フランス代表DFパヴァール、2年前の驚愕レーザービームアシストに何故か再脚光2018.12.03 21:20 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽シュツットガルトに所属するフランス代表DFバンジャマン・パヴァールが2年前に見せた驚愕のレーザービームアシストが再脚光を浴びている。イギリス『Caught offside』が伝えている。

▽センターバックが本職ながらロシア・ワールドカップ(W杯)では右サイドバックとしての安定した守備と、アルゼンチン代表戦で決めた驚愕のボレーシュートで注目を集めたパヴァール。今夏の移籍市場ではバイエルンやアーセナル、バルセロナなど国内外のビッグクラブの注目を集めていた。

▽『Caught offside』が伝えるところによれば、そのパヴァールに関してのあるプレーが再脚光を浴びているという。2日、ドイツのバイエルンファンの1人と思われるツイッターユーザーの『@Baernardeschi』というアカウントがパヴァールのレーザービームアシストを紹介した。

▽このGIF画像ではパヴァールが2016-17シーズンのグロイター・フュルト戦で披露したレーザービームアシストの様子が紹介された。

▽自陣の左サイドでボールを持ったパヴァールは相手の寄せが甘いことを受けてルックアップから前線の動き出しを見て、素早い予備動作から右足を一閃。すると、地を這うレーザービームのような鋭い弾道のパスがピッチを斜めに切り裂く。相手DF3人の間を抜く驚愕のフィードを、こちらも見事なファーストタッチで勢いを殺さず前に持ち出したFWカルロス・マネが相手DFに寄せられながらもボックス中央から丁寧な右足のシュートでネットへ流し込んだ。

▽このレーザービームアシストに関してはパヴァールがロシアW杯で活躍した際に広く出回ったものだったが、今回の投稿には2万近くのリツイートに5万をこえる“いいね”が付けられるなど、いわゆるバズる投稿となった。

▽リール時代からショートパスやフィードにも定評があるパヴァールだが、改めてこのレーザービームアシストを見せられれば、初見の人たちにとってはやはり心に刺さるワンプレーと言えるはずだ。

◆驚愕レーザービームアシスト
https://twitter.com/Baernardeschi/status/1069230305683431424
コメント
関連ニュース
thumb

シュツットガルト主将の父親、息子出場の試合後にスタジアムで亡くなる

▽シュツットガルトの主将を務めるドイツ代表MFクリスティアン・ゲントナーの父親がスタジアムで急死した。 ▽シュツットガルトは15日にホームで行われたブンデスリーガ第15節でヘルタ・ベルリンと対戦(2-1でシュツットガルトが勝利)。先発したゲントナーはアシストを決め、2試合ぶりの白星に貢献した。 ▽だが、ドイツ『ビルト』によれば、この試合をスタンドから観戦したゲントナーの父親であるヘルベルト・ゲントナー氏は息子の勇姿を見届けたが、試合終了直後に倒れ、息を引き取ったという。 ▽これを受け、シュツットガルトはクラブ公式サイトを通じて、次のような声明を発表している。 「シュツットガルトはヘルベルト・ゲントナー氏の逝去に察し、お悔やみを申しあげます。主将を務めるクリスティアン・ゲントナーの父親はホーム戦終了後のスタジアムで息を引き取りました。クラブは彼の家族に寄り添い、時間を共にします」 2018.12.16 10:45 Sun
twitterfacebook
thumb

主力複数人不在も香川真司はCL最終節でメンバー外へ…理由は「予防策」

ドルトムントに所属するMF香川真司は、チャンピオンズリーグ・グループステージ最終節でもメンバー外となりそうだ。ドイツ『ルール・ナハリヒテン』が報じた。<br><br>ドルトムントは11日、モナコと対戦する。一方で、すでにチャンピオンズリーグでは決勝トーナメント進出が決定済み。そのため、このアウェー戦にはアクセル・ヴィツェルやマルコ・ロイス、トーマス・ディレイニーといった中盤の主力選手たちが帯同しない見込みとなっている。<br><br>ルシアン・ファーヴル監督は「我々には良い選手たちがいる」と選手層の厚さを強調したが、それでも香川はメンバー入りしないという。その理由としては、冬の移籍への「予防策」とされており、記事内では「ケガで移籍ができなくなってしまっては意味がない」と記されている。<br><br>一部ではスペイン方面への移籍が決定的とも伝えられる香川。今後もその動向に注目が集まる。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.12.11 08:30 Tue
twitterfacebook
thumb

シュツットガルト、主力パヴァールが負傷で年内離脱

▽シュツットガルトのフランス代表DFバンジャマン・パヴァールが負傷により年内の残り試合を欠場することになるようだ。 ▽パヴァールは9日に行われたブンデスリーガ第14節のボルシアMG戦に先発出場。84分に負傷しそのままフィールドを後にしていた。その後の検査で右太ももの裏側の筋肉に裂傷を負ったことが、クラブの発表で明らかになった。 ▽クラブは「数週間の離脱」と発表しているが、年内の復帰は間に合わない模様。クラブは今後、15日のブンデスリーガ第15節ヘルタ・ベルリン戦、18日の第16節ヴォルフスブルク戦を戦い、22日の第17節シャルケ戦を最後にウィンターブレイクに入る。年明け最初の試合は、1月19日のブンデスリーガ第18節マインツ戦だ。 ▽パヴァールは今シーズンここまでリーグ戦全14試合に出場。そのうち負傷したボルシアMG戦を除く13試合でフル出場していた。 ▽なお、シュツットガルトはここまで3勝2分け9敗で16位と、厳しいシーズンを送っている。 2018.12.10 22:42 Mon
twitterfacebook
thumb

途中出場ノイハウスの1G1Aで勝利のボルシアMGが2位キープ《ブンデスリーガ》

▽ボルシアMGは9日、ブンデスリーガ第14節でシュツットガルトをホームに迎え、3-0で快勝した。 ▽前節ライプツィヒ戦を落として連勝が3でストップした暫定3位のボルシアMG(勝ち点26)が、15位シュツットガルト(勝ち点11)をホームに迎えた一戦。 ▽首位ドルトムントを暫定10ポイント差で追うボルシアMGは、慎重に立ち上がった中、14分にプレアがカットインシュートでGKを強襲。 ▽その後もボルシアMGが押し込むと27分、CKの流れから混戦の中をプレアが押し込むもオフサイドに阻まれる。 ▽30分にはゴメスにディフェンスライン裏を取られてGKとの一対一を強いられたが、ゾンマーがセーブ。 ▽ハーフタイムにかけてもボルシアMGが押し込むと、42分にも決定機。右CKの流れからストロブルがボレー。枠を捉えていたが、GKツィーラーの好守に阻まれた。 ▽ゴールレスで迎えた後半もボルシアMGが押し込む展開で推移するも、スコアを動かせずにいたことから61分に2選手を投入する。プレアとザカリアに代えてラファエウとノイハウスを投入した。 ▽するとこの2人が仕事を果たす。69分、ボックス左からノイハウスが右足で上げたクロスをラファエウがヘディングで流し込んだ。 ▽さらに77分、T・アザールのパスを受けたボックス中央のノイアウスがDFをうまく外してゴール右にシュートを蹴り込み、リードを広げた。 ▽83分にはE・トミーに2枚目のイエローカードが提示されて10人となったシュツットガルトに対し、パヴァールのオウンゴールで加点したボルシアMGが終わってみれば3-0で快勝。2位をキープしている。 2018.12.10 03:56 Mon
twitterfacebook
thumb

人気銘柄のパヴァール「ビッグクラブからのオファーはある」

▽シュツットガルトに所属するフランス代表DFバンジャマン・パヴァール(22)が将来について言及している。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 ▽今夏に行われた、ロシア・ワールドカップ(W杯)で、大会を通じてフランス代表の右サイドバックを務め上げ、1998年大会以来の世界制覇に貢献したパヴァール。アルゼンチン代表戦でファインゴールを沈めるなど印象的な活躍を披露したこともあり、複数クラブからの関心が取り沙汰されるなど、瞬く間に人気銘柄になった。 ▽結局はシュツットガルト残留を選んだが、依然として移籍市場で注目株のパヴァール。イギリス『スカイ』のインタビューで去就についてコメントし、ビッグクラブ行きを仄めかした。 「ビッグクラブからのオファーはある」 「僕は誰にも、自分自身を約束していない。多分僕は移籍するだろうけど、未来はどうなるか分からない」 「僕は目標を隠したことがない。チャンピオンズリーグでプレーしたいんだ」 「ドイツに留まる可能性も残しているし、今はシュツットガルトに集中している。僕はここに居るし、クラブは難しい状況にある。クラブを助けたいんだ」 「僕はここの人達が大好きだ。この国は、僕の価値観、精神、責任、トレーニングのために本当に良い所なんだ。僕のメンタリティーはドイツ人だし、この国に本当に感謝してるよ」 2018.12.07 18:54 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース