【CLグループE総括】ヤング・アヤックス大健闘でバイエルン一強にくさび2018.12.14 11:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バイエルン一強の予想をアヤックスが覆して見せた。ベンフィカとの2位争いをするかに思われたアヤックスだが、1試合を残して13大会ぶりの決勝トーナメント進出を果たし、バイエルンと堂々の首位争いを展開した。AEKアテネは予想通り、全敗で大会を後にしている。■グループE順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.バイエルン[14/4/2/0/10]
2.アヤックス[12/3/3/0/6]
3.ベンフィカ[7/2/1/3/-5]
4.AEKアテネ[0/0/0/6/-11]

◆エースがコンスタントにゴール~バイエルン~
Getty Images
▽アヤックスの健闘もあって一強の展開にはならなかったが、ドイツ王者がしっかりと首位通過を果たした。エースFWのレヴァンドフスキがコンスタントにゴールを重ね、ベテランのロッベンも健在だった。ブンデスリーガでは苦戦しているものの、ベンフィカとAEKアテネには貫禄の全勝で、1試合を残してグループステージ突破を決めた。そして、アヤックスとの首位通過を懸けた最終節では壮絶な3-3の打ち合いを演じ、何とか首位の座を死守した。

◆若きチームが躍動~アヤックス~
Getty Images
▽4季ぶりのCLを戦ったヤング・アヤックスが13大会ぶりの決勝トーナメント進出を果たした。ビッグクラブ注目のDFデ・リフトやMFデ・ヨング、MFファン・デ・ベークといった若きオランダ代表選手たちがCLの舞台でも実力を存分に発揮し、アヤックスを高みに導いた。FWタディッチやDFブリント、DFタグリアフィコといった中堅選手の獲得もチーム力を上げる要因に。そして、突破を争うライバルと見られたベンフィカ相手に1勝1分けと勝ち越し、1試合を残して決勝トーナメント進出を決めて見せた。

◆アヤックスに及ばず~ベンフィカ~
Getty Images
▽14季連続のCL本戦出場で、アヤックスを経験値で大きく上回っていたベンフィカだったが、バイエルンは当然ながらヤング・アヤックスにも及ばなかった。ポルトガル代表勢のMFピッツィやMFジェドソソン・フェルナンデスらが思ったほど躍動せず、AEKアテネに辛勝で2勝するのが精いっぱいな状況だった。

◆ギリシャ王者は草刈り場に~AEKアテネ~
Getty Images
▽14年ぶりにギリシャ王者となって12年ぶりのCL本戦を戦ったAEKアテネだったが、予想通りほか3クラブの草刈り場となった。ベンフィカとは良い勝負を演じたものの、バイエルン、アヤックスとは力の差をまざまざと見せつけられ、厳しい戦いとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

レアル・マドリーとバイエルン、近く会談へ ハメス語る

バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)が将来に言及した。『フットボール・エスパーニャ』が報じた。 今シーズン終了後にレアル・マドリーとバイエルンの2年間にわたるレンタル移籍期間が失効するハメス。レアル・マドリー復帰説やプレミアリーグクラブの関心など様々な憶測が取り沙汰されているが、バイエルンの最高経営責任者(CEO)を務めるカール=ハインツ・ルンメニゲ氏が最近の発言で3500万ユーロ(約44億3000万円)の買取条項を行使する可能性をちらつかせており、どのような結末を迎えるのか不透明な状況だ。 そうしたなか、当のハメスは17日にホームで行われたブンデスリーガ第26節のマインツ戦(6-0でバイエルンが勝利)でハットトリックの活躍を披露。試合後、騒がしくなりつつある去就について問われると、次のように話したという。 「今後、クラブ同士で僕の将来について話し合う。現時点でどうなるのかなんて誰にもわからないことだけどね」 「僕はこのクラブにすごく満足していて、気分も良い。(ニコ・)コバチは偉大な監督で、一緒に多くのトロフィーを獲得していきたいね」 2019.03.18 22:15 Mon
twitterfacebook
thumb

将来を約束するクロップ…「私はリバプールが大好き」

リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督(51)がアン・フィールドでの将来を約束した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 クロップ監督は2015年10月からリバプールを指揮。ドルトムント時代から続くプレッシングスタイルを落とし込み、年々完成度を高めると、今シーズンのプレミアリーグにおいて首位争いを演じるまで成長を遂げている。そのクロップ監督率いるリバプールはチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦でバイエルンを退け、見事にベスト8へ。ドイツが誇るレジェンドであるフランツ・ベッケンバウアー氏から「将来的なバイエルン指揮」を待望視する声が挙がった。 だが、現在のクロップ監督にリバプールを去るプランはないという。ベッケンバウアー氏のコメントについて問われると、次のように返答した。 「ドイツにフランツ・ベッケンバウアー以上のレジェンドはいない。そんな彼が私についてポジティブな話をしてくれるのは嬉しい」 「そういった言葉はリバプールに対する称賛の言葉でもある。バイエルンは過去10〜15年間でほとんど間違わず、正しい道を歩んできた」 「だが、私は自分のいる場所が性に合っている。ここが大好きだ。本当に良いチームを指導する機会があるのだからね」 「今の私はリバプールに相応しい監督だという自負がある。フットボールだと、常にそれを証明していかなければならないのだがね」 「これまでのところ、うまくてやっていて、この先もうまくいき続けることを願う。現状に満足しているよ」 2019.03.18 13:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ハメスのハットにアルフォンソ・デイビスの移籍後初弾! バイエルンが6発圧勝で首位キープ!《ブンデスリーガ》

バイエルンは17日、ブンデスリーガ第26節でマインツをホームに迎え、6-0で圧勝した。 前節ヴォルフスブルク戦を6発圧勝し、ドルトムントを得失点差でかわしてついに首位に浮上したバイエルン(勝ち点57)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のリバプール戦を1-3で敗れ、欧州王者への道が絶たれた。7連覇の懸かるリーグ戦に照準を切り替えることとなった中、リバプール戦のスタメンから5選手を変更。フンメルスやリベリがベンチスタートとなって出場停止だったキミッヒとミュラーが先発に戻った。 13位マインツ(勝ち点30)に対し、[4-2-3-1]で臨んだバイエルンは最前線にレヴァンドフスキ、2列目に右からミュラー、ハメス・ロドリゲス、コマンと並べた。 そのバイエルンが立ち上がりから圧力をかけると、開始3分にあっさり先制した。アラバの左サイドからのクロスをレヴァンドフスキが右足アウトで絶妙に合わせてネットを揺らした。 15分にもハメス・ロドリゲスがミドルシュートでGKを強襲したバイエルンだったが、25分にエツナリのコントロールシュートでゴールを脅かされると、直後にもGKノイアーのキックミスをカットされてヒヤリとさせられた。 それでも32分にハメス・ロドリゲスのコントロールシュートで追加点に迫ったバイエルンは、34分にゴレツカの丁寧な胸トラップの落としをボックス中央に走り込んだハメス・ロドリゲスがゴールに蹴り込んで加点した。 そして39分、左サイドからカットインしたコマンがボックス手前左からゴール右にシュートを突き刺し、前半で3-0として試合の大勢を決めた。 迎えた後半、開始6分にハメス・ロドリゲスが右サイドからのカットインシュートを決めたバイエルンは、55分にミュラーのプレッシングでルーズとなったボールをハメス・ロドリゲスが拾ってGKとの一対一を難なく制し、ハットトリックを達成した。 5-0として試合を終わらせたバイエルンはアラバやコマンをお役御免としていく。そして70分にはアルフォンソ・デイビスにも移籍後初ゴールが生まれ、6-0としたバイエルンが圧勝。ドルトムントを得失点差で7上回り、首位をキープしている。 2019.03.18 04:11 Mon
twitterfacebook
thumb

マドリー復帰濃厚のハメス、今夏の売値は60億円超か

レアル・マドリーは、バイエルンにレンタル中のコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)に関して、復帰した場合の売却金額を決めたようだ。スペイン『エル・コンフィデンシャル』が報じた。 ハメス・ロドリゲスは、2年間のレンタル移籍でバイエルンに加入。レンタル期間は今シーズン終了までとなっており、夏にはマドリーへと復帰する。 バイエルンは、ハメス・ロドリゲスを買い取る場合には3500万ユーロ(約44億2400万円)のオプションがついているとのこと。しかし、他のオプションを探しているとされ、ハメス・ロドリゲスはマドリーに復帰するものとみられている。 ハメス・ロドリゲスが復帰した場合、マドリーとの契約は2021年6月30日まで残っている状況。マドリーが売りに出す場合は、5000万ユーロ(約63億2000万円)にすることを決めたようだ。 今シーズンのハメス・ロドリゲスは、ニコ・コバチ監督の下で出場機会が減少。ここまでブンデスリーガでは16試合に出場し4ゴールを記録している。本人はマドリーへの復帰を望んでいるともされているが、ジネディーヌ・ジダン体制になったマドリーはどう決断するだろうか。 2019.03.17 14:29 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリー、ブラントに関心 条件次第で32億円で獲得可能か

レアル・マドリーが、レバークーゼンに所属するドイツ代表MFユリアン・ブラント(22)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 マドリーは、近年の移籍市場ではブラジル代表FWヴィニシウス(18)やスペイン代表MFダニ・セバージョス(22)など若手をメインに獲得。そして、次なる若手有望株として、同クラブはブラントを注視しているようだ。 ブラントは、レバークーゼンとの契約を2022年まで残している。しかし、同クラブは現在ブンデスリーガ6位に付けており、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を得られなければ、2500万ユーロ(約32億円)で移籍可能な条項がブラントの契約に盛り込まれているという。 とはいえ、ドイツ代表MFの去就を巡っては、ドルトムントとバイエルンも興味を示しているとのこと。ここにマドリーが加わったことで、今夏に争奪戦が勃発する模様だ。 ヴォルフスブルク下部組織出身のブラントは、2014年1月にレバークーゼンに加入した。左ウイングを主戦場にボールのオン・オフに限らず卓越した攻撃センスを発揮し、今シーズンの公式戦34試合に出場で7ゴール13アシストを記録している。 2019.03.16 14:57 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース