【CLグループB総括】メッシ躍動バルサが首位通過! スパーズが奇跡の逆転突破2018.12.14 09:01 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽優勝候補バルセロナとプレミアとセリエAの強豪トッテナム、インテルにオランダ王者PSVが同居する今回のグループステージ屈指の激戦区となったグループB。その“死の組”を突破したのは、本命バルセロナと奇跡のカムバックを見せたトッテナムの2チームとなった。■グループB順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.バルセロナ[14/4/2/0/9]
2.トッテナム[8/2/2/2/-1]
3.インテル[8/2/2/2/-1]
4.PSV[2/0/2/4/-7]

◆メッシ躍動で貫録の首位通過~バルセロナ~
Getty Images
▽昨季グループステージでレアル・マドリーを圧倒したトッテナム、久々のCL復帰ながら戦力充実のインテル相手に苦戦も予想されたバルセロナだったが、4勝2分けの無敗で格の違いを見せつける首位通過となった。クラブOBのファン・ボメル監督率いるPSVとの初戦をエースFWメッシのハットトリックの活躍で大勝スタートすると、聖地ウェンブリーでのトッテナム戦もそのエースの圧巻の活躍で4-2の勝利。第3節のインテル戦はそのエースを負傷で欠くも、新加入MFアルトゥールら自慢の中盤の構成力を武器にエース不在を感じさせぬ快勝を見せた。

▽引き続きエース不在となったインテルとのリターンマッチで今大会初のドローも2節を残して決勝トーナメント進出を果たすと、第5節のPSV戦では復帰したエースの全ゴールに絡む活躍で首位通過も決定。最終節のトッテナム戦では主力温存で圧倒されるも1-1のドローで終え、CLでのホーム無敗記録を「29」に更新。決勝トーナメント1回戦では史上最長となる30試合無敗を目指す。

◆序盤3戦未勝利から奇跡のカムバック~トッテナム~
Getty Images
▽レアル・マドリー、ドルトムントと同居した昨季と同様に厳しい組み分けを強いられた中、今夏の新戦力補強ゼロに終わったチームはロシア・ワールドカップ(W杯)の影響もあり、序盤から大苦戦を強いられた。内容面で圧倒したインテルとの初戦を終盤の連続失点で逆転負けを喫すると、ホームでのバルセロナ戦では驚愕のパフォーマンスを見せたメッシに粉砕され、2連敗スタート。さらに、必勝を期して臨んだ格下PSVとの連戦初戦を痛恨のドローで終え、前半戦を勝ち点1で終える絶望的な状況を強いられた。

▽誰もが敗退の可能性を口にした中、奇跡を信じ続けたポチェッティーノ監督率いるチームはPSV戦、インテルとの直接対決をいずれも試合終盤の劇的な得点で競り勝ち逆転突破へのわずかな光明を見出すと、28戦無敗を誇るカンプ・ノウでは主力温存の首位チーム相手にビハインドを背負うもFWルーカス・モウラの劇的同点弾と、最下位敗退が決定しながらもインテル相手のアウェイゲームで勇敢な戦いでドローに持ち込んだPSVのアシストもあり、当該成績のアウェイゴール差でインテルを上回り、奇跡のカムバックを果たした。

◆名門の勝負強さ発揮も最後は経験不足露呈~インテル~
Getty Images
▽昨季、ラツィオとの痺れるセリエA最終節の大一番を制して7シーズンぶりのCL出場を果たしたインテルだったが、期待外れの3位敗退となった。今夏MFナインゴランやDFデ・フライ、DFヴルサリコ、FWケイタら実力者を補強したチームは国内リーグでの序盤戦で苦戦。それでも、トッテナムとのCL初戦では終始劣勢を強いられた中、CL初参戦のエースFWイカルディのスーパーゴールと伏兵MFヴェシーノのゴールで鮮やかな逆転勝利を飾った。この劇的勝利をターニングポイントとしたチームは以降は国内リーグでも復調。CLでは苦戦した第2戦のPSV戦も勝負強い戦いぶりで逆転勝利し、バルセロナとの連戦ではメッシ不在という好機を生かして敵地でこそ敗れたものの、ホームゲームでは再び粘り強い戦いで勝ち点1を手にした。

▽しかし、7シーズンぶりのCL参戦ということもあり、より重圧のかかる残り2試合で経験不足を露呈したチームはやや腰の引けた戦いぶりでトッテナムとの重要な大一番を落とすと、最終節のPSV戦では他会場の結果を意識し過ぎてかホームで勝ち点3を奪いに行く断固たる態度を示せずドローに終わった結果、無念の3位敗退でヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメントに回ることになった。

◆未勝利も美しき敗者に~PSV~
Getty Images
▽ファン・ボメル新監督の下で2シーズンぶりのCLグループステージ参戦となったPSVは今大会未勝利も健闘ぶりが光った。国内リーグで開幕13連勝を飾るなど、エースFWロサーノや守護神ズート、DFアンジェリーノ、FWベルグヴィンと各ポジションに有望な若手を擁するオランダ王者はすべて格上との対戦となったCLの舞台でも躍動。バルセロナ戦ではメッシらに格の違いを見せつけられたが、インテルとトッテナム相手にはズートを中心とする粘り強い守備とロサーノ、ベルグヴィンの両翼の個人技を生かした鋭いカウンターで時に互角以上に渡り合って見せた。主砲ルーク・デ・ヨングも3試合連続ゴールを記録するなど、チームとしてバルセロナとの初戦を除き全試合で得点を記録しており、未勝利での敗退とはいえポジティブな要素が目立っていた。
コメント
関連ニュース
thumb

チャビ無念…クラブの許可取れずカタルーニャ代表vsベネズエラ代表戦でプレーできず

カタルーニャ代表は25日、ベネズエラ代表との国際親善試合に臨むが、同試合でMFチャビ・エルナンデスのプレーを見ることができなくなった。同選手が自身の公式インスタグラムで欠場の理由を説明した。 スペイン、カタルーニャ州における選抜チームであるカタルーニャ代表は、UEFA(欧州サッカー連盟)やFIFA(国際サッカー連盟)に加盟していないため、公式な国際大会への出場資格は持っていない。 そのため、2016年12月のチュニジア代表戦を最後に代表チームとしての活動がなかったが、今回約2年ぶりに国際親善試合を戦うことになった。 その中でロシア・ワールドカップ後にスペイン代表引退を表明したバルセロナDFジェラール・ピケと共に目玉の1人となるはずだったのが、アル・サッドに所属する39歳のチャビ。しかし、所属クラブからのプレー許可が下りず、ベネズエラ戦でプレーできないことになった。 チャビは24日、自身のインスタグラムを通じて以下のように語っている。 「残念ながら明日モンティリヴィで行われるカタルーニャ代表とベネズエラ代表の試合に参加できなくなったことを伝えなければならない。僕のクラブとの協議の結果、出場の許可が下りなかった」 「カタルーニャサッカー連盟のソテラス会長を始め、僕をジローナの地でプレーさせる機会を与えようとしてくれたカルレス・ドメネク、ジェラール・ロペスに感謝したい」 「個人的には次の機会に再びこのチームでプレーできることを望んでいる。カタールの地からチームを応援させてもらおうと思う。ヴィスカ、カタルーニャ!」 なお、アル・サッドは今週末に日本代表FW中島翔哉らを擁するアル・ドゥハイルとの上位対決を控えており、クラブは主力であるチャビのコンディションを懸念していたようだ。 2019.03.25 14:41 Mon
twitterfacebook
thumb

ユムティティ、同胞のバルサ加入を歓迎「グリーズマンが来たら嬉しい」

バルセロナに所属するフランス代表DFサミュエル・ユムティティが、同国代表であるアトレティコ・マドリーのFWアントワーヌ・グリーズマン(28)のバルセロナ加入を歓迎している。スペイン『マルカ』がフランス『Telefoot』を引用して伝えている。 昨夏にグリーズマン獲得に迫るも、ロシア・ワールドカップ(W杯)開幕前に同選手の残留宣言と2023年夏までの契約延長によって失敗に終わったバルセロナ。しかし最近、同クラブが再びアトレティコのエースに関心を抱いており、今夏獲得に向けてオファーを提示する可能性もあることがフランスメディアによって伝えられた。 そんな中、バルセロナでプレーするユムティティは、同胞であるグリーズマンの加入が実現すれば「嬉しい」とコメント。しかし、ユムティティはグリーズマンがアトレティコで幸せだということも理解しているようだ。 「グリーズマンがバルセロナに来たら、僕は嬉しいね。彼の居場所はここにあるよ」 「ただ、私は彼がアトレティコ・マドリーで幸せだということは知っているし、そこでとても元気にやっているね。彼は自分自身のためにプレーするチームにいる」 2019.03.25 08:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ヨハン・クライフ逝去から3年 息子ジョルディや古巣が追悼メッセージ

オランダ代表やアヤックス、バルセロナで活躍したサッカー界のレジェンドであるヨハン・クライフ氏(享年68)の逝去からちょうど3年が経った24日、同氏の息子であるジョルディ・クライフ氏や古巣クラブが追悼のメッセージをSNS上に投稿した。 クライフ氏の実子で現在は中国の重慶斯威を率いるジョルディ・クライフ氏は、自身の公式ツイッターで偉大なる父の栄光を表したスライドショーと共に冥福を祈った。 「あなたが私たちの元から離れてから3年が経ちました。ただ、あなたの存在はいつでも私たちの心の中に残っています」 「あなたはプレーヤーとして、監督として、先見の明を持った人、そして他人を思いやれる人として多くの人たちにとって憧れの存在でした」 「同時に私にとってはいつでも偉大なる父親でありヒーローです。あなたが与えてくれた愛、残した価値観に感謝しています。ヨハン・クライフへ」 また、選手と監督として多くの遺産を残したバルセロナとアヤックスの両クラブもクラブ史上最高のレジェンドへの敬意を示している。 ◆バルセロナ 「ヨハン・クライフはいつでも私たちの心の中に。あなたが旅立って3年が経ちましたが、あなたの残した遺産はこれからも続いていきます」 ◆アヤックス 「3年前…私たちのインスピレーションは永遠に。ヨハン・クライフよ永遠に」 1947年4月25日にオランダのアムステルダムで誕生したクライフ氏は、16歳でアヤックスのトップチームデビュー。卓越したテクニックと戦術眼、創造性を兼ね備えたプレーですぐに頭角を現した同氏は、アヤックスの数々のタイトル獲得に貢献。その後、バルセロナでキャリア全盛期を過ごした同氏は、アメリカの北米サッカーリーグ(NASL)などでプレーした後、母国のフェイエノールトで現役を退いた。 また、オランダ代表ではリヌス・ミケルス監督の下、『トータルフットボール』の体現者として、1974年の西ドイツ・ワールドカップ準優勝に貢献。個人としては3度のバロンドール(現FIFAバロンドール)を獲得するなど、獲得可能な個人タイトルを総なめにした。 指導者としては、古巣のアヤックスやバルセロナ、カタルーニャ選抜を指揮し、バルセロナ時代には国内リーグ4連覇を達成した“ドリームチーム”を率い、選手時代も含めこんにちのバルセロナの礎を築いた。ここ数年は古巣アヤックスのテクニカル・アドバイザーを務めていた。 その後もサッカー界のご意見番として歯に衣着せぬ発言で多くの話題を振りまいたクライフ氏だったが、現役時代からの喫煙の影響で2015年10月に肺がんを患っていることを公表。そして、2016年3月24日に惜しまれながらこの世を去ることになった。 なお、オランダ代表は24日、アムステルダムにあるヨハン・クライフ・アレナでユーロ2020予選グループC第2節のドイツ代表戦を戦う。レジェンドの命日に勝利を捧げることはできるか。 2019.03.24 19:50 Sun
twitterfacebook
thumb

メッシのクローンは作成可能 専門家が見解

遺伝子学の専門家が、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(31)のクローン作製が可能だと語っている。スペイン『アス』が報じた。 今シーズンも、当然の様に公式戦37試合39ゴール21アシストという並外れた結果を残しているメッシ。言わずと知れた史上最高の選手の1人であり、その天才的なプレーは唯一無二のものだ。 しかし、ヨーロッパ・ゲノム・アーカイブの責任者であるアルカディ・ナバーロ氏は、その存在を唯一無二ではなくせる可能性を提示している。ラジオ『Cadena SER』で語った。 「現代の技術をもってすれば、私たちは(リオネル・)メッシのクローンを作ることが出来ます。彼に非常に似た何かを手に入れることが出来るでしょう」 「それは、双子の片方を20年か30年前に凍結させたようなものです」 「その人物(クローン)は、同じポテンシャルを備えることになります。ですが、彼(メッシ)のクオリティ―は、教育や環境といった他の要因にも、遺伝子と同様に基づいています」 「メッシは遺伝子に頼っているだけの人物ではなく、彼の人生の全ての経験、教育やラ・マシアでの生活、受けてきた治療を通して出来上がりました」 「遺伝子学は私たちに可能性を与えてくれるものであり、それを完成させるのが私たちの仕事です」 なお、メッシのクローンが作り出せるというのであれば、ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドを複製することも可能だ。『アス』は「2人の比較を最初からやり直すことが出来る…。可哀想な子供たちだ! 」と締めている。 2019.03.24 15:30 Sun
twitterfacebook
thumb

メッシ、アルゼンチン代表キャンプを離脱…

バルセロナに所属するFWリオネル・メッシが、アルゼンチン代表キャンプから離脱するようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 アルゼンチンサッカー協会(AFA)により、26日のモロッコ代表戦を欠場する見込みであることが22日に発表されていたメッシ。ロシア・ワールドカップ(W杯)以降初の招集となったベネズエラ代表戦では、フル出場したものの1-3で敗北した上、以前から抱えていた恥骨の痛みを悪化させることとなった。 なお、AFAは大事をとっての欠場と伝えていたが、『マルカ』はメッシがキャンプから離脱したとを報道。バルセロナに戻り、30日の第29節エスパニョール戦の出場可否が判断されることとなりそうだ。 2019.03.24 12:10 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース