【CLグループF総括】シティが順当に首位通過! プレミア王者苦しめたリヨンが7季ぶりの歓喜2018.12.14 11:01 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽優勝候補筆頭に挙がるマンチェスター・シティと、アウトサイダー3チームの構成となったグループF。結果だけを見れば、シティが順当に首位通過を果たしリヨンが三つ巴の争いを制して2位通過を決める形となったが、予想外に盛り上がるグループステージの戦いとなった。■グループF順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.マンチェスター・シティ[13/4/1/1/10]
2.リヨン[8/1/5/0/1]
3.シャフタール[6/1/3/2/-8]
4.ホッフェンハイム[3/0/3/3/-3]

◆波乱の幕開けも納得の首位通過~マンチェスター・シティ~
Getty Images
▽記録尽くめの圧勝となった昨季のプレミアリーグでの戦いぶりから今大会の優勝候補筆頭に挙がるシティだったが、今グループステージにおいては予想外の苦戦を強いられた。国内リーグでの好調を引っ提げて臨んだリヨンとのホームでの初戦では相手の激しいプレッシングに苦しみ、まさかの1-2で敗戦。翌節のホッフェンハイム戦もキックオフ直後の失点でビハインドを負った末、試合終了間際のMFシルバのゴールで辛くも競り勝った。

▽その後、シャフタール相手に3-0、6-0の圧勝でようやく本調子を見せたが、リヨンへのリベンジを期して臨んだ第5節では最終的に2-2のドローに持ち込み決勝トーナメント進出を決めたものの、試合内容では前回対戦と同様にネガティブな面が目立った。最終的には順当に首位通過を果たしたものの、前半戦をほぼ全休したMFデ・ブライネやDFメンディに加え、シルバやFWアグエロら主力に負傷者が目立っており、今冬の補強を否定するグアルディオラ監督だが、より拮抗した戦いを強いられる決勝トーナメントに向けては幾つかのポジションで補強が求められるところだ。

◆プレミア王者に冷や汗をかかせる奮闘~リヨン~
Getty Images
▽プレミア王者に冷や汗をかかせたフランスの名門がシャフタール、ホッフェンハイムとの三つ巴の争いを制して7シーズンぶりの決勝トーナメント進出を決めた。今季、流出濃厚だったエースFWフェキルの残留に成功したチームは国内リーグではやや苦戦もCLの舞台では印象的なパフォーマンスを披露した。MFエンドンベレ、MFアワール、DFフェルラン・メンディと欧州のビッグクラブ注目の逸材たちが評判通りの活躍をみせ、シティ相手に1勝1分けの戦績を残した。

▽シャフタール、ホッフェンハイムとの直接対決ではウィークポイントの守備面、試合運びの拙さを露呈したものの、いずれもドローに持ち込む勝負強さをみせ、1勝5分けの無敗で決勝トーナメント進出を決めた。今冬の引き抜きに不安を残す一方、シーズン途中から採用する[3-4-3]の新布陣の熟成が徐々に進んでおり、対戦相手次第では決勝トーナメントでの躍進も期待される。

◆健闘も2季連続の悲願はならず~シャフタール~
Getty Images
▽ナポリを退けてシティと共に決勝トーナメント進出を果たした昨季の再現を狙うも惜しくも3位敗退となった。今夏の移籍市場では司令塔のMFフレッジ、主砲FWファクンド・フェレイラなど一部主力を引き抜かれたものの、キャプテンのMFタイソン、MFマルロス、DFイスマイリとブラジル出身トリオが今季も健在ぶりを発揮。さらに、新エースストライカーのFWジュニオール・モラエスもまずまずの活躍を見せた。

▽シティとの連戦では無得点9失点と大きな力の差を見せつけられたものの、それ以外の2チーム相手にはらしいパフォーマンスを見せられていた。惜しむらくはホームで戦った最終節のリヨン戦。早い時間帯に先制点を奪ったことでやや消極的なプレーが目立った中、終始押し込まれるまるでアウェイのような戦いを強いられ、最終的に1-1のドローに終わった。ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメントでは昨季のようにホームゲームでの圧倒的な強さを取り戻したい。

◆初挑戦は未勝利に終わるも収穫多し~ホッフェンハイム~
Getty Images
▽クラブ史上初の参戦となった昨季ELに続き今季のCLでもグループステージを最下位で終えることになった。それでも、若き知将ナーゲルスマンは昨季のヨーロッパでの戦いを教訓に自身初のCLでは今後に可能性を抱かせる戦いぶりを見せてくれた。最終結果は3敗3分けの未勝利という結果に終わったが、ほとんどの試合で先制点を奪えていた事実は指揮官のゲームプランの正しさを示す。また、試合中のシステム変更や選手交代によってビハインドを追いついた試合も幾つかあり、指揮官としての有能さを示した。その一方でシティ相手の2度の逆転負けなどリードした後の試合運びには大いに改善点があり、経験不足が顕著だった選手たちのメンタル面のケアを含めて来季からの新天地RBライプツィヒでの戦いに生かしたいところだ。
コメント
関連ニュース
thumb

シティからまた流出?! クラブ内最速の若手WGにバイエルンがオファーか

マンチェスター・シティに所属する若手が、またしても流出の危機に瀕しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 今回話題に上がっているのは、シティのU-23チームに所属するウェールズ代表FWラビ・マトンド(18)だ。シティ最速とも言われる快足ウィンガーの同選手は、今シーズンのアンダーカテゴリーの公式戦21試合に出場し9ゴール6アシストを記録。また、既にウェールズ代表デビューも飾っている欧州注目の有望株だ。しかし、シティとの契約は2020年6月末までと残り1年半になっている。 そして、この状況に目を光らせているのがバイエルンだ。シティ側は慰留を目指しているそうだが、バイエルンが移籍金1000万ポンド(約14億円)のオファーを準備しており、去就は不確かなものになっているという。 当人は、代表でデビューを飾った際に「僕は、自分の国のためにトップの代表選手たちとプレーすることがクラブレベルでも助けになると確信している」、「国際舞台でやれるなら僕がクラブでもやれると示すことになる」とトップチームへの意欲をアピール。しかし、現在まで出場機会を与えられてはおらず、その点でバイエルンに交渉のチャンスがありそうだ。 シティからは、今冬にMFブラヒム・ディアスも出場機会を理由の一つとしてレアル・マドリーに移籍。数々の才能を育て上げているだけに、高い頻度で流出の危機に脅かされることになりそうだ。 2019.01.22 17:00 Tue
twitterfacebook
thumb

2位シティ、体制変更の最下位ハダースフィールドに快勝でリーグ4連勝!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第23節、ハダースフィールドvsマンチェスター・シティが20日にジョン・スミスズ・スタジアムで行われ、アウェイのシティが3-0で勝利した。 リーグ戦3連勝で首位のリバプールを勝ち点4差で追う2位のシティがデイビッド・ワグナー監督との契約を解消した最下位のハダースフィールドのホームに乗り込んだ一戦。4連勝を狙うシティは直近のウォルバーハンプトン戦から先発4人を変更。ストーンズ、シルバ、ベルナルド・シウバ、ガブリエウ・ジェズスに代えてオタメンディ、ギュンドアン、デ・ブライネ、アグエロを起用した。 36歳の暫定指揮官マーク・ハドソンが率いるホームチームに対して、いつも通りボールを保持して主導権を握るシティ。立ち上がりからアグエロ、スターリングが惜しい抜け出しを見せると、幸運な形から先制点が生まれる。 18分、ボックス手前左でウォーカーからサイドチェンジを受けたダニーロが果敢に右足を振り抜くと、枠を捉えたシュートに対してコースに入った相手DFシンドラーがヘディングでクリアし切れず、コースが変わったボールがゴール右隅に決まった。 ダニーロの積極性がもたらした先制点によって余裕を持った試合運びが可能となったアウェイチームは以降も相手を押し込んでいく。ただ、やや崩しの局面で連係ミスが目立ち畳みかける攻撃とはいかない。 それでも、前半終盤にかけては40分にボックス左に抜け出したギュンドアンが質の高いボールコントロールから惜しい場面を創出すると、前半ラストプレーではウォーカーのスルーパスからゴール前のアグエロにシュートチャンスもここは相手DFの対応が上回った。 後半も立ち上がりから攻勢を仕掛けるシティは54分、最終ラインとの駆け引きでボックス左に抜け出したザネが鋭いクロスをゴール前に入れると、これを戻りオフサイド気味だったスターリングがダイビングヘッドで流し込み、ようやく追加点を奪う。 さらに2分後の56分には中盤でのボール奪取からダニーロからのロングフィードをボックス手前のアグエロが頭でマイナスに落とすと、これを拾ったザネがそのままゴール前まで運んでゴール左隅に流し込んだ。 この連続得点で試合を決めたシティは直後にフェルナンジーニョを下げてシルバ、70分を過ぎてからはザネ、ギュンドアンを下げてベルナルド・シウバ、デルフを続けて投入。試合をクローズにかかる。 徐々にムニエを中心とするハダースフィールドの反撃に遭うもGKエデルソンが好判断の飛び出しでピンチを未然に防ぐなど、ゴールを許さない。逆に86分にはシルバのスルーパスからボックス右に抜け出したベルナルド・シウバに4点目のチャンスも、ここは相手GKの好守に阻まれた。それでも、ハドソン暫定体制の最下位ハダースフィールドに快勝のシティがリーグ4連勝で首位リバプールとの勝ち点差4をキープしている。 2019.01.21 00:31 Mon
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、ベルナルド・シウバに注目 夏のトップターゲットに設定か

レアル・マドリーがマンチェスター・シティに所属するポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(24)に関心を示しているようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 ベルナルド・シウバは2017年夏に移籍金4300万ポンド(現在のレートで約60億7000万円)でモナコから加入。シティ在籍2年目の今シーズンは3日に行われたプレミアリーグ第21節のリバプール戦で圧倒的な運動量と創造性で首位追撃の勝利に大きく貢献するなど、より存在感を高めている。 そうした活躍を受け、シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督もスペイン代表MFダビド・シルバの後継者にベルナルド・シウバの指名を検討している様子。だが、その影で、レアル・マドリーが再建を予定するシーズン終了後のトップターゲットとして目を光らせているという。 そのベルナルド・シウバの現行契約は残り3年半。今シーズンを通じたグアルディオラ監督のベルナルド・シウバに対する信頼度を鑑みれば、レアル・マドリー行きは考えにくいが、果たして…。 2019.01.20 15:15 Sun
twitterfacebook
thumb

グアルディオラがマンチェスター・Cの補強方針について言及「中盤の選手3、4人を調査中」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、フェルナンジーニョに代わる中盤の選手を3、4人ピックアップしいていることを認めた。<br><br>今シーズン、首位リバプールに勝ち点4差の2位に付ける昨シーズン覇者のマンチェスター・C。連覇に向けて好位置につける同チームを率いるグアルディオラ監督だが、早くも来シーズンを見据えているようだ。中でも高齢化の進む中盤の世代交代を急務と考えており、今夏に34歳になるフェルナンジーニョの代役探しに躍起になる。<br><br>以前からフェルナンジーニョの後釜を確保することについて「とても難しい」と話していたグアルディオラ監督だが、すでに数名の選手を候補に挙げているようだ。アヤックスの注目株、フレンキー・デ・ヨングやリヨンのタンギ・エンドンベレ、ウォルバーハンプトンのルーベン・ネヴェスの獲得を狙っていると考えられる中、同指揮官は会見で求めている選手像について自身の考えを明かした。<br><br>「我々はフィジカルがあり、攻撃へのスペースを見つけられることのできる選手を必要としている。もちろん多くのことができるに越したことはない。ただ、1人ですべてをできる選手を見つけることは簡単ではない。(この条件に見合った選手を発見できたかの問いに)3人から4人の選手について調査している」<br><br>さらに、グアルディオラ監督は左サイドバックの獲得も検討しているようだ。2017年夏にこのポジションにバンジャマン・メンディを獲得したが、2シーズンにわたり、同選手はほとんど稼働できていない。同指揮官は離脱の相次ぐフランス代表DFの不在について「昨シーズンも、今シーズンも生き残れてはいるが、このポジションについて考えなければならない」とコメントを残した。<br><br>なお、マンチェスター・Cは左サイドバックの新戦力候補にレスター・シティのベン・チルウェルらをリストアップしているようだ。<br><br>提供:goal.com 2019.01.19 12:10 Sat
twitterfacebook
thumb

冗談だろうけど…48歳バースデーのペップが「友達がいない」と話す

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が誕生日の予定を聞かれ、「友達がいない」と自虐した。クラブ公式サイトが伝えた。 シティはプレミアリーグ第22節終了時点で17勝2分け3敗の2位。首位リバプールを4ポイント差で追う状況であり、20日に敵地で行われる第23節のハダースフィールド戦は連覇に向け、是が非でもモノにしたい一戦となる。 その試合の前日会見に出席したグアルディオラ監督は「今、最も大事な試合だ。(22日に行われるバートンとのEFLカップ)2ndレグも大切だが、まずは目の前の試合だよ」と語り、ハダースフィールド戦の重要性を強調した。 また、現フットボール界最高の指揮官として名高いグアルディオラ監督は18日に48歳の誕生日を迎えた。誕生日を祝う予定を問われると、「家族とディナーだ。私は友達がいないのでね!」と軽快なジョークを飛ばした。 2019.01.19 10:45 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース