【CLグループG総括】2強順当突破も昨季の面影なし2018.12.14 12:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽CL3連覇中のレアル・マドリー、昨季ベスト4のローマと、CSKAモスクワ、ビクトリア・プルゼニの東欧勢と2強2弱の構図が明確となったグループG。しかし、2強の突破という順当な結果とは裏腹に今グループステージで最もカオスを生むグループとなった。■グループG順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.レアル・マドリー[12/4/0/2/7]
2.ローマ[9/3/0/3/3]
3.ビクトリア・プルゼニ[7/2/1/3/-9]
4.CSKAモスクワ[7/2/1/3/-1]

◆絶対王者の面影なし~レアル・マドリー~
Getty Images
▽CL3連覇中の絶対王者は比較的組み合わせに恵まれたグループステージをきっちり首位で通過したが、そこに絶対王者の面影はなかった。今夏、ジダン前監督とエースFWクリスティアーノ・ロナウドが去ったマドリーだったが、国内リーグでは開幕3勝1分けと上々のスタートを切った。ローマとのCL初戦でも3-0の快勝発進をみせ、偉大な指揮官とエースの不在を感じさせなかった。

▽しかし、国内リーグでセビージャ相手に0-3の大敗を喫すると、ここから王者らしからぬ精神面の脆さを露呈し、第2節のCSKAモスクワ戦では格下相手にまさかの敗戦。その後、ビクトリア・プルゼニ戦での辛勝で一時立て直すもクラシコでの大敗を受けて、ロペテギ前監督が解任。ソラーリ新監督の下で再スタートを切ったチームはプルゼニ、ローマ相手に大勝を飾り、最終節を残して首位通過を決めたものの、一部主力を温存したCSKAモスクワ戦ではサンティアゴ・ベルナベウで屈辱の0-3の大敗を喫し、ネガティブな形でグループステージを終えることになった。守備面の緩さに加え、C・ロナウド不在を大きく感じさせる迫力不足の前線と課題山積みの中、実力者揃いの決勝トーナメントを勝ち抜き4連覇を果たすのは至難の業だ。

◆好不調の波が大きく安定感欠く~ローマ~
Getty Images
▽バルセロナを破るなど見事な快進撃を見せてリバプールと共に昨季CLを沸かせたベスト4チームのローマだが、今夏大きく舵を切ったチームは厳しいグループステージを過ごすことになった。守護神アリソン、MFナインゴラン、MFストロートマンと昨季ベスト4進出の功労者を放出し多くの新戦力を加えたローマは開幕から不振に陥った。CLではレアル・マドリー相手の初戦を落とした後、エースFWジェコとMFジェンギズ・ウンデルの活躍でプルゼニ、CSKAモスクワとの連戦で3連勝も試合内容自体は低調さが目立った。

▽その後、国内リーグにおける不振とジェコやMFデ・ロッシ、FWエル・シャーラウィなど主力の故障に悩まされたチームはレアル・マドリー、プルゼニ相手に自滅感満載の内容で連敗。プルゼニとCSKAモスクワの潰し合いで辛くも2位通過を決めたものの、ディ・フランチェスコ監督の解任報道が盛んに伝えられるなど、突破以外にポジティブな要素なしで決勝トーナメントに臨むことになる。

◆組織的な戦いぶりで健闘~ビクトリア・プルゼニ~
Getty Images
▽ローマ相手の金星を含めて2勝を挙げたチェコ王者は堂々とした戦いぶりで3位でのヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント進出を決めた。チェコ代表選手を中心にスタープレーヤー不在のプルゼニだったが、組織力と献身性を生かしたコンパクトな守備、国内王者らしい勝負所を見極めたカウンターを武器に安定した戦いぶりを披露した。レアル・マドリー、ローマ相手に0-5の大敗を喫した2試合を除きチームとしてきっちりゲームプランを遂行できており、その集大成となった最終節のローマ戦だ。他会場でCSKAモスクワ大量リードという状況にも関わらず、必要以上にリスクを冒して戦うことはなく公式戦5戦ぶりの勝利に躍起になる相手に対して老獪な試合運びで我慢比べを制した。

◆最下位も絶対王者を粉砕~CSKAモスクワ~
Getty Images
▽最下位での敗退も絶対王者にダブルをかます今グループステージ最大のインパクトを残した。DFイグナシェビッチ、ベレズツキー兄弟と守護神アキンフェエフと共に長年チームの屋台骨を支えた大ベテランがチームを去った中、若手主体のチームに生まれ変わった今季のCSKAモスクワ。すると、MFヴラシッチやFWチャロフ、MFアルノル・シグルドソンら活きのいい若手が躍動感あふれるプレーをみせ、ホームではヴラシッチ、アウェイではチャロフ、シグルドソンが圧巻のパフォーマンスを披露しレアル・マドリーを粉砕してみせた。その中で今夏ベガルタ仙台から加入したFW西村拓真はローマ戦、レアル・マドリー戦の試合最終盤の数分間しかプレータイムを与えられなかったが、大舞台の空気を味わえたことは今後のキャリアにおいて大きな経験になるはずだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ECA、スーパー・チャンピオンズリーグに関する協議を開始

ヨーロッパクラブ連盟(ECA)が、“スーパー・チャンピオンズリーグ”に関する協議を開始したようだ。スペイン『アス』が報じた。 欧州一のクラブを決める大会として、全世界の注目を集めるチャンピオンズリーグ(CL)。レアル・マドリーやバルセロナ、バイエルン、ユベントス、マンチェスター・シティ、リバプールなど強豪クラブが直接雌雄を決する同大会は、サッカー界一のキラーコンテンツとなっている。 『アス』によれば、26日にアムステルダムで行われた総会で、ECAは2024年からのCL見直しについての議論を開始。会長のアンドレア・アニェッリ氏は「議論中」であるとして詳細についての言及を避けたが、変更の第一段階として準々決勝から決勝までのマッチデイを現行のミッドウィークから週末に移し、最終的に全試合が土日開催とすることが目指されているようだ。 また、この総会に出席したバルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は「私たちは欧州の大会とクラブ・ワールドカップについて話した」とコメント。ECAはビッグクラブだけでシーズンを戦う“欧州スーパーリーグ構想”を打ち出しており、伴って興行力の低下が懸念される中小クラブの反対を押し切るために、欧州大会の規模拡大を計画していることが示唆されている。なお、欧州サッカー連盟(UEFA)のアレクサンデル・チェフェリン会長も、その計画を支持しているようだ。 また、国際サッカー連盟(FIFA)が先日に承認した2021年からのFIFAクラブ・ワールドカップ(CWC)の24チーム拡大案に関して、ECAは反対を表明。アニェッリ会長は、「日程の飽和」、「CLとの競合」、「クラブサッカーへのFIFAの過干渉」に問題があると指摘している。しかし、最大規模のクラブであるレアル・マドリーだけは「より良い大会であり、より有益なものとなる。マドリーは強く支持する」と新CWCに肯定的な意見を示した。 2019.03.27 11:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ユーベ&マドリーに最低年俸20億円要求? ポグバ代理人が設定か

マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(26)を獲得するためには、莫大な給与を用意しなくてはならないようだ。イタリア『トゥットスポルト』の情報を基に、スペイン『アス』が報じた。 ユナイテッド退団を決心したことが伝えられているポグバ。同クラブとの契約を2021年6月まで残しているが、既に延長オファーを断ったともみられており、レアル・マドリーあるいはユベントスへの移籍が噂されている。 今回の報道によれば、ポグバの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏は新天地候補のクラブに対して年俸1600万ユーロ(約20億円)の給与を要求。ユナイテッドでは年俸換算で1000万ユーロ(約12億5000万円)を受け取っているとされており、ほぼ5割増しの増額だ。 なお、マドリーではMFガレス・ベイルが年俸1400万ユーロ(約17億4000万円)でトップの給与を受け取っており、DFセルヒオ・ラモスが1100万ユーロ(約13億7000万円)と続く。ポグバの1600万ユーロは最低価格とされており、ユベントスとマドリーはここを基準として交渉を強いられることとなりそうだ。 2019.03.27 09:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ムバッペ、クラブにトランスファーリクエスト? スペインメディア報じる

パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペ(20)がクラブにトランスファー・リクエストを出したと、スペインのテレビ番組『El Chiringuito』が報じているようだ。 ムバッペに関してはレアル・マドリーが強い関心を寄せていると度々報じられている。一説では、マドリーが今夏にムバッペへ2億8000万ユーロ(約349億円)もの移籍金を投じるとも。 そして今回、スペイン『マルカ』が『El Chiringuito』の報道をもとに伝えるところによると、ジャーナリストのエドゥアルド・インダ氏は「ムバッペはマドリーのジネディーヌ・ジダン監督と話をし、PSGのナセル・アル・ケライフィ会長に移籍を希望した」と主張。また、マドリーも同会長の説得に動いているとも伝えられている。 マドリーは、ムバッペ獲得に移籍金の他に、MFハメス・ロドリゲスとMFイスコの譲渡を提案。両者ともジダン政権下では出番は限られていると見られており、人員整理および移籍金引き下げの一挙両得を画策してるようだ。 一方で、マドリーはチェルシーのMFエデン・アザールやリバプールのFWサディオ・マネにも関心を示していると言われているが、果たして本命は誰なのだろうか。 2019.03.27 02:19 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリー、ミリトン加入でアルゼンチン期待の若手パラシオスの獲得見送りへ

レアル・マドリーが、リーベル・プレートのアルゼンチン代表MFエセキエル・パラシオス(20)の獲得を見送るようだ。スペイン『アス』が伝えている。 リーベル・プレート下部組織出身のパラシオスは、2015年11月にトップチームデビュー。昨シーズンまではなかなか出番が回ってこなかったものの、今シーズンは公式戦16試合に出場。献身的な守備と豊富な運動量を武器に、攻守両面で活躍できるポテンシャルを秘めるセントラルMFであり、アルゼンチンのトニ・クロースと評されている。 スペイン『Telemadrid』によれば、パラシオスは移籍金2000万ユーロ(約25億円)でのマドリー移籍に近づいていた模様。だが、同選手が負傷したことに加え、マドリーがポルトからブラジル代表DFエデル・ミリトン(21)を獲得し、EU外選手枠が埋まったことで今夏での獲得は見送るようだ。 ちなみに、マドリーではミリトンの他、ブラジル代表FWヴィニシウス(18)、ウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデがEU外選手。バルベルデが、EUパスポートを取得する予定だが、サントスのU-20ブラジル代表FWロドリゴ・ゴエス(18)の今夏での加入が内定していることから埋まっている。 なお、パラシオスに関しては、インテルが継続して関心を示しており、オファーを準備しているとのことだ。 2019.03.26 18:12 Tue
twitterfacebook
thumb

マドリー、ヴァラン流出ならデ・リフトの獲得へ

レアル・マドリーが、アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)の獲得に動く可能性があるようだ。『FOX SPORTS』が伝えている。 フランス代表DFラファエル・ヴァランが今夏の退団を検討していることが、フランスメディアによって報じられたマドリー。同クラブは、フランス代表DFが流出する恐れに瀕しており、その場合の最適な後釜としてデ・リフトの獲得を考えているという。 しかし、同選手に関しては、バルセロナやユベントス、パリ・サンジェルマン(PSG)、バイエルンなどのビッグクラブが挙って獲得に動いている。特に、バルセロナとユベントスは24日にアヤックス上層部やデ・リフトの代理人であるミーノ・ライオラ氏との交渉を試みたと見られており、マドリーにとっては強力なライバルとして立ちはだかっている。 今シーズンから名門アヤックスのキャプテンを務めているデ・リフト。187cmの恵まれたサイズに加え、スピードにも優れた万能型のセンターバックは攻撃面の貢献も著しい逸材であり、今シーズンの公式戦42試合で4ゴール2アシストを記録している。 また、移籍市場に特化したドイツ『transfermarkt』によれば、デ・リフトの市場価値は7000万ユーロ(約87億円)と推算されている。一部メディアではバルセロナ移籍を決断したとも報じられたデ・リフトだが、今夏急転直下のマドリー移籍はあるのだろうか。 2019.03.26 16:25 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース