ベティスがソシエダ下しリーグ7戦ぶり無失点勝利! 乾は出場せず《リーガエスパニョーラ》2018.12.02 21:55 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベティスは2日、リーガエスパニョーラ第14節でレアル・ソシエダをホームに迎え、1-0で勝利。日本代表MF乾貴士は起用されなかった。▽前節のビジャレアル戦を1-2で落としたベティスと連勝中のソシエダによる一戦。ベティスは、直近のヨーロッパリーグ(EL)オリンピアコス戦からスタメンを5名変更し、ホアキンやロラン、グアルダードらを起用した。乾は公式戦6試合連続でのベンチスタートとなった。

▽試合の立ち上がりは、ベティスがポゼッションで大きく上回り主導権を握るが、ソシエダも落ち着いた守備で危険なゾーンに鍵をかける。14分には、ソシエダがカウンターで左サイドからのFKを獲得。それでも、オヤルサバルが蹴った絶妙なクロスをDFモレーノが頭で捉える直前にGKパウ・ロペスがキャッチし、均衡は破られない。

▽16分、ベティスにアクシデントが発生。グアルダードが足を痛めてプレーを続けられず。数分間1人少ない状態でのプレーを強いられた後、19分にブデブスが投入された。

▽お互いに決定機に欠くこの試合、32分にはベティスがボックス手前右でFKを獲得し、ロ・セルソが直接狙う。大きく枠を越えたが、これがこの試合のファーストシュートとなった。

▽徐々にギアを上げてきたベティスは直後の33分に右CKを獲得。ショートコーナーからホアキンがクロスを供給すると、ニアのW・カルバーリョが頭で逸らす。ファーに走り込んだフィルポがワントラップして左足のシュートを放ち、この試合最初の枠内シュートが先制点となる。

▽反撃に出るソシエダは40分にカウンターを発動させ、サンドロ・ラミレスがボックス右に侵攻して右足を強振。しかし、ボールを真正面に捉えたGKパウ・ロペスに弾き出されて得点にはならない。

▽1点を追う展開で後半を開始させたソシエダは、60分にスルトゥサに代えてメリノを投入。より攻撃的な選手の起用で巻き返しを図る。すると、直後の61分にカウンターからボックス中央のオヤルサバルが右足を振り抜くが、ミートできず。GKパウ・ロペスが難なく処理した。

▽ややポゼッションの落ちてきたベティスは、67分にホアキンに代えてフレッシュなテージョを起用。W・カルバーリョを中心に試合を落ち着かせつつ、追加点を目指していく。

▽その後、72分に連続して放たれたサンドロ・ラミレスとウィリアン・ジョゼのボックス内からのシュートをGKパウ・ロペスが立て続けにファインセーブ。攻勢に出るソシエダをギリギリのところで押し止める。

▽逃げ切りたいベティスは、終盤の84分にロレンに代えてハビ・ガルシアを投入。守備的なオプションを採用して試合を締めに入る。

▽すると、ベティスが1-0のリードを守り抜いて試合が終了。この結果、ベティスはリーグ7試合ぶりに無失点で勝利した。一方のソシエダは3連勝を逃し4試合ぶりの敗北を喫している。
コメント
関連ニュース
thumb

ベティスの伝説ホアキン、アラベス戦でリーガ1部通算505試合出場達成!歴代6位チャビと並ぶ

ベティス、ひいてはスペインの生ける伝説MFホアキン・サンチェスが、さらなる記録を生み出した。<br><br>ベティスの下部組織出身で、2000年から2006年まで同クラブの看板選手としてプレーした後、バレンシア、マラガ、フィオレンティーナを渡り歩き、2015年にベティス復帰を果たしたホアキン。現在37歳ながらキケ・セティエン監督に重用され、ベティスファン、ひいてはスペインの全スタジアムから喝采を浴びるベティスの生ける伝説である。<br><br>ホアキンは17日に行われたリーガ・エスパニョーラ第24節アラベス戦で途中出場を果たしたが、これがリーガ1部通算505試合目の出場となり、歴代出場記録7位に位置するバルセロナの伝説、MFチャビ・エルナンデス(現アル・サッド)に並んだ。また歴代7位に位置するレアル・マドリーの前象徴GKイケル・カシージャス(現ポルト)にも、あと5試合と迫っている(歴代1位は元バルセロナのGKアンドニ・スビサレッタで、622試合出場)。<br><br>ホアキンはこのアラベス戦に右ウィングバックとして出場。往年のようなスピードあふれるドリブルではなく柔らかなトラップ、絶妙なスルーパス、浮き球などによってチームの攻撃の起点となった。キケ・セティエン監督が実践するポゼッションフットボールにより「引退時期が延びた」とも語っていたホアキンだが、これからも私たちを魅了してくれそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.18 22:52 Mon
twitterfacebook
thumb

レンタル元ベティスと対戦した乾貴士、西紙から「なんて日だ!」の選手に選出…「さえない試合演じた」

17日のリーガ・エスパニョーラ第24節で、レンタル元であるベティスの本拠地ベニト・ビジャマリンに乗り込んだアラベスMF乾貴士だが、現地紙評価は芳しいものではなかった。<br><br>この冬にレンタル移籍によってアラベスに加わった乾は、レバンテ戦に続き2試合連続となる先発出場を果たした。しかしベティスのポゼッションフットボールによりチームが防戦を強いられたこともあって、攻撃面ではそこまで存在感を発揮できず、終盤にピッチから下がっている。<br><br>現地メディアに、乾のプレーはどのように映ったのだろうか。スペイン『マルカ』と『アス』の採点(3点満点)で、乾はチームメート8選手と並び1点の評価となった。<br><br>またMVPにあたる「エル・クラック」、そのほかに傑出した選手を挙げる「エル・ダンディー」など個別に選手を選出する『アス』で、乾はワーストプレーヤーにあたる「バジャ・ディア(なんて日だ)!」に選ばれてしまった。<br><br>『アス』は乾を「バジャ・ディア!」に選出した理由として、「日本人はビジャマリン(ベティス本拠地)に戻ってきて、再びさえない試合を演じた」と記載。大きな成果を挙げられなかったベティス在籍時代のプレーと重ね合わせていたようだ。<br><br>しかしながらビジャマリンの観衆は、交代で下がる乾に対して大喝采を浴びせるなどその愛情を示し、アラベスのアベラルド監督も守備的な試合を強いられる中で乾の健闘を称えるなどしている。次節、アラベス本拠地メンディソロサで行われるセルタ戦では、今回の評価を覆す活躍を披露してほしいものだ。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.18 21:20 Mon
twitterfacebook
thumb

乾先発で古巣ベティス初対戦の一戦は痛み分けのドロー《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第24節、ベティスvsアラベスが17日にエスタディオ・ベニート・ビジャマリンで行われ、1-1のドローに終わった。アラベスのMF乾貴士は先発出場し84分までプレーした。 6位のアラベス(勝ち点35)が、7位のベティス(勝ち点32)のホームに乗り込んだ一戦。 昨夏加入したベティスでポジション争いに敗れ、アジアカップ参戦後、アラベスにレンタル移籍した乾は、デビュー戦となった前節のレバンテ戦でいきなり先発デビューを飾り、決定機逸でデビューゴールこそ逃したものの、チームの5試合ぶり勝利に大きく貢献。そして、デビュー戦で信頼を勝ち取った乾は今節、引き続き先発で数週間前まで本拠地としていたエスタディオ・ベニート・ビジャマリンに乗り込んだ。 立ち上がりから圧倒的にボールを支配するベティスに対して守備を固めながら要所でハイプレスで牽制を行うアラベス。球際で激しくぶつかり合うインテンシティの高い攻防が繰り広げられる中、ベティスが先制に成功する。 15分、相手CKのカウンターから中央でプレスを剥がしたウィリアム・カルバーリョがそのまま中央をドリブル突破。ボックス左に走り込むヘセ・ロドリゲスにスルーパスを通すと、ヘセがすかさずシュート。これはGKに阻まれるも、相手のクリアが足下に転がってきたロ・セルソが冷静に無人のゴールへ流し込んだ。 幸先良く先制に成功したベティスは遅攻とカウンターを織り交ぜた攻撃からその後も追加点に迫っていく。27分にはロ・セルソのスルーパスに抜け出したヘセに絶好機も枠に飛ばしたシュートは必死の戻りを見せたDFマリパンにゴールライン上でかき出すスーパークリアで防がれる。 一方、守勢が続くアラベスだったが、先ほどスーパークリアを見せたマリパンが今度は攻撃で魅せる。28分、相手陣内で得たFKの二次攻撃からボックス右ライン際でピナが浮き球のクロスを入れると、ファーのチモ・ナバーロが頭で折り返す。これをGKより先に右足アウトで合わせたマリパンが同点ゴールとした。 早い時間帯に追いついたアラベスだが、その後はベティスの変幻自在のパスワークに翻弄されて守備の時間が続く。身体を張った守備で何とか2点目を凌ぐ中、カウンターから幾度かチャンスが訪れるも、フリーの乾がなかなかボールをもらえないなどカウンターを完結し切れず、前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半もベティスが押し込む展開が続く中、52分にはカナレスのCKからフェダルがヘディングシュートもGKパチェコの好守に遭う。その後もサイドでのコンビネーションプレーを起点に再三相手ゴールに迫るホームチームだが、最後の最後で崩し切れない。 何とか勝ち切りたいベティスはセルヒオ・レオン、ホアキン、ロレンと続けてフレッシュなアタッカーをピッチに送り出し、強引にゴールをこじ開けにかかる。対して前半以上に守備の時間が長いアラベスは引き分けを意識した選手交代を行い、古巣相手にサイドの守備に奔走した乾は84分にディエゴ・ロランとの交代でピッチを後にした。 両軍ともに消耗色濃い最終盤にはアラベスがカジェリ、ベティスがロレンと共に絶好の勝ち越し機を迎えたが、いずれも決め切ることはできず。白熱の上位対決は痛み分けのドローに終わった。 2019.02.18 06:41 Mon
twitterfacebook
thumb

ポゼッション信奉者セティエン、堅守速攻レガネスに敗れ一線を越える「彼らは私たちみたいにプレーできない。だから下にいる」

10日のリーガ・エスパニョーラ第23節、ベティスは敵地ブタルケでのレガネス戦で0&minus;3の敗戦を喫した。この試合後、ベティスを率いるキケ・セティエン監督がレガネスのプレースタイルに対して辛辣な言葉を吐き、スペイン国内で大きな話題となっている。<br><br>レガネスの堅守に苦しんだベティスは、試合を通してシュートを2本しか放てず。対して、カウンターを中心とした攻撃を見せたレガネスは、FWユセフ・エン=ネシリのハットトリックによって勝利を手にしている。<br><br>セティエン監督は試合後会見で「私たちがひどかった。言い訳はない」と、チームのパフォーマンスが敗戦に値するものだったことを認める。しかしながら、ポゼッションフットボールの信奉者として知られる同指揮官は、マウリシオ・ペジェグリーノ監督率いるレガネスのプレースタイルが、自身にとって嫌悪の対象であることも明確にした。<br><br>アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督に「君のスタイルは好きじゃない」と言い放ったり、ホセ・ボルダラス監督率いるヘタフェについて「彼のチームをリーガ1部では見たくはない」と語ったりと、堅守速攻を実践する監督及びチームに辛く当たってきたセティエン監督だが、今回は侮辱的とも形容できるような、一線を越える発言をしている。<br><br>「レガネスは嫌味なことを素晴らしくやってのけているね。ああしたプレーはうまくいくときもいかないときもある。だから彼らは下にいるわけだが&hellip;&hellip;。もし彼らに私たちのようなプレーをしろと言ってもできやしないだろう」<br><br>セティエン監督はまた、ミッドウィークにコパ・デル・レイ準決勝バレンシア戦をこなしたことで、レガネス戦への準備期間が不足していたことも主張した。<br><br>「レガネスのように8~9人で守る相手と戦うのは難しい。それに私たちは、彼らのように試合への準備ができなかった。72時間以下の猶予で十分な準備をすることはできないよ。言い訳ではないが、それは明確だ」<br><br>「私たちは確かに悪いパフォーマンスを見せた。しかし現在の日程は金、金、金みたいなことになっているね。それは選手たちを危険な状況に追い込む。休む時間がないんだよ」<br><br>なおベティスは勝ち点32で6位、レガネスは勝ち点29で11位に位置している。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.11 23:58 Mon
twitterfacebook
thumb

セティエンから堅守速攻を否定されたレガネス…指揮官ペジェグリーノ「恥じる必要などない。私たちは胸を張るべきだ」

ベティスのキケ・セティエン監督からそのプレースタイルを皮肉られたレガネスだが、指揮官マウリシオ・ペジェグリーノ監督は自チームに恥ずべき点がないことを強調した。<br><br>10日のリーガ・エスパニョーラ第23節、レガネス対ベティス(0&minus;3)終了後、ポゼッションフットボールの信奉者として知られるセティエン監督は、堅守速攻を実践するレガネスのプレースタイルについて「レガネスのプレーはうまくいくときもいかないときもある。だから彼らは下にいるのだが&hellip;&hellip;。もし彼らに私たちのようなプレーをしろと言ってもできないだろう」などどと、否定的な発言をしていた。<br><br>セティエン監督の次に会見に出席したペジェグリーノ監督は、当然のことながら同発言についての見解を求められている。アルゼンチン人指揮官の答えは、次のようなものだった。<br><br>「このチームが、どれだけの変化を強いられながら形づくられてきたかを知っている人たちは、自分たちの状況に満足すべきだ。このクラブはリーガ2部B(実質3部)からやってきたのであり、私たちが私たちであることに大きく胸を張るべきなんだよ。自分たちを恥ずかしく思う必要などないし、その反対であるべきだろう」<br><br>「ボールが空中にあるのも、フットボールにほかならない。ボールポゼッションは大切な要素ではあるが、攻撃的なフットボールはより難しいものである。しかし理想がある一方で、自チームの選手たちが何を与えてくれるのかという側面もある。私がこれまで率いていたチームは、すべて違うスタイルを実践してきた。良いフットボールを見せるということは様々な側面から語られるべきであり、決して一面だけで決められることではないんだよ」<br><br>ガリターノ監督はまた、このベティス戦勝利への満足感を表している。<br><br>「あれだけボールを支配するチームを相手に、私たちはいくつもの素晴らしいことを成し遂げた。このまま成長し続けていければいい。思うに、チームはまだまだ歩を進められるはずだ。仕事に取り組むための謙虚さと意思の強さがあれば、成長を続けている」<br><br>なおベティスは勝ち点32で6位、レガネスは勝ち点29で11位に位置している。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.11 23:40 Mon
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース