【CLグループB総括】メッシ躍動バルサが首位通過! スパーズが奇跡の逆転突破2018.12.14 09:01 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽優勝候補バルセロナとプレミアとセリエAの強豪トッテナム、インテルにオランダ王者PSVが同居する今回のグループステージ屈指の激戦区となったグループB。その“死の組”を突破したのは、本命バルセロナと奇跡のカムバックを見せたトッテナムの2チームとなった。■グループB順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.バルセロナ[14/4/2/0/9]
2.トッテナム[8/2/2/2/-1]
3.インテル[8/2/2/2/-1]
4.PSV[2/0/2/4/-7]

◆メッシ躍動で貫録の首位通過~バルセロナ~
Getty Images
▽昨季グループステージでレアル・マドリーを圧倒したトッテナム、久々のCL復帰ながら戦力充実のインテル相手に苦戦も予想されたバルセロナだったが、4勝2分けの無敗で格の違いを見せつける首位通過となった。クラブOBのファン・ボメル監督率いるPSVとの初戦をエースFWメッシのハットトリックの活躍で大勝スタートすると、聖地ウェンブリーでのトッテナム戦もそのエースの圧巻の活躍で4-2の勝利。第3節のインテル戦はそのエースを負傷で欠くも、新加入MFアルトゥールら自慢の中盤の構成力を武器にエース不在を感じさせぬ快勝を見せた。

▽引き続きエース不在となったインテルとのリターンマッチで今大会初のドローも2節を残して決勝トーナメント進出を果たすと、第5節のPSV戦では復帰したエースの全ゴールに絡む活躍で首位通過も決定。最終節のトッテナム戦では主力温存で圧倒されるも1-1のドローで終え、CLでのホーム無敗記録を「29」に更新。決勝トーナメント1回戦では史上最長となる30試合無敗を目指す。

◆序盤3戦未勝利から奇跡のカムバック~トッテナム~
Getty Images
▽レアル・マドリー、ドルトムントと同居した昨季と同様に厳しい組み分けを強いられた中、今夏の新戦力補強ゼロに終わったチームはロシア・ワールドカップ(W杯)の影響もあり、序盤から大苦戦を強いられた。内容面で圧倒したインテルとの初戦を終盤の連続失点で逆転負けを喫すると、ホームでのバルセロナ戦では驚愕のパフォーマンスを見せたメッシに粉砕され、2連敗スタート。さらに、必勝を期して臨んだ格下PSVとの連戦初戦を痛恨のドローで終え、前半戦を勝ち点1で終える絶望的な状況を強いられた。

▽誰もが敗退の可能性を口にした中、奇跡を信じ続けたポチェッティーノ監督率いるチームはPSV戦、インテルとの直接対決をいずれも試合終盤の劇的な得点で競り勝ち逆転突破へのわずかな光明を見出すと、28戦無敗を誇るカンプ・ノウでは主力温存の首位チーム相手にビハインドを背負うもFWルーカス・モウラの劇的同点弾と、最下位敗退が決定しながらもインテル相手のアウェイゲームで勇敢な戦いでドローに持ち込んだPSVのアシストもあり、当該成績のアウェイゴール差でインテルを上回り、奇跡のカムバックを果たした。

◆名門の勝負強さ発揮も最後は経験不足露呈~インテル~
Getty Images
▽昨季、ラツィオとの痺れるセリエA最終節の大一番を制して7シーズンぶりのCL出場を果たしたインテルだったが、期待外れの3位敗退となった。今夏MFナインゴランやDFデ・フライ、DFヴルサリコ、FWケイタら実力者を補強したチームは国内リーグでの序盤戦で苦戦。それでも、トッテナムとのCL初戦では終始劣勢を強いられた中、CL初参戦のエースFWイカルディのスーパーゴールと伏兵MFヴェシーノのゴールで鮮やかな逆転勝利を飾った。この劇的勝利をターニングポイントとしたチームは以降は国内リーグでも復調。CLでは苦戦した第2戦のPSV戦も勝負強い戦いぶりで逆転勝利し、バルセロナとの連戦ではメッシ不在という好機を生かして敵地でこそ敗れたものの、ホームゲームでは再び粘り強い戦いで勝ち点1を手にした。

▽しかし、7シーズンぶりのCL参戦ということもあり、より重圧のかかる残り2試合で経験不足を露呈したチームはやや腰の引けた戦いぶりでトッテナムとの重要な大一番を落とすと、最終節のPSV戦では他会場の結果を意識し過ぎてかホームで勝ち点3を奪いに行く断固たる態度を示せずドローに終わった結果、無念の3位敗退でヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメントに回ることになった。

◆未勝利も美しき敗者に~PSV~
Getty Images
▽ファン・ボメル新監督の下で2シーズンぶりのCLグループステージ参戦となったPSVは今大会未勝利も健闘ぶりが光った。国内リーグで開幕13連勝を飾るなど、エースFWロサーノや守護神ズート、DFアンジェリーノ、FWベルグヴィンと各ポジションに有望な若手を擁するオランダ王者はすべて格上との対戦となったCLの舞台でも躍動。バルセロナ戦ではメッシらに格の違いを見せつけられたが、インテルとトッテナム相手にはズートを中心とする粘り強い守備とロサーノ、ベルグヴィンの両翼の個人技を生かした鋭いカウンターで時に互角以上に渡り合って見せた。主砲ルーク・デ・ヨングも3試合連続ゴールを記録するなど、チームとしてバルセロナとの初戦を除き全試合で得点を記録しており、未勝利での敗退とはいえポジティブな要素が目立っていた。
コメント
関連ニュース
thumb

レバンテ、バルセロナのコパ失格をCASに提訴

レバンテが、バルセロナのコパ・デル・レイ失格を主張し続けている。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 レバンテは17日、コパ・デル・レイ5回戦2ndレグでバルセロナの本拠地カンプ・ノウに乗り込み、0-3で敗北。2戦合計スコアを2-4とされ、ベスト8進出を逃した。 しかし、2-1で勝利した1stレグでバルセロナがレギュレーションに違反していた疑いがあるとして、レバンテは抗議。先発メンバーの1人であるチュミが出場停止を受けていたにもかかわらず起用されたのではないかと指摘していた。 とはいえ、チュミが出場停止になっていたのはセグンダB(スペイン3部)のリーグ戦でのことであり、昨年11月にルールが変更になったためにコパ・デル・レイには影響しないとバルセロナは主張。結果的にこちらの主張が受け入れられ、レバンテの物言いはスペイン・サッカー協会(RFEF)により却下されていた。 それでもレバンテは主張を曲げず。公式ツイッター(@LevanteUD)を通じて22日に「レバンテはバルセロナの不適当なコパ・デル・レイでのベスト8入りに関して、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に訴えます」とリリース。今後も戦っていく姿勢を示した。 なお、コパ・デル・レイ準々決勝に関しては、既に組み合わせも発表済み。4連覇中の王者でもあるバルセロナは、セビージャと対戦することが決定している。 2019.01.22 21:25 Tue
twitterfacebook
thumb

ネイマールが退団を否定…自身のゴシップにも言及「麻薬の服用を非難されたり…」

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(26)が、退団を否定している。スペイン『マルカ』がフランス『Canal+』で語られた内容を伝えた。 2017年夏に史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(現在のレートで約276億円)でバルセロナからPSGに移籍したネイマール。クラブが目標に掲げるチャンピオンズリーグ(CL)制覇は達成できていないものの、今シーズンもここまでの公式戦22試合20ゴール10アシストの活躍でチームを国内での立場を確固たるものとしている。 しかし、2017年末頃にFWエディンソン・カバーニとの不和が伝えられたことを皮切りに、ネイマールには多数の移籍報道が噴出。中でも、レアル・マドリーとバルセロナ行きが繰り返し取り沙汰されている。 それでも、『Canal+』に出演したネイマールは退団の噂を否定。一方で、自身に集まる注目をある種光栄なものだと感じているようだ。 「僕が退団して他のクラブに加わるかどうかに関して、いつも憶測が飛び交っている。でも、具体的なことは何も無いんだ。確かなことが何かしらあれば、僕は皆に話すよ」 「自分の名前に渦巻く全てのことを把握している。良いことも悪いこともだ」 「最近では大晦日に麻薬を服用しただなんて非難されたり、沢山のことがあるね。僕は凄まじいアスリートであって、ちょっとクレイジーだけど馬鹿ではないよ」 「同時に、僕のことが話されるのは僕に素晴らしいクオリティーがあって(選手として)ベストの域にいるからだし、とても幸せだよ」 2019.01.22 14:05 Tue
twitterfacebook
thumb

リザーブ送りのラビオ、PSGとの法廷闘争へ?

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)が、クラブへの法的措置を検討しているようだ。フランス『レキップ』の情報を基にスペイン『マルカ』が報じた。 PSGとの現行契約が今シーズン限りとなっており、延長オファーの拒否が伝えられているラビオ。有力な移籍先としてバルセロナが挙げられている中、スポーツ・ディレクター(SD)を務めるアンテロ・エンリケ氏の逆鱗に触れトップチームから除外された。 ラビオは直近の遠征では「個人的な理由」でチームに帯同せず。また、トレーニングにおいてもここ3回のうち2回をリザーブチームで消化している。すぐにファーストチームに戻るという見方もされているが、未だに今冬の移籍は許可されていないようで、困難な状況に立たされている。 これに反発するラビオは、PSGに対しての法的措置を検討。ファーストチームから長期に離脱させられる場合に、問題を法廷に持ち込む用意があるようだ。 2019.01.22 13:40 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ加入のボアテング「次のクラシコでゴールを」…過去のマドリー派発言にも言及

バルセロナに加入した元ガーナ代表MFケヴィン=プリンス・ボアテング(31)が、意気込みを語った。スペイン『マルカ』がイタリア『スカイ・スポーツ』を引用して伝えている。 攻撃的MFやセカンドストライカーを本職とするK・ボアテングは、ミランやシャルケ、フランクフルトで活躍。リーガエスパニョーラでは2016-17シーズンにラス・パルマスでプレーし、リーグ戦10ゴールを挙げていた。 今シーズンからはサッスオーロでプレーし、ここまでセリエAで13試合に出場して4ゴール2アシストを記録。そんな中、21日に今シーズン終了時までのレンタルでバルセロナ加入が決定した。 そのK・ボアテングは、バルセロナ加入に関して意気込み。また、過去の「バルセロナよりレアル・マドリー」発言についても言及した。 「バルセロナに来た。サッスオーロを離れることは悲しいが、これは僕にとって大きなチャンスだ」 「レアル・マドリーに対する一件についてはもう聞かないで欲しい。今はバルセロナに集中しているし、次の(サンティアゴ・)ベルナベウでのクラシコでゴールを決めたいね」 2019.01.22 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナが買い取りOP付きレンタルでK・ボアテングを獲得!

バルセロナは21日、サッスオーロの元ガーナ代表MFケヴィン=プリンス・ボアテング(31)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。今季終了後に買い取る場合、必要な移籍金は800万ユーロ(約9億9000万円)とのことだ。 攻撃的MFやセカンドストライカーを本職とするK・ボアテングは、ミランやシャルケ、フランクフルトで活躍。リーガエスパニョーラでは2016-17シーズンにラス・パルマスでプレーし、リーグ戦10ゴールを挙げていた。 4大リーグ全てを経験し、今季からサッスオーロでプレーしていたK・ボアテングはセリエAで13試合に出場して4ゴール2アシストを記録していた。 バルセロナではFWルイス・スアレスのバックアッパーを務めていたFWムニル・エル・ハダディがセビージャに移籍し、攻撃陣の枚数が不足していた。 2019.01.22 05:46 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース