大規模デモ影響でモナコvsニースも中止に! PSGvsモンペリエ含む3試合で中止決定2018.12.06 20:32 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーグ・アンを運営するリーグ・デ・フットボール・プロフェッショナル(LFP)は6日、現在フランス国内で発生している大規模デモを受け、7日に開催予定だったリーグ・アン第17節のモナコvsニースの中止を決定した。▽フランスでは、11月半ばから燃料税引き上げに抗議する大規模デモが発生しており、現在もSNS上で4回目となる8日のデモ開催の呼び掛けが拡散されていた。

▽これを受け、警察当局はLFPに対して主要都市での試合中止を要請。LFPも選手、サポーターの安全面を考慮し、4日にはパリ・サンジェルマンvsモンペリエ、トゥールーズvsリヨンの中止を決定していた。

▽なお、代替日程などに関しては今後の協議によって後日発表される予定だ。

◆リーグ・アン第17節

▽12/8(土)
《28:00》
アンジェ vs ボルドー
ギャンガン vs アミアン
ニーム vs ナント
レンヌ vs ディジョン

▽12/9(日)
《23:00》
ストラスブール vs カーン
《25:00》
リール vs スタッド・ランス
《29:00》
サンテチェンヌ vs マルセイユ

▽中止
モナコ vs ニース
パリ・サンジェルマン vs モンペリエ
トゥールーズ vs リヨン
コメント
関連ニュース
thumb

ミランがU-21フランス代表FW獲得で合意か…CL出場権がカギか

ミランは、ニースのU-21フランス代表FWアラン・サン=マクシミン(21)の獲得で合意したとのこと。しかし、移籍には条件があるようだ。イタリア『スポルト・メディアセット』が報じた。 欧州主要リーグの今冬の移籍市場はすでに閉鎖しているが、『スポルト・メディアセット』によると、ミランは1月末にニースとサン=マクシミンの移籍で合意。移籍金は2000万ユーロ(約25億円)と見られている。 サン=マクシミン本人もミランとの5年契約に合意したとされているものの、移籍にはある条件が課されている可能性が高いと『スポルト・メディアセット』が報じている。 その条件とは、来シーズンのチャンピオンズリーグの出場権にまつわるもの。ミランは現在セリエAで4位につけており、ローマやアタランタ、ラツィオらと熾烈な争いを繰り広げている。 サン=マクシミンは2020年7月までニースとの契約が残っている状況。それでも、代理人はサン=マクシミンがミラノ行きに好意的であり、夏にも移籍することが可能としている。 今シーズンは、リーグ・アンで21試合に出場し6ゴール3アシストを記録しているサン=マクシミン。今夏のミラン入りは実現するだろうか。 2019.02.06 13:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ジェラードとヴィエラが場外乱闘? チーム得点王モレロスへのオファーにジェラード 「無礼」

スコットランドのレンジャーズを率いるスティーブン・ジェラード監督が、自身のクラブに所属するコロンビア代表FWアルフレッド・モレロス(22)に対するオファーに関してパトリック・ヴィエラ監督率いるニースに噛みついた。フランス『レキップ』が伝えた。 ニースは23日にイタリア代表FWマリオ・バロテッリ(28)のマルセイユ移籍を発表。今季はパフォーマンスを落としていたもののエースストライカーの流出を受けてクラブは新たなストライカー獲得に着手した。 そして、現時点で有力な候補に挙がっているのが、レンジャーズのエースストライカーとして活躍するモレロスだ。 『レキップ』が伝えるところによれば、ニースはモレロス獲得に向けて800万ポンド(約11億4000万円)のオファーを掲示したという。だが、ジェラード監督はこの金額を含めニースからのオファーに憤りを見せている。 「アルフレッドに対して800万ポンド程度のオファーしか出さないやつらはすべて無礼なやつだと思う」 「彼はリーグのトップスコアラーであり、少なくともその倍額の評価が妥当だ。こういったオファーはアルフレッド、我々のクラブに対するリスペクトの欠如だ」 「もちろん、自分たちのプレーヤーが非売品であると主張するほどナイーブな人間ではない。それにすべてのプレーヤーに移籍の可能性はあるものだ。ただ、個人的にはレンジャーズ、プレーヤー、私個人への敬意を示してほしいものだよ」 なお、今回のジェラード監督の発言はヴィエラ監督本人を名指しするものではなく、ニースというクラブの姿勢を批判したものだが、ヴィエラ監督の反応次第では過去にリバプールとアーセナルの主力選手としてピッチ上で対峙した両監督の場外乱闘に発展する可能性もありそうだ。 2019.01.24 14:42 Thu
twitterfacebook
thumb

マルセイユ、半年契約でバロテッリを獲得! 日本代表DF酒井宏樹とチームメイトに

マルセイユは23日、ニースからイタリア代表FWマリオ・バロテッリ(28)を獲得したことを発表した。契約期間は今季終了までの半年契約で、背番号は9を着用する。 なお、イタリア『スカイ・スポーツ』によれば、バロテッリはニースとの契約を解除しフリーでマルセイユに加入するとのこと。また、マルセイユでの給与は半年間で260万ポンド(約3億7000万円)となるようだ。 これまでインテルやマンチェスター・シティ、ミラン、リバプールとビッグクラブを渡り歩きながらもピッチ内外で様々なトラブルを起こしたバロテッリだったが、2016年夏に加入したニースで完全復活。 しかし、現行契約が終了する今シーズンは、元同僚でもある指揮官パトリック・ヴィエラ指導の下で結果を残せず、リーグ・アン10試合に出場するもノーゴールと再び不振に陥っていた。 バロテッリはマルセイユの公式サイトで以下のように喜びを語っている。 「俺はマルセイユでプレーしたいと思っていた。マルセイユは世界的にもビッグクラブでサポーターはとても情熱的だ」 「ファーストゴールを決めることが待ち遠しいね。だけど、一番重要なのはチームだ。俺は多くのゴールを決めてチームメイトの助けになりたいと考えている」 「まずは金曜(25日)の試合でサポーターが俺たちをサポートしてくれることを願っている。俺もチームも全力を尽くすつもりだ」 2019.01.24 01:50 Thu
twitterfacebook
thumb

バロテッリがマルセイユで23日にメディカルチェック&移籍発表へ…酒井宏樹の同僚に?

ニースで戦力外となっていたFWマリオ・バロテッリだが、マルセイユ行きがほぼ確実となっているようだ。<br><br>フランス『レキップ』が報じたところによると、バロテッリは23日にマルセイユでメディカルチェックを受ける見通しにあるという。すでにクラブ間でバロテッリの移籍は合意に至っており、メディカルチェックを受けた後に移籍が正式発表されるようだ。<br><br>バロテッリは今シーズン、元同僚でもある指揮官パトリック・ヴィエラ指導の下で結果を残せず、リーグ戦10試合に出場するもノーゴール。ヴィエラ監督の起用法に不満を示して手袋を投げ捨てるなど、相変わらずの&ldquo;悪童ぶり&rdquo;を見せていた。だが、ニースは半年後の契約満了を前にバロテッリに見切りをつけ、同選手は23日にもマルセイユ行きが正式決定となるようだ。<br><br>これまでバロテッリはミラン時代に本田圭佑ともプレーしていたが、もしマルセイユに正式加入することになれば、現在アジアカップ参戦中の酒井宏樹と後半戦からチームメイトになる。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.23 16:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ニースがバロテッリのマルセイユ移籍をブロックか

ニースに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリ(28)のマルセイユ移籍が消滅したようだ。フランス『La Provence』が報じた。 2016年夏のニース加入後、ここ数年を通して鳴りを潜めた得点感覚で再び輝きを取り戻しつつあったバロテッリだが、今シーズンはここまでリーグ・アン10試合に出場してノーゴール。現行契約が終了する今シーズン、再び不振に陥っている。 そのバロテッリは巡っては移籍希望の噂が…。その件について、ニースを率いるパトリック・ヴィエラ監督も「新しいクラブを探している」と認めており、ジェノアが興味を示しているとされるが、選手本人はマルセイユ移籍を希望しているという。 だが、マルセイユがニースを納得させられなかった様子。ニースは半年間のレンタルというマルセイユのオファーを蹴ったとのことだ。 2019.01.21 17:00 Mon
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース