アンチェロッティが語るバイエルンでの解任「哲学のぶつかり合い」大泣きした子供時代も2018.12.07 21:55 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
ナポリの指揮官カルロ・アンチェロッティが6日、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューに応じ、ユベントスとのスクデット争いや、過去のエピソードについて語った。

今シーズンからアンチェロッティが指揮を執るナポリは現在、8連覇を目指す首位ユベントスと8ポイント差で2位につける。ナポリの名将はスクデット獲得が不可能ではないと捉えている。

「ユーベは非常に強く、継続性もある。だが到達不可能ではない。私のサッカーキャリアにおいて、これまで無敵のチームに出会ったことはない。もちろん、ユーベと足並みを揃えていくには奇跡を起こさなければならない。ナポリの中盤はイタリアで最強だ。レベルの高い6人のミッドフィルダーがいる。我々は非常に競争力が高い」

ところでアンチェロッティは2017年9月、バイエルンにおいて、キャリアで初めてとなる解任処分を受けた。ナポリ指揮官は当時を振り返った。

「哲学のぶつかり合いだった。クラブはその構造や哲学を変更することを望まず、選手の世代交代を進めることも考えていなかった。私は今、(ナポリで)その仕事をしているよ」

■スタジアムに入れず大泣きした子供時代続いてナポリ指揮官は、インテルファンだった子供時代のエピソードを明かした。

「初めてインテルの試合を見たのは1970年のことだった。父が試合のあったマントヴァへ連れて行ってくれたのだが、チケットが買えなかった。父から『家へ帰ろう』と言われた。だが、『何で家に帰るんだよ!ここにいよう』と私は答えて、スタジアムのゲートの前に居座って大泣きを始めてしまった。前半が終わると、入り口の係員が『泣き止んだら中に入れてやるよ』と声を掛けてくれた。インテルは6-1で勝ったのだが、前半は0-0だったので全部のゴールを見ることができたよ」


提供:goal.com
コメント


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース