フロジノーネのアイスランド代表MFハルフレドソン、ヒザの手術で3~4カ月の離脱2018.12.05 05:40 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フロジノーネは4日、アイスランド代表MFエミル・ハルフレドソンが右ヒザの手術を受けたことを発表した。▽10月5日のトリノ戦以降、ヒザの痛みによって欠場が続いていた34歳のハルフレドソンは、4日にバルセロナで膝蓋腱の軟骨のかけらを除去する手術を受けたとのことだ。『フットボール・イタリア』によれば離脱期間は3~4カ月になるという。

▽レフティーのプレーメーカーであるハルフレドソンは今季のセリエAで5試合に先発していた。19位に沈むチームにとって経験豊富なハルフレドソンの長期離脱は大きな痛手となりそうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

リバプール戦に向け主力温存のナポリ、躍動ウナス弾やミリクの2発などで快勝《セリエA》

▽ナポリは8日、セリエA第15節でフロジノーネをホームに迎え、4-0で快勝した。 ▽前節アタランタ戦を途中出場ミリクの決勝弾で2-1と競り勝った2位ナポリ(勝ち点32)は、3日後にリバプールとのチャンピオンズリーグ(CL)を控える中、メルテンスやカジェホン、GKオスピナら一部主力をベンチスタートとし、長期離脱明けのGKメレトとグラムが先発となった。 ▽19位フロジノーネ(勝ち点9)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだナポリは、2トップにインシーニェとミリク、中盤右にウナス、左にジエリンスキ、センターにハムシクとアランを起用した。 ▽立ち上がりからナポリが押し込む展開で推移すると、7分にあっさり先制する。CKの流れからインシーニェの丁寧なパスをボックス左のジエリンスキが左足ダイレクトでグラウンダーのシュートをゴール右に突き刺した。 ▽先制後もナポリが主導権を握り、ウナスの単騎突破からチャンスを窺っていくも、シュートチャンスを作るには至らない。それでも40分、ゴール正面約25mの位置からウナスが強烈なミドルシュートを叩き込んで加点。余裕の展開となった前半を2点のリードで終えた。 ▽迎えた後半開始3分、インシーニェがボックス右からGKを強襲するシュートを浴びせたナポリは、直後にもグラムのボレーシュートで3点目に迫っていく。 ▽その後も流し気味にプレーするナポリが敵陣で試合を進めると、69分にダメを押した。右CKからニアサイドのミリクがヘッドで流し込んだ。 ▽余裕のナポリはリバプール戦に向けてインシーニェ、ハムシクを下げていく。そして84分にはグラムの左クロスをミリクが決めて4-0。圧勝でリバプール戦に弾みを付けている。 2018.12.09 00:59 Sun
twitterfacebook
thumb

イカルディセリエA通算200試合出場にケイタが移籍後初ゴール!インテルがフロジノーネに快勝し2試合ぶり白星《セリエA》

▽インテルは24日、セリエA第13節でフロジノーネとホームで対戦し、3-0で快勝した。 ▽前節アタランタに1-4で敗れ、リーグ戦の連勝が7でストップしたインテル。2週間ぶりのリーグ戦となった今節の相手は19位に沈む昇格組のフロジノーネだが、今後、チャンピオンズリーグのトッテナム戦、次節ローマ戦、さらにその次のユベントス戦を見据えると、すっきりと勝っておきたいところだ。 ▽先発にシュクリニアルやケイタ、ナインゴラン、L・マルティネスらが顔を揃えたインテルは3分、セットプレーの流れから、アサモアのクロスをダンブロージオが合わせてゴールに迫る。8分にはボックス内でパスを受けたケイタが相手と入れ替わり前を向いてシュート。これはGKに弾かれた。 ▽序盤から攻め込むインテルは10分に先制。相手のクリアボールを敵陣中央で奪い、ボックス手前のL・マルティネスからボックス左のケイタへ。ケイタは2度の鋭い切り返しで相手のチェックを振り切り、左足で流し込んで移籍後初ゴールを記録した。 ▽攻勢を続けるインテルは23分にL・マルティネスがボックスの外左から強烈なシュートを見舞う。41分には、ボルハ・バレロのクロスにシュクリニアルが合わせるが、どちらのシュートもGKスポルティエッロのセーブに遭う。 ▽前半を1失点に抑えたフロジノーネは53分、左サイドのベゲットのクロスにD・チョファーニがニアで合わせる。枠に飛んでいたがGKハンダノビッチに防がれた。 ▽ピンチを凌いだインテルはその4分後に追加点を奪う。左サイドでボールを受けたケイタがボックスの外から右足でクロスを上げると、L・マルティネスが頭で合わせてネットを揺らした。 ▽厳しくなったフロジノーネは59分にボルハ・バレロからボールを奪ったチブサーがドリブルで運び、ボックス手前からシュートを選択。しかし、右足アウトサイドで狙ったシュートは威力なくハンダノビッチがしっかりセーブ。 ▽その後、インテルは63分にL・マルティネス、70分にポリターノがシュートを放っていくがゴールにつなげることができない。そんな中、77分にL・マルティネスを下げてイカルディを投入。イカルディはセリエA200試合目の出場となった。 ▽イカルディの出場にスタジアムが沸く中、インテルは82分に相手の前掛かりなディフェンスを逆手に取り、一本のロングパスでチャンスを演出。ポリターノが前方に運び、最後はボックス左でパスを受けたケイタが流し込んでリードを3点に広げた。 ▽試合はここで終了。相手を全く寄せ付けなかったインテルがケイタの移籍後初ゴールを含む2得点などでフロジノーネに快勝。リーグ戦2試合ぶりの勝利で、今後のビッグマッチへ弾みをつけた。 2018.11.25 06:26 Sun
twitterfacebook
thumb

攻撃陣躍動のローマが公式戦6試合ぶりの勝利! 次節デルビーに弾み《セリエA》

▽セリエA第6節、ローマvsフロジノーネが26日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが4-0で快勝した。 ▽前節、敵地でボローニャに0-2の完敗を喫しローマは今季リーグ戦2敗目を喫すると共に、開幕戦のトリノ戦以降、公式戦5戦未勝利と近年で稀に見る絶不調に陥る。ディ・フランチェスコ監督の進退問題、今週末にラツィオとの“デルビー・デッラ・カピターレ”を控える中、格下相手の一戦で勝ち点3奪取が至上命令となった。 ▽この一戦に向けてローマはGKオルセン、ファシオ、マノラス、デ・ロッシを除く7人を変更。サントンが移籍後初先発を飾ったほか、前線はジェンギズ・ユンデル、シック、エル・シャーラウィという並びとなった。 ▽試合は開始早々に動く。2分、右サイドをドリブルで強引にこじ開けたジェンギズがボックス付近から左足を振り抜くと、GKの腕を弾いたパワーシュートがゴール右に決まった。 ▽昨季ブレイクした若武者の一撃で重い空気を振り払ったローマはここから攻撃陣が躍動。コラロフとジェンギズの個人技でサイドを幾度となく突破していくと、中央ではパストーレがドリブルとショートパスを交えながら再三の突破を見せる。すると28分には右サイドのサントンの折り返しをそのパストーレが圧巻のヒールシュートでゴール左隅に流し込む。 ▽これで完全に乗ったジャッロロッソは35分にもボックス右で鋭い突破を見せたジェンギズからのマイナスの折り返しをエル・シャーラウィが難なく流し込み、前半のうちに試合を決めた。 ▽迎えた後半、軽傷を抱えるマノラスに代えてマルカーノをハーフタイム明けに投入したローマはややペースを落としてゲームコントロールを優先した試合運びにシフト。さらに週末のラツィオ戦を睨んでパストーレ、デ・ロッシを下げてザニオーロ、ルカ・ペッレグリーニにセリエAデビューの機会を与えた。 ▽すると、試合終了間際の87分にはそのルカ・ペッレグリーニのアシストからコラロフが豪快な左足のシュートを突き刺し、この日のゴールショーを締めくくった。攻撃陣躍動に開幕戦以来のクリーンシートと最高の内容で久々の勝利を掴んだローマは、中2日で行われるデルビーで浮上のキッカケを探る。 2018.09.27 07:09 Thu
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドのリーグ戦2試合連続弾などで辛勝のユベントスが開幕5連勝《セリエA》

▽ユベントスは23日、セリエA第5節でフロジノーネとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。 ▽前節サッスオーロ戦ではC・ロナウドの移籍後初ゴールを含むドッピエッタで勝利し、開幕4連勝としたユベントスは、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のバレンシア戦をC・ロナウドが退場となった中、PK2本で2-0の勝利を収めた。そのバレンシア戦のスタメンから5選手を変更。ボヌッチやマテュイディ、負傷したケディラらに代えてディバラやクアドラード、ジャンらが先発となった。 ▽ここまで1分け3敗で未勝利のフロジノーネに対し、3トップに右からディバラ、マンジュキッチ、C・ロナウドと並べ、中盤アンカーにピャニッチ、インサイドにジャンとベンタンクールを並べる[4-3-3]で臨んだユベントスが立ち上がりから押し込むと、7分に決定機。マンジュキッチが競り合ってルーズとなったボールをゴールエリア左のC・ロナウドが左足でプッシュ。しかし、GKスポルティエッロの好守に阻まれた。 ▽その後も押し込むユベントスは13、20分とC・ロナウドが枠内シュートを浴びせてゴールに近づくも、5バックを敷いてスペースを埋めるフロジノーネを崩し切ることはできない。 ▽前半半ば以降は全くチャンスを作れず、フロジノーネのカウンターを受けるシーンも散見されるなどペースをつかめずに前半をゴールレスで終えた。 ▽後半も押し込んだユベントスだったが、前半同様に打開できないことで56分にベンタンクールに代えてベルナルデスキを投入。攻撃の枚数を増やして圧力をかけると、63分に決定機。左サイドを崩した流れからゴールエリア左のC・ロナウドがヒールシュートに持ち込むも、GKスポルティエッロの好守に阻まれた。 ▽70分には直前に投入されていたカンセロの右クロスにマンジュキッチがヘッドで合わせるチャンスを迎えたが、枠の上に外してしまう。 ▽それでも81分、ピャニッチがシュートを打ったルーズボールに反応したボックス中央のC・ロナウドがオフサイドトラップをかいくぐって左足でねじ込み、ユベントスが待望のゴールをこじ開けた。 ▽C・ロナウドのリーグ戦2試合連続ゴールで均衡を破ったユベントスは、試合終了間際の追加タイム4分、ロングカウンターからベルナルデスキが加点して2-0で勝利。格下に苦しみながらも開幕5連勝としている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエAを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.24 05:26 Mon
twitterfacebook
thumb

L・アルベルト弾のラツィオが今季初勝利で連敗ストップ《セリエA》

▽ラツィオは2日、セリエA第3節でフロジノーネをホームに迎え、1-0で勝利した。 ▽前節ユベントス戦を落とし、2連敗スタートとなったラツィオはユベントス戦と同じスタメンで臨んだ。 ▽昇格組のフロジノーネに対し、ラツィオは開始4分にFKからミリンコビッチ=サビッチがネットを揺らすも、VARの末にオフサイドと判定され、ノーゴールとなる。 ▽その後も地力に勝るラツィオが一方的に押し込むと17分、ボックス右のルリッチのクロスをファーサイドのパローロがヘッドで合わせるも、シュートは左ポストに直撃した。 ▽続く25分にはミリンコビッチ=サビッチがインモービレとのワンツーでボックス左に侵入してシュートに持ち込むも枠を捉えきれない。さらに33分、ボックス左に抜け出したルリッチのクロスをファーサイドでフリーとなっていたインモービレが左足で合わせたが、ここも枠を捉えきれなかった。 ▽そして、42分のミリンコビッチ=サビッチのミドルシュートはわずかに枠を外れ、ラツィオは圧倒しながらも前半をゴールレスで終えた。 ▽それでも迎えた後半、開始4分にラツィオが先制する。サイド攻撃を仕掛けてルーズとなったボールをボックス左のL・アルベルトがボレーで蹴り込んだ。 ▽待望の先制ゴールを手にしたラツィオは敵陣でボールを動かしつつ時間を消化。フロジノーネに付け入る隙を与えず試合を進めていく。 ▽終盤には主力のミリンコビッチ=サビッチ、インモービレ、L・アルベルトを下げる余裕を見せた中、ラツィオが1-0で逃げ切り。連敗を止め、今季初勝利を飾っている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエAを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.03 05:31 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース