5試合ぶりゴールのミラン、イグアインの10戦ぶり弾で逆転勝利!《セリエA》2018.12.30 06:25 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランは29日、セリエA第19節でSPALをホームに迎え、2-1で逆転勝利した。▽前節フロジノーネ戦を低調なゴールレスドローに終わって4試合連続ノーゴールとなった6位ミラン(勝ち点28)は、ガットゥーゾ監督の進退が懸かる中、フロジノーネ戦のスタメンから3選手を変更。クトローネ、カラブリア、ムサッキオに代えてアバーテ、サパタ、負傷明けのスソがスタメンに戻った。

▽15位SPAL(勝ち点17)に対し、[4-3-3]で臨んだミランは3トップに右からスソ、イグアイン、カスティジェホ、中盤アンカーにバカヨコ、インサイドにチャルハノールとケシエを配した。

▽そのミランが立ち上がりからボールを保持し圧力をかける入りとなると、8分にロマニョーリがボレーシュートでネットを揺らすもオフサイドに阻まれる。

▽すると13分、一瞬の隙を突かれて失点してしまった。ロングボールを受けたボックス手前右のペターニャがロマニョーリを背負いながら左足を振り抜くと、ゴール左隅にシュートが決まった。

▽ペターニャの恩返し弾を浴びたミランだったが、嫌な雰囲気を16分に払拭する。クリアボールを拾ったボックス左のカスティジェホが左足を振り抜くと、豪快なシュートがゴール右上に突き刺さった。

▽5試合ぶりのゴールで同点としたミランがその後も攻勢を強める中、36分に追加点のチャンス。ボックス右でフィードを受けたケシエが中へ折り返し、フリーのバカヨコがボレー。しかし、枠の上に外してしまった。

▽ハーフタイムにかけてもミランが押し込み、41分にはチャルハノールがミドルシュートを浴びせたが枠を捉えきれず、前半を1-1で終えた。

▽後半もミランが圧力をかける展開で推移するも、シュートに持ち込めない状況が続いた。そこで62分、カスティジェホとアバーテに代えてクトローネとカラブリアを投入した。

▽すると64分、待望のイグアインにゴールが生まれる。右サイドをオーバーラップしたカラブリアのクロスをファーサイドのチャルハノールが折り返し、ボックス中央のイグアインが冷静にDFを外してシュートを蹴り込んだ。

▽イグアインのリーグ戦10試合ぶりのゴールで逆転したミランは、続く70分にもチャルハノールがボックス左から決定的なシュートを浴びせれば、72分にはバカヨコがミドルシュートで3点目に迫っていった。

▽終盤、78分にCKからチアゴ・ランジェウにヘディングシュートでゴールを脅かされたミランは85分にもペターニャのシュートでひやりとさせられる。そして89分にスソが2枚目のイエローカードを受けて10人となったミランは、追加タイム3分に大ピンチ。しかし、GKドンナルンマがファレスのゴール至近距離からのヘディングシュートをビッグセーブで凌いで逃げ切り。ガットゥーゾ監督の首が繋がる5試合ぶりの勝利を飾っている。
コメント
関連ニュース
thumb

ミラン、ドルトムント&モナコ関心リカルド・ロドリゲスと契約延長で確保か

ミランがスイス代表DFリカルド・ロドリゲス(26)の契約延長に向けたオファーを準備しているようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の記事をもとに伝えている。 2017年6月にヴォルフスブルクからミランに加入したヨーロッパ屈指の左サイドバックとも評されるリカルド・ロドリゲス。昨シーズンは公式戦47試合に出場して4ゴール2アシストを記録した。今シーズンもここまで指揮官のジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の下、公式戦32試合に出場し、4アシストを記録するなど、チームに欠かせない存在として活躍し続けている。 そんなリカルド・ロドリゲスには現在、ドルトムントやモナコが関心を寄せているという。しかし、同選手を手放す気がないミランはオファーを拒絶すると共に、2021年6月までとなっている現行契約を、2023年まで延長することで確保する構えのようだ。 以前にも昨夏にパリ・サンジェルマン(PSG)から関心を寄せられていたことを告白しながらも「ミランに残って世界最高クラスのスタジアムであるサン・シーロでプレーすることを選んだ」とミランへの愛を語っていたリカルド・ロドリゲス。今回も他クラブへの移籍は考えず、契約延長することでミランに留まるのだろうか。 2019.03.25 15:20 Mon
twitterfacebook
thumb

カカがパケタを絶賛「彼はセレソンの10番にふさわしい」

元ブラジル代表のカカ氏が、古巣ミランで活躍する同胞のMFルーカス・パケタを絶賛している。 今冬の移籍市場でフラメンゴから移籍したパケタ。3500万ユーロ(約45億円)の移籍金にふさわしい活躍で、すぐにジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の信頼を掴んだ。“ネクスト・カカ”とも評される21歳のブラジルの新たな至宝は、加入以降すべての公式戦に出場。公式戦13試合で1ゴール2アシストを記録している。 そしてそのパケタをカカ本人が絶賛。イタリア『スカイ・スポーツ』のインタビューで、セレソンで背番号「10」を身に着ける準備ができていると評価している。 「パケタはブラジルで10番を背負う準備ができている。彼はブラジルで育った少年だ。背番号10のユニフォームを着ることは常に美しいことだ。それは素晴らしい物語を描いてくれるんだ」 「準備は出来ていると思う。代表にいるためには成長する必要がある。そして彼には南アメリカ人をよく知る監督がいる。ガットゥーゾは本当に僕を助けてくれたよ。ルーカスも同じさ」 2019.03.23 21:53 Sat
twitterfacebook
thumb

セビージャ帰還のモンチ、最初のターゲットはミランのカスティジェホか

セビージャがミランのスペイン人FWサム・カスティジェホ(24)に関心を寄せているようだ。イタリア『calciomercato.com』が伝えている。 セビージャでは先日モンチSDが復帰。ローマとの契約が6月までとなっていたモンチ氏はアーセナルなど複数のクラブからのオファーを断り、愛するクラブに戻ってきた。 セビージャでもローマでもこれまで数多くの有能な若手を発掘してきたモンチ氏が、復帰後最初のターゲットにしているのがカスティジェホだという。 昨夏に2500万ユーロ(約31億円)の移籍金でビジャレアルからミランに移籍したカスティジェホ。ここまで公式戦31試合に出場しているが、リーグ戦では同胞のFWスソやMFハカン・チャルハノールの後塵を拝し、満足のいく出場機会を与えられていない。 なお、契約は2023年までとなっているが、24歳と大事な時期であるカスティジェホが出場機会を求めて移籍を決断するのは何ら不思議ではない。 2019.03.23 19:02 Sat
twitterfacebook
thumb

インテルウルトラスがまた人種差別…“ミラノ・ダービー”でミランMFケシエが被害に

インテルウルトラスがまたしても問題行動。ミランのMFフランク・ケシエは、インテルとの“ミラノ・ダービー”で人種差別を受けたようだ。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 17日、今シーズン2度目の“ミラノ・ダービー”が開催。ケシエはこの試合にも先発出場をしたが、試合は点の取り合いとなり、2-3でインテルが勝利を収めていた。 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ケシエはクルヴァ・ノルド(北側スタンド)のインテルのサポーターから、「サル」のチャントを受けたとのこと。チャントは25分頃に発生していたとのことだ。 クルヴァ・ノルドのサポーターは今シーズンすでに同様の問題を起こしており、ナポリのDFカリドゥ・クリバリに対しても人種差別的なチャントを歌っていた。 2019.03.18 22:06 Mon
twitterfacebook
thumb

ミランがリシャルリソンに熱視線! ただ、いばらの道か…

エバートンに所属するブラジル代表FWリシャルリソン(21)に対して、ミランが目を光らせているという。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 リシャルリソンは昨夏に移籍金4000万ユーロ(約50億5000万円)でワトフォードからエバートンに加入すると、ここまで公式戦32試合13得点2アシストを記録。代表キャリアにおいても昨年8月にA代表デビューを飾り、6キャップを誇る。 そのリシャルリソンをフルミネンセ時代から注視するミランは、今シーズン終了後に再び獲得にチャレンジする模様。リシャルリソンの代理人からエバートン側に手放す意思があるのかどうかを伝え聞いたという。 だが、現時点でエバートンにリシャルリソン放出の意思はない。実際にミランが獲得に動くとなれば難しい交渉になることが予想され、6500〜7000万ユーロ(約82億2000万〜88億5000万円)近くの移籍金が必要な様相だ。 2019.03.18 18:05 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース