【CLグループD総括】経験値で上回ったポルトが首位通過、長友奮闘もガラタサライはELへ2018.12.14 10:01 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ビッグクラブ不在の今大会最も地味なグループを突破したのはチャンピオンズリーグ(CL)常連のポルトと、4季ぶり出場のシャルケとなった。DF長友佑都の所属するガラタサライは及ばず、ヨーロッパリーグ(EL)に回ることとなった。■グループD順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ポルト[16/5/1/0/9]
2.シャルケ[11/3/2/1/2]
3.ガラタサライ[4/1/1/4/-3]
4.ロコモティフ・モスクワ[3/1/0/5/-8]

◆3季連続ベスト16~ポルト~
Getty Images
▽8季連続出場とグループ内で最もCLの経験値が高いポルトが1試合を残して首位通過を果たす貫禄を見せた。2季連続決勝トーナメント進出を果たしていたポルトガル王者は、初戦のシャルケ戦こそ引き分けたものの、その後は5連勝と格の違いを見せ付けた。守護神カシージャスを軸とした堅実な守備をベースに、エースFWのマレガがコンスタントに得点を重ね、安定した戦いを続けた。

◆青年指揮官が初挑戦で突破~シャルケ~
Getty Images
▽33歳の青年指揮官であるテデスコ監督がCL初挑戦で結果を残した。ブンデスリーガではCLの影響もあって躓いているが、ライバルと目されたガラタサライとロコモティフ・モスクワ相手にしっかりと勝ち越し、1試合を残して2位通過を決めた。ポルト同様、テデスコ監督が植え付けた堅実な守備をベースとした安定した戦いでポルトに次ぐ2位の座を勝ち取った。

◆長友奮闘も及ばず~ガラタサライ~
Getty Images
▽トルコ王者はシャルケとの実力差は僅かだったように思うが、ストライカー、センターバックの質の差で及ばなかった。得点源のFWデルディヨクは1ゴールに終わり、守備面でもセンターバックが脆さを見せてしまった。その中で左サイドバックのレギュラーとして奮闘したDF長友は肺気胸により1試合を欠場したが、及第点のプレーを披露。ベテランとしてチームを支える働きを見せた。

◆見せ場なかったロシア王者~ロコモティフ・モスクワ~
Getty Images
▽14年ぶりにロシア王者となって15季ぶりにCL出場を果たしたロコモティフだったが、やはり厳しい戦いを強いられた。MFクリホヴィアク、DFヘヴェデスと実力者を補強したものの、彼らによって守備が強化されることはなく、ポルトとの連戦で大敗してしまった。第5節シャルケ戦でようやく初勝利を挙げたが時既に遅く、見せ場を作れなかった。
コメント
関連ニュース
thumb

カシージャスとポルトが契約更新! 「ここで引退する」

ポルトは20日、元スペイン代表GKイケル・カシージャス(37)と2020年まで契約更新したことを発表した。 2015年夏に、プロデビュー以降一筋を貫いてきたレアル・マドリーを離れポルトに加入したカシージャス。これまでに公式戦149試合に出場し、昨年9月にはチャンピオズリーグ連続出場記録を20シーズンに伸ばす前人未到の記録も達成した。 今年の5月に38歳の誕生日を迎えるカシージャスだが、以前から話していたポルトでの引退を改めて強調。契約更新に疑いの余地はなかったという。 「今日は特別な日になった。とても重要な一日だ。なぜならこれは僕がこのクラブやこの町、この国に居続けられることを意味するからだ。このクラブはホームのように感じている。(契約延長の)話が始まった時から疑いの余地はなかった。ここで引退するつもりだからね」 「今回の契約更新によって、僕のキャリアがここで終わることを意味する。2年前、38歳で引退することを考えていたけど、今は40歳まで現役を続けることを検討しているよ。そしてその先も、フットボールに関わっていけるといいね」 2019.03.20 22:10 Wed
twitterfacebook
thumb

カシージャス、今週中のポルトとの契約延長締結を明言 40歳まで現役続行!?

ポルトに所属する元スペイン代表GKイケル・カシージャス(37)が同クラブで40歳まで現役を続ける意向があるようだ。スペイン『マルカ』がスペイン『El Dia Despues』を引用して伝えている。 レアル・マドリーの下部組織で育ったカシージャスは、1999年にプロデビュー。3度のチャンピオンズリーグ制覇を誇り、2000年にデビューしたスペイン代表としてもW杯優勝やユーロ連覇を経験するなど輝かしいキャリアを築いたが、2015年夏にレアル・マドリーを去り、ポルトに活躍の場を移した。 そのカシージャスとポルトの現行契約は今シーズン終了時まで。昨夏の契約延長時に「ポルトでキャリアの幕を下ろしたい」と語っていたことで、今シーズン限りでの現役引退の可能性も囁かれていた。その中で先日、ポルトガルメディアは1年間の契約延長が濃厚となっていることが伝えられた。 しかし今回、カシージャスはスペインメディアに自身が40歳になるまで契約を延長することを公言。そしてポルトでの現役引退を改めて強調した。 「ピント・ダ・コスタ(会長)は、僕がポルトガルに来た時から本当に愛を持って接してくれた。今週、40歳になるまでの契約を延長するつもりだ。僕は38歳を迎える。おそらくポルトでキャリアを終えることになるだろうね」 2019.03.20 09:30 Wed
twitterfacebook
thumb

複数クラブ注目のエクトル・エレーラ、アトレティコ行きを決断か

ポルトに所属するメキシコ代表MFエクトル・エレーラ(28)が、アトレティコ・マドリーへの移籍を決断したようだ。ポルトガル『O Jogo』の報道を基に、スペイン『マルカ』が伝えた。 2013年にパチューカからポルト入りし、現在では主将も務めているエレーラ。豊富な運動量と球際の強さ、テクニックを武器に、今シーズンはここまでの公式戦44試合で7ゴール2アシストを記録している。 しかし、ポルトの現行契約が今年6月までとなっている中、エレーラは契約延長のオファーを固辞。今シーズン限りでの退団が既定路線となっている。 そして、エレーラの去就に関しては、これまでインテル、リヨン、ミラン、ローマからの関心も伝えられていたが、中でも有力とされていたのがアトレティコだ。今回の報道によると、同選手はアトレティコ行きを決断。5年契約が準備されているとのことだ。 エレーラは、チャンピオンズリーグ(CL)での戦いや、ディエゴ・シメオネ監督が指揮を執っていることに魅力を感じ、今回の決断を下したという。契約の完了は、今後数ヵ月以内に結ばれると見通されている。 2019.03.19 13:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ブラジル代表、フィリペ・ルイス辞退でポルトDFのA・テレスを追加招集《国際親善試合》

ブラジルサッカー連盟(CBF)は3月15日、アトレティコ・マドリーDFフィリペ・ルイスがふくらはぎのケガを理由に今月行われる国際親善試合に向けたブラジル代表メンバーを辞退することを発表した。 また、同選手に代わる追加メンバーとしてポルトDFアレックス・テレスの代替招集を併せて伝えている。 なお、ブラジル代表ではレアル・マドリーFWヴィニシウス・ジュニオールが初招集を受けていたが、ケガの影響で先日に招集辞退を発表してアヤックスFWダビド・ネレスが追加で初招集されていた。 ブラジル代表は3月23日にパナマ代表と、同月26日にチェコ代表とのフレンドリーマッチに臨む。 2019.03.16 11:29 Sat
twitterfacebook
thumb

カシージャス、来季も現役続行へ ポルトとの契約を1年延長か

ポルトに所属する元スペイン代表GKイケル・カシージャス(37)が来シーズンも現役を続けることになりそうだ。スペイン『マルカ』がポルトガル『レコード』を引用して伝えている。 レアル・マドリーの下部組織で育ったカシージャスは、1999年にプロデビュー。3度のチャンピオンズリーグ制覇を誇り、2000年にデビューしたスペイン代表としてもW杯優勝やユーロ連覇を経験するなど輝かしいキャリアを築いたが、2015年夏にレアル・マドリーを去り、ポルトに活躍の場を移した。 そのカシージャスとポルトの現行契約は今シーズン終了時まで。昨夏の契約延長時に「ポルトでキャリアの幕を下ろしたい」と語っていたことで、今シーズン限りでの現役引退の可能性も囁かれていた。しかし今回伝えられるところによると、ここまで公式戦34試合に出場し15度のクリーンシートを達成している守護神は、現役続行を決断。ポルトの首脳陣も同選手を高く評価していることから1年間、契約を延長することが濃厚となっているようだ。 2019.03.15 09:40 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース