ユベントス、A・サンドロと2023年まで契約延長ヘ2018.12.07 15:20 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスに所属するブラジル代表DFアレックス・サンドロ(27)の契約延長が近づいているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えた。

▽2015年夏にポルトから加入し、ユベントスで不動の地位を築く左サイドバックのアレックス・サンドロ。今シーズンもここまで公式戦18試合に出場しており、セリエA首位キープに貢献している。

▽しかし、ユベントスとの交渉が難航していることもあり、A・サンドロにマンチェスター勢やパリ・サンジェルマン(PSG)はじめとする多くのビッグクラブが関心を寄せていることが報じられていた。さらに、後釜としてレアル・マドリーのブラジル代表DFマルセロがリストアップされたとも伝えられており、ユベントス周辺の動きに注目が集まっている。

▽今回伝えられるところによると、A・サンドロの新契約の期限は2023年6月まで。年俸500万ユーロ(約6億4000万円)の契約で、合意に至ったようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ユーべがベスト16敗退の危機も…アッレグリ監督「0-2からの逆転は可能だ」

ユベントスを率いるマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、アトレティコ・マドリー戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ユベントスは20日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでアトレティコと敵地で対戦。しかし、78分にホセ・ヒメネスに決められ、アトレティコに先制点を与えてしまうと、83分にもゴディンに押し込まれて0-2で敗れた。 ベスト8進出に向けて苦しい状況となったユベントスのアッレグリ監督が試合を回想。それでも2-0からの逆転は可能だと、2ndレグにまだ可能性が残されていると主張した。 「リスクを冒した上に、枠内シュートは1本もなかった」 「アトレティコは私たちよりも、こうした試合になれている。相手はうまく試合に留まり、私たちはミスを犯した。しかし後半よりも悪くなることはないので、第2戦に向けて自信を失ってはいけない。アトレティコは相手に良いプレーをさせないことは分かっているので、勝つためには相手を上回らないといけない」 「失望はしているが、逆転できると信じる必要がある。簡単ではないし、もっと試合を動かす素晴らしいパフォーマンスが必要になる。今夜は2失点後もリスクを冒すなど、冷静さを欠いていた。しかし2-0からの逆転は可能だし、泣いても仕方がない」 2019.02.21 10:50 Thu
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド、相手サポに反撃! 「僕はCLを5度も制したが、アトレティコはゼロだ」

ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、アトレティコ・マドリーのサポーターからの挑発に応戦した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ユベントスは20日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでアトレティコと敵地で対戦し、0-2で敗戦。ベスト8進出に向けて苦しい状況となった。 この日、先発出場したC・ロナウドだが、レアル・マドリー時代からの宿敵であるアトレティコ・サポーターからは強烈なブーイングが浴びせられていた。これに対して、C・ロナウドは右手を広げて5本指を開いた後に、グーにするジェスチャーを披露していた。 試合後、C・ロナウドはミックスゾーンに登場。すると、試合中と同じようなジェスチャーしながら「僕はチャンピオンズリーグを5度制したが、アトレティコはゼロだ。2回戦に何が起きるか見てみよう」とコメントを残して立ち去った。 アトレティコ・サポーターからの激しいブーイングへの反撃と思われるが、3月13日に行われる2ndレグでチームを逆転に導けるか注目だ。 2019.02.21 09:55 Thu
twitterfacebook
thumb

心房性不整脈のケディラが手術成功を報告

ユベントスに所属するドイツ代表MFサミ・ケディラが心房性不整脈の手術が成功したことを報告した。 ユベントスは20日にケディラが心房性不整脈と診断されたことを発表。心房性不整脈は、不規則で異常に素早い心拍数が引き起こされることで、めまいや息切れ、疲労などの問題を起こすもので、離脱期間は約1カ月になることが伝えられていた。 これにより、20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦のアトレティコ・マドリー戦のメンバーからは外れていたが、ケディラは同日に手術を行ったことをツイッター(@SamiKhedira)で報告している。 「今日の午前中に心房性不整脈の治療のため、手術を行った。無事成功したし、少しだけ休みをとってからピッチに戻るよ。みんなメッセージをありがとう」 2019.02.21 08:30 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング: アトレティコ・マドリー 2-0 ユベントス《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、アトレティコ・マドリーvsユベントスが20日に行われ、2-0でアトレティコが先勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽アトレティコ・マドリー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190221_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 オブラク 6.0 C・ロナウドの直接FKを止めるなど、さすがのセービング能力 DF 20 フアンフラン 6.0 C・ロナウドをしっかりと止めた 24 ホセ・ヒメネス 7.0 ゴディンと共に鉄壁の守備を見せ、殊勲の先制弾 2 ゴディン 7.0 ポジショニングにミスなくゴール前で壁となった。そして追加点を挙げる 3 フィリペ・ルイス 6.5 攻守に存在感を発揮。モラタへの高精度クロスも見せた MF 8 サウール 6.0 アレックス・サンドロの攻め上がりをケア 14 ロドリゴ・エルナンデス 6.0 中盤のフィルター役として機能 5 トーマス 6.5 球際の強い守備で中盤を締めた。2ndレグ出場停止 (→レマル 5.5) 1点目を演出するCKを蹴った 6 コケ 6.0 負傷明けもすんなりとビッグマッチに入った (→コレア 5.5) 攻撃を加速させた FW 7 グリーズマン 6.0 決定的なシュートやパスで存在感 19 ジエゴ・コスタ 5.5 肉弾戦で負けず。ただ、50分のビッグチャンスを決めたかった。2ndレグ出場停止 (→モラタ 6.0) 恩返し弾は幻となったが、決勝点に絡んだ 監督 シメオネ 6.5 コケの先発起用やモラタの投入など采配が当たる。アウェイゴール与えず2ndレグに向けてアドバンテージを得た ▽ユベントス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190221_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 シュチェスニー 6.0 枠内シュートを的確にセーブ。53分のグリーズマンのループシュートを止めた DF 2 デ・シリオ 5.5 コンディション不良のカンセロに代わってスタメン。PKを献上しかけるもVARに救われる 19 ボヌッチ 6.0 ジエゴ・コスタとのマッチアップで負けず。ビルドアップでも起点に 3 キエッリーニ 6.0 安定感ある守備で流れの中ではさほどやられなかった 12 アレックス・サンドロ 5.5 もう少し攻撃に絡みたかった。2ndレグ出場停止 MF 30 ベンタンクール 5.0 ケディラの代役を務めるも、攻守に物足りず 5 ピャニッチ 5.5 コンディション不良でスタメン出場が危ぶまれたが、後半にシュートシーンに顔をよく出した (→ジャン -) 14 マテュイディ 5.5 左サイドで動き回ったが、攻撃を機能させるには至らず (→カンセロ -) FW 10 ディバラ 5.0 下がってボールを受けるも、脅威になりきれず (→ベルナルデスキ -) 17 マンジュキッチ 5.0 古巣対決も相手センターバックに潰された 7 C・ロナウド 5.5 キレのある動きで攻撃を牽引も堅守アトレティコを打開するには至らず 監督 アッレグリ 5.5 ケディラとカンセロを先発起用できなかったのが痛かった。攻撃のカードも少なかった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ホセ・ヒメネス&ゴディン(アトレティコ・マドリー) ウルグアイ代表センターバックコンビを選出。守備面ではユーベ攻撃陣を封殺し、モラタのゴールが取り消された中、二人のゴールでチームを勝利に導いた。 アトレティコ・マドリー 2-0 ユベントス 【アトレティコ・マドリー】 ホセ・ヒメネス(後33) ゴディン(後38) 2019.02.21 07:08 Thu
twitterfacebook
thumb

モラタの恩返し弾がVARに取り消されるもウルグアイ代表CBコンビ弾のアトレティコがユーベに先勝!《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、アトレティコ・マドリーvsユベントスが20日に行われ、2-0でアトレティコが先勝した。 ドルトムントに次ぐ2位でグループAを通過したアトレティコは、2位に位置するリーガエスパニョーラでは、前々節レアル・マドリーとのマドリッド・ダービーを1-3と敗戦して今季初の連敗を喫したが、直近のラージョ戦を低調な内容ながら1-0と辛勝し、勝利を取り戻した。一時、野戦病院と化していたチーム状態からほぼ万全の状態となり、負傷明けのジエゴ・コスタとコケが先発となった。 一方、グループHでマンチェスター・ユナイテッドやバレンシアと同居したユベントスは、首位で決勝トーナメントに進出。8連覇を目指すセリエAでは無敗を維持し、直近のフロジノーネ戦ではキエッリーニとボヌッチの守備の要二人が負傷から復帰した中、3-0と快勝した。主力では負傷のドグラス・コスタと不整脈のケディラが欠場となったが、こちらもほぼ万全の状態で大一番を迎えた。 互角の攻防で立ち上がった中、まずは9分にユベントスがC・ロナウドの直接FKでGKオブラクを強襲すると、続く12分には右CKからボヌッチが際どいヘディングシュートを浴びせた。 対するアトレティコは15分、トーマスのミドルシュートがGKシュチェスニーを強襲すると、ここから徐々にポゼッションを高めて圧力をかけ、27分にPKを獲得しかける。ジエゴ・コスタがボックス左に侵入しかけたところでデ・シリオに倒され、主審はPKスポットを指さしたが、VARの末にFK判定となった。このFKをグリーズマンが直接狙うも、GKシュチェスニーのセーブに阻まれた。 その後、34分にユベントスはディバラのミドルシュートでオンターゲットを記録すると、ハーフタイムにかけてはボールを持つ展開となったものの、アトレティコの堅守を崩せずこう着状態に陥って前半を終えた。 後半もユベントスがボールを持つ入りとなるも、50分にアトレティコにビッグチャンス。グリーズマンのスルーパスに抜け出したジエゴ・コスタがGKと一対一に。しかし、シュートを枠の右に外してしまった。さらに53分、コケのダイレクトパスに抜け出したグリーズマンのループシュートが枠を捉えるも、GKシュチェスニーにわずかに触られてバーを直撃した。 攻勢に出るアトレティコはファウルトラブルを恐れてイエローカードを受けていたジエゴ・コスタとトーマスに代えてモラタとレマルを投入。そして67分、アトレティコはコケに代えてコレアを投入し、3枚の交代枠を使い切った。 すると70分、左サイドのフィリペ・ルイスの高精度クロスからモラタのヘディングシュートが決まってアトレティコが均衡を破ったかに思われた。しかし、VARが発動し、モラタのキエッリーニへのファウルを取られて恩返し弾がノーゴールに覆ってしまった。 まさかの判定に不服のアトレティコだったが、78分に正真正銘のゴールを挙げる。左CKからモラタのヘディングシュートはDFにブロックされるも、ルーズボールをホセ・ヒメネスが押し込んだ。 失点を受けてディバラに代えてベルナルデスキを投入したユベントスに対し、83分にアトレティコが追加点を奪いきる。右サイド低い位置からのグリーズマンのFKはクリアされるも、ルーズボールをゴールエリア右のゴディンがボレーシュートで押し込んだ。 ウルグアイ代表センターバックコンビの2発を食らったユベントスは90分、FKからベルナルデスキが枠内シュートを浴びせるもGKオブラクにセーブされ、アウェイゴールを奪えずに0-2で敗戦。アトレティコが3月12日に行われる2ndレグに向けて大きなアドバンテージを手にした。 2019.02.21 07:07 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース