久保が4試合ぶり出場のニュルンベルク、フライブルクにシャットアウト負けで5連敗… 最下位脱出できず《ブンデスリーガ》2018.12.23 06:03 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ニュルンベルクは22日、ブンデスリーガ第17節でフライブルクをホームに迎え、0-1で敗れた。ニュルンベルクのFW久保裕也は57分から出場している。

▽前節ボルシアMG戦を落とし、4連敗の最下位ニュルンベルク(勝ち点11)は、ここ3試合ベンチ入りも出場機会のなかった久保が引き続きベンチスタートとなった。

▽12位フライブルク(勝ち点18)に対し、ニュルンベルクは19分に先制される。FKからグルデにヘディングシュートを流し込まれた。

▽そのまま1点ビハインドで前半を終えたニュルンベルクは、57分に久保が左インサイドMFの位置に投入される。すると64分には右クロスに反応したファーサイドの久保が左足ボレーで狙ったが、ミートしきれなかった。

▽その後もニュルンベルクが押し込む流れとなったが、76分にワルドシュミットの強烈なミドルシュートでGKを強襲されてしまう。終盤にかけてチャンスを作れなかったニュルンベルクは、そのまま0-1で敗戦。5連敗で最下位から脱出できず、前半戦を終えている。
コメント
関連ニュース
thumb

「久保裕也は貴重な選手」ニュルンベルク指揮官は後半戦に向けて復調に期待

ニュルンベルク率いるミヒャエル・ケルナー監督は、前半戦の終盤から出場機会を失っているFW久保裕也に関して「とても貴重な選手」と語った。ドイツ誌『キッカー』が伝えている。<br><br>昨夏にベルギーのヘントから1年間の期限付きでニュルンベルクに渡った久保。新天地での最初の数試合はその機敏なターンや高度なテクニックで周囲の期待を高め、早くも指揮官の信頼を勝ち取ったようにも見えていた。<br><br>しかし、ボルシア・ドルトムント(0-7)やRBライプツィヒ(0-6)と大敗を喫し、不調に陥るチームでゴールやアシストといった結果を残せないでいると、徐々に出場機会が減少することに。第11節シュトゥットガルト戦(0-2)で初めてのベンチ外を味わい、以降7試合では3試合の出場にとどまり、第14節~第16節はベンチに座るも最後まで起用されなかった。<br><br>そんな久保について、ケルナー監督は「彼はどれほどの能力を持つのかは誰もが確認できたはず」とコメントする一方で、「見せられるほどのフォームではなかったことも明らかだっただろう」と不振に苦しんでいたことを指摘。それでも「彼が後半戦には助けになってくれることを確信している。彼はとても貴重な選手だ」と続け、同選手の復調に期待を寄せた。<br><br>ニュルンベルクはここ11試合勝ちなし(3分け8敗)で最下位に低迷。アジアカップに臨む日本代表メンバーにも選ばれなかった久保は冬季中断期間中、チームとの連携を高め、巻き返しに貢献したいところだ。<br><br>提供:goal.com 2019.01.01 11:50 Tue
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 12月24日は、4大リーグ初挑戦中の若武者のバースデー

◆久保裕也 【Profile】 国籍:日本 誕生日:1993/12/24 クラブチーム:ニュルンベルク ポジション:FW 身長:178㎝ 体重:72㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ! 』12月24日は、ニュルンベルクでチャレンジするFW久保裕也だ。 ▽京都サンガF.C.下部組織出身の久保は、2011年に高校3年生でトップチームデビュー。17歳にして2011シーズンの明治安田生命J2リーグでチームトップとなる10ゴールを記録し、天皇杯では横浜F・マリノスとの準決勝で途中出場ながら1ゴール1アシストの活躍でチームを決勝に導いた。FC東京との決勝戦では、敗れはしたものの途中出場から1ゴールを記録している。2012年2月には高校生ながら日本代表に初招集され、元日本代表DF市川大祐氏以来となる2人目の快挙となった。 ▽その後、2013年6月にスイスのヤングボーイズに加入すると、開幕からスタメンに定着。在籍した4シーズンで公式戦137試合39ゴール15アシストを記録した。サッカー以外に興味がなく、スイス時代にはテレビも映らず、カーテンもない部屋で生活。プライベートの時間にも庭でボールをひたすら蹴るほどのストイックさの持ち主だ。 ▽その後、2017年にヘントでプレーした後、2018年からはローンでニュルンベルクに加入。初めて4大リーグに足を踏み入れ、苦境の中でもがいている最中だ。 ▽日本代表としては、2016年11月に久々に選出されてキリンチャレンジカップのオマーン代表戦で途中出場から代表デビュー。その後、代表に定着してロシア・ワールドカップアジア最終予選では6試合2ゴール2アシストの活躍を披露し、本大会行きに貢献した。 ※誕生日が同じ主な著名人 セルジュ・オーリエ(サッカー選手/トッテナム) レオ・シルバ(サッカー選手/鹿島アントラーズ) ドゥシャン(サッカー選手/横浜F・マリノス) 西内まりや(モデル) 石原さとみ(女優) 相葉雅紀(アイドル/嵐) アレックス・カブレラ(元プロ野球選手) トミーズ雅(芸人) 2018.12.24 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGがヘッキングのブンデス400試合目を快勝で飾る! 久保不出場のニュルンベルクは10戦勝ちなし…《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第16節、ボルシアMGvsニュルンベルクが18日に行われ、ホームのボルシアMGが2-0で勝利した。なお、ニュルンベルクのFW久保裕也はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽リーグ戦2位に位置する好調ボルシアMGと、9戦未勝利で17位に低迷するニュルンベルクによるミッドウィーク開催の一戦。強豪相手に10戦ぶりの白星を目指すアウェイチームでは久保が3試合連続でベンチスタートとなった。 ▽劣勢が予想されたニュルンベルクだが、積極的な入りを見せると、開始5分にはボックス内でのズレリャクのポストプレーからフクスがシュート。DFに当たって浮いたボールがゴールに向かうが、これはクロスバーを叩く。さらに跳ね返りに詰めたズレリャクが頭で押し込みにかかるが、ここはGKゾンマーの好守に阻まれた。 ▽やや押し込まれる入りを強いられたボルシアMGだが、時間の経過と共にアザール、トラオレの両ウイングを起点に攻め込み、相手陣内でのプレーを増やしていく。24分にはアザールとの見事なパス交換でゴール前に侵入したプレアに決定機も、ここはDFの決死のカバーリングに遭う。続く39分にはアザールの左CKをゴール前でドフリーのザカリアが打点の高いヘッドで合わす。しかし、これはゴールカバーに入っていたDFリーボルドに掻き出されてゴールとはならず。 ▽その後も押し込む状況が続く中、ボルシアMGは45分にボックス内でノイハウスがアフターチャージを受けてPKを獲得。しかし、キッカーのアザールのチップキックはクロスバーを越えてしまい、絶好の先制機会を逸して前半を終えた。 ▽それでも、後半立ち上がりに攻勢を仕掛けたボルシアMGは高速カウンターからいきなり先制点を奪う。相手セットプレーのロングカウンターから右サイドのスペースに抜け出したトラオレがボックス付近まで運んでグラウンダーの速いクロスを入れる。ニアに飛び込んだ味方には合わなかったもののファーに走り込んだアザールが冷静にワンタッチで流し込んだ。 ▽この先制点で勢いに乗ったホームチームは攻勢に出る相手をうまくいなしながらカウンターで追加点を目指す。58分にはボックス左でアザールからラストパスを受けたノイハウスにゴール前で決定機も、ここは相手に寄せられてシュートを枠の右に外してしまう。 ▽その後、互いに交代カードを切っていった中、74分には再びボルシアMGに決定機。ボックス左でキープしたアザールからのマイナスの折り返しをキュイサンスがスルーし、後方のトラオレが得意の左足で狙うが枠を捉えきれない。 ▽その後はセットプレーを起点に反撃を見せたアウェイチームに対して危なげない試合運びを見せたボルシアMGがこのまま2-0で勝利。ヘッキング監督のブンデスリーガ400試合目の快勝で飾り、今週末に行われる首位ドルトムント戦に向けて弾みをつけた。一方、敗れたニュルンベルクは泥沼の10戦未勝利となった。 2018.12.19 04:36 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルン、レヴァのドッペルパックとリベリ弾で久保不出場のニュルンベルクに快勝《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第14節、バイエルンvsニュルンベルクが8日に行われ、3-0でバイエルンが快勝した。ニュルンベルクのFW久保裕也はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節ブレーメン戦をニャブリのドッペルパックで勝利し、リーグ戦4試合ぶりの白星を手にした4位バイエルン(勝ち点24)は、4日後に首位通過を懸けたチャンピオンズリーグ(CL)のアヤックス戦を控える中、今季限りでの退団を表明したロッベンが欠場となり、負傷明けのチアゴがベンチ入りした。 ▽久保が3試合ぶりにベンチスタートとなった15位ニュルンベルク(勝ち点11)に対し、[4-2-1-3]で臨んだバイエルンは3トップに右からニャブリ、レヴァンドフスキ、リベリ、トップ下にミュラー、センターにキミッヒとゴレツカを並べた。 ▽立ち上がりから押し込んだバイエルンは9分、キミッヒの左CKからパンチングでクリアにかかったGKの前でレヴァンドフスキがヘディングで押し込み、先制した。 ▽先制後もハーフコートゲームを続け、圧倒するバイエルンは24分に追加点のチャンス。ボックス内でミュラー、ニャブリと繋いで最後はレヴァンドフスキがシュートしたが、枠の上に外してしまった。 ▽それでも27分、ゴレツカのミドルシュートがバーを直撃したルーズボールをレヴァンドフスキが押し込んで汚名返上の追加点を奪う。 ▽迎えた後半も攻勢に出たバイエルンは57分に3点目を奪取。相手GKのキックミスを突いてショートカウンターに転じると、ニャブリのシュートのルーズボールをリベリが蹴り込んだ。 ▽余裕のバイエルンはリベリ、ゴレツカ、ニャブリを下げ、コマンや負傷明けのチアゴら投入していく。結局、ニュルンベルクに何もさせず、そのまま3-0で試合を終わらせ、リーグ戦2連勝とした。 2018.12.09 01:24 Sun
twitterfacebook
thumb

久保先発のニュルンベルクがホームで引き分けリーグ7戦未勝利《ブンデスリーガ》

▽久保裕也の所属するニュルンベルクは3日、ブンデスリーガ第13節でレバークーゼンと対戦し、1-1の引き分けに終わった。久保は58分までプレー。 ▽前節のシャルケ戦で大敗を喫しリーグ戦6戦未勝利中のニュルンベルクは、前節からスタメンを4人変更。出場停止のバウアーやパラシオス、GKマゼニアらに代えてケルクやミシジャン、GKブレドウらをスタメンに起用した。 ▽久保を2トップの一角に起用した[4-4-2]で試合に臨んだニュルンベルクは、立ち上がりからレバークーゼンにボールを保持されると10分にピンチ。ブラントの右CKをボックス中央左で拾ったS・ベンダーが、雨で濡れたピッチでバランスを崩しながらもシュート。しかし、これはクロスバーに弾かれた。 ▽難を逃れたニュルンベルクだが、レバークーゼンに主導権を握られると、30分に失点を許す。ブラントのパスをボックス右深くで受けたフォラントがクロスを供給すると、GKブレドウがパンチングしたセカンドボールをゴール前でハフェルツに拾われると、冷静にゴール右隅へシュートを流し込まれた。 ▽迎えた後半、先に試合を動かしたのはニュルンベルク。57分、左CKのセカンドボールを再び拾ったケルクが左クロスを供給。一度は相手DFにクリアされたが、こぼれ球をボックス中央のマルグリッターが流し込んだ。 ▽同点とされたニュルンベルクは、58分に久保を下げてズレリャクを投入。さらに77分にはケルクを下げてパラシオスをピッチに送り出した。しかし、その後もスコアは動かず1-1で試合終了。ニュルンベルクは、リーグ戦7試合未勝利となっている。 2018.12.04 08:00 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース