【CLグループF総括】シティが順当に首位通過! プレミア王者苦しめたリヨンが7季ぶりの歓喜2018.12.14 11:01 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽優勝候補筆頭に挙がるマンチェスター・シティと、アウトサイダー3チームの構成となったグループF。結果だけを見れば、シティが順当に首位通過を果たしリヨンが三つ巴の争いを制して2位通過を決める形となったが、予想外に盛り上がるグループステージの戦いとなった。■グループF順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.マンチェスター・シティ[13/4/1/1/10]
2.リヨン[8/1/5/0/1]
3.シャフタール[6/1/3/2/-8]
4.ホッフェンハイム[3/0/3/3/-3]

◆波乱の幕開けも納得の首位通過~マンチェスター・シティ~
Getty Images
▽記録尽くめの圧勝となった昨季のプレミアリーグでの戦いぶりから今大会の優勝候補筆頭に挙がるシティだったが、今グループステージにおいては予想外の苦戦を強いられた。国内リーグでの好調を引っ提げて臨んだリヨンとのホームでの初戦では相手の激しいプレッシングに苦しみ、まさかの1-2で敗戦。翌節のホッフェンハイム戦もキックオフ直後の失点でビハインドを負った末、試合終了間際のMFシルバのゴールで辛くも競り勝った。

▽その後、シャフタール相手に3-0、6-0の圧勝でようやく本調子を見せたが、リヨンへのリベンジを期して臨んだ第5節では最終的に2-2のドローに持ち込み決勝トーナメント進出を決めたものの、試合内容では前回対戦と同様にネガティブな面が目立った。最終的には順当に首位通過を果たしたものの、前半戦をほぼ全休したMFデ・ブライネやDFメンディに加え、シルバやFWアグエロら主力に負傷者が目立っており、今冬の補強を否定するグアルディオラ監督だが、より拮抗した戦いを強いられる決勝トーナメントに向けては幾つかのポジションで補強が求められるところだ。

◆プレミア王者に冷や汗をかかせる奮闘~リヨン~
Getty Images
▽プレミア王者に冷や汗をかかせたフランスの名門がシャフタール、ホッフェンハイムとの三つ巴の争いを制して7シーズンぶりの決勝トーナメント進出を決めた。今季、流出濃厚だったエースFWフェキルの残留に成功したチームは国内リーグではやや苦戦もCLの舞台では印象的なパフォーマンスを披露した。MFエンドンベレ、MFアワール、DFフェルラン・メンディと欧州のビッグクラブ注目の逸材たちが評判通りの活躍をみせ、シティ相手に1勝1分けの戦績を残した。

▽シャフタール、ホッフェンハイムとの直接対決ではウィークポイントの守備面、試合運びの拙さを露呈したものの、いずれもドローに持ち込む勝負強さをみせ、1勝5分けの無敗で決勝トーナメント進出を決めた。今冬の引き抜きに不安を残す一方、シーズン途中から採用する[3-4-3]の新布陣の熟成が徐々に進んでおり、対戦相手次第では決勝トーナメントでの躍進も期待される。

◆健闘も2季連続の悲願はならず~シャフタール~
Getty Images
▽ナポリを退けてシティと共に決勝トーナメント進出を果たした昨季の再現を狙うも惜しくも3位敗退となった。今夏の移籍市場では司令塔のMFフレッジ、主砲FWファクンド・フェレイラなど一部主力を引き抜かれたものの、キャプテンのMFタイソン、MFマルロス、DFイスマイリとブラジル出身トリオが今季も健在ぶりを発揮。さらに、新エースストライカーのFWジュニオール・モラエスもまずまずの活躍を見せた。

▽シティとの連戦では無得点9失点と大きな力の差を見せつけられたものの、それ以外の2チーム相手にはらしいパフォーマンスを見せられていた。惜しむらくはホームで戦った最終節のリヨン戦。早い時間帯に先制点を奪ったことでやや消極的なプレーが目立った中、終始押し込まれるまるでアウェイのような戦いを強いられ、最終的に1-1のドローに終わった。ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメントでは昨季のようにホームゲームでの圧倒的な強さを取り戻したい。

◆初挑戦は未勝利に終わるも収穫多し~ホッフェンハイム~
Getty Images
▽クラブ史上初の参戦となった昨季ELに続き今季のCLでもグループステージを最下位で終えることになった。それでも、若き知将ナーゲルスマンは昨季のヨーロッパでの戦いを教訓に自身初のCLでは今後に可能性を抱かせる戦いぶりを見せてくれた。最終結果は3敗3分けの未勝利という結果に終わったが、ほとんどの試合で先制点を奪えていた事実は指揮官のゲームプランの正しさを示す。また、試合中のシステム変更や選手交代によってビハインドを追いついた試合も幾つかあり、指揮官としての有能さを示した。その一方でシティ相手の2度の逆転負けなどリードした後の試合運びには大いに改善点があり、経験不足が顕著だった選手たちのメンタル面のケアを含めて来季からの新天地RBライプツィヒでの戦いに生かしたいところだ。
コメント
関連ニュース
thumb

グアルディオラ監督、過密日程の後半戦に向けて「選手全員が必要になる」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、シーズン後半に向けて「選手全員が必要になる」と口にした。<br><br>マンチェスター・Cはチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でシャルケを下し、準々決勝に進出。さらにFAカップの準々決勝ではスウォンジー・シティに勝利し、準決勝進出を決めた。プレミアリーグにおいても、1試合消化が少ない状態で首位リバプールに2ポイント差の2位につけており、シーズン終盤は過密日程の中、厳しい戦いに臨むこととなった。<br><br>ペップはこの後半戦に向けて、全員の力が必要と強調した。<br><br>「いつも我々は厳しくトレーニングして、できる限り上手く何度もプレーすることを求めている。それが選手全員がプレーする唯一の方法なんだ。我々がここまで来れたのは、たった11、12、13人のおかげではなく、全員のおかげということを忘れてはならない」<br><br>「全員がチームに貢献してくれて、それが大きな力になった。4月の日程は、かなり厳しい。だから選手全員が必要になるんだ」<br><br>提供:goal.com 2019.03.18 23:57 Mon
twitterfacebook
thumb

FAカップで物議のVARにモイーズが物申す! 英国の“EU離脱”と比較し持論を展開

マンチェスター・ユナイテッドやエバートンを指揮したデイビッド・モイーズ氏が、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)に関しての持論を展開した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 欧州の各リーグやFIFAが主催する大会で近年導入が進んでいるVARだが、プレミアリーグではまだ導入されておらず、2019-20シーズンからの導入が決定。今シーズンはFAカップで導入されている。 16日に行われたFAカップ準々決勝では、ウォルバーハンプトンvsマンチェスター・ユナイテッドではVARが導入されていたものの、スウォンジーvsマンチェスター・シティの一戦ではスタジアムに設備がなく導入されていなかった。 さらに、逆転につながったシティの2ゴールは疑惑の判定とされ、VARが導入されていれば認められていないものであったとの見解が強い状況。ジョゼップ・グアルディオラ監督も謝罪するなど、VARに関しての問題がここにきて出ている状況だ。 この件を踏まえ、モイーズ氏はVARについてコメント。イギリスで大きな話題となっている、“EU離脱”を持ち出して語った。 「イギリスの全員がVARに対して完全に納得するとは思わない。決断を下すのに時間がかかりすぎると感じる。そして、それがいつ起こるのか、我々はハッキリとわかっているとは思わない」 「間違いを見たときは、それは非常に簡単なことだと思う。『VARを取り入れて、決定を下しましょう』というのは簡単だ」 「しかし、VARでは、正しいとは思えない多くの決定が出ていると思う。現時点では、Brexit(ブレグジット=イギリスのEU離脱)と同じぐらい悪いものだろう」 2019.03.18 11:00 Mon
twitterfacebook
thumb

FAカップ準決勝の対戦カード決定! シーズン4冠目指すマン・シティの相手は?

FAカップ準決勝の組み合わせ抽選が17日に行われ、シーズン4冠を目指すマンチェスター・シティの対戦相手がブライトン&ホーヴ・アルビオンに決定した。 今週末に行われた準々決勝では優勝候補筆頭のシティがチャンピオンシップ(イングランド2部)のスウォンジーと対戦。格下相手に2点を先行される厳しい展開を強いられるも、微妙な2つの判定にも助けられて3-2の逆転勝利を飾った。 対するブライトンはシティと同様にチャンピオンシップのミルウォールと対戦。こちらも格下相手に2点を先行されたが、88分と後半アディショナルタイムの連続ゴールで追いつき延長戦に持ち込むと、最終的にPK戦を5-4で制して逆転突破を決めている。 また、もう1つの準決勝のカードは絶好調のマンチェスター・ユナイテッドを破る番狂わせを起こしたウォルバーハンプトンと、クリスタル・パレスとの接戦をモノにしたワトフォードに決定。 なお、準決勝の2試合は4月6日と7日にいずれもウェンブリー・スタジアムで行われる予定だ。 ◆FAカップ準決勝 ▽4/6.7 マンチェスター・シティ vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン ワトフォード vs ウォルバーハンプトン 2019.03.18 02:51 Mon
twitterfacebook
thumb

シティ格下相手に危機一髪…! 2点ビハインドから途中出場アグエロの3ゴールに絡む活躍で逆転突破《FAカップ》

マンチェスター・シティは16日、FAカップ準々決勝でスウォンジー・シティと対戦し、3-2で勝利した。 大会では対戦相手に恵まれ続けているシティは5回戦ではリーグ2(イングランド4部)のニューポート・カウンティを4-1で下し準々決勝進出。その試合も含めて現在公式戦10連勝中。直近のチャンピオンズリーグではシャルケに7-0で圧勝しベスト8へ駒を進めた。 シティのスタメンにはデルフが左サイドバックでおよそ2カ月ぶりの出場に。前線の3枚はマフレズ、ジェズス、ザネが起用された。 試合は大方の予想通り、シティが主導権を握る展開に。いとも簡単にスワンズのバイタルエリアに攻め入るシティは13分、ザネの左からのクロスをベルナルド・シウバがダイレクトシュート。丁寧に合わせたシュートはGKノードフェルトがファインセーブで凌いだ。 試合が動いたのは20分。動かしたのはホームのスワンズだった。右サイドへの展開から、C・ロバーツがデルフの背後を取ってボックスに侵入。簡単に裏を取られてしまったデルフはたまらずスライディングタックルで対応したが、C・ロバーツの足に掛かってPKを献上。これをグライムスが決めて、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のスワンズがプレミア王者から先制する意外な試合展開となった。 だが、サプライズはここで終わらない。20分、スワンズはGKから丁寧にボールを繋ぐ攻撃を展開。左サイドでパスを受けたダニエル・ジェームズはドリブルで中央に侵攻し、ボックス手前のN・ダイアーへ。ダイアーはダイレクトでボックス左に走り込むセリナにスルーパスを送ると、セリナは右足ダイレクトでゴール右に見事なコントロールシュートを突き刺し、リードを2点に広げた。 逆転を目指すシティは後半頭からトップギアでスワンズゴールに迫る。ザネ、ベルナルド・シウバ、ギュンドアンらが立て続けにシュートを見舞うが、スワンズは身体を張った守りで失点を紙一重で防ぐ。 そんな中57分にシティはデルフとザネを下げてジンチェンコとスターリングを投入。さらに64分にはマフレズに代わりアグエロがピッチに送られ、これで3枚の交代カードを切った。 するとアグエロが絡んでゴールが生まれる。69分、右からのクロスをシュートに繋げたアグエロは、こぼれ球をもう一度拾って左のベルナルド・シウバへ展開。ボックス左からダイレクトで放たれたベルナルド・シウバのシュートは、右のサイドネットに突き刺さった。 グアルディオラ監督の采配はさらなる好影響をもたらす。78分、ボックス右でドリブルで縦に仕掛けたスターリングがカーター=ヴィッカーズに倒されPKを獲得。キッカーを務めたアグエロのシュートは左ポストを弾いたが、ボールはGKノードフェルトの背中に当たってオウンゴールに。これでシティが同点に追いついた。 流れが傾いてきたシティ。83分にはカウンターからジェズスがヘディングシュート。GKノードフェルトがはじき出すと、さらにアグエロが畳み掛けるが、再びノードフェルトが身体を放り出しビッグセーブ。 このまま引き分けると再試合となるが、シティはそれを許さなかった。試合終了間際の89分、左サイドのベルナルド・シウバのクロスをアグエロがダイビングヘッドで合わせて逆転の3点目。2点ビハインドの逆境を引っくり返したシティが4分のアディショナルタイムも乗り切り、準決勝に進出した。 2019.03.17 04:22 Sun
twitterfacebook
thumb

グアルディオラはサンチョ買戻しに否定的? 「ここでのチャレンジを求めなかった」

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、ドルトムントで躍動するイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(18)の買戻しに否定的なようだ。海外版『goal.com』がスペイン人指揮官のコメントを伝えている。 マンチェスター・シティの下部組織出身のサンチョは、トップチームに昇格することなく、2017年夏にドルトムントに完全移籍。加入1年目となった昨シーズンはブンデスリーガで12試合1ゴール4アシストに留まったが、今シーズンはここまで公式戦32試合9ゴール14アシストとブレイクを果たし、イングランド代表デビューも飾った。 そのサンチョに関してはマンチェスター・ユナイテッドやパリ・サンジェルマン(PSG)といったクラブが強い関心を示している。その一方で、ドルトムント売却時に優先交渉権を契約に盛り込んだ古巣シティへの復帰の可能性も取りざたされている。 しかし、グアルディオラ監督は、トップチームでのポジション争いを嫌い新天地へ旅立ったサンチョの買戻しに否定的な姿勢を見せている。同監督が公式会見の場で同選手の移籍の経緯に関して語った。 「私はよくわからない。彼はこのチャレンジ(シティでのポジション争い)を求めなかった。そして、ここで何ができるかを試すチャンスを利用しなかった」 「彼はそこ(ドルトムント)に行くことを決断した。それは彼にとって完璧な選択になった。非常にうまくやっているし、彼のやってきたことを祝福したい」 「非常に素晴らしいパフォーマンスを見せているし、とても良いシーズンを送っている。仮にシティに居ればどんなことが起きたかって? それはわからない」 一方、学年ではサンチョの1つ下ながらシティでのポジション争いを受け入れて、トップチームで印象的な活躍を見せているMFフィル・フォーデンに関しては今後のプレー機会の増加と更なる成長に期待しているようだ。 「もちろん、彼はより多くのプレータイムを得ることができるかもしれないが、ここまでは少しのプレータイムに留まっている。我々は彼が18歳であることを忘れることができないし、彼がトップチームで定期的にプレーするのは今シーズンが初めてだ」 「彼はEFLカップの準決勝のような通常リスクを冒せないような舞台でプレーした。同時にプレミアリーグでも多くプレーしている。個人的には十分なプレータイムを得ていると思うし、将来的にはより多くの出場機会を得るはずだ」 「彼は素晴らしい才能を持っているが、より多くの改善すべき点を持っていることも事実だ。その年齢を考えれば成長するための時間が必要だ。重要なのは彼が我々と共にプレーできると感じること、我々が彼を信頼していることを理解していることだ」 2019.03.16 20:47 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース