ラウンド16組み合わせが決定!王者マドリーはアヤックス、準優勝のリバプールはバイエルンと対戦《CL》2018.12.17 20:20 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽17日に、チャンピオンズリーグ(CL)・ラウンド16の組み合わせ抽選会が行われた。▽昨季同様、順当に勝ち上がりが決定した今季のCL。死の組となったグループBでは、バルセロナが余裕の首位突破を決めた一方で、最終節までもつれた2位争いは、当該成績の結果、トッテナムが制した。また、同じく死の組となったグループCでも混戦が起こり、こちらも最終節にリバプールがナポリ戦を制して、首位のパリ・サンジェルマンとグループステージ突破を決めた。

▽決勝トーナメント進出チームを国別に分けると、マンチェスターの2チーム、リバプール、トッテナムの全チームが生き残ったイングランドが最多に。続いてレアル・マドリー、バルセロナ、アトレティコ・マドリーが勝ち抜いたスペイン、バイエルン、ドルトムント、シャルケが勝ち抜いたドイツの3チームが次点となった。

▽そして、組み合わせ抽選の結果、王者レアル・マドリーはアヤックスと対戦、準優勝のリバプールはバイエルンと対戦することが決まった。

▽ラウンド16は、2019年2月12日、13日、19日、20日に1stレグ、同3月5日、6日、12日、13日に2ndレグが行われる。

◆CLラウンド16組み合わせ
シャルケvsマンチェスター・シティ
アトレティコ・マドリーvsユベントス
マンチェスター・ユナイテッドvsパリ・サンジェルマン
トッテナムvsドルトムント
リヨンvsバルセロナ
ローマvsポルト
アヤックスvsレアル・マドリー
リバプールvsバイエルン
コメント
関連ニュース
thumb

K・ナバスが右足負傷 レアル・マドリー7人目の故障者リスト入り

レアル・マドリーは18日、コスタリカ代表GKケイロル・ナバスの負傷離脱を発表した。 K・ナバスはクラブスタッフのメディカルを受けた結果、右足長内転筋の負傷が判明。離脱期間は明らかにされておらず、今後は回復状況を見守っていくという。故障者が続出中のレアル・マドリーにとって、K・ナバスは7人目の離脱者となる。 そのレアル・マドリーは19日に行われるリーガエスパニューラ第20節でセビージャをホームに迎え撃つ。 2019.01.19 08:15 Sat
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第20節プレビュー】後半戦スタート! レアル・マドリーvsセビージャの上位対決!

前半戦最終戦となった第19節では首位のバルセロナ、2位のアトレティコ・マドリーが揃って勝利を収めた一方、3位のセビージャはアスレティック・ビルバオ相手に痛恨の敗戦となった。また、ベティスとレアル・マドリーの上位対決はレアル・マドリーに軍配が上がっている。 後半戦に突入する第20節では勝ち点33で並ぶ4位のレアル・マドリーと、3位のセビージャによる直接対決に注目だ。 前節、MFダニ・セバージョスの劇的な恩返しゴールでベティスとの接戦を制したレアル・マドリーだが、相変わらずの負傷者の多さに加えて直近のコパ・デル・レイではベスト8進出こそ果たしたもののレガネスに敵地で敗れ、今季の公式戦10敗目を喫することになった。その敗戦からバウンスバックが求められる今節は前回対戦で0-3の惨敗を喫したセビージャとのリベンジマッチだ。ここ最近、システム変更や選手の配置変更など、現状のチームでの最適解を見出そうと腐心するソラーリ監督は今回の上位対決でいかなる策を講じるか。 一方、ビルバオとの3連戦を1勝2敗で負け越したセビージャは1stレグでのアドバンテージを生かしてコパで8強進出を手繰り寄せたものの、2試合連続無得点での連敗は頂けない。この3連戦を通じてチームのやりたい形は出ていたものの、MFサラビアや前線のアタッカー陣が決め切れない場面が目立つ。そのため、難所ベルナベウに乗り込む今回の試合では前回対戦で2ゴールを決めたFWアンドレ・シウバを中心に効率の良さを取り戻したい。 前節、エイバルを一蹴して前半戦を6連勝フィニッシュで締めくくったバルセロナはミッドウィークにホームで行われたコパのレバンテ戦をきっちり勝利して逆転での8強進出を決めた。後半戦に弾みをつけた前半戦王者は14位のレガネス(勝ち点22)と対戦。直近のコパでレアル・マドリーを破るなど上位キラーとして知られるレガネスに対して、バルセロナは前半戦で今季リーガ初黒星を喫しており、決して油断することはできない。コパで温存したFWルイス・スアレスら主力のパフォーマンスが重要になりそうだ。 そのバルセロナを勝ち点5差で追う2位のアトレティコ(勝ち点38)はリーガでは16戦無敗と好調を維持。だが、ミッドウィークのコパではホームでジローナ相手にまさかの3失点を喫する3-3のドローゲームを演じ、アウェイゴール数の差で下回り、5回戦敗退となった。0-4で大敗したチャンピオンズリーグ(CL)、ドルトムント戦以来の大量失点はチームに与える影響も大きく短い準備期間の中でどこまで修正できるか。幸い、対戦相手のウエスカは最下位に低迷しており、今回の試合では大量得点且つクリーンシートを達成し、リバウンドメンタリティを示したい。 その他のカードではヨーロッパリーグ(EL)出場をメインにあわよくばCL出場権獲得を狙うセカンドグループの直接対決に注目。前々節にバルセロナに敗れたものの持ち味の堅守を武器に勝ち点を積み上げる6位のヘタフェ(勝ち点28)は、直近2勝2分けと好調を維持する5位のアラベス(勝ち点32)と対戦する。 また、レアル・マドリー相手の惜敗で3戦未勝利と足踏みが続く7位のベティス(勝ち点26)は、コパでアトレティコ相手に金星を飾った9位のジローナ(勝ち点24)と対戦。後半戦初戦にして重要な直接対決を制するのはどちらのクラブとなるか。 《リーガエスパニョーラ第20節》 ▽1/18金) 《29:00》 ヘタフェ vs アラベス ▽1/19(土) 《24:15》 レアル・マドリー vs セビージャ 《26:30》 ウエスカ vs アトレティコ・マドリー 《28:45》 セルタ vs バレンシア ▽1/20(日) 《20:00》 ベティス vs ジローナ 《24:15》 ビジャレアル vs ビルバオ 《26:30》 レバンテ vs バジャドリー ラージョ vs レアル・ソシエダ 《28:45》 バルセロナ vs レガネス ▽1/21(月) 《29:00》 エイバル vs エスパニョール 2019.01.18 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ「監督がしたい。引退には若過ぎる」

ジョゼ・モウリーニョ氏(55)が今後に言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 モウリーニョ氏は昨年末、マンチェスターユナイテッド監督就任3年目の今シーズン途中に退任。その後、監督業“出発の地”ベンフィカからオファーを受けたが、第一線での指揮続投を望み、古巣復帰は実現に至らなかった。 モウリーニョ氏はイギリス『beIN SPORTS』のインタビューに対して、注目を集る去就について触れ、トップレベルでの指揮希望を口にしたという。 「監督がしたい」 「長くフットボール界に携わってきた私はあと2週間足らずで56歳の誕生日を迎えるが、若過ぎる。引退にはね」 「私はこれから先もいるつもりだ。フットボール界のトップレベルにね。そこが私の居場所だ」 2019.01.18 10:20 Fri
twitterfacebook
thumb

マドリーの第3GKカシージャがリーズへ完全移籍…4年半契約を締結

チャンピオンシップ(イングランド2部)のリーズ・ユナイテッドは17日、レアル・マドリーのスペイン人GKキコ・カシージャ(32)を完全移籍で獲得することを発表した。契約期間は2023年までの4年半。背番号は「33」となる。 カシージャは、マドリーの下部組織出身で、2007年にトップチームにエスパニョールの下部組織へ移籍。2008年にエスパニョールでトップチームに昇格した。その後は、カディスやカルタヘナでプレー。2011年からはエスパニョールで守護神を務めると、2015年7月に古巣のマドリーへと完全移籍した。 エスパニョールでは公式戦126試合に出場していたが、マドリーではGKケイロル・ナバスの牙城をなかなか崩せず。今シーズンはチェルシーからベルギー代表GKティボー・クルトワが加入したことで、出場機会がない状況が続いていた。マドリーでは公式戦43試合の出場にとどまっていた。 2019.01.17 19:55 Thu
twitterfacebook
thumb

敵地で敗戦も1stレグのアドバンテージ守り抜いたマドリーがレガネスに雪辱果たして8強進出!《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ5回戦2ndレグ、レガネスvsレアル・マドリーが16日に行われ、ホームのレガネスが1-0で勝利した。しかし、1stレグのアドバンテージを守り抜いたマドリーが2戦合計3-1としてベスト8進出を決めた。 ホームで戦った先週ミッドウィークの1stレグを3-0で快勝したマドリーは、先週末に行われたリーガエスパニョーラのベティス戦もダニ・セバージョスの劇的恩返し弾で競り勝ち公式戦2連勝を達成。絶対優位で迎えた敵地での2ndレグに向けてはベティス戦から先発4人を変更。セルヒオ・ラモス、カルバハル、モドリッチ、ベンゼマに代わってマルセロ、オドリオソラ、イスコ、ルーカス・バスケスを起用。システムも[3-4-3]から[4-2-3-1]に変更した。 トップ下にイスコ、左右ウイングにバスケス、マルセロ、1トップにヴィニシウスを配した攻撃ユニットでこの試合に臨んだマドリーは序盤からボールを握るもののアタッキングサードでのプレー精度を欠きなかなかフィニッシュの形を見いだせない。 すると、時間の経過と共に相手のシンプルな縦に速い攻撃に手を焼き始める。それでも、相手のフィニッシュの精度に助けられて大きなピンチはなかったが、30分に一瞬の隙を突かれて先制を許す。右サイドのエラソからのクロスをブラースヴァイトに頭で合わせられると、これは右ポストに救われる。だが、ゴール前の混戦からブラースヴァイトに蹴り込まれてネットを揺らされた。 その後も勢いづくレガネスにレシオ、ブスティンサとゴールを脅かされたマドリーは何とか1点ビハインドの状態で前半を終えた。 迎えた後半、マドリーはレギロンを下げてセバージョスをハーフタイム明けに投入。この交代でイスコを“ファルソ・ヌエベ”に配した[4-3-3]の布陣に変更した。 ここから試合の流れを好転させたいマドリーだが、前半同様に前線で起点を作れず、ヴィニシウスらの個人技以外で決定的な場面を作り出せない。その一方、守備の局面では粘り強い対応で決定機は許さない。 その後、精彩を欠いたイスコに代えてクリスト、バスケスに代えてディアスをピッチに送り込み逃げ切りを図るマドリーだったが、85分には最終ライン裏へ抜け出したサビンにあわや2点目という決定機を許す。 試合終盤にかけては左サイドを圧巻のスピードで突破したヴィニシウスのお膳立てからディアスに移籍後初ゴールのチャンスが訪れるが、これは相手GKと左ポストに阻まれる。その直後にはレガネスの猛攻からブラースヴァイト、サビンと続けて決定機が訪れたが、GKケイロル・ナバスの驚異的な連続セーブにより試合はこのまま0-1でタイムアップ。 敵地で敗戦も1stレグのアドバンテージを守り切ったマドリーが2戦合計3-1のスコアで昨季準々決勝で敗れたレガネスにリベンジを果たし、ベスト8進出を決めた。 また、同日行われたコパ・デル・レイ5回戦2ndレグ、セビージャvsアスレティック・ビルバオは、ビルバオが1-0で勝利した。しかし、1stレグのアドバンテージを守り切ったセビージャが2戦合計3-2でベスト8進出を決めている。 2019.01.17 07:30 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース