【CLグループA総括】モナコ大不振でドルト&アトレティコが共に2季ぶりの突破2018.12.14 09:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽昨季、ヨーロッパリーグ(EL)王者のアトレティコ・マドリー、CLでの実績十分のドルトムント、一昨季のベスト4チームのモナコが揃い三つ巴の争いが予想されたグループA。しかし、蓋を開けてみれば、モナコの大不振によってドルトムント、アトレティコの2チームが余裕を持って決勝トーナメント進出を決めた。■グループA順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ドルトムント[13/4/1/1/8]
2.アトレティコ・マドリー[13/4/1/1/3]
3.クラブ・ブルージュ[6/1/3/2/1]
4.モナコ[1/0/1/5/-12]

◆リーグ戦の好調生かして首位通過~ドルトムント~
Getty Images
▽敵地でアトレティコのリベンジに遭い、今季公式戦初黒星を喫したが、ほぼパーフェクトな戦いぶりで2年ぶりの決勝トーナメント進出を首位で決めた。今季、ファブレ新監督の下でスタートを切った新生ドルトムントだが、期待された新ストライカーなど大型補強は叶わず、グループステージ開幕前は2位通過をモナコと争う形が想定された。しかし、スイス人智将の下、国内リーグで好スタートを切ったチームは“ロイスシステム”、スーパージョーカー、パコ・アルカセル、加入2年目で凄みを増す新星MFサンチョら指揮官の用兵や戦術がことごとくハマり、グループステージ3連勝を飾った。

▽とりわけ、第3節のアトレティコ戦では世界屈指の堅守を誇るシメオネのチーム相手にほぼ何もやらせない圧倒した戦いぶりで4-0の勝利を収めたことは今グループステージのトピックのひとつに。その後、2戦未勝利で一度はアトレティコに首位を明け渡すも最終節モナコ戦での勝利で再逆転し、首位通過を決めた。なお、リーグ戦でも首位に立つチームの好調さとは裏腹にMF香川真司は今季CLで一度しか出場機会がなく、決勝トーナメントを戦う頃には新天地にいる可能性が高い。

◆負傷者影響で首位逃すも2季ぶり突破~アトレティコ・マドリー~
Getty Images
▽今夏の積極補強によってグループAの大本命に挙げられたものの、最後にドルトムントにまくられて2位での通過となった。本拠地ワンダ・メトロポリターノでのCL初制覇に向けて高いモチベーションを持つ今季のアトレティコはエースFWグリーズマン、守護神オブラクの残留に加えて、今夏MFレマルやMFロドリゴ・エルナンデス、FWジェウソン・マルティンスら実力者を補強。しかし、ロシア・ワールドカップ(W杯)の影響もあってか、国内リーグでも序盤戦苦しんだチームは格下相手の2戦をしぶとく連勝も、第3節ではドルトムント相手に自慢の堅守崩壊で大敗した。

▽それでも、百戦錬磨の猛者が揃うチームはホーム開催のリターンマッチを2-0で勝利すると、以降はターンオーバーを採用しながらモナコ、クラブ・ブルージュに1勝1分けの成績を残して最低限の2位通過。最終ラインを中心に負傷者に悩まされ、前線の選手の適応が遅れており、圧倒的な強さを身に着けていないが、逆に決勝トーナメントに向けて大きな伸びしろを残す。

◆全チームから勝ち点奪う大健闘~クラブ・ブルージュ~
Getty Images
▽2年ぶりの参戦となったグループステージでは強豪3チームから勝ち点を奪い、3位でのヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント進出を決める健闘ぶりが光った。昨季ベルギー王者と言えどもCL常連の3チームとの戦力差は大きく未勝利での敗退の可能性も指摘されていた。しかし、1-3で敗れた第2節のアトレティコ戦こそ力の差を見せつけられたものの、それ以外の試合では格上相手に粘り強い守備と、前線のタレントを生かした攻撃で堂々と渡り合った。そして、第4節ではモナコ相手のアウェイゲームで大量4ゴールを奪うクラブ史に残る圧勝劇で今大会初勝利。また、グループステージを通じて活躍した巨漢FWウェズレイには今冬にビッグクラブ行きの噂も出ている。

◆屈辱の未勝利でアンリ監督はほろ苦CLデビュー~モナコ~
Getty Images
▽監督交代も実らず、屈辱の未勝利で今大会を去ることに。夏の移籍市場での主力の流出は近年の恒例行事となっていたが、今夏は主力の穴埋め補強に失敗し国内リーグを含めて開幕から大不振に陥った。リーグ開幕戦の勝利を最後に公式戦16戦未勝利と泥沼を味わったチームは10月半ばにジャルディム前監督を解任。後任に監督初挑戦のアンリ新監督を迎えたが、その監督交代も機能せず。同監督のCL初陣となった第3節のクラブ・ブルージュ戦こそドローで終えたものの、第4節ではホームで0-4の大敗。2節を残して敗退が決定すると、以降の2試合はリーグ戦優先の方針の下で10代の若手を積極起用し、当然のことながら格上2チームに連敗。5敗1分けの屈辱的な戦績で今大会を終えた。
コメント
関連ニュース
thumb

2度のビハインドもドルトムント、ロイスのAT弾で劇的逆転勝利!《ブンデスリーガ》

ドルトムントは16日、ブンデスリーガ第26節でヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨み、3-2で逆転勝利した。 前節シュツットガルト戦を3-1と競り勝ったものの、得失点差でバイエルンに上回られ、2位に後退したドルトムント(勝ち点57)は、アルカセルとゲッツェを負傷で欠く中、プリシッチを最前線に配した。 10位ヘルタ・ベルリン(勝ち点35)に対し、[4-2-3-1]を採用したドルトムントは2列目に右からラーセン、ロイス、サンチョと並べた。 試合は開始4分に動く。ミッテルシュタッドのミドルシュートをGKビュルキが不用意に弾くと、カルーに押し込まれた。 早々に失点したドルトムントだったが、13分にラーセンがミドルシュートでGKを強襲すると、14分に追いついた。 ハーフラインでボールをカットしたデラネイが持ち上がってペナルティアーク左からシュート。これがDFにディフレクトしてゴールに吸い込まれた。 ここから互角の攻防で推移していたが34分、ドゥダのクロスがボックス内のヴァイグルのハンドを誘ってPKを献上。これをカルーに決められ、前半を1点ビハインドで終えた。 迎えた後半開始2分、ドルトムントが再び追い付く。サンチョの左CKからザガドゥがヘッドで叩き込んだ。 さらに49分、サンチョが決定的なシュートを浴びせたドルトムントが攻勢に出ていたが、57分にグルイッチのコントロールシュートが右ポストに直撃するピンチを迎える。 ここからオープンな展開となる中、ドルトムントは71分にスルーパスに抜け出したボックス左のプリシッチが際どいシュートを浴びせると、続く74分にはボックス右に侵入したヴォルフがマイナスに折り返し、プリシッチは押し込むだけだったが、枠に入れることができなかった。 85分にはトルナリガに2枚目のイエローカードが出て数的優位となったドルトムントは、最終盤にかけて攻勢に出ると、87分にはデラネイのミドルシュートがバーをかすめた。それでも追加タイム2分、ドルトムントが劇的な逆転ゴールを挙げる。 ボックス左でパスを受けたサンチョがタイミングを外す右足アウトのパスを出すと、DFの間を抜けたクロスをロイスがダイレクトでプッシュ。このシュートがゴール右に決まってドルトムントにゴールが生まれた。 これが決勝点となってドルトムントが逆転勝利。明日試合を行うバイエルンにプレッシャーをかけている。 2019.03.17 04:33 Sun
twitterfacebook
thumb

グアルディオラはサンチョ買戻しに否定的? 「ここでのチャレンジを求めなかった」

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、ドルトムントで躍動するイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(18)の買戻しに否定的なようだ。海外版『goal.com』がスペイン人指揮官のコメントを伝えている。 マンチェスター・シティの下部組織出身のサンチョは、トップチームに昇格することなく、2017年夏にドルトムントに完全移籍。加入1年目となった昨シーズンはブンデスリーガで12試合1ゴール4アシストに留まったが、今シーズンはここまで公式戦32試合9ゴール14アシストとブレイクを果たし、イングランド代表デビューも飾った。 そのサンチョに関してはマンチェスター・ユナイテッドやパリ・サンジェルマン(PSG)といったクラブが強い関心を示している。その一方で、ドルトムント売却時に優先交渉権を契約に盛り込んだ古巣シティへの復帰の可能性も取りざたされている。 しかし、グアルディオラ監督は、トップチームでのポジション争いを嫌い新天地へ旅立ったサンチョの買戻しに否定的な姿勢を見せている。同監督が公式会見の場で同選手の移籍の経緯に関して語った。 「私はよくわからない。彼はこのチャレンジ(シティでのポジション争い)を求めなかった。そして、ここで何ができるかを試すチャンスを利用しなかった」 「彼はそこ(ドルトムント)に行くことを決断した。それは彼にとって完璧な選択になった。非常にうまくやっているし、彼のやってきたことを祝福したい」 「非常に素晴らしいパフォーマンスを見せているし、とても良いシーズンを送っている。仮にシティに居ればどんなことが起きたかって? それはわからない」 一方、学年ではサンチョの1つ下ながらシティでのポジション争いを受け入れて、トップチームで印象的な活躍を見せているMFフィル・フォーデンに関しては今後のプレー機会の増加と更なる成長に期待しているようだ。 「もちろん、彼はより多くのプレータイムを得ることができるかもしれないが、ここまでは少しのプレータイムに留まっている。我々は彼が18歳であることを忘れることができないし、彼がトップチームで定期的にプレーするのは今シーズンが初めてだ」 「彼はEFLカップの準決勝のような通常リスクを冒せないような舞台でプレーした。同時にプレミアリーグでも多くプレーしている。個人的には十分なプレータイムを得ていると思うし、将来的にはより多くの出場機会を得るはずだ」 「彼は素晴らしい才能を持っているが、より多くの改善すべき点を持っていることも事実だ。その年齢を考えれば成長するための時間が必要だ。重要なのは彼が我々と共にプレーできると感じること、我々が彼を信頼していることを理解していることだ」 2019.03.16 20:47 Sat
twitterfacebook
thumb

首位奪還目指すドルトムントに痛手…ベルギー代表MFヴィツェルが内転筋の肉離れで次節欠場へ

ドルトムントのベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルが内転筋の肉離れで次節のヘルタ・ベルリン戦を欠場するようだ。ドイツ『t-online』が伝えている。 9日に行われたブンデスリーガ第25節でシュツットガルトに3-1で勝利したドルトムント(勝ち点57)。しかし、同時刻に行われた試合でバイエルン(勝ち点57)がヴォルフスブルクに6-0と圧勝したことで、勝ち点で並ぶも得失点差によって首位の座をバイエルンに明け渡してしまった。 そうして迎える16日の第26節ヘルタ・ベルリン戦を前にヴィツェルが負傷。復帰時期については明かされていないものの、指揮官のルシアン・ファブレ監督は「おそらくインターナショナルウィークの後に復帰できると思う」と見解を示している。 ヴィツェルは今シーズンに天津権健からドルトムントに加わり、ここまで公式戦35試合5ゴール1アシストを記録。これまでブンデスリーガで首位に立つチームの原動力として存在感を際立たせていた選手だけに欠場は痛手となりそうだ。 2019.03.15 11:35 Fri
twitterfacebook
thumb

香川真司の獲得を目指していたハノーファー…ベシクタシュとの争奪戦に出遅れた理由は?

日本代表MF原口元気やFW浅野拓磨が所属するハノーファーは今年1月の移籍市場でMF香川真司の獲得を逃している。ドイツ誌『キッカー』は、同クラブが同選手を巡る争奪戦に出遅れた理由を明かした。<br><br>ドルトムントからの移籍を望んでいた香川だが、1月の移籍市場の終盤、関心が伝えられたモナコ行きが実現しなかったもののマーケット最終日に今シーズン終了までの期限付きでのベシクタシュ入りが決定。そして、トルコではリーグ戦5試合で3ゴールと1アシストを記録すると、ここに来て日本代表メンバーへの復帰を果たすことに。<br><br>一方、香川が1月31日にトルコへと向かっている間、ハノーファーの新監督に就任したばかりだったトーマス・ドルはホルスト・ヘルトSD(スポーツディレクター)とともにリーグ戦に向けた記者会見に臨み、香川の獲得に乗り出していることを明言。メディアでは既にベシクタシュ入りが確実とも見られていた香川のレンタルでドルトムントと合意に達したと話していた。<br><br>『キッカー』によれば、このような事態を招いたのはハノーファー内部のコミュニケーションの問題とのこと。1月30日に香川のモナコ行きの可能性が消滅したことを知ったヘルトSDは、マルティン・キント会長から許可を得ようと試みたが、電話が通じなかったという。翌朝にドルトムントと話をつけたハノーファーだが、その時には香川はすでにベシクタシュが手配したプライベートジェットに乗っていたため、獲得の可能性はもはやなかったようだ。<br><br>ハノーファーはまた1月には獲得を狙っていた当時無所属だった元フランクフルトFWアレックス・マイヤーを2部ザンクト・パウリに横取りされている。さらにホッフェンハイムから期限付きで加わったDFケヴィン・アクポグマはハノーファー加入4試合目で重傷を負い長期離脱を強いられることに。ブンデスリーガ第25節消化時点で17位に低迷する同クラブだが、強化においても運に見放されているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2019.03.15 09:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、ブラント獲得に向け32億円用意か

ドルトムントが、レバークーゼンに所属するドイツ代表MFユリアン・ブラント(22)の獲得に動きだす可能性があるようだ。ドイツ『ルール・ナハリヒテン』の情報をもとにポルトガル『A Bola』が伝えている。 ヴォルフスブルク下部組織出身のブラントは、2014年1月にレバークーゼンに加入した。左ウイングを主戦場にボールのオン・オフに限らず卓越した攻撃センスを発揮し、今シーズンの公式戦34試合に出場で7ゴール13アシストを記録している。 同選手の活躍もあり、レバークーゼンは現在、ブンデスリーガで勝ち点42の6位に付けている。チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位ボルシアMGとは勝ち点差が4となっている。だがもし、CLの出場権を逃した場合、ブラントが退団する可能性があるとメディアは主張。この状況に目を光らせているというドルトムントは2500万ユーロ(約32億円)前後の移籍金を用意しているようだ。 なお、レバークーゼンとの契約を2021年まで残すブラントには、リバプールをはじめとするプレミア勢やバイエルンなどのビッグクラブも興味を持っているようだ。 2019.03.14 19:37 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース