その価格たったの“10ユーロ”…カバーニやディバラを見出したパレルモが売却2018.12.03 13:05 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽現在はセリエBに所属するパレルモが、ロンドンの企業に売却したとマウリツィオ・ザンパリーニ会長が発表した。その価格が驚愕だった。▽イギリス『BBC』によると、パレルモは「ロンドンに本社を置く企業」に売却されたとのこと。その価格はわずか10ユーロ(約1300円)だったという。

▽パレルモと言えば、2002年にチームを買収したザンパリーニ会長が有名。セリエC1が定位置となっていたクラブはセリエB、セリエAと昇格。2004-05シーズンから2012-13シーズンまではセリエAに定着していた。

▽また、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)やアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(ユベントス)、アルゼンチン代表MFハビエル・パストーレ(ローマ)など南米選手の最初の移籍先としても知られ、ビッグクラブへ売却する方針でも知られている。

▽その他にも、ザンパリーニ会長在任期間に起用された監督は45名。特に、結果が出ない監督はすぐに解任されることが多く、フランチェスコ・グイドリン氏は4度も解任されており、過去に率いた指揮官が再就任することも少なくなかった。

▽ザンパリーニ会長は、「クラブの未来を考える」と今回の売却を説明。「当面の目的は、私が出来なくなった投資が可能であり、より多くの財政力で継続してくれる人を見つけることだった」と売却先を探していたことを明かした。

▽また、「新たにロンドンを本社とするオーナーは、スタジアムとトレーニング場の建設を計画している」とこの先の展開についてもコメントした。

▽現在のパレルモはセリエBで首位に立っている。
コメント
関連ニュース
thumb

横浜FMの少数株主でもあるシティ・フットボール・グループが中国3部の四川九牛を買収

シティ・フットボール・グループは19日、中国3部リーグの四川九牛を買収したことを発表した。なお、中国企業の「UBTECH」とチャイナ・スポーツ・キャピタルとの共同購入とのことだ。 四川九牛は、四川省の成都市に本拠地を置くクラブ。ホームスタジアムの成都竜泉駅足球場は、2004年のアジアカップでもしよう。2万7000人が収容可能となっている。 シティ・フットボール・グループは、プレミアリーグのマンチェスター・シティの他、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のニューヨーク・シティ、Aリーグのメルボルン・シティを保有。また、Jリーグの横浜F・マリノスの株式を20%保有している。その他、リーガエスパニョーラのジローナなどにも経営参加。四川九牛は7番目のクラブとなる。 「UBTECH」は、2016年からシティのパートナーとなっており、AIとロボット開発会社として中国の深センに本社を置いている。 また、チャイナ・スポーツ・キャピタルは、中国との関連性が高い世界のスポーツ業界の発展に投資することに焦点を当てている。2015年12月に、シティ・フットボール・グループの少数株主となっていた。 シティ・フットボール・グループのフェラん・ソリアーノCEO(最高経営責任者)は、中国サッカー市場についてコメント。四川九牛を通じて、シティ・フットボール・グループの発展と、中国サッカーの発展に寄与したいと語った。 「中国は非常に重要なサッカーの市場だ。我々は、我々のパートナー、チャイナ・スポーツ・キャピタル、UBTECHと共に、我々のグループに四川九牛を迎えられて嬉しく思う」 「我々は、今回の買収がこれまでの活動の自然な延長線上にあると考えている。マンチェスター・シティでの共同作業から、チャイナ・スポーツ・キャピタル、およびUBTECHとの関係は、これらのクラブを監視するのに強力なグループを設立したことと確信している」 「我々は、中国サッカーの将来を強く信じ、四川九牛を成長、発展させ、中国のサッカーのタレントを育成するために長期的で、持続可能な取り組みを行う」 「当面の焦点は、経験とノウハウの全てを使い、サッカーのパフォーマンスを強化し、ファンとの強固な関係を築くこと。そして、コミュニティで強い存在感を出すことだ。スタートすることが待ちきれない」 2019.02.20 20:20 Wed
twitterfacebook
thumb

サウジ皇太子のユナイテッド買収はデマも、会談は「スポンサーシップについて」と認める

サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子がマンチェスター・ユナイテッドを買収する。イギリス『サン』がそのような情報を報じたが、サウジアラビアのメディア担当大臣がツイッターで否定した。 『サン』の報道によると、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子が、38億ポンド(約5423億1500万円)でユナイテッドの買収準備を進めているとのこと。買収となれば、2005年にグレイザー・ファミリーが22億ポンドで買収してから初の出来事となる。 しかし、サウジアラビアのメディア担当大臣であるトゥルキ・アル・シャバーナ氏がこの報道がデマであると否定。グレイザー家との会談が行われたことは認めたものの、買収ではなくスポンサーシップの提携について議論していたと明かした。 「ムハンマド・ビン・サルマン皇太子がマンチェスター・ユナイテッドを買収することを望んでいるというニュースは、完全に正しくないニュースだ」 「問題の事実は、クラブが広告スポンサーシップのプロジェクトについて議論するため、公共投資基金との会合を開いたということだ」 「ファンドは、他のオファーと同様に、このオファーに耳を傾けただけである」 ユナイテッドは、2017年10月にサウジアラビアのGeneral Sports Authorit(サウジアラビアの総合スポーツ局)と戦略的提携で合意。また、サウジ・テレコムとはスポンサー契約を結んでいる状況だ。 「イングランドでフットボール産業の形成を支援する機会を得られることは大きな名誉であり、それは我々が大きな違いを生み出すことができると信じています」 2019.02.18 13:10 Mon
twitterfacebook
thumb

八百長じゃない!? イタリア3部・セリエCで衝撃の20-0…その理由は?

そのスコアを見たとき、誰もが目を疑うだろう。八百長を疑われる可能性もあるかもしれない。16日に行われたセリエC第27節のACクーネオvsプロ・ピアチェンツァ1919の試合は、20-0でクーネオが勝利を収めた。 20-0というスコアは、サッカーでお目にかかることはかなり珍しい出来事。アマチュアのサッカーでも、そう出会えるスコアではない。 その理由は、プロ・ピアチェンツァのクラブ状況にある。セリエCでぶっちぎりの最下位に位置するプロ・ピアチェンツァは、絶望的な財政難に陥っているとのこと。今シーズンはすでに4試合が没収試合となっており、5度目の没収試合となった場合は、リーグから追放される可能性があった。 財政難に陥ったクラブは、8月以降選手やスタッフへの給料が未払いに。その結果、選手たちはチームを去っていき、試合ができない状態となっていた。 クーネオ戦は、なんとか試合を成立させるため、7名の選手を出場登録。その全員が10代の選手で、19歳の選手がキャプテンと監督を兼任していたとのことだ。 11人vs7人で行われた試合は、クーネオが前半だけで15ゴールを記録。後半はさすがに停滞し、5ゴールに終わったが、20-0と大勝を収めることとなった。なお、エドアルド・デフェンディが5点、ヒチャム・カニスが6点を記録している。 なお、プロ・ピアチェンツァは5勝1分け14敗の最下位。さらに、勝ち点8を減点されており、現在の勝ち点は8となっている。 ちなみに、フィリッポ、シモーネのインザーギ兄弟や、ダリオ・ヒュブナーらが所属したピアチェンツァ・カルチョは別チーム。こちらは、同じセリエCに属しているものの、2位につけている。 [※写真はイメージです] 2019.02.18 11:35 Mon
twitterfacebook
thumb

イングランドの名守護神・バンクス氏が81歳で死去…イングランドにW杯優勝をもたらす

かつてはイングランド代表の守護神として活躍し、1966年のイングランド・ワールドカップ優勝メンバーでもあるゴードン・バンクス氏が11日に亡くなった。81歳だった。 バンクス氏は、1955年に18歳でチェスターフィールドに加入。1959年にレスター・シティへと移籍すると、1964年にリーグカップ優勝。1966年にストーク・シティへと移籍すると、1972年にもリーグカップを制覇した。 その後は、南アフリカのヘレニックFCやアメリカのフォートローダーデール・ストライカーズ、アイルランドのセント・パトリックスなどでプレー。1978年に現役を引退した。 イングランド代表としても活躍し、73キャップを記録。前述の通り1966年のイングランド・ワールドカップで優勝に貢献。1970年のメキシコ・ワールドカップではベスト8に終わったが、ブラジル代表戦では圧巻のパフォーマンスでペレのゴールをセーブ。後に、ペレから「今までで見た最高のセーブ」と称されていた。なお、個人として1966年から6年連続でFIFA年間最優秀GKに選ばれていた。 引退後はテルフォード・ユナイテッドで監督を務めた後、2000年2月からは古巣のストーク・シティでクラブの会長を務めていた。 ストーク・シティのピーター・コーツ会長はバンクス氏の氏に対し哀悼の意を表した。 「ゴードンは、イングランドサッカーだけでなく、世界中で象徴的な人物であり、彼を失いとても悲しい思いです」 「彼がゴールキーパーとしてどれほど優れているのかを知っているのは、私の世代の人々だけではありません。あらゆる年齢の人々が、ゴードンについて敬意を表して語っていました。彼は傑出しており、ストーク・シティでプレーするのを見ることは名誉でした」 「彼はまた、我々の街の熱心なサポーターでもあり、彼の第二の故郷でした。そして、彼らはフットボールファンではない地元の全ての分野の人々に惜しまれています」 2019.02.12 20:50 Tue
twitterfacebook
thumb

セインツサポ2名が逮捕 サラの死を中傷で

イギリス『BBC』は9日、アルゼンチン人FWエミリアーノ・サラ(享年28)の死を侮辱したサウサンプトンサポーター2名の逮捕を報じた。 先日に今冬加入予定だったサラを小型機事故で失ったカーディフは9日、プレミアリーグ第26節でサウサンプトンとアウェイで対戦。両軍の選手は黒い喪章を着け、試合前に黙祷も行った。 そうしたなか、スタンドで観戦したサウサンプトンサポーター2名がサラの死を嘲笑するような飛行機のジェスチャー。これを受け、ハンプシャー警察が当該者を拘束して事情聴取したという。 また、サウサンプトン側も当該者のホーム戦入場禁止処分を科す見込みとのことだ。 2019.02.10 10:30 Sun
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース