冨安、鎌田、遠藤が先発出場もオーステンデとドローで年内最終戦を終える《ジュピラー・プロ・リーグ》2018.12.27 20:50 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©STVV
▽シント=トロイデンは26日、ジュピラー・プロ・リーグ第21節でオーステンデと対戦し、1-1で引き分けた。

▽公式戦4戦未勝利のシント=トロイデンは、DF冨安健洋、MF遠藤航、MF鎌田大地の3選手が揃って先発出場。また負傷していたMF関根貴大がベンチ入りを果たした。

▽試合は4分、ボタカのゴールで先制すると、22分にはドリブルを仕掛けた鎌田がボックス内に侵入。相手に倒されPKを獲得する。

▽PKのキッカーは先制ゴールのボタカが務めるも、シュートはGKにセーブされてしまい、リードを広げられない。

▽すると33分、ボックス手前からのクロスをデ・ボックがヘッド。これが決まり、1-1の同点に追いつかれる。

▽結局その後はスコアが動かずに試合終了。シント=トロイデンは2018年最終戦を勝利で飾ることはできなかった。

▽試合後、フル出場を果たした日本代表DF冨安健洋とPKを獲得したMF鎌田大地がコメントしている。

◆DF冨安健洋
「早い時間帯にチャンスもかなりありましたし、2点、3点を取るチャンスもあって、そこでゲームを決められる可能性もあったと思いますが決められなかったですし、それよりも自分たちから崩れてしまった試合でした」

「良くない時の試合は、相手がどうこうというよりは自分たちで崩れていくゲームになることが多いので。1点を取ってから相手の方がボールを持つ時間は多かったと思いますし、僕らもミスが多くなっていて、相手がどうこうというより、自分たちで改善していかないとPO1にはいけないのかなと思います」

「(来年については)引き続きチームでしっかり試合に出て活躍してPO1に出るという目標があるので、そこを続けられれば自ずと代表活動にも繋がってくると思うので、ここでやれることをやろうと思っています」

◆MF鎌田大地
「(得点を)取れない時期も来るとは思っていました。今は自分としてあまり良くないとは思いますが、そこまで焦ることなくやっていけばまた上手くやっていけると思います」

「連戦の疲れもありましたし、相手がとても警戒しているのもあるし、自分が触りたいゴール前でボールを触れていないのが原因かなと思います」

「(今年を振り返って)ここ最近の3試合はチームの結果としては良くなかったですが、今年1年という意味では僕自身の結果としては悪くないと思うし、個人的な目標が15得点なので残り試合は2試合で1点ペースで取ればいいので狙える位置にはいますし。個人的には昨年からここまで難しいシーズンを過ごしてきてなんとか盛り返せてきてるかなと思っているので、よくここまで自分の状態を戻せたという気持ちは強いです」

「もちろん、試合に出続けることがまずは大事だと思うし、試合に出続けられれば15点も狙えますし、自分のプレー内容はもっとこだわるべきかなと思っています」

▽なお、シント=トロイデンの2019年初戦は、1月19日(金)の28時30分にホームでゲンクとのダービーを戦う。

オーステンデ 1-1 シント=トロイデン
【オーステンデ】
デ・ボック(前33)
【シント=トロイデン】
ボタカ(前4)
コメント
関連ニュース
thumb

鎌田大地&関根貴大が先発のシント=トロイデン、ゲンクとのダービーで逆転負け《ジュピラー・プロ・リーグ》

シント=トロイデンは18日、ジュピラー・プロ・リーグ第22節でゲンクとホームで対戦し、2-3で敗れた。 2019年のリーグ戦初戦となったゲンク戦。日本代表としてアジアカップに出場しているDF冨安健洋、MF遠藤航が欠場した一方で、MF鎌田大地、MF関根貴大が先発出場。また、DF小池裕太が加入後初のベンチ入りを果たした。 シント=トロイデンは4-2-3-1のシステムで、鎌田はトップ下に、関根は左サイドに入りプレー。ゲンクとのダービーに臨んだ。 試合はゲンクサポーターの発煙筒が焚かれる中スタート。立ち上がり、鎌田が相手最終ラインにプレスをかけると、バックパスをGKが手でキャッチ。これで間接FKを得ると2分、味方が出したボールを鎌田がシュート。これが相手選手に当たると、ボタカがこぼれ球を詰めて、シント=トロイデンが先制する。 4分には鎌田のパスを受けた関根が右サイドからクロス。これをボリがシュートするも、相手DFにブロックされてしまう。 迎えた29分、鎌田がドリブルを仕掛けると相手が中盤でカット。そこからのスルーパスが通ると、抜け出したサマッタがGKもかわして冷静に流し込み、ゲンクが同点に追いつく。 1-1で前半を終了し迎えた後半、ゲンクが攻め込む展開が続くもGKステッペの活躍でシント=トロイデンはなんとか失点を免れる。すると69分、前線でボールをキープしたボリが倒され、ボックス手前でFKを獲得。これをボリが壁の下を抜くグラウンダーのシュートを沈め、シント=トロイデンが勝ち越しに成功する。 ホームでダービーの勝利を収めたいシント=トロイデンだったが、75分にカウンターから最後はスルーパスに抜け出したトロサードにボックス内左から決められ同点に。81分にもスルーパスがトロサードに通ると、中央への折り返しをムドンガラが押し込んでゲンクが逆転。 シント=トロイデンはその後に反撃することができず、試合が終了。2-3で逆転負けを喫してしまった。なお、鎌田はフル出場、関根は84分までプレー。小池は出場機会がなかった。 シント=トロイデンは、26日の28時から、アウェイでセルクル・ブルージュと対戦。2018年夏に鹿島アントラーズから加入したDF植田直通との対決も注目が集まる。 シント=トロイデン 2-3 ゲンク 【シント=トロイデン】 ボタカ(前2) ボリ(後26) 【ゲンク】 サマッタ(前29) トロサード(後30) ムドンガラ(後36) 2019.01.19 12:55 Sat
twitterfacebook
thumb

「スタメンをとって、試合に出て、点を獲りたい」シント=トロイデン6人目の日本人選手となったFW木下康介が意気込み

ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグのシント=トロイデンは17日、スウェーデンのハルムスタッズBKからFW木下康介(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 横浜FCユース出身の木下は、2013年にフライブルクのU-19チームへ入団。その後、ドイツのホンブルクを経て、2016年にハルムスタッズへと移籍。55試合で16ゴールを記録していた。 シント=トロイデンに移籍加入した木下は「チームのみんなが明るく、ウェルカムで初日から迎えてくれました。日本人選手もいてやりやすい部分もあると思いますし、すぐに溶け込めるかなと思っています」とコメント。また、ベルギーリーグについても「最近ベルギーリーグは日本人選手の活躍も話題ですし、ベルギー代表も強く、いい選手が揃っているという印象です。まずはスタメンをとって、試合に出て、点を獲りたいと思っています。応援よろしくお願いします」と意気込みを語った。 また、チームの立石敬之CEOは「全日本ユース選手権では2年連続得点王を獲った将来を嘱望された選手です。横浜FCユースからJリーグを経ずに海外に挑戦した経歴を持つ、アグレッシブなマインドの持ち主でもあります」と木下についてコメント。「ケガに悩まされた時期もありますが、持ち前の能力、タフネスを生かしてほしいと願っています。いよいよリーグ後半戦が再開します。PO1進出を目指して、新しく入ったメンバーとともにさらに挑戦し続けますので、応援よろしくお願いします」と、後半戦でのチームの飛躍に期待を語った。 シント=トロイデンは日本代表としてアジアカップに参加しているDF冨安健洋やMF遠藤航の他、MF鎌田大地、MF関根貴大、DF小池裕太が所属。木下は6人目の日本人選手となった。 リーグ再開となる第22節のゲンク戦は、1月18日(土)の28時30分にキックオフを迎える。 2019.01.18 12:40 Fri
twitterfacebook
thumb

木下康介のシント=トロイデン加入が決定 昨年スウェーデン2部で13発の元U-19日本代表FW

シント=トロイデンは17日、元U-19日本代表FW木下康介(24)の加入を正式発表した。契約期間などの詳細は明らかにされていない。 横浜FC下部組織出身の木下は2013年1月にフライブルク下部組織に移籍。その後、フライブルクII、ホンブルクといったドイツのクラブを渡り歩き、2017年1月にハルムスタッズBK(スウェーデン)に活躍の場を移した。昨年は2部リーグながら29試合に出場。13得点を挙げた。 シント=トロイデンは日本のサービス事業大手『DMM』が経営権を保有するクラブ。DF遠藤航やDF冨安健洋の日本代表勢のほか、DF小池裕太、MF関根貴大、MF鎌田大地が在籍しており、木下は6人目の日本人選手となる。 2019.01.18 08:00 Fri
twitterfacebook
thumb

元U-19日本代表FW木下康介、シント=トロイデン入り目前か 横浜FCユース時代にはシティからオファー

シント=トロイデンが元U-19日本代表FW木下康介(24)の獲得に迫っているようだ。ベルギー『Het Belang van Limburg』が伝えている。 木下は横浜FC下部組織出身。同クラブ在籍時には、自ら入団テストを打診したマンチェスター・シティからオファーを受けたが、2013年にフライブルクU-19への移籍を決断した。その後、トップに上がることはできなかったが、ドイツ4部リーグのホンブルクを経て、2017年にスウェーデン1部のハムスタッズBKに入団。同年にチームは2部に降格したが、木下は昨シーズン公式戦34試合15ゴール3アシストを記録した。 今回伝えられるところによると、ベルギーのシント=トロイデンが木下の獲得が決定的になっている模様。15日に現地に到着し、16日にメディカルチェックを受けるようだ。 日本のサービス事業大手『DMM』が経営権を保有するシント=トロイデンには現在、DF遠藤航、DF冨安健洋、DF小池裕太、MF関根貴大、MF鎌田大地が在籍。木下が加入することになれば、6人目の日本人選手となる。 2019.01.16 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

東京五輪世代期待のDF板倉滉、シント=トロイデン移籍か 昨季は川崎Fから仙台にレンタル

川崎フロンターレに所属するDF板倉滉(21)に海外移籍の可能性が浮上している。ベルギー『Voetbal Belgie』が伝えた。 川崎F下部組織出身で2015年にトップチーム昇格を果たした板倉。昨シーズンはベガルタ仙台に期限付き移籍し、明治安田生命J1リーグで24試合3得点を記録した。また、天皇杯には4試合に出場し、初の決勝進出に貢献。U-21日本代表としては、AFC U-23選手権で決勝進出に貢献するなど、東京五輪でも中心選手として活躍が期待される選手だ。 7日に仙台への期限付き移籍期間満了を発表後、一部メディアで海外移籍の意向を示していたことが伝えられていたが、どうやらシント=トロイデン加入が近づいている模様。同メディアは「新たな日本人がやってくる」と報じ、クラブ側がアジア市場のさらなる拡大を考えていることを伝えている。また、板倉と川崎Fの契約が2020年1月31日までとなっており、市場価格は70万ユーロ(約8700万円)になるようだ。 なお、日本のサービス事業大手『DMM』が経営権を保有するシント=トロイデンには現在、DF遠藤航、DF冨安健洋、DF小池裕太、MF関根貴大、MF鎌田大地が在籍。板倉が加入することになれば6人目の日本人選手となる。 2019.01.10 08:40 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース