ミリク2発とメルテンスの終盤弾でナポリがボローニャに競り勝つ《セリエA》2018.12.30 03:59 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ナポリは29日、セリエA第19節でボローニャをホームに迎え、3-2で勝利した。▽前節インテルとの上位対決をクリバリの退場もあって惜敗した2位ナポリ(勝ち点41)は、首位ユベントスとの勝ち点差が9に広がった中、インテル戦のスタメンから5選手を変更。出場停止のクリバリとインシーニェ、負傷したハムシクらに代えてメルテンスやヴェルディ、グラムらが先発となった。

▽11試合勝利のない18位ボローニャ(勝ち点13)に対し、いつも通りのフラットな[4-4-2]で臨んだナポリは、2トップにミリクとメルテンス、右にカジェホン、左にヴェルディと並べた。

▽そのナポリは4分、ポーリにボックス右から際どいシュートを打たれると、7分にもパラシオにミドルシュートでゴールを脅かされる。ボローニャの圧力を受ける立ち上がりとなったナポリだったが、16分に先制する。メルテンスのシュートのルーズボールをボックス中央のミリクが混線の中、右足で押し込んだ。

▽先制後はナポリが攻勢に出る時間が続き、25分にはメルテンスのミドルシュートが枠の右上を捉えたが、GKスコルプスキのファインセーブに阻まれた。続く33分にもミリクが決定的なヘディングシュートを浴びせたナポリだったが、37分に同点とされた。右サイド低い位置からのFKをニアサイドのパラシオにヘッドで逸らされると、サンタンデールにヘッドで流し込まれた。

▽1-1で迎えた後半、ナポリが圧力をかけると、51分に勝ち越した。ボックス右角からのマルキュイの右足アウトでのクロスをDFに競り勝ったミリクがヘッドで叩き込んだ。

▽勝ち越し後はナポリは余裕を持って時間を消化。ヴェルディ、グラムに代えてファビアン・ルイスとログを投入していった。

▽ところが81分に落とし穴。左サイドからのFKをアルビオルに競り勝ったダニーロにヘッドで流し込まれた。

▽再び追いつかれて嫌な流れとなったナポリだったが、終盤の88分に三度勝ち越した。ボックス手前左でパスを受けたメルテンスが強烈なミドルシュートでゴール左下を射抜いた。

▽これが決勝点となってナポリが勝利。白星を取り戻して2018年を締めくくっている。
コメント
関連ニュース
thumb

インシーニェとファビアン・ルイスが復帰! ローマ戦出場へ

ナポリのイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェとスペイン代表MFファビアン・ルイスの両選手が戦列に復帰したようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。 インシーニェは14日に行われたヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグのザルツブルク戦直前に足の筋肉を痛め、全治2~3週間と診断されていた。 一方のファビアン・ルイスはインフルエンザにかかり、初招集されていたスペイン代表に合流できず治療を続けていた。 その両者が26日に行われたナポリのトレーニングに復帰したとのことで、代表ウィーク明け後の31日に行われるローマとのビッグマッチに出場する目処が立ったとのことだ。 ユベントスの独走により優勝は厳しい2位ナポリだが、チャンピオンズリーグ出場権確保に向けて主軸2枚の復帰は追い風となりそうだ。 2019.03.27 02:30 Wed
twitterfacebook
thumb

恩師率いるチェルシーから関心も…ヒサイ、ナポリと契約延長か

ナポリがアルバニア代表DFエルセイド・ヒサイ(25)との契約延長に動くようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』を引用して伝えている。 エンポリでプロキャリアをスタートさせたヒサイは、マウリツィオ・サッリ監督に見いだされ、2015年夏にナポリに加入。移籍初年度から右サイドバックを主戦場にレギュラーとして活躍し、今シーズンもここまで公式戦29試合に出場している。 そんなヒサイには現在、サッリ監督が率いるチェルシーを筆頭にアトレティコ・マドリーなどから関心を寄せられている。 しかし今回伝えられるところによると、ナポリは現行契約が2021年6月までとなっているヒサイとの契約延長を希望。来週にも代理人との会談を開き、新契約の詳細について話し合う予定となっているようだ。 2019.03.26 15:05 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシー、やはりバレッラ獲得を逃していた…カリアリ会長が暴露

チェルシーは、やはりカリアリに所属するイタリア代表MFニコロ・バレッラ(22)獲得に動いていたようだ。イギリス『メトロ』が伝えている。 カリアリの下部組織で育ち、2014年にトップチーム昇格を果たしたバレッラは、豊富な運動量とボール奪取能力、テクニックを兼ね備えた期待の逸材だ。今シーズンもここまでのセリエA26試合に出場し、存在感を発揮している。 結局は残留したものの、今冬には評価を上げているバレッラに対するインテルやナポリ、そしてチェルシーなどからの関心が報じられた。特に、チェルシーからは今冬にMFセスク・ファブレガスがモナコへ移籍しており、後釜として必要性が議論されていた。 そして、カリアリのトマッソ・ジュリーニ会長は、実際にバレッラへの問い合わせがあったことを暴露。特に、ナポリとチェルシーは具体的に興味を示していたようだ。 「バレッラが1月に退団に近づくことはなかった」 「とはいえ、1月にナポリから具体的な関心が寄せられていたことは否定できないし、マウリツィオ・サッリもチェルシーに彼を欲しがった」 「インテルに関しては、ただの会話でそれ以上のものではなかった」 「比較するのは馬鹿げているが、彼はラジャ・ナインゴランを思い起こさせる。もしニコロが技術的にラジャより才能があるとしてもね」 2019.03.24 13:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがクリバリに記録破りの移籍金準備か

マンチェスター・ユナイテッドがナポリに所属するセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(27)の獲得に向け、巨額を準備していると報じた。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 以前からセンターバック強化を目論みながら進まずのユナイテッド。レアル・マドリーやバルセロナ、チェルシーの関心も取り巻くクリバリに以前から視線を注いでおり、今夏のトップターゲットとして獲得に乗り出す意向だという。 そのクリバリの希望売却額で一歩も引かずの姿勢を取り続けるナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長だが、ユナイテッドは移籍金1億3000万ポンド(約188億8000万円)を用意。これはユナイテッド史上最高額の移籍金となる。 クリバリは2014年夏、ヘンクからナポリに加入。今シーズンもナポリが誇る鉄壁のセンターバックとして活躍を続けており、公式戦37試合に出場している。 2019.03.24 13:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ナポリ、守備強化にアケを注視か

ナポリが、ボーンマスに所属するオランダ代表DFネイサン・アケ(24)に関心を寄せているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の情報を引用して『フットボール・イタリア』が伝えている。 母国フェイエノールト下部組織からチェルシーアカデミーに加入し、後にトップデビューを飾ったアケ。だが、世界的レベルの選手を揃えるチェルシーにおいて、若輩だったアケはポジションを掴むことはできずレンタル移籍を繰り返した。 そんな中、2016年夏からレンタル加入していたボーンマスで結果を残し完全移籍を勝ち取ると、今シーズンはここまでリーグ戦全31試合に出場。180cmと上背こそないものの高い身体能力とセントラルMFや左サイドバックでもプレー可能なスピード、ボールスキルを武器に総合力の高いセンターバックとして活躍している。 ナポリはそんなアケを高く評価。チェルシーからボーンマスへ加入した際の移籍金2280万ユーロ(約28億円)だったが、3000万ユーロ(約37億円)の評価額に上昇しているものの、守備強化を掲げるナポリが注視している模様だ。 だが、アケには、ナポリ同様に守備強化を目指すマンチェスター・ユナイテッドやトッテナムも獲得を狙っていることが伝えられている。そのため、2022年まで契約を残すアケを巡って、水面下で火花が散ることになりそうだ。 2019.03.23 21:34 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース