相模原、DF保崎淳との契約満了を発表「これからもサッカーを続けていきたい」2018.12.07 18:49 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽SC相模原は7日、DF保崎淳(31)との契約が満了になり、来シーズンの契約を結ばないことを発表した。▽保崎は流通経済大から2009年に水戸ホーリーホックへ加入。その後、2012年にザスパクサツ群馬、2014年にツエーゲン金沢へ移籍し、東海1部のFC鈴鹿ランポーレを経て2016年に相模原に入団していた。今シーズンは、公式戦23試合に出場している。

▽保崎は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。

◆DF保崎淳
「この度相模原を退団することになりました。相模原での3年間、自分をサポートしてくれた皆さんには、本当に感謝しています。これからもサッカーを続けていきたいと思います。今後も応援よろしくお願いします」
コメント
関連ニュース
thumb

相模原退団のMF髙畑智也が松江シティフットボールクラブに移籍

SC相模原は5日、契約が満了していたMF髙畑智也(24)の移籍先が松江シティフットボールクラブ(JFL)に決定したことを発表した。 髙畑は、滝川第二高校、立命館大学を経て2017年に相模原へと入団。明治安田生命J3リーグ通算では1試合に出場しているが、昨シーズンは出場機会がなかった。 2019.02.05 16:05 Tue
twitterfacebook
thumb

相模原DF工藤祐生が現役引退「自分らしく歩んで来れたサッカー人生」

SC相模原は2月1日、DF工藤祐生(32)が2018シーズン限りで現役を引退することを発表した。 桐光学園高校を卒業後に東京農業大学に進学した工藤は、2009年に栃木SCでプロ生活をスタート。2010年から相模原に活躍の場を移し、昨シーズンは明治安田生命J3リーグ23試合2ゴールを記録した。通算では、J2リーグ1試合、J3リーグ117試合6ゴールを記録している。 工藤は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 ◆DF工藤祐生 「2018シーズンをもちまして、現役を引退することに決めました。サッカーを始めて29年、プロになって10年、本当に大好きなサッカーのおかげで色んな方々に出会えた事が僕の財産です」 「サッカーの楽しさを教えてくれたかわいサッカークラブ」 「自分の原点共和サッカークラブ、上には上がいると知った横浜F・マリノスJY、プロ入りを本格的に意識した桐光学園、東京農業大学」 「プロとしての厳しさを思い知った栃木SC」 「そして全てを賭けて戦ったSC相模原」 「それぞれ在籍時にご指導くださった方々、共に戦った仲間たち、先輩方、後輩たち、関係者の皆さん、プロになりクラブを支えてくださるスポンサー企業、ボランティアスタッフの方々、応援していただいたファン・サポーターの方々、とにかく今まで自分に関わっていただいた全ての方々に感謝申し上げます。本当にありがとうございました」 「そして、丈夫な身体に産んでくれて、どんな選択をしても許しをくれて応援してくれた両親、自分達の分までと想いをくれた兄、弟、いつも気にかけて応援してくれた親族、妻の両親、そして良い時も悪い時もいつもそばで支えてくれる妻、癒しをくれる子供達には本当に感謝してます。ありがとう」 「決してサッカー選手として成功できたとは言えませんが、自分らしく歩んで来れたサッカー人生だったのかなと思っています。これからのことは、これだ。ってまだ決めきれてませんが、自分らしく感謝の気持ちを忘れずに歩んでいきたいと思います。本当にありがとうございました」 2019.02.01 17:00 Fri
twitterfacebook
thumb

札幌退団の元日本代表MF稲本潤一、新天地は相模原!「チームを引っ張っていけたら」

SC相模原は23日、昨シーズン限りで北海道コンサドーレ札幌を退団した元日本代表MF稲本潤一(39)を獲得したことを発表した。背番号は「6」に決定している。 ガンバ大阪でプロデビュー後、アーセナルやフルアム、ガラタサライなど海外クラブを渡り歩いた稲本は、2010年に川崎フロンターレに加入して国内復帰。2015年に札幌へ完全移籍し、昨シーズンは明治安田生命J1リーグに2試合、YBCルヴァンカップに5試合、天皇杯に1試合出場した。 稲本は昨年12月に契約が満了。「まだまだ現役でやるつもり」と現役続行を宣言していた中、新天地は相模原に決定した。クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「北海道コンサドーレ札幌から移籍してきた稲本潤一です。SC相模原と契約できたことをとても光栄に思います。自分の経験や知識の全てをいかして、相模原の勝利に貢献していきたいと思います。年齢も上の方ですので、チームを引っ張っていけたらと思います。応援、よろしくお願いします」 2019.01.23 12:10 Wed
twitterfacebook
thumb

新潟退団のMF富澤清太郎が相模原に加入!「最大限の努力をしていく所存」

SC相模原は23日、昨シーズン限りでアルビレックス新潟を退団したMF富澤清太郎(36)を獲得したことを発表した。 東京ヴェルディや横浜F・マリノスでプレーした富澤は、ジェフユナイテッド千葉での2年間のプレーを経て、2017年に新潟へ完全移籍。昨シーズンは明治安田生命J2リーグに20試合、YBCルヴァンカップに1試合出場した。 相模原への加入が決定した富澤は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度ご縁ありましてSC相模原に加入する事になりました富澤清太郎です。生まれ育った神奈川でプレーできる事に喜びを感じています。私自身、このクラブが数多くの勝利を手にする為に、最大限の努力をしていく所存です。また、あらゆる面でチームに貢献できるよう戦って参ります。どうぞよろしくお願い致します」 2019.01.23 09:10 Wed
twitterfacebook
thumb

相模原がDF山口聖矢、MF川戸大樹、DFリ・ジンヒョクの契約満了を発表

SC相模原は23日、DF山口聖矢(25)、MF川戸大樹(24)、韓国人DFリ・ジンヒョク(23)の契約満了を発表した。 座間市出身の山口は、2017年にサウルコス福井から相模原に加入。昨シーズンは公式戦での出場はなかった。川戸は2017年に日本体育大学から相模原に入団。昨シーズンは明治安田生命J3リーグに1試合出場した。韓国出身のリ・ジンヒョクは、2018年に韓国の清州大学校から相模原に入団。昨シーズンはJ3リーグに2試合出場した。 相模原退団が決定した3選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆山口聖矢 「2年間ありがとうございました。2シーズンに渡って応援していただいたサポーターの皆様、スポンサーの皆様ボランティアスタッフの皆様ありがとうございました」 「この2年間チームにとって力になれたかどうかはわかりませんが、どんな時でも最後まで諦めずに応援していただいたことは、これからの人生においてもずっと忘れることはありません」 「そして、僕が生まれ育った町の座間市がホームタウンに追加されて嬉しい反面結果が出ない日々に悔しさもありました。この悔しさを経験として次に生かして、どんな時も頑張っていこうと思います」 「SC相模原には人としてもサッカー選手としても成長させていただきました。これからもSC相模原をずっと応援していきたいと思います。2年間ありがとうございました」 ◆川戸大樹 「SC相模原に携わる皆様、2年間ありがとうございました。どんな時も支えてくださった皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。大学を卒業してから様々なことを経験させていただき、プロの厳しさを痛感した2年間でした。これからも自分の決めた道に向かって、精進していきます。2年間ありがとうございました」 ◆リ・ジンヒョク 「1年間、応援してくださってありがとうございました。見知らぬ外国に来ましたが、皆さんの応援と愛のおかげで、力強く走ることができました。天気が雨が降って雪が降って熱くても応援してくださった皆さんを忘れられないのです。 本当にありがとうございました」 2019.01.23 09:01 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース