【CLグループG総括】2強順当突破も昨季の面影なし2018.12.14 12:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽CL3連覇中のレアル・マドリー、昨季ベスト4のローマと、CSKAモスクワ、ビクトリア・プルゼニの東欧勢と2強2弱の構図が明確となったグループG。しかし、2強の突破という順当な結果とは裏腹に今グループステージで最もカオスを生むグループとなった。■グループG順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.レアル・マドリー[12/4/0/2/7]
2.ローマ[9/3/0/3/3]
3.ビクトリア・プルゼニ[7/2/1/3/-9]
4.CSKAモスクワ[7/2/1/3/-1]

◆絶対王者の面影なし~レアル・マドリー~
Getty Images
▽CL3連覇中の絶対王者は比較的組み合わせに恵まれたグループステージをきっちり首位で通過したが、そこに絶対王者の面影はなかった。今夏、ジダン前監督とエースFWクリスティアーノ・ロナウドが去ったマドリーだったが、国内リーグでは開幕3勝1分けと上々のスタートを切った。ローマとのCL初戦でも3-0の快勝発進をみせ、偉大な指揮官とエースの不在を感じさせなかった。

▽しかし、国内リーグでセビージャ相手に0-3の大敗を喫すると、ここから王者らしからぬ精神面の脆さを露呈し、第2節のCSKAモスクワ戦では格下相手にまさかの敗戦。その後、ビクトリア・プルゼニ戦での辛勝で一時立て直すもクラシコでの大敗を受けて、ロペテギ前監督が解任。ソラーリ新監督の下で再スタートを切ったチームはプルゼニ、ローマ相手に大勝を飾り、最終節を残して首位通過を決めたものの、一部主力を温存したCSKAモスクワ戦ではサンティアゴ・ベルナベウで屈辱の0-3の大敗を喫し、ネガティブな形でグループステージを終えることになった。守備面の緩さに加え、C・ロナウド不在を大きく感じさせる迫力不足の前線と課題山積みの中、実力者揃いの決勝トーナメントを勝ち抜き4連覇を果たすのは至難の業だ。

◆好不調の波が大きく安定感欠く~ローマ~
Getty Images
▽バルセロナを破るなど見事な快進撃を見せてリバプールと共に昨季CLを沸かせたベスト4チームのローマだが、今夏大きく舵を切ったチームは厳しいグループステージを過ごすことになった。守護神アリソン、MFナインゴラン、MFストロートマンと昨季ベスト4進出の功労者を放出し多くの新戦力を加えたローマは開幕から不振に陥った。CLではレアル・マドリー相手の初戦を落とした後、エースFWジェコとMFジェンギズ・ウンデルの活躍でプルゼニ、CSKAモスクワとの連戦で3連勝も試合内容自体は低調さが目立った。

▽その後、国内リーグにおける不振とジェコやMFデ・ロッシ、FWエル・シャーラウィなど主力の故障に悩まされたチームはレアル・マドリー、プルゼニ相手に自滅感満載の内容で連敗。プルゼニとCSKAモスクワの潰し合いで辛くも2位通過を決めたものの、ディ・フランチェスコ監督の解任報道が盛んに伝えられるなど、突破以外にポジティブな要素なしで決勝トーナメントに臨むことになる。

◆組織的な戦いぶりで健闘~ビクトリア・プルゼニ~
Getty Images
▽ローマ相手の金星を含めて2勝を挙げたチェコ王者は堂々とした戦いぶりで3位でのヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント進出を決めた。チェコ代表選手を中心にスタープレーヤー不在のプルゼニだったが、組織力と献身性を生かしたコンパクトな守備、国内王者らしい勝負所を見極めたカウンターを武器に安定した戦いぶりを披露した。レアル・マドリー、ローマ相手に0-5の大敗を喫した2試合を除きチームとしてきっちりゲームプランを遂行できており、その集大成となった最終節のローマ戦だ。他会場でCSKAモスクワ大量リードという状況にも関わらず、必要以上にリスクを冒して戦うことはなく公式戦5戦ぶりの勝利に躍起になる相手に対して老獪な試合運びで我慢比べを制した。

◆最下位も絶対王者を粉砕~CSKAモスクワ~
Getty Images
▽最下位での敗退も絶対王者にダブルをかます今グループステージ最大のインパクトを残した。DFイグナシェビッチ、ベレズツキー兄弟と守護神アキンフェエフと共に長年チームの屋台骨を支えた大ベテランがチームを去った中、若手主体のチームに生まれ変わった今季のCSKAモスクワ。すると、MFヴラシッチやFWチャロフ、MFアルノル・シグルドソンら活きのいい若手が躍動感あふれるプレーをみせ、ホームではヴラシッチ、アウェイではチャロフ、シグルドソンが圧巻のパフォーマンスを披露しレアル・マドリーを粉砕してみせた。その中で今夏ベガルタ仙台から加入したFW西村拓真はローマ戦、レアル・マドリー戦の試合最終盤の数分間しかプレータイムを与えられなかったが、大舞台の空気を味わえたことは今後のキャリアにおいて大きな経験になるはずだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ジダン監督がマネ獲得をクラブに希望! 昨夏には加入合意報道も

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、リバプールのセネガル代表FWサディオ・マネ(26)の獲得をクラブ側にリクエストしたようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 先日にジダン監督が再任したマドリーでは、フロレンティーノ・ペレス会長が今夏の補強予算として推定3億ポンド(約441億5000万円)を上回る巨額の費用を準備している模様。 その中でここまではパリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペ、チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザール、トッテナムのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンら前線の選手の獲得の可能性が伝えられているが、ジダン監督はリバプールの背番号10の獲得をクラブ側にリクエストしているようだ。 『フランス・フットボール』が昨夏に伝えたところによれば、マネは昨夏にマドリー移籍に合意していたものの、ジダン監督が退任した影響によって最終的にリバプール残留を選択したという。しかし、ジダン監督が再び獲得を望んだことで、移籍成立の可能性は十分にありそうだ。 ただ、マドリーにとってネックになるのが、昨年11月に2023年までの新契約にサインしたマネの移籍金だ。 ドイツ『Transfermarkt』でのマネの評価額は8500万ユーロ(約106億円)と、近年高騰する移籍市場においては比較的安価な金額となっているが、実際に獲得に動くとなれば、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョがバルセロナに移籍した際に支払われた1億5000万ユーロ(約187億円)程度の金額が必要になる模様だ。 ただ、今季の公式戦20ゴールという得点力に加えて、攻撃的なポジションであればどこでもプレーできるユーティリティー性と、守備面の貢献度も少なくないマネ獲得のためならば、前述の潤沢な資金を投下してくるはずだ。 2019.03.25 18:51 Mon
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー獲得狙うカンテ、「チェルシーでの目標がまだある」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、獲得を希望していると伝えられるチェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテ(27)が自身の去就に関して語った。フランス『RTL』が伝えている。 先日にジダン監督が再任したマドリーでは、フロレンティーノ・ペレス会長が今夏の補強予算として推定3億ポンド(約441億5000万円)を上回る巨額の費用を準備している模様。 そして、フランス人指揮官はかつてマドリーとレ・ブルーで自身を大いにサポートした、クロード・マケレレを髣髴とさせる同胞MFの獲得を希望していると言われている。 今夏の去就に注目が集まるカンテだが、24日の『RTL』のインタビューで今後に関する質問を受けると、チェルシーへの敬意を示した。 「僕はチェルシーにいる。そして、ここでの目標がまだあるんだ。だから、周囲で話されている事柄については重要だと思っていないよ」 「それは重要なものではない。僕はチェルシーに在籍しているし、今はここでのプレーに集中しているよ」 マウリツィオ・サッリ監督の去就問題や先日に国際サッカー連盟(FIFA)から下された補強禁止処分によって、今後厳しい戦いが予想されるチェルシーだが、カンテが今後に下す決断はいかに…。 2019.03.25 18:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ジダンの長男エンツォ、父のマドリー指揮官復帰に「息子としてもサポーターとしても幸せ」

ラージョ・マヤダホンダ(スペイン2部)に所属するフランス人MFエンツォ・ジダンが、父のレアル・マドリー指揮官への復帰を喜んでいるようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 マドリーは今月、今シーズンのタイトル獲得が難しい状況となったことで、サンティアゴ・ソラーリ監督(42)の解任。後任として前人未到のチャンピオンズリーグ(CL)3連覇を達成した同クラブのレジェンドであるジネディーヌ・ジダン監督(46)が約9カ月ぶりに復帰した。 ジダン監督の長男としても知られるエンツォは、父のマドリー指揮官復帰について言及。息子としてもサポーターとしても「幸せ」だとコメントした。 「僕は父の仕事を信じている。いつものように支持しているよ。彼は常に心で決断する。そして、今回の指揮官復帰が起こったんだ」 「自分の心の通りに動けば、物事は良い方向に進み、全てが上手くいくと確信しているよ」 「マドリーが歓迎してるかどうかは、僕ではなく、サポーターのみんなに聞くべきだよ。でも僕は息子として幸せさ。マドリーのサポーターとしてもね」 2019.03.25 11:25 Mon
twitterfacebook
thumb

ユベントス、マドリー退団希望報道のヴァランに興味か

ユベントスが、レアル・マドリーに所属するフランス代表DFラファエル・ヴァラン(25)の獲得に動く可能性があるようだ。スペイン『アス』が伝えている。 2011年にランスからマドリー入りしたヴァラン。25歳にしてここまで4度のチャンピオンズリーグ(CL)制覇や2度のリーガエスパニョーラ優勝などを成し遂げた。また、昨年行われたロシア・ワールドカップ(W杯)では全試合に出場し、ディフェンスリーダーとしてフランス代表の5大会ぶり2度目の優勝に貢献した。 しかし先日、ヴァランが環境を変えて新たな挑戦をするため、今夏のマドリー退団を検討していることがフランスメディアによって報じられた。その後、本人は去就に関する話題を避けているが、マドリーで親しい人々に退団希望を通達していることが伝えられるなど、退団報道が加熱している。 そんなヴァランに対しては、マンチェスター・ユナイテッドを筆頭にパリ・サンジェルマン(PSG)やバイエルンなどがすでに獲得に向けて興味を抱いている模様。そんな中、センターバックの獲得を目指すユベントスも今夏獲得に向けて準備に動くようだ。 ヴァランには5億ユーロ(約620億円)という現実離れした契約解除金が設定されている。しかし、『アス』は同選手がマドリー退団を固く決心している場合、他クラブと減額に向けて交渉するしかないと見解を示している。 2019.03.25 10:50 Mon
twitterfacebook
thumb

吐露するカゼミロ…「C・ロナウドが恋しい」

レアル・マドリーに所属するブラジル代表MFカゼミロがユベントスに移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドについて、思いを吐露した。『フットボール・エスパーニャ』が報じた。 毎年のように40得点近くのゴールをもたらすC・ロナウドを昨夏に失ったレアル・マドリーは今シーズンを通じて穴埋めの最適解をみいだせず、攻撃がスケールダウン。フレン・ロペテギ氏やサンティアゴ・ソラーリ氏の再建努力も実らず、コパ・デル・レイとチャンピオンズリーグ(CL)から敗退を強いられ、リーガエスパニューラでも首位のバルセロナを12ポイント差で追う3位と無冠が決定的になると、今シーズン2度目の監督交代でジネディーヌ・ジダン氏の再任に動いた。 カゼミロはそのC・ロナウドについて次のように言及。恋しい思いを打ち明け、C・ロナウドがいなくなり、チームの状況が一変してしまったことを認めた。 「もちろん、彼が恋しいよ。クリスティアーノのような選手がいなくなれば、世界中のどんなチームだって、そう思うさ。世界一の選手なのだからね」 「彼と一緒にプレーできることは喜びだった。でも、シチュエーションは変わってしまった。彼はもはやレアル・マドリーの選手じゃない」 2019.03.24 22:05 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース