ユナイテッドが2度のビハインドを追いつきドロー、勝ち切れなかったアーセナルは20戦無敗《プレミアリーグ》2018.12.06 07:05 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第15節、マンチェスター・ユナイテッドvsアーセナルが5日に行われ、2-2で引き分けた。▽4日前に行われた前節サウサンプトン戦を2点のビハインドを追いついて引き分けたものの、引き続きモウリーニョ監督の首が危うい8位ユナイテッド(勝ち点22)は、サウサンプトン戦のスタメンから7選手を変更。ポグバやルカクがベンチスタートとなってラッシュフォードやマティッチ、エレーラ、GKデ・ヘアが引き続き先発となった。

▽一方、前節トッテナムとのノース・ロンドン・ダービーを4-2で快勝した4位アーセナル(勝ち点30)は、トッテナム戦のスタメンから2選手を変更。ムヒタリアンと出場停止のジャカに代えてラムジーとグエンドウジを起用した。

▽共に[3-4-3]で臨んだ一戦。慎重な入りを見せたアーセナルに対し、5分にラッシュフォードがミドルシュートでオンターゲットを記録したユナイテッドが能動的に試合を進めていく。

▽ユナイテッドがボールを保持する静かな展開で推移していた中、徐々にダロットとバイリーの組むサイドをコラシナツが突いて揺さぶるアーセナルは、26分に先制した。左CKからスモーリングとの競り合いを制したムスタフィが強烈なヘディングシュートを叩きつけると、GKデ・ヘアが弾ききれない。そして、後方に逸れたボールをゴールライン上のエレーラがクリアしたかに思われたが、ゴールラインテクノロジーによって得点が認められた。

▽しかし30分、ユナイテッドがすかさず追いつく。枠の右を捉えたロホの直接FKはGKレノに弾かれるもルーズボールをボックス右ゴールライン際のエレーラが折り返し、マルシャルが押し込んだ。

▽失点したアーセナルは左足を負傷してプレー続行不可能となったホールディングが36分、リヒトシュタイナーとの交代を強いられる。リヒトシュタイナーは3バックの右に入り、ムスタフィが中央に、パパスタソプーロスが左に移った。

▽ハーフタイムにかけてはイエローカードが飛び交う荒い展開となるも、スコアは動かず1-1で前半を終えた。

▽後半から足を負傷した影響でラムジーに代わり、ムヒタリアンを投入したアーセナルに対し、後半もユナイテッドがボールを持つスタートとなると、59分にロホがミドルシュートでGKレノを襲う。

▽その後、足を痛めたマルシャルがプレー続行不可能となり、64分にルカクを投入したユナイテッドに対し、アーセナルはイウォビに代えてラカゼットを投入。3枚の交代枠を使い切って勝負に出た。

▽すると68分、ロホのミスパスをカットした流れからショートカウンターに転じたアーセナルは、ムヒタリアンのラストパスを受けたラカゼットがGKとの一対一を制し、勝ち越しに成功する。

▽だが、再びユナイテッドがすかさず追いついて見せる。ロホがロングフィードを送った流れからルカクが潰れると、コラシナツがクリアしきれず、ルーズボールをリンガードが押し込んだ。

▽失点後、アーセナルはオーバメヤンが2度決定的なシュートを浴びせるも、いずれもGKデ・ヘアが汚名返上とばかりにファインセーブで阻止する。

▽終盤にかけてはオープンな展開が続いた中、90分にアーセナルにビッグチャンス。バイリーのクリアが小さくなったところをカットしてゴール前になだれ込むと、最後はトレイラがシュート。しかし、GKデ・ヘアにセーブされた。

▽結局、試合は譲らず2-2のドロー。2度のリードを生かせなかったアーセナルだったが、20戦無敗としている。
コメント
関連ニュース
thumb

ポグバ、モウ解任後にSNS意味深投稿で物議! すでに削除

▽マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバが18日、ジョゼ・モウリーニョ監督の解任後、SNSに意味深な投稿を行った。イギリス『デイリー・メール』などが伝えている。 ▽マンチェスター・ユナイテッドは18日、モウリーニョ監督(55)の退任を発表。2016-17シーズンから同クラブを指揮すると、初年度にヨーロッパリーグ(EL)、リーグカップのタイトルを獲得したが、昨シーズンを無冠で終えた。今シーズンも、プレミアリーグ第17節終了時点で7勝5分け5敗の6位。ラストマッチとなった16日の第17節リバプール戦では1-3の完敗を喫した。 ▽モウリーニョ監督の解任によって注目を集めたのが、今季ポルトガル人指揮官との確執が幾度となく報じられていたポグバ。そして、同選手は冷え切った関係にあった同監督の退任を受けて、自身の公式インスタグラムとツイッターに意味深な投稿を行った。 ▽すでに削除された同投稿ではにんまりと何か企んだような笑顔を見せるポグバの画像と共に、「この写真にキャプション(見出し)を付けて!」というコメントが付けられ、同時にユナイテッドと公式サプライヤーのアディダスのアカウント、ユナイテッドのハッシュタグが付けられていた。 ▽この投稿に関してイギリスメディアはポグバが天敵の解任に対する喜びを暗に表現していたのではないかと推測している。 ◆天敵の解任ににんまり? https://twitter.com/ESPNFC/status/1074990568218996736 2018.12.19 00:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、モウリーニョ退任を公式発表!

▽マンチェスター・ユナイテッドは18日、ジョゼ・モウリーニョ監督(55)の退任を発表した。 ▽モウリーニョ監督は、2016-17シーズンからユナイテッドを指揮。すると、初年度にヨーロッパリーグ(EL)、リーグカップのタイトルを獲得したが、昨シーズンを無冠で終えた。今シーズンも、プレミアリーグ第17節終了時点で7勝5分け5敗の6位。ラストマッチとなった16日の第17節リバプール戦では1-3の完敗を喫し、「解任間近」との報が各紙より噴出していた。 ▽クラブは、別れを告げることとなったモウリーニョ監督に対して、「ジョゼ(・モウリーニョ)のした仕事に感謝し、今後の成功を祈ります」と感謝を伝えている。 ▽なお、後任に関しては、一先ず今シーズン終了までを率いる指揮官を任命し、その後にフルタイムで指揮を執る新監督を「徹底的なプロセスで探す」とした。 2018.12.18 19:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーベがポグバ復帰画策 今冬レンタルか

▽ユベントスがマンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(25)のレンタルを画策しているようだ。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽ポグバは2016年夏、当時の史上最高額となる移籍金1億500万ユーロ(約135億5000万円)でオールド・トラフォードに帰還したが、ユベントス時代のような輝きがないとして、度々批判の矢面に。最近は軋轢が取り沙汰されるジョゼ・モウリーニョ監督の下で先発機会も減らしており、移籍の噂があとを絶えない。 ▽そうした中、ポグバの代理人を務めるミノ・ライオラ氏は17日にユベントスの上層部と会談。顧客であるイタリア代表FWモイーズ・キーン(18)の契約延長が主な議題だったが、同じくクライアントのアヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)のほか、渦中のポグバについても話し合ったという。 ▽そのユベントスは、今冬の移籍市場でポグバを連れ戻すとなれば、現時点で買取オプション付きのレンタルか、買取義務のレンタルを検討している模様だ。 2018.12.18 14:40 Tue
twitterfacebook
thumb

溜息が出る走力…モウリーニョがロバートソンを称賛! 「毎分100Mスプリント」

▽マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、リバプールに所属するスコットランド代表DFアンディ・ロバートソンを称賛している。イギリス『メトロ』が伝えた。 ▽リバプールは16日、プレミアリーグ第17節でユナイテッドをアンフィールドに迎え、3-1で勝利。前半中にマネが先制点を奪取し、その後追いつかれたものの途中出場のシャキリが2ゴールを奪い、無敗&首位をキープした。 ▽ユルゲン・クロップ監督も「就任して以降、ベストパフォーマンスの1つだった」と称賛した試合の後、モウリーニョ監督はロバートソンを名指しで称えている。 「彼らはボールがあろうとなかろうと時速200マイルでプレーするんだ」 「(アンディ・)ロバートソンだけを見ることにまだ疲れている。彼は毎分100メートルのスプリントを記録する。絶対的に信じられないもので、それらが彼らのクオリティだ」 ▽また、ロバートソンは、モウリーニョ監督の称賛に対して、以下のように落ち着いた反応を見せている。 「それは僕の試合の一部であって、内包していることなんだ」 「僕は(試合)終了までやり続けるよ」 2018.12.18 12:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、オプション行使でマルシャルと2020年まで契約延長へ

▽マンチェスター・ユナイテッドがフランス代表FWアントニー・マルシャル(23)と2020年まで契約を延長するようだ。『ESPN』やイギリス『BBC』が報じている。 ▽2015年夏にモナコから加入したマルシャルは、1年間の契約延長オプションを除いて今季限りでユナイテッドとの契約が切れる。そのマルシャルは今季ここまでプレミアリーグ13試合に出場して7ゴール、チャンピオンズリーグ5試合に出場して1ゴールを決め、ユナイテッドの得点源となっている。 ▽ジョゼ・モウリーニョ監督との確執が噂され、長期契約の締結を拒んでいるとされるマルシャルにはインテルが獲得の興味を示していると報じられたが、スペイン代表GKダビド・デ・ヘア(28)同様、取り敢えず1年間の延長オプションで合意したとのことだ。 2018.12.18 04:10 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース