インテル指揮官スパレッティ、終了間際に退場処分も「主審の判定は正しい」2018.12.03 18:04 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
インテル指揮官のルチアーノ・スパレッティは、2日のローマ戦終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、自身の見解を示した。

インテルは2日、セリエA第14節でローマと敵地で対戦。FWケイタ・バルデおよびFWマウロ・イカルディのゴールで2度にわたってリードを奪ったが、ホームのローマに追いつかれて2-2のドローに終わり、首位ユベントスとの差は11ポイントに広がった。

35分、ペナルティエリア内でDFダニーロ・ダンブロージオがMFニコロ・ザニオーロを倒したかに見えたが、ジャンルカ・ロッキ主審はPKを認めず、波紋を呼んだ。また試合終盤には、スパレッティ自身が抗議により退場処分を命じられたが、インテル指揮官は主審を支持した。

「ザニオーロの場面は疑わしいと聞いた。いずれにせよ見直すべきだったと思う。だがそれなら私は終了間際のイカルディに対する(コスタス)マノラスのシーンも追加するべきだ。ロッキは素晴らしい試合をしたように思う。私の退場処分についても正しかった。私は興奮した態度をとってしまったので、私を遠ざけたのは正しい。判定を上手く処理していた。この引き分けは両チームの利益にならないと耳にしたが、私の考えでは両チームにとって有益だ」

続いてスパレッティはFWラウタロ・マルティネスに話題を移した。選手の父親がSNS上で監督批判を繰り出して注目を集めていたが、「父親のツイートにショックを受けていた。彼自身が父親に削除するよう依頼したようだ。クラブの者も同席するべきなので(副会長のハビエル)サネッティも呼んでロッカールーム内で話し合った。私だけでなく、チーム全体にも謝罪をしてくれた」と明かしている。

提供:goal.com
コメント


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース