バルサの鼻先で…蘭地元紙「PSGのF・デ・ヨング獲得交渉ほぼ完了」2018.12.07 20:35 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマン(PSG)が、アヤックスに所属するオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(21)の獲得に迫っているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。

▽バルセロナのメインターゲットであることが、各紙により盛んに報じられているデ・ヨング。マンチェスター・シティとの争奪戦の様相を呈し始めていることも伝えられていた中、今回の報道によると、PSGが急接近しているようだ。

▽PSGは、デ・ヨングの移籍金として7500万ユーロ(約96億円)を用意。さらに、アムステルダムに拠点を置くオランダ大手紙『DeTelegraaf』の情報では、その契約は既にほぼ完了しているという。

▽また、これによりPSGはMFアドリアン・ラビオやMFアンヘル・ディ・マリアといった中盤の選手を売却することが可能に。FFP(ファイナンシャル・フェア・プレー)違反の回避を目指し、どのようなオペレーションが行われるかは定かではないが、今後の動向に注目が集まることとなりそうだ。

▽ヴィレムⅡでプロキャリアをスタートしたデ・ヨングは、2015年に名門アヤックスに加入。アヤックス伝統の[4-3-3]のアンカーロールに加え、ビルドアップ能力を買われてセンターバックでも起用されている。さらに、優れたパスセンスに加え、積極的な持ち出しを得意とする同選手は、いわゆる“8番”のプレーも得意としている。
コメント
関連ニュース
thumb

“王様”ペレ氏がネイマールに再び苦言「ゴールではなく別の方法でアピールするようになった…」

ブラジル代表のレジェンドであるペレ氏は、後輩ネイマールへ苦言を呈した。<br><br>ブラジルのサントスでプロデビューを飾り、歴史に名を刻む選手へと成長したペレ氏。以前から同胞の後輩に優しい目を向けていたが、最近ではその論調が一変。タックルを受けた直後にピッチを転げ回ったり、過剰な痛がり方をするネイマールに対し、先日には「擁護するのが難しい」と、不満を露わにしていた。<br><br>そしてフランス『Canal+』のインタビューにて、「世界最高の選手になれる」としながらも、最近のプレー中の姿勢に苦言を呈している。<br><br>「以前から言っているように、ネイマールは最高の選手になれる。しかし、近年彼の身に何があった? ゴールを奪うのではなく、別の方法で世界にアピールするようになった。ジェスチャーを使ったり、シミュレーションしたり、レフェリーを困惑させている。彼は依然として世界最高の1人だが、悪いイメージを持たれるようになってしまった」<br><br>「私たちは何度かこのことについて話し合った。父親は息子を非難するのではなく、教育する必要がある。彼は私たちみんなの子供で、サントスの子供だ。私が頻繁に口うるさく言っているように思っているかもしれないが、彼のため、ブラジルのためを思ってやっている。私は彼を助けるために全てのことをやっていくつもりだ」<br><br>また、ペレ氏はネイマールのチームメイトであるキリアン・ムバッペについても口を開いた。<br><br>「昨年から彼のことを最高の選手と称賛している。19歳でワールドカップを制した。一方、私が優勝したのはまだ17歳の時だった。彼は私と同等の選手になれる可能性を秘めている。&ldquo;ニュー・ペレ&rdquo;になることができると思っている」<br><br>「多くの人がは私が冗談を言っていると思っているだろうが、これはジョークではない。PSGは偉大なチームで、彼らが最高のフットボールをして、チャンピオンズリーグの決勝に進出できることを願っている」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.18 23:10 Tue
twitterfacebook
thumb

PSG生え抜きラビオ、契約更新拒否…SDは怒り「無期限のベンチ行きになる」

パリ・サンジェルマン(PSG)のMFアドリアン・ラビオは、来夏にフリーで退団することになるようだ。アンテロ・エンリケSDが『Yahoo France』で認めている。<br><br>PSGの下部組織出身であるラビオ。2012年のデビュー以降、これまで通算240試合に出場。カタール資本となり選手が多く入れ替わる中で、貴重な生え抜きレギュラーとして今季も20試合に出場している。<br><br>しかし、PSGとの契約は今季終了までとなっており、交渉は進展していないとも伝えられていた。そして17日、エンリケSDが今季限りでの退団を認めている。<br><br>「ラビオは契約更新しないと伝えてきた。今季終了後にフリーでの退団を望んでいる。我々は彼のスポーツ的な条件をすべて受け入れた。残留のためにあらゆる条件について話し合ったが、残念ながら交渉はストップした」<br><br>「選手にとって、これは非常に明確な結果をもたらすことになる。彼は無期限ベンチに座ることになる」<br><br>「選手と代理人は数カ月間にわたって我々を当惑させた。この状況は、クラブやファンにとって無礼なことだ。何より、これはアカデミー時代からこのクラブでプレーしていた選手からのものだ。常にクラブのサポートを受けていた選手からだ」<br><br>今回のSDの発言通りであれば、ラビオは今季残りのシーズンでプレーしないことになる。状況次第では、1月のマーケットで退団する可能性もある。PSGからの退団が決定的となった23歳MFには、バルセロナやユベントス、リバプールなどが注目しているとも言われている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.18 22:08 Tue
twitterfacebook
thumb

PSG、ラビオとの延長交渉打ち切りへ

▽パリ・サンジェルマン(PSG)が、所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)との延長交渉を打ち切ったようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽PSGとの契約が今シーズン限りとなっているラビオ。ここ数ヵ月間は同選手側がクラブからの延長オファーを拒み続けていることが伝えられており、今冬もしくは来夏の退団が濃厚とみられている。 ▽ラビオについて問われたPSGのスポーツディレクター(SD)のアンテロ・エンリケ氏は、以下のようにコメント。もはや慰留に向けた働きかけをする気がないことを明かした。 「現時点で、私たちに(アドリアン・ラビオとの)交渉を継続する意思はない」 「これは、ラビオに関しての数々の会議を経て下された決断だ。彼は契約にサインしないだろうし、今シーズンの終わりにフリーでこのクラブを出て行きたがっている」 「選手に対して、これは非常に明確な結果をもたらす。彼はいつまでもベンチに残されることになるだろう」 ▽PSG下部組織出身のラビオは、今シーズンここまで公式戦20試合に出場して2ゴール2アシストを記録。この若きフランス代表に対しては、バルセロナを筆頭とした数々のビッグクラブが熱視線を注いでいる。 2018.12.18 08:40 Tue
twitterfacebook
thumb

【CLグループC総括】死の組を抜け出したのはPSGとリバプール! ナポリは一歩及ばず…

▽今大会屈指の激戦のグループと目されたグループCは、その期待に違わぬ痺れる試合が多く繰り広げられた。そんな中、最終節まで突破チームの決まらない大激戦を勝ち抜いたのはパリ・サンジェルマン(PSG)とリバプールとなった。ナポリは一歩及ばず、草刈り場となることが予想されたツルヴェナ・ズヴェズダも意外な存在感を見せた。 ■グループC順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.パリ・サンジェルマン[11/3/2/1/8] 2.リバプール[9/3/0/3/2]※総得点9 3.ナポリ[9/2/3/1/2]※総得点7 4.ツルヴェナ・ズヴェズダ[4/1/1/4/-12] ◆戦術家トゥヘルによって魅惑の攻撃陣が機能~PSG~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_44_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽多様な戦術を駆使する新指揮官トゥヘル監督の下、PSGが死の組を首位で通過した。FWムバッペとFWネイマールの2大巨頭の他、FWカバーニ、FWディ・マリアという一流のアタッカーをうまく組み合わせ、同時起用を実現した。最適解を見つけたPSGは初戦のリバプール戦こそ落としたものの、その後は3勝2分けと無敗。とりわけ、リバプールとのリターンマッチでは攻撃陣が躍動し、2-1というスコア以上の差で勝利して見せた。 ◆ギリギリの戦いを制して逆転2位通過~リバプール~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_44_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ウィークポイントのGKにアリソンを迎えた昨季ファイナリストは、初戦のPSG戦を制す最高のスタートを切った。しかし、続くナポリ戦を終盤の被弾で落とすと、第4節のツルヴェナ・ズヴェズダ戦、第5節のPSG戦と敗れ、無敗を維持するプレミアリーグとは打って変わって苦戦し、グループステージ敗退の窮地に立たされた。1-0の勝利か、2点差以上での勝利で逆転突破という厳しい状況で迎えたナポリとの最終節、圧倒して見せたリバプールは1-0で勝利し、見事逆転での決勝トーナメント進出を果たした。 ◆首位から一転、昨季に続く悔しい敗退~ナポリ~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_44_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽メガクラブのPSG、リバプールと十分に渡り合ったナポリだったが、最後の最後で泣いた。サッリ前監督の遺産をうまく活用しつつ、[4-4-2]へのシステム変更などモデルチェンジして見せたアンチェロッティ新監督の下、ナポリは最終節リバプールに敗れるまで無敗を維持して首位に立っていた。とりわけPSGとの2試合はハイレベルでナポリのクオリティの高さを示す試合だった。他のグループであれば…、と思いたくなるような昨季に続く悔しいグループステージ敗退となった。 ◆リバプールから金星、ナポリにドロー~ツルヴェナ・ズヴェズダ~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_44_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽3クラブの草刈り場となることが予想されたセルビア王者は、最下位に終わったものの、リバプールに勝利し、ナポリに引き分ける大善戦を見せた。その立役者となったのは横浜FマリノスでプレーしていたDFデゲネク。彼の統率する守備によって引き締まったツルヴェナ・ズヴェズダは、リバプールとナポリの強力攻撃陣をシャットアウトして見せた。 2018.12.14 10:00 Fri
twitterfacebook
thumb

大規模デモ影響で延期となったリーグ・アン第17節の代替開催日が決定

▽リーグ・アンを運営するリーグ・デ・フットボール・プロフェッショナル(LFP)は12日、現在フランス国内で発生している大規模デモを受け、延期されたリーグ・アン第17節の代替開催日を発表した。 ▽フランスでは、11月半ばから燃料税引き上げに抗議する大規模デモが発生しており、第17節の開催が予定されていた8日にもSNS上でデモ開催の呼び掛けが拡散されていた。 ▽これを受け、警察当局はLFPに対して主要都市での試合中止を要請。LFPも選手、サポーターの安全面を考慮し、パリ・サンジェルマンvsモンペリエやトゥールーズvsリヨン、サンテチェンヌvsマルセイユなど計6試合が延期となっていた。 ▽LFPの発表によれば、代替日は2019年1月15、16日に決定。今回発表された日程は、以下のとおり。 ◆リーグ・アン第17節 ▽2019年1月15日 《27:00》 アンジェ vs ボルドー 《29:00》 パリ・サンジェルマン vs モンペリエ ▽2019年1月16日 《27:00》 トゥールーズ vs リヨン ニーム vs ナント モナコ vs ニース 《29:00》 サンテチェンヌ vs マルセイユ 2018.12.12 23:30 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース