ユナイテッドが2度のビハインドを追いつきドロー、勝ち切れなかったアーセナルは20戦無敗《プレミアリーグ》2018.12.06 07:05 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第15節、マンチェスター・ユナイテッドvsアーセナルが5日に行われ、2-2で引き分けた。▽4日前に行われた前節サウサンプトン戦を2点のビハインドを追いついて引き分けたものの、引き続きモウリーニョ監督の首が危うい8位ユナイテッド(勝ち点22)は、サウサンプトン戦のスタメンから7選手を変更。ポグバやルカクがベンチスタートとなってラッシュフォードやマティッチ、エレーラ、GKデ・ヘアが引き続き先発となった。

▽一方、前節トッテナムとのノース・ロンドン・ダービーを4-2で快勝した4位アーセナル(勝ち点30)は、トッテナム戦のスタメンから2選手を変更。ムヒタリアンと出場停止のジャカに代えてラムジーとグエンドウジを起用した。

▽共に[3-4-3]で臨んだ一戦。慎重な入りを見せたアーセナルに対し、5分にラッシュフォードがミドルシュートでオンターゲットを記録したユナイテッドが能動的に試合を進めていく。

▽ユナイテッドがボールを保持する静かな展開で推移していた中、徐々にダロットとバイリーの組むサイドをコラシナツが突いて揺さぶるアーセナルは、26分に先制した。左CKからスモーリングとの競り合いを制したムスタフィが強烈なヘディングシュートを叩きつけると、GKデ・ヘアが弾ききれない。そして、後方に逸れたボールをゴールライン上のエレーラがクリアしたかに思われたが、ゴールラインテクノロジーによって得点が認められた。

▽しかし30分、ユナイテッドがすかさず追いつく。枠の右を捉えたロホの直接FKはGKレノに弾かれるもルーズボールをボックス右ゴールライン際のエレーラが折り返し、マルシャルが押し込んだ。

▽失点したアーセナルは左足を負傷してプレー続行不可能となったホールディングが36分、リヒトシュタイナーとの交代を強いられる。リヒトシュタイナーは3バックの右に入り、ムスタフィが中央に、パパスタソプーロスが左に移った。

▽ハーフタイムにかけてはイエローカードが飛び交う荒い展開となるも、スコアは動かず1-1で前半を終えた。

▽後半から足を負傷した影響でラムジーに代わり、ムヒタリアンを投入したアーセナルに対し、後半もユナイテッドがボールを持つスタートとなると、59分にロホがミドルシュートでGKレノを襲う。

▽その後、足を痛めたマルシャルがプレー続行不可能となり、64分にルカクを投入したユナイテッドに対し、アーセナルはイウォビに代えてラカゼットを投入。3枚の交代枠を使い切って勝負に出た。

▽すると68分、ロホのミスパスをカットした流れからショートカウンターに転じたアーセナルは、ムヒタリアンのラストパスを受けたラカゼットがGKとの一対一を制し、勝ち越しに成功する。

▽だが、再びユナイテッドがすかさず追いついて見せる。ロホがロングフィードを送った流れからルカクが潰れると、コラシナツがクリアしきれず、ルーズボールをリンガードが押し込んだ。

▽失点後、アーセナルはオーバメヤンが2度決定的なシュートを浴びせるも、いずれもGKデ・ヘアが汚名返上とばかりにファインセーブで阻止する。

▽終盤にかけてはオープンな展開が続いた中、90分にアーセナルにビッグチャンス。バイリーのクリアが小さくなったところをカットしてゴール前になだれ込むと、最後はトレイラがシュート。しかし、GKデ・ヘアにセーブされた。

▽結局、試合は譲らず2-2のドロー。2度のリードを生かせなかったアーセナルだったが、20戦無敗としている。
コメント
関連ニュース
thumb

スールシャール監督、1G1Aのポグバを大絶賛!「世界最高レベルの選手」

マンチェスター・ユナイテッドは18日、イングランド・FAカップ5回戦でチェルシーに2-0で勝利。試合後、オーレ・グンナー・スールシャール監督は活躍したポール・ポグバを絶賛するコメントを残した。<br><br>試合は31分、左サイドでボールを受けたポグバがゴール前にクロスを入れる。これに反応したアンデル・エレーラが頭で合わせ、マンチェスター・Uが先制に成功。続けて前半終了間際には、ポグバのスルーパスにマーカス・ラッシュフォードが抜け出す。ラッシュフォードが右サイドからクロスを入れ、走り込んだポグバがダイビングヘッドでネットを揺らした。このままリードを守りきったマンチェスター・Uが2-0で勝利を収めた。<br><br>スールシャール監督は、12日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のパリ・サンジェルマン戦の敗戦から立ち直り、見事に1ゴール1アシストの活躍をしたポグバに最大限の賛辞を送った。<br><br>「ポグバにとってPSGとの試合は難しいものだった。しかし、それでも彼は我々のベストプレイヤーだ。今日は、世界最高の守備的MFの1人である(ヌゴロ)カンテと対峙したが、素晴らしい出来だった。彼はプレーのビジョンを持っている。アンデル(エレーラ)にアシストしたクロスや、自分で決めたゴールもファンタスティックだった。世界最高レベルの選手だよ。<br><br>もちろん、称賛に値するのはポグバだけではない。サブを含めた選手全員が素晴らしかったね」<br><br>提供:goal.com 2019.02.19 20:05 Tue
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、犬猿の仲ヴェンゲルに“胸熱”ビデオレター

ジョゼ・モウリーニョ氏(56)がアーセン・ヴェンゲル氏(69)を認めた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 モウリーニョ氏とヴェンゲル氏は長年にわたり、プレミアリーグが誇る名監督としてテクニカルエリア内のみならず、その外での舌戦で多くの名勝負を展開してきた“犬猿の仲”。かつてモウリーニョ氏がヴェンゲル氏を「失敗のスペシャリスト」として揶揄したことも記憶に新しい。 ローレウス賞授賞式に出席したそのヴェンゲル氏は、在任期間の初期にイングランドサッカー界に革新をもたらす功績を築いたとして生涯功労賞を受賞すると、ビデオメッセージにモウリーニョ氏が登場。胸熱くなるメッセージを送った。 「いくつかのエピソードがある。だが、私は自分のことしか話さない。本当に争いを楽しませてもらったし、そこに真の尊敬があった」 「彼は1つのフットボールクラブで数多の歴史を築き上げた。インビジブルズという愛称がそれそのものさ。監督としての哲学、ほぼ完璧なチーム、アメージングだった」 「彼はフットボール史で最もベストな監督の1人だ」 両者は現在、無所属。フットボールファンとしては、またどこかのリーグで凌ぎを削り合う両者の姿を見たいところだ。 2019.02.19 19:00 Tue
twitterfacebook
thumb

エレーラ、チェルシー攻略法を叩き込み決勝弾! 途中出場組にも労いの言葉

マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表MFアンデル・エレーラがチェルシー撃破を誇った。イギリス『メトロ』が報じた。 ユナイテッドは18日、FAカップ5回戦でチェルシーと激突。前ラウンドのアーセナルに続くロンドン勢との対戦で、さらにアウェイでの連戦だったが、アンデル・エレーラとフランス代表MFポール・ポグバのゴールにより、ベスト8進出を果たした。 この試合でタフなハードワーカーとして最も輝きを放つ選手の1人だったアンデル・エレーラは試合後、イギリス『BBC』のインタビューで「自身の1stゴールは決定的だったか?」と問われると、次のように言及。また、途中出場組を労った。 「そうでもない。正直に言ってね。彼らはファンタスティックなチームだから、僕らは最後まで戦わなくちゃいけなかった」 「でも、僕らは彼らとの戦い方を把握していて、僕自身もより攻撃的にプレーした。彼らが僕側のサイドを軸にしてくることがわかっていたからね」 「素晴らしいゲームになったよ」 「僕はアレクシス(・サンチェス)やアンドレアス(・ペレイラ)、スコット(・マクトミネイ)にも話したい。ワールドクラスの選手であるアレクシスも戦った」 「あれこそがマンチェスター・ユナイテッドだ。僕らの求めることさ」 2019.02.19 15:20 Tue
twitterfacebook
thumb

FAカップ準々決勝組み合わせ…ガナーズ&ブルーズ撃破の赤い悪魔はウルブスと激突!

FAカップ準々決勝の対戦カードが決定した。 マンチェスター・ユナイテッドは18日に敵地で行われた5回戦でフランス代表MFポール・ポグバの1得点1アシストにより、アーセナルに続いてチェルシーを2-0で撃破。ウォルバーハンプトンと4強の椅子をかけて激突する。 マンチェスター・シティは16日に敵地で行われた5回戦でU-21イングランド代表MFフィル・フォーデンの2得点により、ニューポート・カウンティ(イングランド4部相当)を4-1で撃破。準々決勝でスウォンジーと対戦する。 準々決勝は3月15〜18日にかけて開催予定。優勝チームに対して、賞金72万ポンド(約1億円)が贈呈される。 ◆FAカップ準々決勝対戦カード スウォンジー(2部相当) vs マンチェスター・シティ ワトフォード vs クリスタル・パレス ウォルバーハンプトン vs マンチェスター・ユナイテッド ミルウォール(2部相当) vs ブライトン 2019.02.19 14:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、条件次第でウルブスMFネヴェスの獲得へ

マンチェスター・ユナイテッドが、ウォルバーハンプトンに所属するポルトガル代表MFルベン・ネヴェス(21)に関心を示しているようだ。イギリス『エクスプレス』が伝えている。 ポルトの下部組織出身のネヴェスは、2014年に17歳の若さでトップチームデビュー。2015-16シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節のマッカビ・テルアビブ戦で大会史上最年少記録となる18歳221日でキャプテンマークを巻くなど、将来を嘱望される逸材だ。 そんなネヴェスは2017年7月に1750万ポンド(現在のレートで約25億円)でウォルバーハンプトンに移籍。加入初年度からリーグ戦42試合に出場し、チャンピオンシップ(イングランド2部)の優勝に貢献した。今シーズンもここまでプレミアリーグ24試合に出場し7位と躍進するチームを支えている。 今回伝えられるところによると、ユナイテッドがネヴェスに関心を寄せており、シーズンを通してスカウティングを行っているという。しかし、ウォルバーハンプトンはネヴェスを1億ポンド(約142億円)と評価しており、金額が下がった場合のみ獲得に動くようだ。 2019.02.19 14:11 Tue
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース