「“神様ありがとう”とは思えない」バイエルンと対戦決定のクロップが抽選結果に落胆2018.12.19 22:50 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
リバプールのユルゲン・クロップ監督は、バイエルン・ミュンヘンとUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦で対戦することが決まったことについて喜べるドローではないと認めた。

今シーズン、開幕から17試合連続で無敗を続け、プレミアリーグで首位に立つリバプールとは対照的に、バイエルンは序盤に躓き、ドルトムントの独走を許す。しかし、チャンピオンズリーグでは状況が逆転。バイエルンが首位通過を決めたのに対して、リバプールはアウェイ戦で全敗するなど辛うじてグループ突破を決めた。

そして、17日に行われたCLベスト16の組み合わせ抽選会でバイエルンと対戦することが決まったクロップ監督は、クラブの公式ウェブサイトで楽観視できないと語った。「最高レベルのフットボールの試合だ。我々はこの戦いから逃げられない」

「抽選会の前から誰もが“神様ありがとう。相手はリバプールだ”なんて思っていなかっただろう。同様に今我々は“神様ありがとう。相手はバイエルンだ”なんて思えない。タフなチームだが、戦わなければならない。これはチャンピオンズリーグのベスト16で、強いチームしか残っていない。私はこの一戦をむしろ楽しみにしている」

2015年までドルトムントを率いて、バイエルンを苦しめたクロップ監督にとって敵地でのセカンドレグは思い入れの強い試合になりそうだ。

「ドイツフットボール界の最高の時期に彼らはドイツのリーグを席巻している。公式戦でバイエルンと戦ったのはずいぶんと前になるから、私は本当にこの試合を楽しみにしている。あのスタジアムの雰囲気は最高で、我々のサポーターにとっても良い旅になるだろう」

「それに我々(スタッフ陣)は他のリーグよりもドイツのフットボールのことをよく知っている。しかし、いくら知っていても、大きな違いを作れるわけではない。それでも最後には我々の選手たちがピッチの上で結果を残してくれるはずだ」


提供:goal.com
コメント


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース