今までネイマールを擁護も…ペレ氏がついに非難へ「これ以上彼を守ることは難しい」2018.12.06 20:21 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
過剰なシミュレーションにより非難されるブラジル代表FWネイマールをこれ以上は擁護できないと,、同国代表のレジェンドであるペレ氏が話した。

ロシアで行われたワールドカップで、ファールを受けた後の過剰なリアクションやピッチの上を転がり回るシーンがプレー以上にフォーカスされてしまったネイマール。先日のチャンピオンズリーグ(CL)リバプール戦でもユルゲン・クロップ監督などからそのリアクションに苦言を呈されるなど、依然として大きな批判が集まる。

そんな中、これまでネイマールの擁護に回ってきたペレ氏も我慢の限界がきてしまったようで、『Folha de Sao Paulo』で不満をあらわにした。

「プレー以外の面でネイマールを守ることは難しい」

「ブラジルがワールドカップで優勝できなかった責任を彼1人に背負わせたから不運だったのは確かだ。しかし、彼と2度ヨーロッパで会い、私は“フットボールの神様が君に才能を与えたんだ。君がやっていることはそれをより複雑にしてしまっている”と彼に説明した」

また、ワールドカップ決勝の舞台でペレ氏以来となる10代での得点をマークしたキリアン・ムバッペについても言及している。

「多くの人は私とムバッペを比べている。似たようなところがあるだろう? 彼は19歳で、ワールドカップを制した」

しかし、全世界から注目を集める19歳のフランス代表ストライカーよりもネイマールのほうが依然として優れていると語った。

「ただ、私の考えでは、彼よりもネイマールのほうがより完成した選手だ。しかし、ヨーロッパではみんながネイマールよりもムバッペについて話している」


提供:goal.com
コメント


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース