チェルシーがアスピリクエタと4年間の新契約締結! 「喜びと責任を感じてきた」2018.12.04 21:45 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーは4日、スペイン代表DFセサール・アスピリクエタ(29)との契約を2022年まで延長したことを発表した。

▽先日のイギリス『テレグラフ』の報道によると、推定週給はこれまでの12万ポンド(約1740万円)から15万ポンド(約2170万円)にアップ。マウリツィオ・サッリ新監督を迎えた今季もリーグ戦全試合に出場し、今冬の退団が見込まれる元イングランド代表DFガリー・ケイヒルに代わって正式なキャプテンに就任することが濃厚な重要選手の確保に成功した。

▽アスピリクエタは、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

「チェルシーに滞在する時間を延長することができて、とても嬉しい」

「入団してから、このクラブとファンの方々の為にプレーすることの喜びと責任を感じてきた。ピッチに上がる度に全力を尽くしているよ」

「多くのものを得て、チェルシーの(タイトルに手が届く)場所を維持できるといいな」

▽2012年にマルセイユからチェルシーに加入したアスピリクエタは本職の右サイドバックに加え、左サイドバックやアントニオ・コンテ前体制では3バックの右として活躍。ここまで公式戦298試合に出場しており、300試合出場達成が間近に迫っている。
コメント
関連ニュース
thumb

PSG、バイエルン獲得熱望の逸材FWハドソン=オドイに関心?

パリ・サンジェルマン(PSG)が、チェルシーに所属するU-19イングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ(18)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『サン』の情報を同『デイリー・メール』が伝えている。 チェルシー下部組織出身のハドソン=オドイは左ウイングや2列目を主戦場とするイングランド期待の逸材アタッカー。抜群のスピートと緩急自在の仕掛けに加え、精度の高い右足のキック、攻撃センスを兼ね備えている。 その逸材を巡って今冬の移籍市場では、バイエルンが3500万ポンド(約50億円)での獲得を目指していた。ハドソン=オドイ自身もトランスファーリクエストを提出したことがイギリス『スカイ・スポーツ』でも報じられていたが、チェルシーが最後まで放出を固辞し、実現しなかった。 それでもバイエルンは諦めておらず、今夏にも再びハドソン=オドイの獲得に動くようだ。しかし、今回伝えられるところによると、PSGも獲得に興味を示している模様。バイエルンに匹敵するオファーも準備できているという。 一方、チェルシーは依然として慰留に努めている。しかし、チェルシーのコーチであるジャンフランコ・ゾラ氏は、「ハドソン=オドイと同世代で同じくらいヨーロッパでプレーしている選手は多くない」と発言しながらも、出場機会の少なさから新契約を締結する見込みが薄まっていることを示唆しているようだ。 チェルシーとの現行契約が2020年6月までとなっているハドソン=オドイだが、今夏にクラブを離れる事になるのだろうか。 2019.02.21 18:01 Thu
twitterfacebook
thumb

【ELプレビュー】崖っぷちアーセナルや日本人所属クラブの突破なるか? 16強懸けた運命の第2戦!

ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の2ndレグが21日に開催される。グループステージを勝ち抜いた24チームと、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ3位敗退となった8チームを合わせた計32チームで争われる今回のラウンド32。チェルシー、アーセナル、ナポリ、インテル、セビージャといった優勝候補、日本人選手所属クラブを中心にラウンド32第2戦の見どころを紹介していく。 ◆ラウンド32・2ndレグ◆ ▽2/20(水) セビージャ 2-0(AGG:3-0) ラツィオ ▽2/21(木) 《26:55》 チェルシー vs マルメ フランクフルト vs シャフタール ザルツブルク vs クラブ・ブルージュ ナポリ vs チューリッヒ バレンシア vs セルティック ゼニト vs フェネルバフチェ ビジャレアル vs スポルティング・リスボン ディナモ・ザグレブ vs ビクトリア・プルゼニ 《29:00》 アーセナル vs BATEボリソフ インテル vs ラピド・ウィーン ベンフィカ vs ガラタサライ ヘンク vs スラビア・プラハ ベティス vs レンヌ レバークーゼン vs FCクラスノダール ディナモ・キエフ vs オリンピアコス ◆ラウンド32・1stレグ結果◆ ▽2/12(火) フェネルバフチェ 1-0 ゼニト ▽2/14(木) ラツィオ 0-1 セビージャ ラピド・ウィーン 0-1 インテル BATEボリソフ 1-0 アーセナル ガラタサライ 1-2 ベンフィカ スラビア・プラハ 0-0 ヘンク FCクラスノダール 0-0 レバークーゼン レンヌ 3-3 ベティス オリンピアコス 2-2 ディナモ・キエフ マルメ 1-2 チェルシー シャフタール 2-2 フランクフルト クラブ・ブルージュ 2-1 ザルツブルク チューリッヒ 1-3 ナポリ セルティック 0-2 バレンシア スポルティング・リスボン 0-1 ビジャレアル ビクトリア・プルゼニ 2-1 ディナモ・ザグレブ ★崖っぷちアーセナル、ホームで逆転なるか <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190220_45_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>ナポリやチェルシーら優勝候補が順当に敵地で勝利を収めた中、まさかの金星を献上してしまったのが、アーセナルだ。 クラブOBのアレクサンドル・フレブを擁するベラルーシ王者、BATEボリソフのホームに乗り込んだ初戦では試合を通して高いボール支配率、多くのシュート数を記録した一方、組織的な守備を見せたホームチームの守備を崩し切るまでには至らず、セットプレーで与えた1失点に泣き、まさかの0-1のスコアでホームでの2ndレグを迎えることになった。さらに、同試合ではFWオーバメヤンと共に重要な得点源となっているFWラカゼットが悪質なエルボーを見舞い一発退場となり、今回の試合では起用できない。 それでも、アーセナル・スタジアムでの圧倒的なホームアドバンテージに加え、先週末はFAカップ敗退に伴い、試合が行われておらず、万全の状態で今回のリターンマッチに臨める。先勝のアドバンテージとアウェイゴールをチラつかせるBATEボリソフは今回の一戦でも初戦と同じ堅実なプランを遂行する構えだが、アーセナルは前回対戦で大きな課題となったアタッキングサードにおける崩しのアイデアを見せられるか。その中で復帰濃厚なMFラムジーやMFエジルの働きがより重要になりそうだ。 ★苦境日本勢は逆転なるか <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190220_45_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>フランクフルトMF長谷部誠、ザルツブルクFW南野拓実、ガラタサライDF長友佑都、ヘンクFW伊東純也と日本人選手が所属する4クラブではフランクフルトとヘンクが敵地でドローも、ザルツブルクは敵地で敗戦、ガラタサライはホームで敗戦と芳しい結果を手にすることはできなかった。 前述の4チームの中で最も突破に近い位置にいるのは長谷部のフランクフルトだ。ウクライナの雄、シャフタールのホームに乗り込んだ初戦では前半序盤に相手に退場者が出る幸運に恵まれたものの、2度のリードを守り切れず、最終的に2-2のドローで試合を終えた。 それでも、2つのアウェイゴールは大きなアドバンテージと言えるはずだ。ただ、直近のリーグ戦ではボルシアMG相手に再びリードを守り切れず、1-1のドローを喫して公式戦5試合連続ドローと課題のリード後の試合運びを改善できず。MFタイソンやMFマルロスと百戦錬磨のアタッカーが揃うシャフタールとのリターンマッチに向けて不安を残す。 また、伊東のELデビューは実現しなかったものの、スラビア・プラハとのアウェイゲームをゴールレスドローで終えたヘンクも好位置につける。なお、伊東は1-3でクラブ・ブルージュに敗れた直近のリーグ戦でベンチ入りを果たしたものの、デビューはならず。したがって、今回の2ndレグでは何とかデビューを飾りたい。 敵地でクラブ・ブルージュに1-2で競り負けた南野のザルツブルクはホームでの逆転突破を目指す。幸い、先週末の国内カップでは2部のウィーナー・ノイシュタット相手に2-1で勝利を収めてきっちりバウンスバックに成功。なお、南野は同試合で84分までプレーしており、今回の2ndレグでは初戦同様にベンチスタートが濃厚だ。 前述の3選手に比べてより厳しい立場に立たされているのが長友のガラタサライだ。共にホームで圧倒的なアドバンテージを持つ中、ホーム開催の初戦ではポルトガルの強豪、ベンフィカ相手に1-2の敗戦。長友の見事なアシストで一時追いついたものの、ホームで痛すぎる敗戦となった。そのベンフィカはラージェ新監督就任後、公式戦8戦全勝と絶好調。さらに、エスタディオ・ダ・ルスは欧州屈指の難攻不落の要塞となっており、そのアウェイゲームで2点以上を奪って勝つことは至難の業だ。なお、長友は先週末のリーグ戦を体調不良で欠場しており、この試合にフィットできるか微妙なところだ。 ★優勝候補&スペイン勢は突破濃厚か <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190220_45_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>優勝候補筆頭に挙がるチェルシーとナポリ、今大会に相性がすこぶる良いスペイン勢はいずれも1stレグで好結果を手にした。 一部主力を温存した中、マルメとのアウェイゲームをMFバークリー、FWジルーのゴールにより2-1で勝ち切ったチェルシーだが、18日のFAカップ5回戦ではホームでマンチェスター・ユナイテッド相手に0-2で完敗。先日のマンチェスター・シティ相手の屈辱的な0-6の敗戦を含め、ここ最近の不甲斐ない戦いぶりを受けて、サッリ監督の進退問題が騒がしくなっている。また、今週末にはシティとのEFLカップ決勝を控えており、ターンオーバーも見込まれる中できっちり勝ち切れるか。 一方、チューリッヒ相手の初戦を3-1で勝ち切ってホームに戻ってきたナポリだが、先週末のトリノ戦ではホームでゴールレスドローとリーグ戦2戦連続ドローとやや得点力不足に悩まされている。とはいえ、守備は安定しており格下チューリッヒ相手に十分に逃げ切れるはずだ。 同じ都市での同日開催を避けるため20日に前倒し開催となった中、ラツィオを2戦合計3-0で撃破したセビージャに続きたいスペイン勢。スコットランドの名門、セルティック相手に難所セルティック・パークで2-0の見事な勝利を収めたバレンシアは、無類の強さを誇るメスタージャで逃げ切りを狙う。 また、スポルティング・リスボンとのイベリア半島ダービーに敵地で1-0の先勝を収めたビジャレアルは低迷する国内リーグでもセビージャに3-0の完勝。良い状態を保ってホームでの2ndレグに臨む。 一方、レンヌとのアウェイゲームで3-3の壮絶な打ち合いを演じたベティスはスペイン勢で唯一初戦で勝利できなかったものの、3つのアウェイゴールは大きなアドバンテージだ。先週末のリーグ戦ではMF乾貴士を擁するアラベス相手にタフな1-1のドローゲームを戦ったため、コンディションに不安を抱えるが、勝負強さを発揮できるか。 2019.02.21 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

自身への批判に理解を示すサッリ「唯一の解決策は…」

チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督が、挽回を誓っている。イギリス『BBC』が伝えた。 今シーズンからチェルシーの指揮を執るサッリ監督。序盤こそポゼッションスタイルで勝ち点を積み重ねたが、徐々に失速。1月に連敗を喫すると、2月10日に敵地で行われたプレミアリーグ第26節のマンチェスター・シティ戦では0-6と大敗し、周囲では解任の可能性が取り沙汰され始めた。 また、19日に行われたFAカップ5回戦ではマンチェスター・ユナイテッドに0-2で敗北。すると試合後、ファン・サポーターからは、サッリ監督に向けて罵声や批判が向けられた。この状況を受けて、チェルシーの首脳陣が後任探しを始めたことが伝えられている。 自身の進退問題が騒がしくなっているサッリ監督だが、そういった声を無くすためには「連勝」が唯一の解決策だと語る。そのため現在、自身に向けられた批判などには理解しているようだ。21日に行われるヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・2ndレグのマルメ戦の前日会見で明かした。 「私は長い間、チェルシーの監督を続けることを考えなくてはいけない。そうしなければ、働くことはできない」 「3連勝、4連勝する必要がある。それが唯一の解決策だ。このチームは勝つことに慣れている。だから、我々のファンが満足できていないことは私にも理解できる。今は良くない状況だけにね」 「(連勝すること)それ以外の解決方法はない。良いパフォーマンスと良い成績を収めるだけだ」 2019.02.21 11:20 Thu
twitterfacebook
thumb

解任危機も哲学曲げぬサッリ、問題はカンテ?「役に立っているがベストではない」

チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督は、ヌゴロ・カンテがまだ最高のパフォーマンスを発揮できていないと語っている。<br><br>チェルシーは現在不振に陥っており、公式戦ここ5試合で3敗。サッリ監督の解任もささやかされる。そんな中、指揮官はマルメ戦の前日会見でカンテのポジションについて言及した。<br><br>今季はジョルジーニョの加入もあり、ポジションを前に移したカンテ。当初は新境地を開拓したとの評価もあったが、サッリ監督は現在のパフォーマンスに満足していないという。<br><br>「そのポジションではよりボールを早く動かせる選手が必要になる。これはヌゴロの特徴的な部分ではない。ヌゴロは役に立っているが、まだベストではない」<br><br>ファンの間では監督への信頼が薄まり、&ldquo;サッリ・スタイル&rdquo;への支持も下がっている。それでも、「問題についてはよくわかっている」と話すサッリは、「負けている時はストライカーをピッチに置かなければならないし、勝っているときはDFを置かなければならない。しかし、今は別の方法でフットボールを見せたいんだ」と自身の哲学を曲げる様子はない。<br><br>今後3試合(マルメ戦、マンチェスター・シティ戦、トッテナム戦)で去就が決まるとも伝えられるサッリ。スタイルを曲げることなく、自身の首を守ることはできるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.21 06:50 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシーに悲報…守護神ケパがハムストリング負傷でEL&EFLカップ決勝欠場か

ここ最近、苦境に立たされているチェルシーに更なる悲報が届いた。チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督が20日、翌日に行われるヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32の2ndレグ、マルメ戦に向けた最新のチームニュースを明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 今シーズン、サッリ新監督を迎えたチェルシーは序盤こそポゼッションスタイルで勝ち点を積み重ねたが、徐々に失速。1月に連敗を喫すると、2月10日に敵地で行われたプレミアリーグ第26節のマンチェスター・シティ戦では0-6と屈辱的な大敗。また、19日に行われたFAカップ5回戦ではマンチェスター・ユナイテッドにホームで0-2の完敗。ここ最近の低迷を受けて指揮官更迭の可能性が盛んに報じられている。 その窮地に立たされるチームは21日にELマルメ戦、24日にEFLカップ(カラバオ・カップ)決勝のシティ戦、27日にはプレミアリーグでトッテナムとの重要な3連戦を控えている。 その中で3連戦初戦となるマルメ戦に向けた公式会見の出席したサッリ監督は、GKケパ・アリサバラガ、DFダビデ・ザッパコスタ、FWペドロ・ロドリゲスの3選手がそれぞれハムストリングのケガと体調不良によって起用不可能であることを明かした。 「ザッパコスタは風邪をひいている。ペドロに関しては非常に強い胃の痛みを訴えている。同様にケパはハムストリングに問題を抱えている」 「ケパはシティ戦に間に合うか? 私はそれを願っている」 マルメ戦に関しては敵地での1stレグを2-1で勝利しており、3選手の離脱は大きな問題とはならないが、問題はEFLカップ決勝のシティ戦とリーグ戦のトッテナム戦だ。仮に、今季ここまで公式戦36試合に出場しているケパの回復が遅れた場合、ここまで公式戦6試合の出場にとどまっているベテランGKウィリー・カバジェロが指揮官の進退が懸かる重要な試合でプレーすることになる。 2019.02.20 23:30 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース