1年でのJ2復帰へ! 讃岐、GK清水健太&DF市村篤司と契約更新!2018.12.07 15:15 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽カマタマーレ讃岐は7日、GK清水健太(37)とDF市村篤司(34)の契約を更新したことを発表した。▽清水は2015年にモンテディオ山形から讃岐に完全移籍。今シーズンは明治安田生命J2リーグに41試合出場した。市村は2017年に横浜FCから讃岐に完全移籍。今シーズンはJ2リーグに15試合、天皇杯に1試合出場した。

▽来シーズンも讃岐でプレーすることが決定した両選手は、クラブ公式サイトに以下のようにコメントしている。

◆清水健太
「今シーズンの悔しさを来シーズンにぶつけて、1年でJ2復帰を目指すチームの力になれるように全力で頑張ります」

◆市村篤司
「来シーズンもカマタマーレ讃岐でプレーさせて頂く事になりました!今年はJ3降格となってしまい申し訳なく思ってます。そんな中チームに自分を必要として頂き感謝しかないです。1年でJ2昇格、そして自分達のサッカーの確立。上村監督のもとチーム一丸となり、香川県の為、サポーターの為、全身全霊、サッカー人生かけて頑張りますので応援宜しくお願いします!」
コメント
関連ニュース
thumb

「濃厚で幸せな時間でした」DF渡邉大剛が現役引退…京都、大宮、釜山、讃岐でプレー

カマタマーレ讃岐は18日、昨シーズン限りで契約満了となったDF渡邉大剛(33)が現役を引退することを発表した。 国見高校出身の渡邉は、2003年に京都パープルサンガ(京都サンガF.C.)に加入してプロキャリアをスタート。2007年にはJ2リーグで47試合3ゴールを記録し、クラブのJ1昇格に貢献した。その後も主力としてプレーした中、2011年に大宮アルディージャに完全移籍。新天地でも定位置を確保し、5シーズンに渡って活躍した。 2016年には釜山サイパークに移籍し、初の海外挑戦も。2016年からは讃岐でプレー。昨シーズンは明治安田生命J2リーグに23試合出場したが、同シーズン終了後に契約満了となっていた。 キャリア通算では、J1リーグで214試合16得点、J2リーグで183試合8ゴール、韓国2部で5試合出場を記録した。 16年間のプロ生活に終止符を打つ決断を下した渡邉は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「私、渡邉大剛はこの度2018シーズンを持ちまして引退する事を決めました。昨年のシーズン終了後にチームから契約満了を伝えられ、そこから現役続行に向けてトライアウトに参加しオファーを待ちましたが残念ながら自分の納得いくオファーは届きませんでした。オファーを待ち続けてる間、自問自答しながら現役を続けるために準備をしてきましたし、ただもしかしたらこれで現役も終わりなのかなという想いもあり両方の事を考えてきました」 「小さい頃からの夢であったプロのサッカー選手になるという事を叶えられたことをとても嬉しく思いましたし、その時間もこれで終わりなのかと思うと寂しい気持ちもあります。2度の大怪我をした事や日本代表になるという目標を達成できなかった事、苦しく辛いことも沢山ありました。決して思い描いていたプロ生活ではなかったかもしれないですが、プロとして初めて受け入れてくれた京都サンガFC、大宮アルディージャ、釜山アイパーク、そしてカマタマーレ讃岐の関係者の皆さま、いつも応援毎試合共に戦ってくれたファン、サポーターの皆さまに感謝しています。ありがとうございました。これまでの時間は決して色褪せる事はないですし、濃厚で幸せな時間でした。またこれまでに出会った方々は僕の財産です」 「多比良SSS、国見中学、国見高校でご指導してくださった監督、コーチ、先生方のおかげでプロのサッカー選手になることができました。一緒に切磋琢磨した仲間や勝利を目指して共に戦ったチームメイト、どんな時も味方であり続けてくれた家族や親族、小さい時からずっと応援してくれた、不自由なくサッカーをやらせてくれた両親と地元の方々に深く感謝しています。ありがとうございました」 「そしてずっと側で支えてくれた妻。この16年間色んなプレッシャーやストレスたくさんの苦楽を共にしてきたと思います。勝った時は自分の事以上に喜んでくれ、辛く苦しい時はともに共有してくれた事。いつも身体のことを考えて作ってくれる料理やオフザピッチでも常に自分の事を優先してくれて本当に感謝してます。ありがとう!常に癒しであり続けてくれている愛犬2匹が大好きで感謝LOVEです」 「今まで応援してくれた全ての皆さまに本当に感謝してます。ありがとうございました。これからの事はまだ何も決まっていませんが、これまでの経験を糧に感謝の気持ちを忘れず、人生最後まで勉強だと思い少しでも皆さまに、社会に貢献・恩返しができるように頑張りたいと思います。これからもよろしくお願いします」 2019.02.18 17:20 Mon
twitterfacebook
thumb

大分DF竹内彬が讃岐に完全移籍 昨季期限付き加入

カマタマーレ讃岐は12日、大分トリニータから期限付き移籍で加入していたDF竹内彬(35)が完全移籍することを発表した。 竹内は2017年に名古屋グランパスから大分に加入。昨シーズン途中から期限付き移籍で讃岐に加わり、明治安田生命J2リーグ14試合に出場していた。 竹内は、両クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆カマタマーレ讃岐 「今シーズンもカマタマーレ讃岐でプレーさせて頂きます。J2に戻る事だけを考えてサッカーに打ち込みたいと思います。より多くの香川県民の皆様にカマタマーレを認知して頂き、スタジアムに足を運んで頂ける様に全力でプレーします。応援宜しくお願いします! 」 ◆大分トリニータ 「1年半、トリニータでプレーさせて頂き大変感謝しています。大分で生活した事、大銀ドームでプレーした事、人との出会い、全てが自分の財産になりました。ファン、サポーターの皆さんから頂いた声援、勝利の後の『大分よりの使者』は特別な物でした。J1の舞台で、積み上げてきたトリニータのサッカーを存分に発揮してトリニータ旋風を起こす事を願ってます。感謝しても感謝しきれない大分での時間、本当にありがとうございました」 2019.01.12 14:56 Sat
twitterfacebook
thumb

讃岐、G大阪退団のDF西野貴治を獲得! 昨季はJ3で25試合2得点

カマタマーレ讃岐は8日、昨シーズン限りでガンバ大阪を退団したDF西野貴治(25)を獲得したことを発表した。 G大阪ユース出身の西野は2012年にトップチーム昇格すると、2017年にジェフユナイテッド千葉へ半年間の期限付き移籍。その後、復帰したが、トップチームで出番がなく、U-23の一員として明治安田生命J3リーグを主戦場にプレーした。昨シーズンは明治安田生命J3リーグで25試合2得点、YBCルヴァンカップで2試合1得点を記録した。 讃岐への加入が決定した西野は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「はじめまして。西野貴治です。チームに貢献できるよう全力で戦います。応援よろしくお願いします」 2019.01.08 16:20 Tue
twitterfacebook
thumb

讃岐、G大阪からDFペ・スヨンを期限付きで獲得…今季は北九州でプレー

▽カマタマーレ讃岐は27日、ガンバ大阪から韓国人DFペ・スヨン(20)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。期限付き移籍期限は2020年1月1日まで。なお、ペ・スヨンはG大阪、G大阪U-23と対戦する全ての公式戦に出場できない。 ▽2017年に韓国の輔仁高校からガンバ大阪に入団したペ・スヨン。昨シーズンは、期限付き移籍でギラヴァンツ北九州へ加入し明治安田生命J3リーグ5試合に出場していた。 ▽讃岐への期限付き移籍が決まったペ・スヨンは、両クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆ギラヴァンツ北九州 「皆さん、こんにちは。私はペ・スヨンです。毎試合勝利できるように、チームに役立つ選手になれるように頑張ります。応援してください。よろしくお願いします!」 ◆ガンバ大阪 「皆さん、こんにちは。ペ・スヨンです。来シーズンは期限付き移籍でカマタマーレ讃岐へ行きます。しっかりと結果が出せるように頑張ってきますので、これからも応援をよろしくお願いします」 2018.12.27 15:20 Thu
twitterfacebook
thumb

J3降格の讃岐が38歳FW我那覇和樹と契約更新

▽カマタマーレ讃岐は26日、FW我那覇和樹(38)との契約更新を発表した。 ▽我那覇は、川崎フロンターレ、ヴィッセル神戸、FC琉球を経て2014年に讃岐へ入団。今シーズンは明治安田生命J2リーグで12試合に出場し1得点、天皇杯で1試合に出場していた。 2018.12.26 18:10 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース