目指すはチャンピオン! シント=トロイデンDF冨安健洋、MF遠藤航がコメント《AFCアジアカップ2019》2018.12.12 17:37 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本サッカー協会(JFA)は12月12日、来年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて開催されるAFCアジアカップUAE2019に臨む日本代表メンバーを発表した。

▽森保一監督体制初の公式戦に招集されたシント=トロイデンDF冨安健洋は、チャレンジャー精神を持って臨むとコメントした。

◆DF冨安健洋
「アジア杯のメンバーに選出していただき光栄に思います。また、今までのキリンチャレンジカップとは違いアジアチャンピオンをかけた戦いとなるのでより一層気が引き締まる思いでいます。ただ、ピッチに立ってプレーするかしないかでは経験値に大きな差が出てくると思うので、まずはピッチに立つことができるよう練習からチャレンジャー精神を忘れず思い切ってアピールしたいと思っています。アジアチャンピオンになるために少しでもチームの力になれるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」

▽一方、同じく招集されたシント=トロイデンMF遠藤航は、チーム一丸となってのチャンピオン奪還を志している。

◆MF遠藤航
「アジアカップを戦うメンバーに招集され、心から嬉しく思っています。2大会ぶりのアジアチャンピオン奪還を目指して、チーム一丸となって戦っていきます。UAEに行く前に、チームでの戦いが待っています。今週末のロケレン戦、来週はウィークデーにカップ戦の準々決勝も控えています。まずはチームでのプレーに集中し勝利を目指しますので、応援よろしくお願いします」
コメント
関連ニュース
thumb

日本人4選手出場も…シント=トロイデン、ヘントとの直接対決に敗れPO1出場を逃す《ジュピラー・プロ・リーグ》

シント=トロイデンは18日、ジュピラー・プロ・リーグ第30節でヘントと対戦し、0-2で敗れた。日本代表DF冨安健洋とMF鎌田大地がフル出場し、関根貴大は64分、木下康介が69分から途中出場した。 7位・シント=トロイデン(勝ち点47)が6位・ヘント(勝ち点47)をホームに迎えた。この一戦に勝利すれば、プレーオフ1への出場が決定するシント=トロイデンだったが、序盤から押し込まれる展開が続く。 すると17分、自陣ボックス左外でボールを受けたエルトン・コラツェのバックパスが逸れると、これをヤレムチュクに奪われて、そのままゴールに突き刺された。欲しかった先制点をヘントに与えてしまう。 その後、前半終盤にかけてシント=トロイデンが攻勢に転じたが、ゴールを脅かすことができず、0-1のビハインドで試合を折り返した。 なんとか追いつきたいシント=トロイデン。しかし60分、自陣左サイドを崩されて崩されると、セルロートのクロスを最後はファーサイドのヤレムチュクに蹴り込まれて試合を0-2とされてしまう。 2点ビハインドとなったシント=トロイデンはその後、64分に関根、69分に木下を投入し、攻撃への圧力を高めたが、最後までゴールネットを揺らすことができず、0-2で試合終了。敗れたシント=トロイデンはレギュラーシーズンを7位で終了し、プレーオフ2に回ることに。 プレーオフ2では、レギュラーシーズンの7位から12位チームと2部リーグ上位3位を加えた12クラブを2つのグループに分けてホーム&アウェイの総当たり戦を実施。その後、両グループの1位が激突し、勝者がプレーオフ1の4位クラブとホーム&アウェイで対戦。その試合での勝者にヨーロッパリーグ(EL)予選2回戦の出場権が与えられる。 シント=トロイデン 0-2 ヘント 【ヘント】 ヤレムチュク(前17) ヤレムチュク(後15) 2019.03.18 10:45 Mon
twitterfacebook
thumb

今季13発と絶好調のFW鎌田大地が初招集! 「自分の特長を見せられるようアピールする」《キリンチャレンジカップ2019》

日本サッカー協会(JFA)は14日、キリンチャレンジカップ2019に臨む日本代表メンバー23名を発表した。 22日(金)に日産スタジアムでコロンビア代表と、26日(火)にノエビアスタジアム神戸でボリビア代表と対戦する日本代表の森保一監督は、今シーズンのシント=トロイデンでここまで公式戦25試合で13ゴール4アシストと絶好調のFW鎌田大地を招集。満を持しての初選出となった鎌田はクラブでの勢いを代表に持ち込みたいとコメントしている。 ◆鎌田大地 「初めて日本代表に選出いただき、日本代表は一つの目標ではありましたので、光栄に思っています」 「代表でも自分の特長を見せられるよう、トレーニングから精一杯アピールしていくつもりです。 チームは今週末にPO1進出がかかる大一番を控えています。日本に戻る前にチームで結果を残し、代表でも試合に出場できるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします」 2019.03.14 20:31 Thu
twitterfacebook
thumb

主力CBのDF冨安健洋は悔しさを糧に戦う!《キリンチャレンジカップ2019》

日本サッカー協会(JFA)は14日、キリンチャレンジカップ2019に臨む日本代表メンバー23名を発表した。 22日(金)に日産スタジアムでコロンビア代表と、26日(火)にノエビアスタジアム神戸でボリビア代表との親善試合に臨むDF冨安健洋は主力として活躍に期待が懸かる。所属先のシント=トロイデンではアジアカップでの悔しさを胸に戦ってきたという若きサムライは、その悔しさを糧に代表で全力を尽くすことを誓った。 ◆冨安健洋 「アジアカップに続き3月の代表メンバーに選出いただき、大変光栄に思います。UAEでのアジアカップはとても大きな経験となりましたが、優勝できずに悔しい思いを胸にリーグ戦を戦ってきました。全力で頑張りますので、応援よろしくお願いします」 2019.03.14 20:28 Thu
twitterfacebook
thumb

鎌田が今季12ゴール目も押し切れず…シント=トロイデン、7位転落 次節勝利でPO1出場決定《ジュピラー・プロ・リーグ》

シント=トロイデンは11日、ジュピラー・プロ・リーグ第29節でムスクロンと対戦し、1-1で引き分けた。日本代表DF冨安健洋とMF鎌田大地はフル出場。MF関根貴大とFW木下康介はベンチ入りするも出番はなかった。 5位・シント=トロイデン(勝ち点46)が、6勝1分けと好調を維持する10位・ムスクロン(勝ち点36)のホームに乗り込んだ一戦。試合は序盤からシント=トロイデンが攻勢に出ると15分、ジョーダン・ボタカがボックス右から縦に仕掛けてグラウンダーのクロスを送る。これをファーサイドで待ち構えていた鎌田が押し込んで、先制点を奪う。 これで勢いに乗った鎌田は23分、アレクシス・デ・サートのワンタッチスルーパスに抜け出し、GKとの一対一を迎える。しかし、ゴール右を狙ったシュートはGKジャン・ブテツの好守に阻まれてしまう。 すると徐々にムスクロンが反撃。そして33分、ボックス左外で縦に仕掛けたマヌエル・ベンソンに冨安がついていくが、クロスを許す。最後はニアサイドに走り込んだタイウォ・アウォニイーにプッシュされ、試合を振り出しに戻されてしまう。 後半に入ると両者の攻防は激しさを増す。シント=トロイデンは68分、GKケニー・ステッペのロングフィードに反応して最終ラインの裏へと突破。GKがやや前掛かりになっていたのを見逃さず、ループシュートを放つがここはGKジャン・ブテツに弾かれる。さらにそのこぼれ球を鎌田が頭で合わせ、再び枠を捉えるも、今度はブルーノ・ゴドーにギリギリのところでクリアされてしまう。 その後、ムスクロンは2人の退場者を出し、シント=トロイデンが数的有利となったが、最後まで決勝ゴールは生まれずに試合終了。白星を逃したシント=トロイデンはプレーオフ1圏外の7位に後退。次節のリーグ最終節の相手は、6位・ヘント(勝ち点47)。この直接対決に勝利すれば、プレーオフ1への出場が決定する。 フル出場を果たした鎌田と冨安のコメントは以下の通り。 ◆MF鎌田大地 「今日は点が取れていた時のポジションでプレーして、前節までチャンスが作れてなかった中、多くのチャンスを作ることができていたのでプラスに捉えるべきだと感じています。前線の選手が決めきれなかったので試合に勝てなかったですが、(9対11になってからは)もう少し簡単にボールを放してプレーするべきだったと思います」 「(最終節のヘント戦は)ホームで戦えるので、勝ちにこだわって準備していきます」 ◆DF冨安健洋 「今日は勝ち点3を取ることができなかったですが、やるしかない状況ですし、しっかり勝ち点3を取ってPO1に行けるように、バラバラにならずにチーム一つになっていい準備をしていきたいと思います」 ムスクロン 1-1 シント=トロイデン 【ムスクロン】 タイウォ・アウォニイー(前33) 【シント=トロイデン】 鎌田大地(前15) 2019.03.11 10:00 Mon
twitterfacebook
thumb

冨安健洋、今夏の移籍は既定路線か…指揮官は最低額に言及「それ以下で出すのはクレイジー」

シント=トロイデンのマーク・ブライス監督は、日本代表DF冨安健洋が今夏他クラブに移籍する可能性について語った。ベルギー『Voetbalkrant』が伝えている。<br><br>冨安はアジアカップ開催期間中に行われたリーグ戦3試合を除いて今季シント=トロイデンの公式戦にすべてフル出場。冬には絶対的なレギュラーとしてプレーする20歳のセンターバックにブレーメンから600万ユーロ(約7億6000万円)の獲得オファーが届いていたが、クラブはそれを拒否したと伝えられていた。<br><br>だが、今夏の移籍市場では同選手を引き留めるのは難しくなるかもしれない。ブライス監督は「アジアカップのベストプレーヤーにはたくさんの注目が集まるものだ」と他クラブからの興味がさらに増していることを示唆。次のように続けた。<br><br>「クラブは今夏に彼を手放したいわけではないが、良いオファーが届けば、彼のようなタレントのキャリアを阻むわけにもいかない。1000万ユーロ(約12億6000万円)以上の価値がある選手だ。クラブがトータル・パッケージ(「すべての要素」の意)を持つ彼をそれ以下の金額で放出するのはクレイジーだ」<br><br>ベルギー1部ジュピラー・リーグでは現在、勝ち点46で5位につけ、プレーオフ1出場に近づくシント=トロイデンで守備の中心選手となっている冨安。指揮官は、そんな同選手を今夏以降も残したいものの、見合ったオファーが届けば移籍を容認する考えを口にした。<br><br><br>提供:goal.com 2019.03.02 07:23 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース