シティが3戦ぶり白星で新年初戦リバプールとの大一番へ! 吉田4戦ぶり不出場のセインツは連敗…《プレミアリーグ》2019.12.31 01:13 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第20節、サウサンプトンvsマンチェスター・シティが30日にセント・メリーズ・スタジアムで行われ、アウェイのシティが3-1で勝利した。なお、サウサンプトンDF吉田麻也はベンチ入りも出場機会はなかった。▽クリスタル・パレス、レスター・シティ相手にまさかの連敗を喫し3位に転落したシティ。2019年の初戦にして勝ち点7差をつけられる首位のリバプール戦を次節に控える中、16位のサウサンプトン相手に連敗ストップを目指した。レスター戦からは先発5選手を変更。レスター戦の一発退場で3試合停止のデルフ、ベンチ外のデ・ブライネ、ギュンドアンらに代わってジンチェンコ、シルバ、フェルナンジーニョらが復帰した。

▽一方、ハッセンヒュッテル新監督の下でアーセナル、ハダースフィールドに連勝も直近のウェストハム戦で敗れたサウサンプトンはその試合から先発を大幅に変更。システムを[3-4-2-1]から[4-1-4-1]に変更し、吉田は4試合ぶりにベンチスタートとなった。

▽立ち上がりにゴール前の混戦からシルバがいきなり決定的なシュートを放つなど攻勢を見せたシティは10分、右サイドでダニーロとのワンツーでボックス右ライン際に持ち込んだベルナルド・シウバが丁寧にマイナスの折り返しを入れると、これをボックス中央に走り込んだシルバが左足で合わせ、早い時間帯に先制点を奪う。

▽幸先良く先制に成功したシティはその後もボールの主導権を握って追加点に迫っていく。19分にはロングカウンターから2人の味方をオトリにしたマフレズがボックス手前から左足のシュートを放つが、これは枠の左に外れる。さらに25分にはスターリングのラストパスからアグエロに決定機も、このシュートは相手GKの好守に遭う。

▽良い形で攻めながらも追加点を奪いきれないシティは33分にワード=プラウズの左CKをニアのオースティンに頭で合わせられるが、至近距離からのシュートはGKエデルソンがビッグセーブで凌ぐ。しかし、直近2試合で逆転負けを喫しているチームは37分、自陣中央でボールコントロールにもたついたジンチェンコがホイビュルクにボールを奪われ、強烈な右足のシュートをネットに突き刺され、同点ゴールを許した。

▽ミスからの失点で動揺が見えるアウェイチームは相手の勢いづいたプレスに苦戦を強いられると、自陣ボックス内で裏を取られたジンチェンコがワード=プラウズを後方から押し倒してあわやPKというピンチを招くがこれは判定に救われる。

▽直近2試合と同じような難しい状況が続くシティだったが、前半終了間際に王者としての意地を見せる。まずは45分、ペナルティアーク付近でクサビのパスを受けたシルバの見事なキープからボックス左に走り込むスターリングにパスが繋がると、スターリングはすかさず鋭いクロスを入れる。これがワード=プラウズに当たって大きくコースが変わると、GKマッカーシーの懸命な反応も実らず、ボールがゴールネットに吸い込まれる。

▽さらに前半アディショナルタイム3分にはボックス手前左でパスを受けたジンチェンコからの左足のクロスをセンターバック2枚の間に入ったアグエロが頭で合わせ、ハーフタイム直前の連続得点で一気に突き放した。

▽苦しみながらも2点リードで試合を折り返したシティは後半に入って完全に主導権を掌握。相手陣内深くでの流れるようなダイレクトプレーから再三ゴールに迫っていく。55分にはシルバとのパス交換でボックス左に抜け出したスターリングがニアを狙ってシュートもGKマッカーシーの好守に遭う。59分には距離のあるマフレズのFKに抜け出したアグエロが鋭い反転シュートも今度は枠に阻まれた。

▽なかなか相手の心を折る4点目を奪えないシティは73分にアグエロを下げてガブリエウ・ジェズスを投入。80分にはそのジェズスのスルーパスからマフレズに絶好機もこの試合で好守連発の相手GKマッカーシーに阻まれる。

▽その後、フェルナンジーニョへの悪質なタックルでホイビュルクが一発退場となり、意外な形で大勢が決した中、マフレズ、フェルナンジーニョを下げてザネ、ウォーカーの投入で試合を締めくくったシティが連敗をストップする3試合ぶりの白星を手にした。そして、トッテナムを抜き2位に返り咲くと共に勝ち点7差を保って2019年1月3日に行われるリバプールとの大一番に臨むことになった。
コメント
関連ニュース
thumb

シティからまた流出?! クラブ内最速の若手WGにバイエルンがオファーか

マンチェスター・シティに所属する若手が、またしても流出の危機に瀕しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 今回話題に上がっているのは、シティのU-23チームに所属するウェールズ代表FWラビ・マトンド(18)だ。シティ最速とも言われる快足ウィンガーの同選手は、今シーズンのアンダーカテゴリーの公式戦21試合に出場し9ゴール6アシストを記録。また、既にウェールズ代表デビューも飾っている欧州注目の有望株だ。しかし、シティとの契約は2020年6月末までと残り1年半になっている。 そして、この状況に目を光らせているのがバイエルンだ。シティ側は慰留を目指しているそうだが、バイエルンが移籍金1000万ポンド(約14億円)のオファーを準備しており、去就は不確かなものになっているという。 当人は、代表でデビューを飾った際に「僕は、自分の国のためにトップの代表選手たちとプレーすることがクラブレベルでも助けになると確信している」、「国際舞台でやれるなら僕がクラブでもやれると示すことになる」とトップチームへの意欲をアピール。しかし、現在まで出場機会を与えられてはおらず、その点でバイエルンに交渉のチャンスがありそうだ。 シティからは、今冬にMFブラヒム・ディアスも出場機会を理由の一つとしてレアル・マドリーに移籍。数々の才能を育て上げているだけに、高い頻度で流出の危機に脅かされることになりそうだ。 2019.01.22 17:00 Tue
twitterfacebook
thumb

2位シティ、体制変更の最下位ハダースフィールドに快勝でリーグ4連勝!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第23節、ハダースフィールドvsマンチェスター・シティが20日にジョン・スミスズ・スタジアムで行われ、アウェイのシティが3-0で勝利した。 リーグ戦3連勝で首位のリバプールを勝ち点4差で追う2位のシティがデイビッド・ワグナー監督との契約を解消した最下位のハダースフィールドのホームに乗り込んだ一戦。4連勝を狙うシティは直近のウォルバーハンプトン戦から先発4人を変更。ストーンズ、シルバ、ベルナルド・シウバ、ガブリエウ・ジェズスに代えてオタメンディ、ギュンドアン、デ・ブライネ、アグエロを起用した。 36歳の暫定指揮官マーク・ハドソンが率いるホームチームに対して、いつも通りボールを保持して主導権を握るシティ。立ち上がりからアグエロ、スターリングが惜しい抜け出しを見せると、幸運な形から先制点が生まれる。 18分、ボックス手前左でウォーカーからサイドチェンジを受けたダニーロが果敢に右足を振り抜くと、枠を捉えたシュートに対してコースに入った相手DFシンドラーがヘディングでクリアし切れず、コースが変わったボールがゴール右隅に決まった。 ダニーロの積極性がもたらした先制点によって余裕を持った試合運びが可能となったアウェイチームは以降も相手を押し込んでいく。ただ、やや崩しの局面で連係ミスが目立ち畳みかける攻撃とはいかない。 それでも、前半終盤にかけては40分にボックス左に抜け出したギュンドアンが質の高いボールコントロールから惜しい場面を創出すると、前半ラストプレーではウォーカーのスルーパスからゴール前のアグエロにシュートチャンスもここは相手DFの対応が上回った。 後半も立ち上がりから攻勢を仕掛けるシティは54分、最終ラインとの駆け引きでボックス左に抜け出したザネが鋭いクロスをゴール前に入れると、これを戻りオフサイド気味だったスターリングがダイビングヘッドで流し込み、ようやく追加点を奪う。 さらに2分後の56分には中盤でのボール奪取からダニーロからのロングフィードをボックス手前のアグエロが頭でマイナスに落とすと、これを拾ったザネがそのままゴール前まで運んでゴール左隅に流し込んだ。 この連続得点で試合を決めたシティは直後にフェルナンジーニョを下げてシルバ、70分を過ぎてからはザネ、ギュンドアンを下げてベルナルド・シウバ、デルフを続けて投入。試合をクローズにかかる。 徐々にムニエを中心とするハダースフィールドの反撃に遭うもGKエデルソンが好判断の飛び出しでピンチを未然に防ぐなど、ゴールを許さない。逆に86分にはシルバのスルーパスからボックス右に抜け出したベルナルド・シウバに4点目のチャンスも、ここは相手GKの好守に阻まれた。それでも、ハドソン暫定体制の最下位ハダースフィールドに快勝のシティがリーグ4連勝で首位リバプールとの勝ち点差4をキープしている。 2019.01.21 00:31 Mon
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、ベルナルド・シウバに注目 夏のトップターゲットに設定か

レアル・マドリーがマンチェスター・シティに所属するポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(24)に関心を示しているようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 ベルナルド・シウバは2017年夏に移籍金4300万ポンド(現在のレートで約60億7000万円)でモナコから加入。シティ在籍2年目の今シーズンは3日に行われたプレミアリーグ第21節のリバプール戦で圧倒的な運動量と創造性で首位追撃の勝利に大きく貢献するなど、より存在感を高めている。 そうした活躍を受け、シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督もスペイン代表MFダビド・シルバの後継者にベルナルド・シウバの指名を検討している様子。だが、その影で、レアル・マドリーが再建を予定するシーズン終了後のトップターゲットとして目を光らせているという。 そのベルナルド・シウバの現行契約は残り3年半。今シーズンを通じたグアルディオラ監督のベルナルド・シウバに対する信頼度を鑑みれば、レアル・マドリー行きは考えにくいが、果たして…。 2019.01.20 15:15 Sun
twitterfacebook
thumb

グアルディオラがマンチェスター・Cの補強方針について言及「中盤の選手3、4人を調査中」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、フェルナンジーニョに代わる中盤の選手を3、4人ピックアップしいていることを認めた。<br><br>今シーズン、首位リバプールに勝ち点4差の2位に付ける昨シーズン覇者のマンチェスター・C。連覇に向けて好位置につける同チームを率いるグアルディオラ監督だが、早くも来シーズンを見据えているようだ。中でも高齢化の進む中盤の世代交代を急務と考えており、今夏に34歳になるフェルナンジーニョの代役探しに躍起になる。<br><br>以前からフェルナンジーニョの後釜を確保することについて「とても難しい」と話していたグアルディオラ監督だが、すでに数名の選手を候補に挙げているようだ。アヤックスの注目株、フレンキー・デ・ヨングやリヨンのタンギ・エンドンベレ、ウォルバーハンプトンのルーベン・ネヴェスの獲得を狙っていると考えられる中、同指揮官は会見で求めている選手像について自身の考えを明かした。<br><br>「我々はフィジカルがあり、攻撃へのスペースを見つけられることのできる選手を必要としている。もちろん多くのことができるに越したことはない。ただ、1人ですべてをできる選手を見つけることは簡単ではない。(この条件に見合った選手を発見できたかの問いに)3人から4人の選手について調査している」<br><br>さらに、グアルディオラ監督は左サイドバックの獲得も検討しているようだ。2017年夏にこのポジションにバンジャマン・メンディを獲得したが、2シーズンにわたり、同選手はほとんど稼働できていない。同指揮官は離脱の相次ぐフランス代表DFの不在について「昨シーズンも、今シーズンも生き残れてはいるが、このポジションについて考えなければならない」とコメントを残した。<br><br>なお、マンチェスター・Cは左サイドバックの新戦力候補にレスター・シティのベン・チルウェルらをリストアップしているようだ。<br><br>提供:goal.com 2019.01.19 12:10 Sat
twitterfacebook
thumb

冗談だろうけど…48歳バースデーのペップが「友達がいない」と話す

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が誕生日の予定を聞かれ、「友達がいない」と自虐した。クラブ公式サイトが伝えた。 シティはプレミアリーグ第22節終了時点で17勝2分け3敗の2位。首位リバプールを4ポイント差で追う状況であり、20日に敵地で行われる第23節のハダースフィールド戦は連覇に向け、是が非でもモノにしたい一戦となる。 その試合の前日会見に出席したグアルディオラ監督は「今、最も大事な試合だ。(22日に行われるバートンとのEFLカップ)2ndレグも大切だが、まずは目の前の試合だよ」と語り、ハダースフィールド戦の重要性を強調した。 また、現フットボール界最高の指揮官として名高いグアルディオラ監督は18日に48歳の誕生日を迎えた。誕生日を祝う予定を問われると、「家族とディナーだ。私は友達がいないのでね!」と軽快なジョークを飛ばした。 2019.01.19 10:45 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース