミスから先制を許したエバートンはアンドレ・ゴメス、ウォルコットを続けて下げてベルナール、トスンとタイプの異なるアタッカーの投入で反撃に出る。75分にはDFエバンスのクリアミスを奪ったトスンがボックス付近から強烈なシュートを飛ばすが、これはGKシュマイケルにパンチングではじき出された。

徐々に相手に押し込まれるレスターはカウンターとセットプレーから追加点を目指す。79分には自陣深くから驚異的な持ち上がりを見せたチルウェルがボックス手前で利き足とは逆の右足を振り抜くが、GK正面を突く。83分には相手陣内左サイドで得たFKの場面でチルウェルの精度の高いクロスをフリーのマグワイアが合わせるが、ここはオフサイドの判定に。

試合終盤にかけては一進一退の攻防が続く中、91分にエバートンに絶好機。左CKの場面で競り勝ったキーンの頭での折り返しをゴール左でフリーのトスンが頭で合わすが、ここは鋭い反応で距離を詰めたGKシュマイケルが身を挺して阻み、試合はこのままタイムアップ。エースの見事な決定力で接戦を制したレスターが2019年のリーグ戦を白星で飾った。
コメント
関連ニュース
thumb

アーセナルなど英複数クラブがジェネ獲得を検討か

プレミアリーグの複数クラブが、ヘタフェに所属するトーゴ代表DFジェネ・ダコナム(27)を注視しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 2017年夏にベルギーのシント=トロイデンからヘタフェに加入したジェネは、180cmに満たないサイズながらも圧倒的な身体能力やスピードを武器に、世界屈指のアタッカー陣との一対一にことごとく勝利。さらに、フィジカル能力に長けた選手にありがちな集中力を欠く無謀なプレーも少なく、チームの組織的な守備にも順応し、リーガエスパニョーラ第28節終了時点でチャンピオンズリーグ(CL)圏内4位に位置するヘタフェの、堅守構築の中心を担っている。 当然、ジェネの能力は高く評価されており、欧州の数々のクラブからの注目を浴びている。しかし、同選手の契約解除金3500万ユーロ(約44億円)がネックになっており、リーガではバルセロナ、レアル・マドリー、アトレティコ・マドリーだけがそれだけの資金力を有しているが、それらのクラブは獲得を考えていない。 しかし、プレミアリーグであればジェネの契約解除金を支払うことが可能だ。『マルカ』によれば、アーセナルを初めエバートン、レスター・シティが同選手の今夏獲得を考えており、ヘタフェにとっては中心選手の引き抜きに怯える憂鬱なプレシーズンとなるかもしれない。 2019.03.24 13:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、移籍金95億円でマグワイア獲得接近か!

マンチェスター・ユナイテッドが、レスター・シティに所属するイングランド代表DFハリー・マグワイア(26)の獲得に接近しているようだ。イギリス『デイリー・スター』が報じた。 センターバックの補強を目指していることが、昨年からしきりに伝えられているユナイテッド。候補に挙げられているのはナポリDFカリドゥ・クリバリなどワールドクラスの選手ばかりであり、マグワイアもその一人だ。 2017年6月にハル・シティからレスターに完全移籍したマグワイアは、1年目の昨シーズンに公式戦44試合2ゴール3アシストを記録。また、ロシア・ワールドカップ(W杯)でも7試合に出場し、イングランド代表の7大会ぶりのベスト4入りに貢献していた。 とはいえ、マグワイアは昨年9月にレスターと2023年6月30日までの新契約を締結。契約解除金が設定されていないことも伝えられており、近いうちの移籍の芽は潰えたかに思われた。 しかし、『デイリー・スター』によると、ユナイテッドが今夏の移籍金6500万ポンド(約95億円)でのマグワイア獲得に自信を持っているとのこと。オーレ・グンナー・スールシャール暫定監督がクラブに薦めており、同指揮官が来シーズン以降の任期を得られる可能性が高いことが、その動きを後押ししているようだ。 また、オファーが伝えられていた昨年の夏の段階ではマグワイア自身がレスター退団を望んでいなかったが、今回のタイミングでは交渉にオープンな姿勢でいるという。同選手はタイトルへの挑戦や欧州の舞台(チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ)でのプレーを渇望。さらに、ユナイテッドに移ることでサラリーが現行の約2倍の14万ポンド(約2000万円)に上昇することも見越しているとのことだ。 また、レスターも昨年の契約延長時点でユナイテッドが再びオファーに動くと推測しており、その際に優位な立場が得られるように契約を整理したとも伝えられている。 2019.03.22 09:50 Fri
twitterfacebook
thumb

レスター、35歳主将モーガンと2020年まで契約延長!

レスター・シティは18日、元ジャマイカ代表DFウェズ・モーガン(35)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 屈強なセンターバックとして知られるモーガンは、2012年にノッティンガム・フォレストからレスターに移籍。これまでレスターで公式戦293試合に出場して13ゴール5アシストを記録。2015-16シーズンにはクラウディオ・ラニエリ監督の下、日本代表FW岡崎慎司らと共にプレミアリーグ優勝を果たす偉業を成し遂げていた。 全盛期に比べれば衰えを感じるものの、それでも今季の公式戦で23試合に出場する主将に対するブレンダン・ロジャーズ監督の信頼は厚く、今回の契約延長に至ったようだ。 2019.03.19 03:38 Tue
twitterfacebook
thumb

小児がんで亡くなった少女追悼で警告のレスターMFマディソンがオリヴァー主審の葛藤を理解

レスター・シティのイングランド人MFジェームズ・マディソンが16日のバーンリー戦で自身に科された警告に関して語った。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 レスターは16日、プレミアリーグ第31節でバーンリーと対戦し2-1で勝利した。同試合では前半開始直後にDFハリー・マグワイアが退場となるアクシデントに見舞われた中、マディソンのゴールでレスターが先制に成功。その後、前半のうちに追いつかれたが、後半アディショナルタイムにDFウェズ・モーガンの挙げた劇的ゴールによってアウェイのレスターが勝利を収めた。 同試合で先制点を決めていたマディソンはゴールセレブレーションの際に、ユニフォームを脱いで『RIP SOPHIE I LOVE YOU(ソフィー安らかに。君を愛している)』というメッセージが書かれたアンダーシャツを披露していた。 このメッセージに関してはマディソンが前所属先のノリッジ時代に親交があり、今年1月に小児がんによって5歳の若さで亡くなったソフィー・テイラーちゃんを追悼するものだった。 しかし、ユニフォームを脱いだことに加え、メッセージ付きのアンダーシャツを披露したことは現行のルール上警告の対象となるため、マイケル・オリヴァー主審はマディソンに対して警告を掲示。この判定に対してSNS上を中心に“無慈悲”などと批判の声が上がっていた。 これらの反応を受けてマディソンは試合後に自身の公式ツイッターを通じて、オリヴァー主審がソフィーちゃんへの追悼の気持ちを抱きながらもプロフェッショナルとして自身の職務を全うした擁護している。 「彼(オリヴァー主審)は自分の仕事を行っただけだ。それ以外に選択肢がなかったと思う」 「彼は明らかに僕にイエローカードを出すことを楽しんでいなかった。同時に彼はソフィーへの追悼の気持ちを僕と共有してくれていたんだ。彼はとても敬意をもって対応してくれたと思っている」 2019.03.17 23:57 Sun
twitterfacebook
thumb

レスター、ロジャーズとコーチングスタッフの招へいに13億超の違約金をセルティックに支払う

元日本代表FW岡崎慎司の所属するレスター・シティは、新監督に就任したブレンダン・ロジャーズ監督の招へいに際しセルティックへ多額の違約金を支払ったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 レスターは、2月23日に行われたプレミアリーグ第27節クリスタル・パレス戦で大敗を喫し、6戦未勝利(1分け5敗)となった後、同24日にクロード・ピュエル前監督の解任を発表。後任としてセルティックで2年連続国内3冠を達成したロジャーズ監督を招へいした。 伝えられるところによると、レスターはセルティックとの契約を2021年6月まで残していたロジャーズ監督の違約金600万ポンド(約8億9000万円)に加え、コーチングスタッフの違約金300万ポンド(約4億4500万円)を合わせた総額900万ポンド(約13億3500万円)を支払われたとのことだ。 ロジャーズ監督は、初陣となった3日の第29節ワトフォード戦では黒星を喫したが、9日に行われた第30節のフルアム戦で新体制勝利を飾った。なお、レスターは16日にプレミアリーグ第31節でバーンリーとのアウェイ戦に臨む。 2019.03.15 01:10 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース