キエッリーニ、1年でユーベ復帰のボヌッチに「ずっと一緒にいたような気がする」2018.12.05 11:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
ユベントスのDFジョルジョ・キエッリーニが3日、『グラン・ガラ・デル・カルチョ2018』の授賞式に出席した際、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、同僚のDFレオナルド・ボヌッチらについて述べた。

ボヌッチは2017年夏、7年間所属したユベントスを退団し、ミランへ電撃移籍を決めた。ボヌッチのユーベ加入以来、ともにプレーしてきたキエッリーニは当時、「引退まで(アンドレア・バルザーリを含めた)3人で守備をやっていくつもりだったし、ボヌッチが敵になるとは思わなかった」と話し、突然の別れに戸惑いを隠さず。しかし今夏、ボヌッチはわずか1年でミランを退団し、古巣へ復帰した。キエッリーニは、離れ離れの1年間が存在しなかったように感じている。「ボヌッチは、まるでずっと一緒にいたような気がするよ。彼は重要な選手だ。お互いを称え合っているよ」と口にした。

続いてキエッリーニは、昨シーズン限りでユーベを退団したGKジャンルイジ・ブッフォンに話題を移した。「ジジにとっては、既定路線だったようだ。ピッチ内外において重要な役割を果たしていた。ロッカールーム内ではイタリア人や外国人を問わず、若手選手全員の模範であり、多くを与えてくれた」と賛辞を贈った。

さらにユーベDFは、3月に急逝した元イタリア代表DFダビデ・アストーリに言及。「彼の笑顔は今も僕の心の中に残っている。笑顔を絶やさない明るい青年だった。ダビデ・アストーリに敬意を示すためにもスタジアムに花を手向けることは大切だと考えた」と述べ、1日のフィオレンティーナ戦の試合前の自身の行動を説明した。


提供:goal.com
コメント


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース