吉田麻也所属のサウサンプトンがヒューズ監督解任! 後任にパウロ・ソウザやキケ・フローレスの名前?2018.12.03 19:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サウサンプトンは3日、マーク・ヒューズ監督(55)を解任したことを発表した。

ヒューズ監督は、今年3月にマウリシオ・ペジェグリーノ前監督の退任を受けてシーズン途中からサウサンプトンを指揮。最終的に降格圏ギリギリの17位でフィニッシュさせ残留に導くと、今年5月には新たな3年契約を結んでいた。

▽しかし、今季は開幕14試合で1勝7敗6分けの18位という低調な戦績に加え、14試合でわずかに12得点という得点力不足にも悩まされていた。クラブはこの不振の一端がヒューズ監督の采配にあると考えており、ここ最近の数試合が査定試合の意味合いを持っていた。直近のマンチェスター・ユナイテッド戦では強豪相手に2-2のドローに持ち込んだものの、2点リードを追いつかれた拙い試合運びが不興を買ったようだ。

▽なお、後任人事に関しては「クラブを前に進ませるための新しい監督の探索はすでに進行中」と説明。5日に行われるプレミアリーグ第15節、トッテナムとのアウェイゲームはトップチームでアシスタントコーチを務めているケルビン・デイビス氏(42)が暫定指揮官を務める。

▽なお、イギリス『デイリー・メール』など国内メディアの多くはフィオレンティーナや中国の天津権健を率いていたポルトガル人指揮官のパウロ・ソウザ氏(48)、前ワトフォード指揮官のキケ・サンチェス・フローレス氏(53)らの名前を後任候補に挙げている。
コメント
関連ニュース
thumb

サウサンプトン、アイルランド代表FWオバフェミと2022年まで契約延長

サウサンプトンは20日、アイルランド代表FWマイケル・オバフェミ(18)と2022年6月30日まで契約を延長したことを発表した。新たに3年半契約を延長した格好だ。 ナイジェリア人の両親の下、ダブリンで生まれ育ったストライカーのオバフェミは、2016年にサウサンプトンに加入。2018年1月にサウサンプトンでプロデビューを飾り、今季はプレミアリーグ5試合の出場で1ゴール1アシストを記録していた。現在はハムストリングの負傷のため、年明け以降は欠場が続いている。 代表としては2018年11月にアイルランド代表デビューを飾っている。 2019.02.21 03:39 Thu
twitterfacebook
thumb

セインツサポ2名が逮捕 サラの死を中傷で

イギリス『BBC』は9日、アルゼンチン人FWエミリアーノ・サラ(享年28)の死を侮辱したサウサンプトンサポーター2名の逮捕を報じた。 先日に今冬加入予定だったサラを小型機事故で失ったカーディフは9日、プレミアリーグ第26節でサウサンプトンとアウェイで対戦。両軍の選手は黒い喪章を着け、試合前に黙祷も行った。 そうしたなか、スタンドで観戦したサウサンプトンサポーター2名がサラの死を嘲笑するような飛行機のジェスチャー。これを受け、ハンプシャー警察が当該者を拘束して事情聴取したという。 また、サウサンプトン側も当該者のホーム戦入場禁止処分を科す見込みとのことだ。 2019.02.10 10:30 Sun
twitterfacebook
thumb

天まで届け…! カーディフ、後半AT弾で亡きサラに捧げる劇的勝利!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第26節、サウサンプトンvsカーディフが9日に行われ、カーディフが2-1で勝利した。 エミリアーノ・サラの死が確認された7日からわずか2日、途方もない悲しみの中、カーディフの戦士たちはピッチに立った。セント・メリーズ・スタジアムで行われた一戦。黙祷が捧げられた後キックオフとなった。 前半は互いに決定機を作れず、ポゼッションはセインツが上回るもシュート数は3本、対するカーディフも1本と、迫力に欠ける展開に。カーディフの前半唯一のシュートとなった22分のグンナルソンのシュートはボックス手前からのシュートだったが、大きく枠を外れた。一方のセインツは38分のホイビュルクがFKの流れから枠内シュートを放つ。 そんな試合が動いたのは69分、左CKをパターソンが頭で合わせると、それをS・バンバがコースを変えてカーディフが先制した。 カーディフリードのまま進んだが、そうは問屋が卸さなかった。後半アディショナルタイムの91分、セインツの左CKでオースティンがニアで逸らすと、スティーブンスが押し込んで同点に。 しかし、試合はここで終わらない。93分、カーディフは右サイドのクロスを起点に、ゴール前の混戦からカマラの落としをゾホレがねじ込んで勝ち越し弾に。 そして、これが決勝点となり、カーディフは劇的勝利を手にした。なお、カーディフは前節のボーンマス戦から2連勝を収めたが、イングランドトップリーグにおける連勝は1962年4月以来のことだという。 2019.02.10 03:26 Sun
twitterfacebook
thumb

サウサンプトン指揮官が吉田麻也の復帰を喜ぶも…9日の試合は控えか「守備陣を変更したくない」

サウサンプトンのラルフ・ハーゼンヒュットル監督は、復帰したばかりの吉田麻也を先発で起用することに難色を示した。<br><br>日本代表としてアジアカップ2019に出場するため、吉田はサウサンプトンから離脱。0-0で終わった1月2日のチェルシー戦を最後にプレミアリーグ4試合に欠場したが、ようやく先日チームに復帰した。この間、サウサンプトンはリーグ戦2勝2分けと好調を維持しており、ハーゼンヒュットル監督は最終ラインのメンバーを入れ替えるつもりはないと認めた。<br><br>「私は今、問題を抱えている。マヤ・ヨシダが帰って来た。彼がプレーした最後の試合は、0-0でチェルシーと引き分け、私が就任して以降唯一のクリーンシートだった。しかし、ジャック(スティーヴンス)は先週もファンタスティックな仕事を見せていたから、このまま彼がプレーすることは当然だろう。私が5人のディフェンスを替えたくはないということをマヤも理解している」<br><br>吉田を9日のカーディフ・シティ戦にスタメンで起用するつもりのないことを明かしたハーゼンヒュットル監督だが、「それでも、私はマヤの復帰をとても喜んでいる」と大きなケガもなく、約1カ月ぶりにチームに帰ってきたことに安堵している様子だ。<br><br>一方で、サウサンプトンサポーターからは、ここ数シーズンでサウサンプトンの主力DFとして活躍する吉田の復帰を受け、バーンリー戦で不用意なPKを与えたスティーヴンスに替わっての先発起用を要求する声も。しかし、指揮官は選手の入れ替わりについてあくまで慎重な姿勢を見せている。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.09 05:54 Sat
twitterfacebook
thumb

サウサンプトンファンが吉田麻也の復帰に歓喜…前節で失態のスティーヴンスとの交代を要求

サウサンプトンのサポーターが吉田麻也の復帰を歓迎しているようだ。イギリス『HITC』が伝えている。<br><br>1月上旬に開幕したアジアカップ2019に日本代表として出場するため、1月2日のチェルシー戦を最後に吉田はサウサンプトンから離脱。日本は1日の決勝まで進んだために同選手はプレミアリーグ4試合、FAカップ2試合を欠場したが、大会が終わり、チームに復帰する。<br><br>ここ数シーズンにわたり、ディフェンスラインのリーダーとして活躍する吉田の復帰を受け、サポーターは大いに歓迎している模様。さらに、一部のサポーターはジャック・スティーヴンスと日本代表DFの入れ替えを求めているようだ。<br><br>スティーヴンスは、吉田の不在時に代役としてスタメンで起用されているが、先日の1-1で終わったバーンリー戦では終了間際に不用意な形からPKを献上。これを受け、サポーターは同選手の能力に懐疑的な考えを持っており、復帰早々から吉田の出場を望んでいるようだ。<br><br>サウサンプトンのサポーターはツイッターで「経験の足りないジャック・スティーヴンスの代わりになってくれ」、「(吉田の復帰で)これ以上スティーヴンスのプレーを見る必要がなくなる」、「ヨシダは優れた選手で、スティーヴンスの代わりに出場すべきだ」と吉田の起用を望む声が散見した。<br><br>サウサンプトンの次戦は9日のホームでのカーディフ・シティ戦。ラルフ・ハーゼンヒュットル監督は吉田とスティーヴンスのどちらをセンターバックとして起用するのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.06 13:05 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース