フロジノーネのアイスランド代表MFハルフレドソン、ヒザの手術で3~4カ月の離脱2018.12.05 05:40 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フロジノーネは4日、アイスランド代表MFエミル・ハルフレドソンが右ヒザの手術を受けたことを発表した。▽10月5日のトリノ戦以降、ヒザの痛みによって欠場が続いていた34歳のハルフレドソンは、4日にバルセロナで膝蓋腱の軟骨のかけらを除去する手術を受けたとのことだ。『フットボール・イタリア』によれば離脱期間は3~4カ月になるという。

▽レフティーのプレーメーカーであるハルフレドソンは今季のセリエAで5試合に先発していた。19位に沈むチームにとって経験豊富なハルフレドソンの長期離脱は大きな痛手となりそうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

守備の要復帰のユーベ、C・ロナウドとディバラの初揃い踏み弾で快勝! アトレティコ戦に弾み《セリエA》

ユベントスは15日、セリエA第24節でフロジノーネをホームに迎え、3-0で快勝した。 前節サッスオーロ戦をC・ロナウドが全3ゴールに絡み、公式戦4試合ぶりに無失点に抑えて勝利を取り戻した首位ユベントス(勝ち点63)は、5日後にチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦を控える中、キエッリーニとボヌッチの守備の要二人が負傷から復帰した。 19位フロジノーネ(勝ち点16)に対し、3トップに右からディバラ、マンジュキッチ、C・ロナウドと並べ、中盤アンカーにジャンを据える[4-3-3]で臨んだユベントスは開始6分に先制する。C・ロナウドのパスを受けたバイタルエリア中央のディバラが左足を一閃すると、強烈なミドルシュートがゴール右上に突き刺さった。 セリエAでは11月以来となる今季3点目のディバラ弾で先手を取ったユベントスがその後もフロジノーネを圧倒すると、17分に加点した。右CKからファーサイドのマンジュキッチがヘッドで合わせたシュートはGKにセーブされるも、ルーズボールをボヌッチが右足で押し込んだ。 トップ下気味にポジションを取るディバラが攻撃を牽引し、高い位置からのプレスがハマって攻守に充実のユベントスは、前半半ば以降もC・ロナウドのミドルシュートや直接FKで3点目に迫り続ける。唯一、チャーノの直接FKでゴールを脅かされたが、失点せずに2-0でハーフタイムに入った。 迎えた後半も主導権を握るユベントスは63分に3点目を奪った。右サイドからのマンジュキッチのグラウンダークロスをC・ロナウドがダイレクトでゴール左に流し込んだ。 C・ロナウドのリーグ戦4試合連続ゴールで試合を決定付けたユベントスは、アトレティコ戦を見据えてC・ロナウドやキエッリーニを下げていく。 終盤にかけても危なげなく試合を運んだユベントスがC・ロナウドとディバラの初揃い踏み弾で3-0と快勝し、アトレティコ戦に弾みを付けている。 2019.02.16 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

カイセド弾で逃げ切ったラツィオがリーグ4試合ぶりの白星を飾る《セリエA》

ラツィオは4日、セリエA第22節でフロジノーネと対戦し、0-1で勝利した。 リーグ戦3試合勝利のない8位ラツィオが、19位フロジノーネの本拠地スタディオ・マトゥーザに乗り込んだ一戦。1月31日に行われたコッパ・イタリア準々決勝のインテル戦をPK戦の末に勝利したラツィオは、その試合からスタメンを5人変更。出場停止のミリンコビッチ=サビッチやコレア、ルーカス・レイバらに代えてカイセドやパローロ、バデリらをスタメンで起用した。 10 試合は立ち上がりから一進一退の攻防が続く中、先にチャンスを迎えたのはラツィオ。14分、相手ボックス手前でクリアボールをカットしたバデリがミドルシュート。さらに16分には、ルイス・アルベルトの縦パスからゴールエリア左手前まで侵攻したカイセドがシュートを放ったが、これは相手DFにブロックされた。 対するフロジノーネは25分、右サイドからのアーリークロスに飛び込んだチャーノがバストスに倒されPKを獲得。しかし、VARの末にチャーノのシミュレーションを取り、PKは取り消された。 前半半ば以降はラツィオが押し込む展開となると36分、ドリブルで持ち上がったL・アルベルトの縦パスをダイアゴナルに走り込んだカイセドがペナルティアーク内で受けると、ボックス内まで切り込みシュートを叩き込んだ。 迎えた後半、1点をリードするラツィオは57分にバデリとカイセドを下げてルーカス・レイバとバロン・ベリシャを投入。さらに65分には、左足を負傷したL・アルベルトに代えてルリッチをピッチに送り出し、3枚の交代カードを使い切った。 膠着状態が続く中、フロジノーネが先に決定機を迎える。79分、左クロスの流れたボールをボックス右に走り込んだザンパーノがダイレクトボレーで合わせると、ゴール前のピナモンティがコースを変えたが、これはオフサイドの判定となった。 さらにフロジノーネは、85分にもチャーノのスルーパスでボックス左に侵入したピナモンティがダイレクトシュートで狙ったが、これも枠を外した。結局、試合はそのまま0-1で終了。カイセド弾で逃げ切ったラツィオが、リーグ戦4試合ぶりの勝利を飾った。 2019.02.05 05:04 Tue
twitterfacebook
thumb

鎌田大地にライバル? シント=トロイデンがフロジノーネ退団のオランダ人MFフルートを獲得

シント=トロイデンは4日、1日にフロジノーネを退団したオランダ人MFライ・フルート(23)を獲得を発表した。 オランダの名門PSVユース出身のフルートは、2013年にトップチームに昇格。しかし、トップチームでは出場機会に恵まれず、主にリザーブチームでプレー。その後、国内下部リーグのカンブールやアイントホーフェンでのプレーを経て2017年の夏にNACブレダへ移籍。 NACでは、開幕スタメンを勝ち取るとリーグ戦31試合に出場し4ゴールを記録。昨年7月にはスイス2部のキアッソへの移籍が発表されていたが、同年8月にフロジノーネに4年契約で加入。しかし、今季はここまでセリエAで5試合の出場に留まると、1日に双方合意の下で契約を解除していた。 なお、攻撃的MFを主戦場とするフルートは、日本人MF鎌田大地のライバルになる存在かもしれない。 2019.02.05 02:30 Tue
twitterfacebook
thumb

元アーセナルのジョエル・キャンベルがメキシコのレオンに移籍! 今季は初挑戦のセリエAで無得点

メキシコのクラブ・レオンは26日、フロジノーネからコスタリカ代表FWジョエル・キャンベル(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。 昨夏、アーセナルを退団してフロジノーネにフリートランスファーで加入したキャンベルは、初挑戦のセリエAでここまで17試合に出場もノーゴールとなっていた。そして、わずか半年のプレーを経て母国に近いメキシコ行きを決断した。 キャンベルは、コスタリカのサプリサから2011年8月にアーセナルに完全移籍。しかし、ロリアンやレアル・ベティス、オリンピアコス、ビジャレアル、スポルティング・リスボンとレンタル移籍を繰り返した。 アーセナルでは在籍期間7年間で公式戦通算40試合に出場し4ゴール6アシストを記録もオリンピアコスやベティスなどレンタル先のクラブでの出場機会の方が多かった。 また、コスタリカ代表として83試合に出場し17ゴールを記録。昨年のロシア・ワールドカップでも2試合に出場していた。 2019.01.27 00:40 Sun
twitterfacebook
thumb

フロジノーネ、サッスオーロの大型FWトロッタを獲得

フロジノーネは25日、サッスオーロのイタリア人FWマルチェロ・トロッタ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ナポリやマンチェスター・シティの下部組織で育った188cmの大型FWであるトロッタは、2016年1月にサッスオーロに加入。過去2シーズンはクロトーネへレンタル移籍し、昨季はセリエAで34試合に出場して7ゴールを記録したが、サッスオーロに復帰した今季はセリエAでわずか1試合の出場に留まっていた。 2019.01.26 03:29 Sat
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース