C・ロナウドの今季3度目のドッピエッタでユベントスがサンプドリアに勝利! VARの助力もあり前半戦最多勝ち点を樹立《セリエA》2018.12.29 22:40 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスは29日、セリエA第19節でサンプドリアと対戦し、2-1で勝利した。▽前節アタランタと対戦したユベントスは、ベンタンクールの退場もありC・ロナウドのゴールで辛くも引き分けるも、2位のナポリがインテルに敗れたため、勝ち点差は9に広がった。ウィンターブレーク前最後の試合となる今節は、アタランタ戦からのスタメンを4選手変更。ボヌッチ、ケディラ、ベンタンクール、ドグラス・コスタに代えて、ルガーニ、ピャニッチ、マテュイディ、そしてクリスティアーノ・ロナウドが先発に名を連ねた。

▽キックオフ直前に急遽、負傷したシュチェスニーに代えてGKをペリンに変更したユベントスが早々に先制点を奪う。2分、敵陣中央右サイドのディバラから質の高いロングパスをボックス手前左で受けたC・ロナウドは素早い切り返しでボックス内にカットイン。そこからコンパクトに右足を振ったシュートは、GKの前でバウンドしアウデーロの手を躱すようにゴールに吸い込まれた。

▽ジェノアのピョンテクに並ぶ、エースの13得点目で先制したユベントスは13分、左サイドライン際で、C・ロナウドが個人技と味方とのコンビネーションで密集地帯を掻い潜りファーサイドへクロス。ボックス手前のピャニッチがこれにダイレクトボレーで合わせゴールを狙う。その直後にもC・ロナウドの仕掛けから最後はアレックス・サンドロがシュート。立て続けにホームチームがゴールに迫った。

▽その後も分厚い攻撃を見せるユベントスは23分、自陣中央でキエッリーニがクアリアレッラからボールを奪いカウンターを発動。サンプドリアは瞬く間にゴール前に押し寄せた白黒のユニフォームにマークがつき切れず、最後はキエッリーニのパスをディバラがボックス手前からダイレクトで放っていったが、わずかにボール一つ分枠を左に外れた。

▽しばらくユベントスペースで進んだが、リーグ戦6試合負けなしのサンプドリアも反撃に出て左CKを獲得。するとこのクロスがエクダルと競り合ったジャンの腕に当たったとして、VARの末にサンプドリアにPKが与えられる。これをクアリアレッラが冷静に沈め、33分に試合は振出しに戻った。

▽2005年のダビド・トレゼゲ氏以来となる、クアリアレッラのリーグ戦9試合連続ゴールで同点に追いついたサンプドリアは38分に、自陣中央左サイドからのFKからゴールに迫るがGKペリンがキャッチ。

▽同点で迎えた後半、48分にサンプドリアはカウンターから左のクアリアレッラに展開。クアリアレッラは対面したデ・シリオをフェイントで躱してシュートにもっていくがGKの正面。対するユベントスは、左サイドからのクロスの跳ね返りをマテュディがボックス手前で拾い、トラップからすぐにシュートに繋げる。鋭いシュートはゴール右下を突いたが、GKアウデーロのビッグセーブに遭った。

▽58分には、ユベントスがチャンスを演出。ピャニッチからのC・ロナウドへの大きな展開から、C・ロナウドを追い抜いたアレックス・サンドロのクロスをマンジュキッチがヘディングシュート。しかし、上手くミートできず枠を捉えることが出来なかった。61分にも再びアレックス・サンドロのクロスからC・ロナウドがヘディングシュート。これが相手に当たってCKを得る。

▽するとこのCKで、右から上がったクロスがフェラーリの腕に当たってPKの判定。脇は締めていたものの、主審はVARでも確認したうえでPKとした。そしてこれをC・ロナウドが決めてユベントスが65分に勝ち越しに成功した。

▽攻勢を強めるユベントスは69分にマンジュキッチを下げてベルナルデスキを投入。76分にはディバラ、80分にC・ロナウドが立て続けにゴールに迫っていく。

▽試合も後半アディショナルタイムを迎え、このままユベントスが勝ち逃げる雰囲気だったが、GKペリンのキックミスがデフレルに奪われ、ボックス手前から途中出場のサポナーラに見事なコントロールシュートをゴール左上に決められ土壇場で同点にされてしまう。ところが、デフレルが奪ったボールをサポナーラが回収した際に、戻りオフサイドの判定となりゴールは取り消しに。

▽最後の最後にどんでん返しがあったドラマティックな試合はユベントスが2-1で勝利。セリエA前半戦の最多勝ち点「53」を樹立した。
コメント
関連ニュース
thumb

ユベントス、マドリー退団希望報道のヴァランに興味か

ユベントスが、レアル・マドリーに所属するフランス代表DFラファエル・ヴァラン(25)の獲得に動く可能性があるようだ。スペイン『アス』が伝えている。 2011年にランスからマドリー入りしたヴァラン。25歳にしてここまで4度のチャンピオンズリーグ(CL)制覇や2度のリーガエスパニョーラ優勝などを成し遂げた。また、昨年行われたロシア・ワールドカップ(W杯)では全試合に出場し、ディフェンスリーダーとしてフランス代表の5大会ぶり2度目の優勝に貢献した。 しかし先日、ヴァランが環境を変えて新たな挑戦をするため、今夏のマドリー退団を検討していることがフランスメディアによって報じられた。その後、本人は去就に関する話題を避けているが、マドリーで親しい人々に退団希望を通達していることが伝えられるなど、退団報道が加熱している。 そんなヴァランに対しては、マンチェスター・ユナイテッドを筆頭にパリ・サンジェルマン(PSG)やバイエルンなどがすでに獲得に向けて興味を抱いている模様。そんな中、センターバックの獲得を目指すユベントスも今夏獲得に向けて準備に動くようだ。 ヴァランには5億ユーロ(約620億円)という現実離れした契約解除金が設定されている。しかし、『アス』は同選手がマドリー退団を固く決心している場合、他クラブと減額に向けて交渉するしかないと見解を示している。 2019.03.25 10:50 Mon
twitterfacebook
thumb

吐露するカゼミロ…「C・ロナウドが恋しい」

レアル・マドリーに所属するブラジル代表MFカゼミロがユベントスに移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドについて、思いを吐露した。『フットボール・エスパーニャ』が報じた。 毎年のように40得点近くのゴールをもたらすC・ロナウドを昨夏に失ったレアル・マドリーは今シーズンを通じて穴埋めの最適解をみいだせず、攻撃がスケールダウン。フレン・ロペテギ氏やサンティアゴ・ソラーリ氏の再建努力も実らず、コパ・デル・レイとチャンピオンズリーグ(CL)から敗退を強いられ、リーガエスパニューラでも首位のバルセロナを12ポイント差で追う3位と無冠が決定的になると、今シーズン2度目の監督交代でジネディーヌ・ジダン氏の再任に動いた。 カゼミロはそのC・ロナウドについて次のように言及。恋しい思いを打ち明け、C・ロナウドがいなくなり、チームの状況が一変してしまったことを認めた。 「もちろん、彼が恋しいよ。クリスティアーノのような選手がいなくなれば、世界中のどんなチームだって、そう思うさ。世界一の選手なのだからね」 「彼と一緒にプレーできることは喜びだった。でも、シチュエーションは変わってしまった。彼はもはやレアル・マドリーの選手じゃない」 2019.03.24 22:05 Sun
twitterfacebook
thumb

メッシのクローンは作成可能 専門家が見解

遺伝子学の専門家が、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(31)のクローン作製が可能だと語っている。スペイン『アス』が報じた。 今シーズンも、当然の様に公式戦37試合39ゴール21アシストという並外れた結果を残しているメッシ。言わずと知れた史上最高の選手の1人であり、その天才的なプレーは唯一無二のものだ。 しかし、ヨーロッパ・ゲノム・アーカイブの責任者であるアルカディ・ナバーロ氏は、その存在を唯一無二ではなくせる可能性を提示している。ラジオ『Cadena SER』で語った。 「現代の技術をもってすれば、私たちは(リオネル・)メッシのクローンを作ることが出来ます。彼に非常に似た何かを手に入れることが出来るでしょう」 「それは、双子の片方を20年か30年前に凍結させたようなものです」 「その人物(クローン)は、同じポテンシャルを備えることになります。ですが、彼(メッシ)のクオリティ―は、教育や環境といった他の要因にも、遺伝子と同様に基づいています」 「メッシは遺伝子に頼っているだけの人物ではなく、彼の人生の全ての経験、教育やラ・マシアでの生活、受けてきた治療を通して出来上がりました」 「遺伝子学は私たちに可能性を与えてくれるものであり、それを完成させるのが私たちの仕事です」 なお、メッシのクローンが作り出せるというのであれば、ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドを複製することも可能だ。『アス』は「2人の比較を最初からやり直すことが出来る…。可哀想な子供たちだ! 」と締めている。 2019.03.24 15:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ユベントス、ルガーニとの延長に動く

ユベントスはイタリア代表DFダニエレ・ルガーニ(24)との契約延長に動いているようだ。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えている。 エンポリの下部組織出身のルガーニは、2012年にユベントスU-19にレンタル移籍。2013年にユベントスのトップチームに昇格。昇格後は古巣エンポリで2シーズン武者修行に励み、2015年1月にユベントスへ復帰。 ユベントスでは、ここまで公式戦81試合に出場し7得点。今シーズンはDFレオナルド・ボヌッチの復帰などもあり公式戦14試合の出場にとどまっている。 出場機会に恵まれていないルガーニだが、ユベントスは同選手を重要な戦力と考えており、昨夏にもチェルシーから届いたオファーを拒否していた。 伝えられるところによれば、ルガーニの現行契約は2021年までだが、ユベントスは新たにを2年延長した2023年までの契約を提示しているようだ。また、新契約ではルガーニの年俸は300万ユーロ(約3億7200万円)ほどになるという。 2019.03.23 00:25 Sat
twitterfacebook
thumb

イカルディ、63億円で放出の可能性が浮上

インテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(26)が、より安価な移籍金で放出される可能性があるようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 妻で代理人のワンダ・ナラ氏が契約延長を長引かせたことによって、クラブの反感を買い、キャプテンをはく奪されたイカルディ。同選手も遠征メンバー入りを拒否するなど、クラブとの溝は限りなく深まっていた。 それでも21日、イカルディは約6週間ぶりにトレーニングに復帰。インテルのジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)は6日にワンダ・ナラ氏と会談を持ち、「両者の解決策を見出すためのフレンドリーな会談」が出来たことを伝えていた。また、31日に行われるセリエA第29節のラツィオ戦で復帰する可能性も報じられている。 しかし、『マルカ』によれば、イカルディに腕章が戻される望みは薄く、以前として将来に関しては不透明だ。これまでは8000万ユーロ(約100億円)の評価を受けていた同選手だが、5000万ユーロ(約63億円)の移籍金で退団する可能性もあるという。 新天地候補としては、インテルのライバルでもあるユベントス、そして以前から獲得が噂されていたレアル・マドリーの名前が挙げられている。 2019.03.22 11:25 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース