代表と並行したシーズンも安定感…MF南野拓実「ケガをしないことがテーマだった」《AFCアジアカップ2019》2018.12.28 23:17 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本代表は28日、来年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて行われるAFCアジアカップUAE2019に向け、千葉県内でトレーニングを行った。

▽トレーニング終了後、MF南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)がメディア陣による取材に応対。コンディションが良い状態であると明かし、代表も並行したシーズンの中で「ケガをしないことがテーマだった」と明かしている。

◆MF南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
──コンディションはどうか
「良い準備ができてきているんじゃないかなと思います」

──今シーズン例年と比べてもパスやクロスの精度が上がっているが、自身の中で思い当たる節はあるか
「あまりないですね。なんとなく攻撃に関わる回数とか、チャンスの数はいつもに比べて多いのかなと思います」

──今シーズンはヨーロッパリーグに常に絡めている中、自身の立ち位置が変わったと感じているか
「昨シーズンに比べれば、確かにスタメンの回数も増えました。自分としても試合への手応えを感じることが増えています」

──これまでと比べてシーズン通して安定しているが、工夫したことはあるか
「いや特にはないですね。ただ、ケガをしないというのは自分の中で1つのテーマにしていました。ケガをせずにコンディションを落とすことなく、チームでも代表でも試合に出れたことは良かったです。特別何かをしたかと言われるとしていないですね」
コメント
関連ニュース
thumb

経験者でも課題克服できず、収穫は畠中槙之輔&橋本拳人が見せた可能性/日本代表コラム

コロンビア代表戦から中3日。先発した11名全員を入れ替えて臨んだキリンチャレンジカップ2019のボリビア代表戦は、1-0で勝利を収めた。 「チームの底上げ」をテーマに、準優勝に終わったアジアカップから大きくメンバーを変更した今回のキリンチャレンジカップ。コロンビア戦ではわずかな収穫と多くの課題が見つかっていたが、メンバーを入れ替えたボリビア戦でも、その収穫は実り多いものとは言えない結果となった。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆ロシア・ワールドカップ組でも課題は克服できず</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190326_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>コロンビア戦から11名を変更した日本代表。経験の少ない選手が多く先発する中で、2列目の3人はワールドカップを経験している乾貴士(アラベス/スペイン)、香川真司(ベシクタシュ/トルコ)、宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ)が並んだ。 コロンビア戦では、森保監督が就任してから初めての無得点試合となり、特に前半には決定機を迎えていながらもゴールを奪えず、最終的にはPKを与えて1点を奪われ敗戦となった。チャンスメイクまではできていた日本だが、フィニッシュの精度を欠いてしまったことが、後にツケを払うこととなった。 ボリビア戦で期待していたのは、経験ある選手たちが違いを生み出してゴールを奪うことだった。コンビネーションを含め、日本代表で何度も同じピッチに立った3人ならば…というシーンも作ったものの、この日もシュートが入らない展開に。さらに、シュート数も少なく、メンバー変更が奏功したとは言えない結果となった。 森保体制になり攻撃の中心となっている中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)、南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)、堂安律(フローニンヘン/オランダ)の3選手は、積極性が特長であり、魅力となる。しかし、コロンビア戦では、シュート意識が強くミドルシュートを連発。一方で、崩して攻めるという部分が足りないシーンも露呈した。 結果として、ボリビア戦はこの3人のカウンターから決勝点は生まれており、ボリビア戦で先発した3名が織りなす攻撃では、結果を出せなかったことも事実だ。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆収穫はデビューした2人の可能性</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190326_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ボリビア戦での収穫といえば、個人的には日本代表デビューを果たした畠中槙之輔(横浜F・マリノス)と橋本拳人(FC東京)の可能性だ。 およそ1年半ぶりの日本代表招集となった小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)とボランチでコンビを組んだ橋本は先発フル出場。畠中は、三浦弦太(ガンバ大阪)とセンターバックでコンビを組み、フル出場している。 畠中は、この試合でも持ち味であるビルドアップ能力を発揮。ボールを持つと、効果的なパスで攻撃へのスムーズなシフトに貢献していた。守備面では立ち上がりは戸惑う場面もあったものの、時間の経過とともに冷静さを取り戻した。 とりわけ、ボリビアが引いている時間帯が続いたこともあり、相手陣内にポジション取ることも多かったが、前線との距離が詰まったこともあり、効果的な縦パスを何本も通していた。センターバックとして、攻撃時に見ている視点が異なり、最後尾からのビルドアップを目指すのであれば、大きな収穫と言えるだろう。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190326_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> また、橋本は持ち味である守備面で力を発揮。危機察知能力を働かせ、コンビを組む小林との補完性も高かった。危険なシーンではどこでも顔を出す一方で、寄せの強度などは改善も必要なもの。気合が入りすぎたのか、ハードに行き過ぎる部分もあったため、そのあたりの加減を知る必要はあるだろう。 さらに、自ら最後尾に降りて畠中と三浦を開かせ、3-3-3-1(3-4-2-1)のシーンを作ることも行なっていた。コロンビア戦の終盤にも柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)が見せていた動きだが、試合中の攻撃の形の変化にも対応力を見せていた。公式戦となれば、守備的な選手は重宝するはず。橋本も、今後に可能性を見せる結果となった。 左サイドバックで2試合目の出場となった安西幸輝(鹿島アントラーズ)に関しては、乾との縦の関係も効果的とは言えない状況。積極果敢に持ち味である攻撃参加はしたものの、生かしてもらえない状況でもあった。守備面では苦戦した場面もあったが、より一層後方からのビルドアっぷを武器としていくならば、安西の存在は大きなものとなる。今回招集外となった山中亮輔(浦和レッズ)などライバルは少なくなく、また安西はランニングの質を備えているだけに、より生きる道があること、代表レベルでプレーできることをクラブでアピールし続ければ、招集される可能性は高いと見ている。 また、トップに入った鎌田大地(シント=トロイデン)も慣れないポジションながら、足元でのボールさばきや、裏へ抜けるタイミングで良さを見せた。しかし、普段プレーしていないポジションだけに、動きの点で問題も。今後どのポジションで起用するのかは定かではないが、能力は高いだけに、アピールを続けてポジションを掴む必要があるだろう。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆今後の進むべき道</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190326_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 試合後の記者会見にて、森保監督が今後についてコメント。「今後のチーム作りとしてこれまで招集した選手を軸に、あとは選手の活動を通して6月は招集していきたいと思っている」と語った。 今回の2試合では、吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)や酒井宏樹(マルセイユ/フランス)、長友佑都(ガラタサライ/トルコ)、大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)など、アジアカップで主軸としてプレーした選手がメンバーから外れた。これに関しては、今回の招集メンバー発表時に「能力やチームにおける役割を把握できた」と語っており、経験値を含め、1カ月の活動で目星がついたと考えられる。 一方で、これまで招集していなかったロシア・ワールドカップ組や新戦力に関しては、2試合を含めて能力、チーム内での立ち位置などを見ることができたはずだ。ここから約2カ月のパフォーマンス次第でもあるが、6月のコパ・アメリカへ向けた選手の選考はある程度方向性が見えたということだろう。 しかし、選手の底上げをベースにしながらも、アジアカップから続く課題は解決しきれなかった日本代表。以前、「誰か1人に頼るチームにはしたくない」と森保監督は口にしていたが、攻撃面で結果を残したのは今回も同じメンバーだった。その問題点は、やはり「再現性」の欠如であり、緻密に計算して動くこと、ピッチ内で判断が可能なパターンを用意することが解決策と言えるだろう。 次の活動は6月。招待国として真剣勝負であるコパ・アメリカを経験できることは大きい。どのようなチームで臨むのかは定かではないが、将来性を見越したメンバー選考と、チーム強化に繋がる大会にしなくてはいけない。本番は2022年、そしてそれに繋がる9月からのワールドカップ予選だ。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2019.03.27 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

先発総入れ替えに一定の手応え…森保一監督、今後の方針語る《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表は26日、キリンチャレンジカップ2019のボリビア代表戦に臨み、1-0で勝利した。森保一監督は試合後に会見に出席。記者からの質問に答えた。 試合は前回のコロンビア戦からスタメンを総入れ替えした日本がボリビアを押し込む展開に。しかし、チャンスらしいチャンスもなく試合はゴールレスで折り返した。 後半に入ってもなかなか得点が奪えない日本は、MF堂安律やMF中島翔哉、MF南野拓実を次々と投入。すると76分、自陣からカウンターを仕掛けた日本は、堂安から南野、南野から中島とパスを繋ぎ、ボックス左から中島が相手のゴールを陥れた。現在の中心選手3人でゴールをこじ開けた日本は1-0で勝利。平静最後の試合を白星で飾った。 森保監督は30分にわたる会見の中で、今回の親善試合での手応えや、今後のキリンチャレンジカップなどで戦いたい相手について語った。 ◆森保一監督 ――戦力の底上げを試みた今回の手応え 「経験の浅い選手にコロンビア戦や今回のボリビア戦でプレーしてもらいましたが、両方とも(手応えは)あります。ある程度手ごたえを掴めたということが全員に言えることですけど、ただ、試合を変えていくとか落ち着かせていくとかというところではまだまだ力を付けて欲しいと選手に伝えました」 ――宇佐美、乾、香川の2列目の選手を全員入れ替えた意図は 「経験の浅い選手と豊富な選手を試合の中で少しでも融合する時間、感覚を共有する時間を持ってもらいつつ、最終的にこの試合で勝ち切ることを願って交代しました」 ――選手交代まで攻撃のリズムが作れなかった印象だが、期待していたことはなにか 「前半から出てくれた選手たちはなかなか得点を奪うことは出来なかったですけど、相手の嫌なところにボールを動かしながらやってくれて、前半の終わりから相手が疲れてきているという様子がありましたし、守備が堅い相手をどうやってこじ開けていくがという部分では狙い通りにしてくれたかなと思っています」 「後半に相手が回復し、前半の攻撃にも慣れてきたところもありましたが、前半からやってきたことが徐々に効いて後半の交代選手が(ゴールを)決められたという風に思います」 ――守備面では収穫があったのでは 「コロンビア戦とは攻撃力の違いがありますが、2試合でPKでの1失点だった部分においては、攻撃時のリスク管理やブロックから相手にプレッシャーをかけていくというところは、基本的な部分では選手たちはよく表現してくれたと思います。コロンビア戦であった危ないシーンを反省してトレーニングでやったことを今日の試合で選手たちは良く理解してくれていました」 ――今日がデビュー戦となった畠中槙之輔と橋本拳人について 「我々のコンセプトを理解して、かつ本人が持っている力を発揮してくれたと思います。ただ、まだまだレベルアップするべきところを感じていると思いますし、この国際親善試合を通して、良い経験をしたことをチームに持ち帰ってさらなる成長に繋げてもらえたらなと」 ――6月のキリンチャレンジカップ、どの国と対戦したいか 「強いチームと試合したいです。今回のように南米のチームと試合をさせてほしいということは言ってあります。なぜ南米かと言いますと、南米には日本人がまだまだ掴んでいかなければいけない身体の使い方やテクニック、戦術的にも試合の流れの中で臨機応変にやっていく能力が非常に高いので、日本人が培っていかなければならない部分を彼らから吸収できるようにということからです」 ――6月は新しい選手を呼ぶのか 「今後のチーム作りとしてこれまで招集した選手を軸に、あとは選手の活動を通して6月は招集していきたいと思っています。アジアカップからは多くの選手を入れ替えましたが、日本代表として選手層を厚くする部分で、私自身がいろんな選手を見ながらチームの底上げをしていくことを考えていました」 2019.03.27 01:04 Wed
twitterfacebook
thumb

前田が前半だけでハット! 7発圧勝のU-22日本代表、GS無傷の3連勝で本大会へ《AFC U-23選手権》

U-22日本代表は26日、AFC U-23選手権タイ2020予選第3戦のU-22ミャンマー代表戦に臨み、7-0で勝利した。 ここまでU-22マカオ代表(8-0)、U-22東ティモール代表(6-0)を相手計14得点を挙げ、格の違いを見せつけるU-22日本代表。直近の試合からスタメン7名を入れ替え、この日が誕生日の三好らを先発メンバーに起用した。 U-22日本代表は2分、三好がボックス右を打開して左アウトサイドでクロスを供給。ニアサイドに走り込んだ前田が合わせ、ゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定となった。 それでも、7分に相手GKのキックミスを三好がワンタッチでパス。バイタルエリア中央の前田がダイレクトシュートを放つと、ゴールに吸い込まれて先制に成功した。 先制から2分後にはU-22日本代表が追加点。9分、ハーフウェイライン中央から中山がバイタルエリア右のスペースにロングパスを出すと、これに前田が反応する。ワンタッチでのループシュートが決まり、U-22ミャンマー代表を突き放す。 畳みかけるU-22日本代表は18分、ボックス中央手前から三好のパスに反応した岩崎がワンタッチで抜け出す。そのまま相手GKをかわして無人のゴールに流し込み、3点目を手にする。 前半で勝負を決めにかかるU-22日本代表は38分、三好の右CKを相手DFがクリアミス。こぼれ球に反応した中山が押し込んで、リードを4点差に広げる。 さらに、44分には三好がボックス右のスペースにパスを出すと、走り込んでいた前田がGKの頭上を越すループシュート。チーム5点目を決めた前田は前半だけでハットトリックを達成した。 前半とは打って変わり、なかなか決定機を作りだせないU-22日本代表は69分に前田に代えて久保を投入。そのわずか1分後に、敵陣中央右サイドでボールを受けた久保がクロスを供給する。相手にディフレクトしたボールはゴール前の岩崎も元へ。岩崎が胸トラップから豪快にネットを突き刺した。 力の差を見せつけるU-22日本代表は79分、左サイドの杉岡がボックス中央手前の久保にパス。久保がワンタッチで前方に落とすと、走り込んできた中山が冷静にゴールに流し込み、7点目を奪った。 結局、3試合ともに快勝のU-22日本代表はグループステージ3連勝で首位通過を飾り、本大会へ。その本大会は2020年1月8日から26日にタイで行われる。 U-22日本代表 7-0 U-22ミャンマー代表 【U-22日本代表】 前田大然(前7) 前田大然(前9) 岩崎悠人(前18) 中山雄太(前38) 前田大然(前44) 岩崎悠人(後24) 中山雄太(後34) 【メンバー】 GK:小島亨介 DF:原輝綺、立田悠悟、町田浩樹 MF:藤谷壮、松本泰志、中山雄太(→84分 伊藤達哉)、杉岡大暉 MF:三好康児(→46分 上田綺世)、岩崎悠人 FW:前田大然(→68分 久保建英) 2019.03.26 22:35 Tue
twitterfacebook
thumb

レーティング: 日本 1-0 ボリビア《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表(FIFAランキング27位)は26日、ノエビアスタジアム神戸でキリンチャレンジカップ2019のボリビア代表(同60位)戦に臨み、1-0で勝利した。採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽日本代表採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190326_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style="font-size:0.8em;">※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし</span> GK 23 シュミット・ダニエル 5.5 ほとんど危ない場面はなかった DF 22 西大伍 5.5 高い位置でボールを受けるも攻撃に厚みを加えられず。 2 三浦弦太 5.5 無難に対応。フィードもまずまず。 20 畠中槙之輔 6.0 時間の経過と共に持ち前の足元の技術を発揮し、縦パスを供給。 19 安西幸輝 5.0 後半は得意のオーバーラップも見せたが、レオナルド・バカのフィジカルに苦戦。 (→佐々木翔 5.5) 中島との連携で左サイドを活性化。あとはクロスの精度。 MF 15 橋本拳人 6.5 寄せの鋭さは十分に通じることを証明。派手さはないが、幾度もカウンターの芽を潰した。 25 小林祐希 6.0 攻守において気の利いたポジショニング。前線に顔を出せばワンタッチでリズムも加えた。 (→柴崎岳 5.5) 長短のパスで試合を落ち着かせられるところは流石。 11 宇佐美貴史 5.0 23分にロングパスからチャンスを作ったが、効果的なプレーは少なかった。 (→堂安律 5.5) ワンタッチパス、サイドチェンジで変化を加えた。 10 香川真司 5.0 オフ・ザ・ボール時の動きは悪くなかったが、周囲と息が合わず。 (→南野拓実 5.5) 今日は我の強さが奏功せず。 14 乾貴士 5.5 良いところに顔を出し、違いを作ろうと試み続けたが。フィニッシュ、パス共に精度を欠いた。 (→中島翔哉 6.5) 果敢な仕掛けで流れを変えれば、決勝弾も記録。森保体制では常に別次元。 FW 18 鎌田大地 5.5 背後を果敢に狙い、ボールを持てばポストワークも巧みにこなしていたが、徐々に試合から消えた。 (→鈴木武蔵 -) 監督 森保一 5.0 スタメン総入れ替えで臨んだが、実り多いものではなかった。課題の攻撃面は解消しきれず、いつもの南野、中島、堂安任せ ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 橋本拳人(日本代表) 中島の活躍に目が行きがちだが、橋本の貢献度は高かった。代表デビューとは思えぬ落ち着きと出足の鋭さでボリビアの反撃を許さず。時折、良い縦パスも見せた。 日本 1-0 ボリビア 【日本】 中島翔哉(後31) 2019.03.26 21:28 Tue
twitterfacebook
thumb

堂安&南野のカウンターから中島弾! 森保ジャパン、ボリビアに辛勝《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表(FIFAランキング27位)は26日、ノエビアスタジアム神戸でキリンチャレンジカップ2019のボリビア代表(同60位)戦に臨み、1-0で勝利した。 今シリーズの初戦となるコロンビア代表戦を0-1で落とした日本代表。代表活動の締めくくりとなるボリビア代表戦に向け、森保一監督は前日会見の言葉どおり、先発全員を変更した。 最後尾にシュミット・ダニエルが入り、最終ラインに右から西、三浦、畠中、安西。橋本と小林が2ボランチを務め、鎌田を起用した最前線の背後に右から宇佐美、香川、乾を並べた。 そのなかで、畠中と橋本はA代表デビューとなり、安西と鎌田は初先発。ロシア・ワールドカップ以来の先発入りを果たした香川は地元神戸での一戦で初のゲームキャプテンを担った。 立ち上がりからボールの主導権を握りにかかった日本代表。早々に宇佐美がオープニングシュートを放つなど、押し込む形を作りだすが、ボリビア代表の守りを崩せない状況を打破する一手がみいだせず、淡白な攻撃が続く。 そのなか、23分に右サイドの宇佐美が逆サイドのスペースにロングパス。ボールを受けた乾が小刻みなタッチで中に切り込み、得意の角度から右足シュートを放つが、ゴールマウスの右下隅を突いたボールは相手GKに阻まれる。 前半を通じてボールの主導権を支配し続ける日本代表は、右サイドでタメを作りながら乾の左サイドから切り崩しにかかるが、要所での連携ミスも散見され、チグハグな攻撃に終始。崩しの策を欠き、効果的な攻めができない。 攻めあぐねが著しい日本代表は58分、畠中の縦パスを敵陣中央で受けた乾が最終ラインのスペースで駆け引きを演じる鎌田にボールを供給。反転してシュートに持ち込むが、相手DFやGKの寄せに遭い、先制機を逸してしまう。 じりじりした展開が続く日本代表は61分、宇佐美と乾を下げて堂安と中島、69分に香川と小林に代えて南野と柴崎、73分に安西を下げて佐々木を投入。従来の主力メンバーを立て続けにピッチに送り込み、停滞感の打開を図る。 すると、76分に自陣からカウンターを仕掛け、敵陣中央でボールを持ち上がった堂安が南野にパス。ボックス左でボールを受けた中島が右足シュートをボリビア代表のゴールマウスを突き刺して、日本代表がようやく均衡を破る。 最後の交代枠で鎌田を下げて鈴木をピッチに送り出した日本代表は、このまま試合をクローズ。課題を露呈した森保ジャパンだが、何とか勝ち切り、この3月シリーズを締めくくった。 2019.03.26 21:27 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース