ドルトムントで出場機会失うヴァイグルにPSGが興味…半年レンタルを提示か2018.12.21 23:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
パリ・サンジェルマン(PSG)はドルトムントのMFユリアン・ヴァイグル獲得に乗り出す可能性があるようだ。フランス『ル・パリジャン』が報じた。

ドルトムントは今シーズン、ルシアン・ファーヴル監督の元でブンデスリーガの首位を快走中。一方で、指揮官は中盤にアクセル・ヴィツェルとトーマス・ディレイニーのコンビを好み、ヴァイグルの出場機会はリーグ戦に限ればわずか3試合にとどまっている。

そこに、元ドルトムント指揮官で、今季からPSGを率いるトーマス・トゥヘル監督は目をつけたようだ。生え抜きのMFアドリアン・ラビオが退団希望を公言しているため、構想外となっており、指揮官は「冬に守備的MFを2人は必要になるだろう」と移籍市場で動くことを明かしている。

2021年までドルトムントとの契約を残すヴァイグルとPSGは、すでに今夏にも接触済み。UEFAのファイナンシャル・フェアプレー制度抵触を恐れるPSGとしては、2000万ユーロ(約25億5000万円)の買い取りオプションを付けたレンタルでの獲得を狙う模様。ドイツ人指揮官がチームを率い、ユリアン・ドラクスラーも在籍するため、馴染むのは容易そうだが、ヴァイグルは海外移籍を決断するのだろうか。


提供:goal.com
コメント


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース