原口と宇佐美がマッチアップの日本人対決はデュッセルドルフがAT弾で制し3連勝!《ブンデスリーガ》2018.12.23 01:45 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第17節、ハノーファーvsデュッセルドルフが22日に行われ、0-1でデュッセルドルフが勝利した。ハノーファーのFW原口元気はフル出場し、FW浅野拓磨は負傷欠場、デュッセルドルフのFW宇佐美貴史は70分までプレーしている。

▽前節フライブルク戦を勝ち切れず1-1で引き分けた17位に沈むハノーファー(勝ち点11)は、昨季後半にレンタルで所属して昇格に貢献した原口がデュッセルドルフ相手に引き続きスタメンとなった。

▽一方、首位ドルトムント相手に2-0と番狂わせを演じて金星を挙げた15位デュッセルドルフ(勝ち点15)は、宇佐美が4試合連続スタメンとなった。

▽[3-5-2]の右ウイングバックで先発した原口と、フラットな[4-4-2]の左サイドで先発した宇佐美がマッチアップした一戦。

▽互角の攻防で立ち上がっていった中11分、デュッセルドルフは好調のルケバキオのコントロールシュートでまずはゴールに迫る。

▽その後はヴァイダントが攻撃を牽引するハノーファーが押し気味に試合を運ぶ中、36分にデュッセルドルフにチャンス。宇佐美のスルーパスでボックス左に抜け出したカラマンが枠内シュートを浴びせたが、GKの好守に阻まれた。続く37分にはボックス左に侵入した宇佐美がシュートと、デュッセルドルフが効果的に攻撃を仕掛けて前半を終えた。

▽後半もハノーファーが押す流れで推移する中、カウンターを狙うデュッセルドルフが61分にチャンス。FKからジーセルマンの合わせたシュートがゴールラインを割りかけたが、GKエッサーのファインセーブに阻まれた。

▽その後もカマランのシュートでゴールに迫ったデュッセルドルフは66分にはヘニングスのダイビングヘッドでゴールに近付いていく。そして70分に宇佐美がピッチを後にしたデュッセルドルフだったが、74分にも決定機。カラマンのポストプレーでボックス右に侵入したストガーがGKと一対一となったが、エッサーに止められてしまった。

▽それでも追加タイム2分、デュッセルドルフが押し切った。ドリブルで持ち上がったフィンクがボックス手前左から左足でシュートを放つと、ここまで再三好守を見せてきたGKエッサーが守備範囲のボールを弾ききれずゴールに吸い込まれた。

▽これが決勝点となってデュッセルドルフが勝利。3連勝とし、前半戦を締めくくっている。
コメント
関連ニュース
thumb

「たくさんボールに触れられれば」FW宇佐美貴史、準備万端でボリビア戦へ《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表は25日、翌26日に行われるキリンチャレンジカップ2019のボリビア代表戦に向けて試合会場となるノエビアスタジアム神戸でトレーニングを行った。 森保ジャパン初招集となったデュッセルドルフFW宇佐美貴史は、前回のコロンビア戦は出番は回ってこなかった。森保一監督が「総入れ替え」を公言した中で、チャンスが回ってくる可能性が高い宇佐美は、記者に向けて自分に何ができるのかを語ってくれた。 ◆宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ) ――ボリビア戦に向けて 「良い状態で。良い準備ができたかなと。全体的は雰囲気は賑やかで和やかで。ゲームになるとしっかり締まってできたと思います」 ――森保監督が「総入れ替え」と発言したが、チャンスが来たときどの様なプレーをしたいか 「2列目の選手とかサイドバックの選手たちと上手く絡みながらいろんな攻撃パターンを自分のところから出せればなと思いますし、その中でしっかりフィニッシュにもかかわりながら。この間の試合はゼロに終わったので、しっかり得点というところを攻撃的な選手として生み出せればいいかなと思います」 ――無得点に終わった前回の試合から宇佐美選手なりに改善できるところは 「(攻撃を)制限されるわけではないので、ボールを多く触れる機会があればいい攻撃とかいいアイデア、連携を生み出せると思うので、幅とかバリエーションを作っていければなと」 2019.03.25 21:51 Mon
twitterfacebook
thumb

デュッセルドルフ、ベテラン主将DFフィンクと2020年まで契約延長

宇佐美貴史の所属するデュッセルドルフは19日、DFオリヴァー・フィンク(36)との契約を2020年6月30日まで延長したことを発表した。 2004年にレーゲンスブルクでプロデビューを飾ったフィンクは、2009年にウンターハインクからデュッセルドルフに加入。ここまで在籍9年半で公式戦252試合に出場し23ゴール24アシストをマーク。今シーズンはアキレス腱のケガで出遅れたものの、ブンデスリーガ第11節のヘルタ・ベルリン戦で初出場すると、第17節のハノーファー戦では終盤からの出場で決勝点を記録するなど、リーグ戦13試合で2ゴールを記録している。 2016年夏からキャプテンを務めるフィンクは、クラブの公式サイトで契約延長の喜びを語っている。 「来季もデュッセルドルフでプレーを続けられることをとても嬉しく思っているよ。こんなに長くプレー出来ているのはクラブやファン、街や私の家族のおかげであり、すべてに心から感謝している。ここで11シーズン目を迎えられることは、僕にとってとても光栄なことだよ」 2019.03.20 01:02 Wed
twitterfacebook
thumb

宇佐美貴史、決意新たに…「一番下からスタートする立場」《キリンチャレンジカップ》

日本代表は18日、神奈川県内で今月の代表ウィークに向け、始動した。 香川真司と同じくロシア・ワールドカップ(W杯)ぶりの代表入りであり、森保一体制下で初招集となるデュッセルドルフのFW宇佐美貴史。26歳の年齢的にも中心選手としての責任が求められてくるなかで、「競争において一番下からスタートする立場」だと語り、覚悟を示した。 ◆宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ) ──森保ジャパンの印象は? 「僕のポジションが近いこともあって、(堂安)律や(中島)翔哉、(南野)拓実といった2列目の選手や、冨安(健洋)君の若い選手がいきいきして、エネルギッシュにプレーして、良いサッカーを展開しているなとか、客観的に観させてもらっていました」 ──離れてみて代表への思いは強まったか 「代表への思いは離れているからとか、行ったことがあるからとかじゃなく、終始強いものがあります。常に『行きたい場所』として、その思いを持ってます。なので、どういう状況に応じて気持ちが左右されることはないです」 ──年齢的に上になってきた。中心としての自覚は 「自覚っていうほど代表で実績を残せていない。年齢的にしっかり中心になってやっていかないといけないですけど、そうなれていない自分への悔しさや歯がゆさもありますし、そうならないといけない危機感もあります。代表の中心としてやっていく自覚を言えるように、もっとプレーで結果を出していかないといけないので、競争において一番下からスタートする立場だと思っています」 ──森保スタイルを観て描くプレーイメージとは 「2列目の選手があれだけ躍動しているのを見ると、そんなにポジションが固定されて、動きに制限がかかっているわけじゃなく、チームの中でしっかりボールを支配しながら前の選手が数多くボールに触れるスタイルだと思っているので、そこに自分のストロングポイントをしっかりと落としこんでいきたいです」 ──組み合わせについてのイメージとは 「組み合わせは僕が考えることじゃない。出たときに、どういう選手たちとどういうプレーができるのかっていうのは短い期間なので出たとこ勝負になってくるので、その場で無理矢理にでも合わせていかないといけないです。やったことのある選手もいるけど、やったことのない選手の方が多いので、試合の中で合わせていくしかないと思います」 ──ポジションごとのプレーイメージは 「右で出たときはシュートもそうですけど、クロスを意識します。どのチームも基本的に右利きの選手が多いので、右の視野を取りやすいです。ビルドアップの最初やアタッキングサードに入って行くまでにまず右を経由することはどこのチームでもあることだと思う。そこでつっかえてしまうと、なかなか前にいけなくなるので、右で出たときはチームが前にボールを運ぶなかで滞りなく供給できるように心がけています」 2019.03.18 20:31 Mon
twitterfacebook
thumb

宇佐美が終盤出場のデュッセルドルフ、ヴォルフスブルクに5失点大敗《ブンデスリーガ》

デュッセルドルフは16日、ブンデスリーガ第26節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、2-5で敗戦した。デュッセルドルフのFW宇佐美貴史は78分から出場している。 前節フランクフルト戦を0-3と敗戦した11位デュッセルドルフ(勝ち点31)は、そのフランクフルト戦で出場機会のなかった宇佐美がベンチスタートとなった。 7位ヴォルフスブルク(勝ち点39)に対し、拮抗した展開で推移していた中30分、デュッセルドルフが先制する。ボックス手前左で得たFKをアイハンが直接ゴール左に決めきった。 しかし34分、メーメディにゴールを決められ、すかさず試合を振り出しに戻されてしまった。 1-1で迎えた後半、54分にヴェグホルストに逆転ゴールを決められたデュッセルドルフは、57分にもCKの流れからクノッヘのゴールを許すと、続く59分にもヴェグホルストにゴールを決められ、一気に1-4とされてしまう。 直後、ラマンのゴールで1点を返したデュッセルドルフは78分、宇佐美を右サイドに投入。しかし、88分にヴェグホルストにハットトリックを許してチームは2-5で大敗となった。 2019.03.17 01:40 Sun
twitterfacebook
thumb

途中出場アラーのドッペルパックなどでフランクフルトがリーグ3連勝! 宇佐美vs長谷部の日本人対決は実現せず《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第25節のデュッセルドルフvsフランクフルトが11日に行われ、0-3でフランクフルトが勝利した。フランクフルトの元日本代表MF長谷部はフル出場、デュッセルドルフのMF宇佐美貴史はベンチ外となった。 リーグ戦連勝中の6位フランクフルトが、11位デュッセルドルフの本拠地エスプリ・アレーナに乗り込んだ一戦。ミッドウィークにヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・1stレグのインテル戦を行われたフランクフルトは、その試合から先発を3人変更。同試合で鼻骨を骨折した長谷部は、フェイスガード着用し3バックの中央でスタメンに名を連ねた。一方、デュッセルドルフの宇佐美はベンチ外となっている。 試合は開始早々の2分、デュッセルドルフはデ・グズマンのバックパスで抜け出す形となったコフナツキがゴールネットを揺らしたが、ルケバキオからのパスと勘違いした主審はコフナツキのオフサイドと判定しノーゴールとなった。すると5分、長谷部はプレーがしづらいのかフェイスガードを外してプレーを再開する。 膠着状態が続く中、デュッセルドルフは16分にアクシデント。左モモ裏を痛めたコフナツキがプレー続行不可能となりヘニングスを緊急投入した。 なかなか決定機に恵まれなかったフランクフルトだが37分、左CKのセカンドボールをボックス中央のレビッチがジャンピングボレーで狙ったが、これは枠の右上に外れた。さらに43分、長谷部のパスからボックス内に侵入したヨビッチがゴールエリア左横からシュート。しかし、これは飛び出したGKの好セーブに防がれた。 ゴールレスで迎えた後半、先に試合を動かしたのはフランクフルト。48分ダ・コスタのパスをボックス右横で受けたデ・グズマンが縦への突破からクロスを供給すると、ファーサイドに走り込んだパシエンシアが頭で流し込んだ。 先制を許したデュッセルドルフだが、53分にチャンス。長谷部のパスミスをボックス左で奪ったラマンがシュートを狙ったが、これは飛び出したGKのブロックに阻まれる。さらに61分、ジーセルマンの左クロスをボックス右に走り込んだラマンが折り返すと、ヒンテレッガーのハンドを誘発し、PKを獲得。しかし、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、ノーハンドの判定でPKは取り消された。 一進一退が続く中、デュッセルドルフは73分にバルコクを下げてカラマンを投入。すると76分、ジーセルマンの縦パスに抜け出したカラマンがボックス左から折り返すと、ゴール前フリーのヘニングスがダイレクトで合わせたが、これはGKトラップのファインセーブに阻まれた。 ピンチを凌いだフランクフルトは、後半アディショナルタイムに追加点を奪う。91分、パシエンシアのパスから上手く相手DFの裏に抜け出した途中出場のアラーがボックス右から侵入すると、飛び出したGKをかわしてゴール左隅にシュートを流し込んだ。 さらにフランクフルトは、94分にも左サイドを持ち上がったコスティッチの絶妙なクロスからアラーがゴールネットを揺らし、勝負あり。終盤までは辛勝ムードのフランクフルトだったが、終わってみれば3発完勝でリーグ3連勝を飾った。 2019.03.12 06:45 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース