元ドイツ代表FWキースリンクが現役時代の不正明かす! 妻をフィットネステストの替え玉に2018.12.06 17:47 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽昨季限りで現役を引退した元ドイツ代表FWシュテファン・キースリンク氏(34)が現役時代に行った自身の不正行為を明かした。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えた。

▽現役時代にニュルンベルク、レバークーゼンで活躍した元ドイツ代表FWのキースリンク氏は、今年10月から12年間に渡って在籍した古巣レバークーゼンでスポーツ部門のアドバイザーに就任している。

▽そのレバークーゼンのレジェンドストライカーは現役時代に妻をフィットネステストの替え玉として起用していたことを明かした。

「僕はプレシーズンの準備期間に1度も100パーセントの力でエクササイズをしたことはなかった」

「コーチングスタッフは僕に心拍数の測定とすべてのエクササイズを保存する測定器を渡してくるんだ」

「そして、僕の妻はとても運動好きで、彼女は僕に渡されたリストバンド(測定器)を着用して度々激しいエクササイズをこなしてくれたんだ」

「彼女はとてもうまくやってくれたし、誰にも気付かれたことはなかった」

▽ドイツ人選手は勤勉というイメージを完全に払しょくするキースリンク氏の告白よりも、キースリンク氏に割り当てられたエクササイズを問題なくこなせる奥さんのアスリート能力に驚かされるばかりだ。
コメント
関連ニュース
thumb

宇佐美デュッセルドルフ、レバークーゼンに完敗で連勝ならず《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第22節、レバークーゼンvsデュッセルドルフが17日に行われ、2-0でレバークーゼンが勝利した。 8位レバークーゼン(勝ち点33)と、12位デュッセルドルフ(勝ち点29)が激突した一戦。デュセルドルフの宇佐美貴史は公式戦2試合連続で招集外となった。 デュッセルドルフが3分にカラマンがCKからヘディングシュートを放ち良い入りを見せた一方で、レバークーゼンはアクシデントに見舞われる。ベララビが15分にアラリオと負傷交代。今季ここまで5ゴール5アシストのキーマンを序盤に欠いてしまう。 しかし、そんな心配をよそにレバークーゼンは18分、右サイドに流れたフォラントの左足のクロスをハフェルツがタイミング良く守備ラインの裏を取り、フリーで押し込んであっさり先制点を奪った。 このゴールで完全にレバークーゼンに主導権を渡してしまったデュッセルドルフは、27分にツィーマーが負傷しバルコクとの後退を余儀なくされるなど、不運にも見舞われてしまう。序盤のチャンス以外全く良いところがなく、攻撃に転じようとしても、相手の素早い切り替えに絡み取られてしまう。 41分には、右サイドでボールを奪われ、クロスからフォラントのシュートを許すが、ズットナーが決死のブロックで追加点を許さない。前半は何とか最少失点に抑えたが、後半も予想通り押し込まれる展開に。 56分にはボックス左からアラリオにシュートを許したが、GKドロブニーがセーブ。粘り強くここまで1点に抑えていたが、66分に引き離される。 再三攻撃の起点となっていた右サイドから仕掛けたレバークーゼンは、一度跳ね返されたクロスをヴァイザーが拾うと、ボックスの右外からシュートを選択。、難しい角度ながらゴール左に飛んだシュートはGKドロブニーが横っ飛びで弾枯れるも、こぼれ球をベイリーが押し込んで追加点を挙げた。 こうなるとデュッセルドルフに試合をひっくり返す力は残されておらず、試合は2-0で終了。勝利したレバークーゼンはリーグ戦4連勝。一方、デュッセルドルフは前節から連勝することはできなかった。 2019.02.18 03:55 Mon
twitterfacebook
thumb

レバークーゼンに逆転負けのバイエルン、連勝が7でストップ《ブンデスリーガ》

バイエルンは2日、ブンデスリーガ第20節でレバークーゼンとのアウェイ戦に臨み、1-3で敗れた。 前節シュツットガルト戦を終わってみれば4-1と快勝して7連勝とした2位バイエルン(勝ち点42)は、首位ドルトムントとの6ポイント差を維持した中、GKノイアーとチアゴが負傷欠場となり、ケガ明けのハメス・ロドリゲスが先発となった。 前節ヴォルフスブルク戦を3-0と快勝した9位レバークーゼン(勝ち点27)に対し、[4-2-3-1]を採用したバイエルンは最前線にレヴァンドフスキ、2列目に右からミュラー、ハメス・ロドリゲス、コマン、ボランチにゴレツカとキミッヒを並べた。 そのバイエルンは立ち上がり、レバークーゼンの攻勢を受けるも、それを凌いで徐々に一進一退の攻防に持ち込んでいった。そして攻め手となっていたコマンが枠内シュートを浴びせていくと、前半終盤の40分に均衡を破った。 コマンがスピードを生かしてボックス左に侵入しGKを強襲するシュートを浴びせると、ルーズボールを拾った右サイドのミュラーがピンポイントクロスを供給。これをゴール前に飛び込んだゴレツカがヘッドで押し込んだ。 ゴレツカのリーグ戦3試合連続ゴールで先制したバイエルンさらに追加タイム2分、コマンのスルーパスに抜け出したレヴァンドフスキが右足アウトでゴールに流し込むも、これはオフサイドに阻まれ前半を1点のリードで終えた。 迎えた後半開始8分、バイエルンは同点に追い付かれる。ボックス手前右で与えたFKをベイリーに直接ゴール左に決められた。 その後もレバークーゼンに押し込まれるバイエルンは63分に逆転された。ヴァイザーのスルーパスでボックス右のスペースを突いたベララビのクロスを最後はフォラントに流し込まれた。 追う展開となったバイエルンは73分、ハメス・ロドリゲスのゴール至近距離からのヘディングシュートはヴァイザーにブロックされてしまう。その後、ニャブリとアルフォンソ・デイビスの両ウイングを投入したバイエルンだったが、87分に終戦する。 ベララビのスルーパスで右サイドを抜け出したブラントのクロスをアラリオに決められると、直後はオフサイドと判定されるも、VARの末にゴールが認められ、決定的な3点目を失ってしまった。 このまま1-3で敗戦したバイエルンは連勝が7でストップしている。 2019.02.03 01:45 Sun
twitterfacebook
thumb

レバークーゼンがヘルリッヒ監督を解任! 後任は元ドルトムントのボス氏

▽レバークーゼンは23日、ハイコ・ヘルリッヒ監督(47)の解任とピーター・ボス氏(55)の招へいを発表した。契約は2019年1月4日から2020年6月30日まで。 ▽解任されたヘルリッヒ監督は、昨シーズンからレバークーゼンを指揮し、15勝10分け9敗の5位でブンデスリーガをフィニッシュ。しかし、今シーズンは開幕から3連敗を喫し、第17節終了時点で7勝3分け7敗の9位と低迷していた。 ▽年明けからクラブを率いることになるボス氏は、現役時代にはジェフユナイテッド千葉にも所属。監督としては2000年に母国オランダのアペルドールンでキャリアをスタートさせ、ヘラクレスやフィテッセ、アヤックスの指揮官、フェイエノールトの強化部長などを歴任した。2017年夏からはドルトムントでも指揮を執っていたが、同年12月に解任されている。 2018.12.23 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

バルセロナ関心の“神童”ハフェルツ、バイエルン行きを希望か

▽レバークーゼンに所属するドイツ代表MFカイ・ハフェルツ(19)が、バイエルンでのプレーを希望しているようだ。ドイツ『ビルト』を引用してスペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 ▽レバークーゼン下部組織出身のハフェルツは、2016年10月のブレーメン戦でクラブ史上最年少となる17歳126日でトップチームデビュー。トップ下を主戦場とし“エジル2世”とも呼ばれるドイツ期待の新星は、今シーズンもここまで公式戦20試合で7ゴール6アシストと攻撃を牽引している。 ▽報道によると、各方面から熱視線を注がれているハフェルツに関して、バルセロナは特に大きく関心を寄せているクラブの1つだ。しかし、同選手がバイエルンでプレーすることを望んでいるという情報がもたらされ、バルセロナは手を引くことを決めたという。 ▽なお、移籍市場に特化したドイツ『transfermarkt』によれば、ハフェルツは市場価格5500万ユーロ(約70億5000万円)と評価されている。 2018.12.15 19:32 Sat
twitterfacebook
thumb

ソン・フンミンが欧州100点目を記録! 韓国人選手史上2人目

▽トッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミン(26)が5日に行われたサウサンプトン戦(3-1で勝利)で1ゴールを記録し、ヨーロッパのキャリアで通算100ゴールを達成した。『koreaherald』が伝えている。 ▽ソン・フンミンは5日、日本代表DF吉田麻也を擁するサウサンプトンをホームに迎えたプレミアリーグ第15節でフル出場を果たすと、後半の55分にFWハリー・ケインのクロスを冷静にワンタッチで流し込み、自身の今季リーグ戦2点目とした。 ▽そして、今回の得点によってソン・フンミンはハンブルガーSV、レバークーゼン、トッテナムで積み上げてきた公式戦での得点数が「100」の大台に乗った。 ▽2010年から2013年まで在籍したHSVでは78試合に出場し20ゴール。2013年から2015年まで在籍したレバークーゼンでは87試合に出場し29ゴール。そして、2015年から在籍するトッテナムでは157試合に出場し51ゴールを記録している。 ▽なお、韓国人選手では1970年代後半から1980年代にダルムシュタット、フランクフルト、レバークーゼンで活躍した元韓国代表FWのチャ・ボムグン氏が欧州通算121ゴールという記録を残している。そして、同氏に続いて100ゴールを達成したソン・フンミンは今季中、あるいは来季に記録更新を目指す。 2018.12.06 13:21 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース