鎌田大地が1ゴール1アシストの活躍! シント=トロイデンがベスト8進出《クロッキーカップ》2018.12.06 18:58 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©STVV
▽シント=トロイデンは5日、クロッキーカップ ラウンド16で4部のKFCマンデル・ユナイテッドと対戦。3-2で勝利した。

▽日本代表DF冨安健洋、MF遠藤航、FW鎌田大地が先発フル出場を果たした試合。優勝チームにはヨーロッパリーグへの出場権が付与されるだけに、シント=トロイデンはしっかりと勝ち上がりたいところだ。

▽試合は前半こそゴールレスだったが、後半にゴールラッシュ。59分、リーグ戦でも好調の鎌田がドリブルでサイドを突破しクロス。これを走り込んだデ・ノーレが決め、シント=トロイデンが先制する。

▽1点リードのまま迎えた終盤、81分にダニエル・オリヴェイラにPKを決められ同点とされるも、83分にボリが勝ち越しゴール。85分にはデ・サートのクロスをファーで受けた鎌田が右足で決めて追加点。アディショナルタイムに失点するも、3-2で逃げ切り、ベスト8に駒を進めた。

▽シント=トロイデンは、8日の28時30分からホームでスタンダール・リエージュと対戦する。

シント=トロイデン 3-2 マンデル・ユナイテッド
【シント=トロイデン】
デ・ノーレ(後14)
ボリ(後38)
鎌田大地(後40)
【マンデル・ユナイテッド】
オリヴェイラ(後36)
パック(後45+2)[PK]
コメント
関連ニュース
thumb

目指すはチャンピオン! シント=トロイデンDF冨安健洋、MF遠藤航がコメント《AFCアジアカップ2019》

▽日本サッカー協会(JFA)は12月12日、来年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて開催されるAFCアジアカップUAE2019に臨む日本代表メンバーを発表した。 ▽森保一監督体制初の公式戦に招集されたシント=トロイデンDF冨安健洋は、チャレンジャー精神を持って臨むとコメントした。 ◆DF冨安健洋 「アジア杯のメンバーに選出していただき光栄に思います。また、今までのキリンチャレンジカップとは違いアジアチャンピオンをかけた戦いとなるのでより一層気が引き締まる思いでいます。ただ、ピッチに立ってプレーするかしないかでは経験値に大きな差が出てくると思うので、まずはピッチに立つことができるよう練習からチャレンジャー精神を忘れず思い切ってアピールしたいと思っています。アジアチャンピオンになるために少しでもチームの力になれるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」 ▽一方、同じく招集されたシント=トロイデンMF遠藤航は、チーム一丸となってのチャンピオン奪還を志している。 ◆MF遠藤航 「アジアカップを戦うメンバーに招集され、心から嬉しく思っています。2大会ぶりのアジアチャンピオン奪還を目指して、チーム一丸となって戦っていきます。UAEに行く前に、チームでの戦いが待っています。今週末のロケレン戦、来週はウィークデーにカップ戦の準々決勝も控えています。まずはチームでのプレーに集中し勝利を目指しますので、応援よろしくお願いします」 2018.12.12 17:37 Wed
twitterfacebook
thumb

鎌田、リーグ戦10ゴール目も…シント=トロイデンは連勝が「4」でストップ《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽シント=トロイデンは8日、ジュピラー・プロ・リーグ第18節でスタンダール・リエージュと対戦し、1-1で引き分けた。 ▽現在4連勝中の5位・シント=トロイデン(勝ち点30)は、6位・スタンダール・リエージュ(勝ち点26)戦に向けて、鎌田と冨安を先発起用。遠藤はベンチスタート。関根と小池はベンチ外となった。 ▽試合は拮抗した試合展開の中、シント=トロイデンが前半アディショナルタイムに先制する。左サイドでボールを持ったポル・ガルシアのパスをボックス左手前で鎌田が受けると、ワンタッチで対峙した相手をかわす。そのままスピードに乗ってボックス内へと侵攻し、最後は足裏でGKオチョアを抜き去り、ゴールネットを揺らした。鎌田はこれで今シーズンリーグ戦10ゴール目となった。 ▽1-0で試合を折り返したシント=トロイデン。しかし59分、スタンダール・リエージュに同点ゴールを決められる。コリンズ・ファイに右サイドを突破されると、最後はスルーパスに反応したオッビ・ウラレにボックス内への侵攻を許し、GKとの一対一を制された。 ▽その後はシント=トロイデンが攻勢を強めたが、最後まで両者にゴールは生まれず。1-1の引き分けでシント=トロイデンは連勝が「4」でストップした。 ▽試合後、MF鎌田大地とDF冨安健洋が試合を振り返りコメント。鎌田は、連勝ストップも上位陣との直近3試合で2勝1分けの結果をプラスに捉えた。冨安は ◆鎌田大地 「勝ち点3を取りたかったですし、ホームだったので勝てたと思うし、僕自身他にもゴール取れそうなシーンはあったと思います。ただ、この3連戦での上位チームに2勝1分けという結果は悪いわけではないので、チームとしてはプラスにとらえるべきかなと思います」 「ゴール前で1対1になれば勝てる自信がありますし、前の選手はゴールを狙わないといけないので常に狙いにいってはいますが、今日は後半はパスも出して使い分けています。チームの勝ちが一番大事なので、絶対に自分でいくというわけではなく、アシスト数も増やしたい。今は点が取れているので、自分のやりたい方向に向かっていると思います」 「(日本代表については)もちろん目標ではありますが、まだ一度も入っていないですし、まずは今はチームで良いプレーをしようという気持ちが大きいです」 ◆冨安健洋 「僕たちも悪いサッカーをしていたわけではないですし、勝つことができていれば勝ち点7差に広げるチャンスではあったので悔しい部分はあります。僕も攻撃に関われるタイミングがあれば関わっていこうと思っていましたが、僕が上がっていたときにカウンターを受けて結果的に失点してしまったので、そこは時間帯だったり点差だったりを状況判断して頭に入れながらやらなければいけなかったと思っています」 「(上位との連戦を)2勝1分けで終われたことは大きいですけど、今日勝つことができればもっと大きかった。直接PO1を争う相手ではあるので、直接対決を勝つことができれば、大きな意味をも持って来るので、満足はしていないですけど、切り替えて次節に向かっていきたいと思っています」 シント=トロイデン 1-1 スタンダール・リエージュ 【シント=トロイデン】 鎌田大地(前46) 【スタンダール・リエージュ】 オッビ・ウラレ(後14) 2018.12.09 21:20 Sun
twitterfacebook
thumb

大迫所属のブレーメン、DF冨安に獲得オファーもクラブが拒否か

▽ブレーメンが、シント=トロイデンの日本代表DF冨安健洋(20)獲得に動いているようだ。ベルギー『HLN』が伝えている。 ▽ブレーメンは今回、冨安獲得に向け600万ユーロ(約7億6000万円)のオファーを提示した模様。しかし、シント=トロイデンはこのオファーを固辞したという。 ▽なお、立石敬之CEO(最高経営責任者)は以前のインタビューで同選手の放出条件を最低1000万ユーロ(約12億8000万円)に設定していると語っていた。また、現時点でブレーメンが移籍金を上乗せして再オファーするかは不明だ。 ▽2018年1月に、アビスパ福岡から80万ユーロ(約1億円)でシント=トロイデンに加入した冨安。途中加入となった昨シーズンは出場時間が僅か1分だったが、今シーズンはリーグ戦全試合にフル出場し、先月末のアンデルレヒト戦では移籍後初ゴールも記録。さらに、8月に日本代表に初選出されると、10月のパナマ代表戦ではセンターバックとして代表史上初となる10代でのデビューを飾っていた。 ▽シント=トロイデンではベルギー代表GKシモン・ミニョレ(現リバプール)、トーゴ代表DFジェネ・ダコナム(現ヘタフェ)らが移籍金した際に支払われた250万ユーロ(約3億1000万円)がクラブ史上最高の売却額だ。そのため、仮に冨安が移籍する場合にはクラブ記録を更新する可能性があるようだ。 2018.12.06 21:24 Thu
twitterfacebook
thumb

冨安OGもシント=トロイデンが2位撃破で4連勝! 鎌田はダメ押し弾の起点に《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽シント=トロイデンは2日、ジュピラー・プロ・リーグ第17節でアントワープと対戦し、3-1で勝利した。 ▽現在3連勝中と好調の5位・シント=トロイデン(勝ち点27)は、2位・アントワープ(勝ち点32)戦に向けて、冨安、遠藤、鎌田を先発起用。関根と小池はベンチ外となった。 ▽試合は9分、右サイドからのクロスが相手GKシナン・ボラトにキャッチされたが、近くを並走していたデ・サルトを振り払おうとしたGKシナン・ボラトの右ヒジがデ・サルトの顔面に直撃。これでシント=トロイデンがPKを獲得し、ヨルダン・ボタカがきっちりと決めて先制に成功する。 ▽しかし17分、首位を追うアントワープも反撃。ボックス左外への侵攻を許すと、冨安が寄せてクロスをブロックしたが、無情にも跳ね返りがゴールに吸い込まれてしまい、試合を振り出しに戻されてしまう。 ▽それでもシント=トロイデンは36分、ボックス左手前でボールを持ったポル・ガルシアがカットインからボックス内へスルーパス。ロマン・ベシュスが走り込み、GKとの一対一を制した。 ▽勝ち越しに成功したシント=トロイデンはさらに74分、鎌田が右CKからクロスを入れるが、相手DFにクリアされる。それでも再び跳ね返ってきたボールをボックス右から中央に折り返すと、混戦となった中、最後はポル・ガルシアが押し込んだ。 ▽結局試合は3-1で試合終了。シント=トロイデンはこれで4連勝を飾り、5位の座を死守した。1試合未消化の首位・ヘンクに勝ち点5差に迫っている。 アントワープ 1-3 シント=トロイデン 【アントワープ】 OG(前17) 【シント=トロイデン】 ヨルダン・ボタカ(前9[PK]) ロマン・ベシュス(前36) ポル・ガルシア(後29) 2018.12.02 17:45 Sun
twitterfacebook
thumb

10戦9発の鎌田大地…驚異的なゴール量産に現地メディアが賛辞「周囲を驚かせ続けている」

ジュピラーリーグ第16節シント=トロイデンvsアンデルレヒトはゴールを決めた鎌田大地の活躍もあり、4-2でシント=トロイデンが勝利を収めた。鎌田はこれで10試合に出場し9ゴールと、驚異的なハイアベレージでネットを揺らし続けている。<br><br>ベルギーメディア『voetbalkrant』は鎌田について特集記事を展開し「STVVの&ldquo;フェノーメノ&rdquo;鎌田大地は10試合で9ゴールを決め、周囲を驚かせ続けている」という見出しで次のように伝えた。<br><br>「出場機会に恵まれていたとは言えなかったフランクフルトから鎌田はやってきた。我々は10月にも鎌田についていかに非凡な選手であるかを伝えたが、このアタッカーの勢いは留まるところを知らない。それはプロとして決して容易なことではないが、彼はフィールドで本領を発揮する術に長けている」<br><br>また、記事では同僚DFキャスパー・デ・ノレの言葉「彼はピッチに立つと不思議な力を発揮するね。なぜあんなに冷静にゴールを決めることができるのか驚きだよ」と、鎌田に対する賛辞を伝えている。<br><br>鎌田大地はここまで驚異的なペースでゴールを量産し、リーグの得点ランキングで上位争いを展開している。フランクフルトからシント=トロイデンへのレンタル期間は2019年6月までと見られるが、鎌田はベルギーでさらに結果を残すことができるのだろうか。現在リーグ5位のシント=トロイデンは12月1日、2位ロイヤル・アントワープ戦とのアウェー戦に挑む。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.11.30 08:00 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース