バルサの鼻先で…蘭地元紙「PSGのF・デ・ヨング獲得交渉ほぼ完了」2018.12.07 20:35 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマン(PSG)が、アヤックスに所属するオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(21)の獲得に迫っているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。

▽バルセロナのメインターゲットであることが、各紙により盛んに報じられているデ・ヨング。マンチェスター・シティとの争奪戦の様相を呈し始めていることも伝えられていた中、今回の報道によると、PSGが急接近しているようだ。

▽PSGは、デ・ヨングの移籍金として7500万ユーロ(約96億円)を用意。さらに、アムステルダムに拠点を置くオランダ大手紙『DeTelegraaf』の情報では、その契約は既にほぼ完了しているという。

▽また、これによりPSGはMFアドリアン・ラビオやMFアンヘル・ディ・マリアといった中盤の選手を売却することが可能に。FFP(ファイナンシャル・フェア・プレー)違反の回避を目指し、どのようなオペレーションが行われるかは定かではないが、今後の動向に注目が集まることとなりそうだ。

▽ヴィレムⅡでプロキャリアをスタートしたデ・ヨングは、2015年に名門アヤックスに加入。アヤックス伝統の[4-3-3]のアンカーロールに加え、ビルドアップ能力を買われてセンターバックでも起用されている。さらに、優れたパスセンスに加え、積極的な持ち出しを得意とする同選手は、いわゆる“8番”のプレーも得意としている。
コメント
関連ニュース
thumb

アラン獲得失敗のPSG、今夏もナポリからの補強目論む

パリ・サンジェルマン(PSG)が、ナポリに所属するイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェ(27)に関心を寄せているようだ。イタリア『Il Mattino』の情報をもとにフランス『Le10Sport』が伝えている。 PSGは今冬の移籍市場でナポリのブラジル代表MFアラン(28)の獲得を目指していたが、それは叶わず。しかし、PSGのアンテロ・エンリケSDは今夏もナポリからの補強を画策しており、インシーニェをターゲットにしているという。今後数か月の間にコンタクトを取る可能性が指摘されている。 またナポリでは、インシーニェの流出に備え、PSVのメキシコ代表FWイルビング・ロサーノ(23)の獲得に動き出しているようだ。先日、選手の代理人を務めるミーノ・ライオラ氏と会談したという。 なお、イタリア代表FWに関しては、チェルシーやリバプール、アトレティコ・マドリー、ドルトムントも関心を寄せているとされている。イタリア『La Reppublica』によれば、1億5000万ユーロ(約188億円)以上のオファーが届かない限り、ナポリが交渉のテーブルに着く考えはないようだ。 ナポリ下部組織出身で2009年にトップチームデビューを飾ったインシーニェ。今シーズンはカルロ・アンチェロッティ新監督の下、マウリツィオ・サッリ時代の左ウイングとは異なるセカンドトップの位置で新たな役割を担い、ここまで公式戦30試合で12ゴール6アシストの数字を残している。 2019.02.20 16:45 Wed
twitterfacebook
thumb

長期離脱のネイマール、昨年に続く悪夢に「2日間は泣いた」

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが、長期離脱が決定した際の心境を明かした。ブラジル『Globo』が伝えている。 ネイマールは1月23日、クープ・ドゥ・フランスのラウンド32のストラスブール戦で負傷。昨年2月下旬に負傷し、その後のシーズンを棒に振った時と同じ負傷箇所を痛めた。数日後に診断した結果は、右第5中足骨の損傷。復帰までには10週間以内と見通されている。 再び長期離脱が余儀なくされたネイマール。さすがに2年連続となるとそのダメージは大きかったようだ。 「今回のケガは最初の時よりもショックだった。前回は『すぐに治して復帰してやろう』と思っていたし、悲しむ必要がなかったんだ」 「ただ、今回は自分を納得させるのに時間がかかった。2日間は自宅で泣いたよ」 2019.02.20 10:10 Wed
twitterfacebook
thumb

PSG、ラッサナ・ディアッラとの契約を解除

パリ・サンジェルマンは19日、元フランス代表MFラッサナ・ディアッラ(33)との契約を解除したことを発表した。 ル・アブールの下部組織出身のL・ディアッラは、2004年にプロデビュー。その後、チェルシーやアーセナル、レアル・マドリーなどビッグクラブを渡り歩くと、2012年9月にアンジ・マハチカラ、翌年からはロコモティフ・モスクワでプレー。 2014年8月にロコモティフ・モスクワを退団しフリーになると、2015年7月にマルセイユへ加入。その後、2017年2月に退団し再びフリーとなると、7月にアル・ジャジーラへ加入。2017年12月に退団後、昨年1月に2019年6月30日までの1年半契約でPSGに加入していた。 そのPSGでは公式戦19試合に出場。しかし、今季はリーグ・アン3試合の出場に留まっていた。 2019.02.20 02:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ヴェッラッティ、PSGと2024年まで契約延長か 仏紙が合意と報道

イタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティ(26)が、パリ・サンジェルマン(PSG)との契約延長に合意したようだ。フランス『Paris United』が伝えている。 2012年夏にペスカーラからPSGに加入して以降、チームに不可欠な司令塔として活躍し続けるヴェッラッティ。5度のリーグ・アン制覇やカップ戦制覇に貢献してきた。今シーズンはケガに苦しめられながらも、ここまで公式戦23試合に出場している。 タレントが揃う強力攻撃陣を操るヴェッラッティは、昨年4月にPSGへの残留希望を明言したが、昨夏まで長きに渡ってバルセロナやマンチェスター・ユナイテッドなどから関心を寄せられていた。しかし、今回伝えられるところによると、2021年6月までとなっているPSGとの契約を、2024年6月までの延長することで合意した模様。推定年俸は1000万ユーロ(約12億円)以上になるという。 2019.02.18 20:50 Mon
twitterfacebook
thumb

「再び関心を抱いてくれるように…」グイエ、実現しなかったPSG移籍を諦めず

エバートンに所属するセネガル代表MFイドリサ・グイエ(29)が、パリ・サンジェルマン(PSG)への移籍を希望しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』がフランス『レキップ』を引用して伝えている。 グイエは2016年夏、アストン・ビラからエバートンに加入。今シーズンはここまで公式戦24試合に出場し、豊富な運動量と球際の強さを生かしたボール奪取能力を武器に、チェルシーMFエンゴロ・カンテらと共にリーグ屈指のボールハンターとして評価されている。 そんなグイエに対して、守備的MF獲得が急務となっていたPSGが今冬の移籍市場で獲得を目指していた。これに対して、同選手もトランスファーリクエストを提出したことが伝えられていたが、エバートン側が拒絶。最終的に実現しなかった。 エバートンを率いるマルコ・シウバ監督は、この状況にもグイエが失望することはないと主張していたが、グイエ自身は今でもPSGへの移籍を諦めていないようだ。 「夢が実現しなかったことは残念だ。選手というのは、チャンピオンズリーグに出場するために、ベストなチームに加わるために努力していくものだ。そして、光栄なことに、PSGは僕に興味を持ってくれたんだ」 「ヨーロッパのビッグクラブに加入する準備はできている。彼らが再び関心を抱いてくれるように働き続けるよ」 2019.02.18 16:30 Mon
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース