吉田フル出場のセインツ、2つのスーパーゴールもユナイテッドに追いつかれドロー《プレミアリーグ》2018.12.02 04:25 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第14節、サウサンプトンvsマンチェスター・ユナイテッドが1日に行われ、2-2の引き分けに終わった。セインツの吉田麻也はフル出場を果たしている。▽ここまで1勝5分け7敗の19位セインツと、6勝3分け4敗の7位ユナイテッドが激突。リーグ戦ここ6試合未勝利のセインツは、直近のEFLカップのレスター・シティ戦でも低調な試合内容の末、PK戦で敗北。最悪のチーム状況となっている中、吉田3バックのセンターとしては公式戦4試合連続の先発出場を果たした。

▽一方、こちらも好調とは言えないユナイテッドは、直近のチャンピオンズリーグではヤング・ボーイズ相手に試合終了間際のフェライニのゴールで勝利をもぎ取りグループステージ突破を決めた。リーグ戦はここ2試合勝利から見放されている中、守備陣に負傷者を抱えるモウリーニョ監督は3バックを敷き、フィル・ジョーンズ、マティッチ、マクトミネイを最終ラインに据える稀なフォーメーションで挑んだ。

▽キックオフから3分、ユナイテッドは思わぬ形でチャンスを迎える。ユナイテッドはルカクが敵陣深くまで攻め込むが、吉田の対応でセインツボールに。一度GKマッカーシーに下げたのだが、ボックス右のゴールライン上から大きく蹴りだそうとしたところを、ラッシュフォードの圧力からか空振りしてしまう。ラッシュフォードはすぐさま後ろに下げ、エレーラがシュート。相手にブロックされたエレーラはさらに後ろのルカクに下げてシュートを放ったが、GKマッカーシが決死のブロックでピンチを凌いだ。

▽試合を動かしたのはセインツ。13分、ボックス手前右でレドモンドが細かいタッチのドリブルで3人のマークを剥がしボックス手前のオバフェミへ。オバフェミはそこからボックス右のアームストロングに展開すると、アームストロングは右足を振り抜き豪快にサイドネットを揺らした。

▽前節2ゴールのアームストロングの2試合連続ゴールで先制したセインツは20分にボックス手前左の絶好の位置でFKを獲得。これをセドリックがゴール左上に突き刺さるスーパーゴールを決めてリードを2点に広げた。

▽ここまでわずか10ゴールの相手に早くも2点を奪われてしまったユナイテッドだが、33分にまずは1点を取り返す。敵陣中央のポグバから入った鋭い縦パスをラッシュフォードがキープ。ボックス右に侵入し、折り返したところにルカクが飛び込んでゴールを決めた。

▽ユナイテッドの攻勢は続く。39分、右サイドからラッシュフォードがドリブルで縦に突破。ボックス右深くまで侵攻したところでマイナスのクロスを送ると、これに反応したエレーラがバックヒールでゴールに流し込み瞬く間に同点とした。

▽試合を振り出しに戻したユナイテッドは後半、51分にFKからフェライニがヘディングシュート。しかし、惜しくも枠の右上に外れる。後半は一進一退の攻防に。ボールを持つユナイテッドに対し、セインツはカウンターで応戦。

▽そんな中、ユナイテッドは73分に負傷したショーを下げてジオゴ・ダロトを投入。プレミアリーグ初出場となった。77分には。2アシストのラッシュフォードに代わりマルシャルがピッチへ。

▽80分に、ユナイテッドは自陣中央でポグバがボールを失いピンチに。レドモンドがボックスの外から思い切りよく狙ったシュートはGkデ・ヘアが何とかかき出した。

▽ユナイテッドは87分にルカクを下げてリンガードをピッチへ。だが、状況は打開できずこのまま試合終了。2点差から追いついてドローに持ち込んだ。一方のセインツはこれでリーグ戦7試合白星なしとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

ユナイテッド、スアレス獲得に動く可能性が浮上

マンチェスター・ユナイテッドが、バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレス(32)の獲得に動く可能性があるようだ。スペイン方面の情報をもとにマンチェスター地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えている。 スアレスは2014年にリバプールからバルセロナに加入以降、スペイン王者の絶対的ストライカーとして君臨。今シーズンもここまで公式戦33試合で16ゴールを記録している。 しかし、直近8試合では1度しかゴールネットを揺らせず。このパフォーマンス低下や32歳と年齢による衰えを考慮し始めなければならない時期に差し掛かっていることで、バルセロナは代替案を検討している事が各紙によって報じられている。 今回伝えられるところによれば、バルセロナは昨夏の時点で、スアレスの売却を検討していたという。ところが、FWリオネル・メッシがこれに抗議したことでスアレスは残留していたようだ。 だが、バルセロナは、このままスアレスのパフォーマンスが向上しなければ、売却することも避けられないと考えている模様。ユナイテッドはすでに接触しており、今夏にバルセロナが放出に踏み切った場合、獲得に動く可能性があるという。 しかしながら、『マンチェスター・イブニング・ニュース』は、スアレスにとってユナイテッドは、かつてプレーしたリバプールのライバルクラブであり、当時、元フランス代表DFパトリス・エヴラに対する人種差別発言や握手拒否などで問題を起こした事から実現性は低いと指摘している。 2019.02.21 16:19 Thu
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブ注目のニコラ・ペペの新天地はCL出場可能な“赤い”チーム?

今夏のビッグクラブ移籍が決定的なリールのコートジボワール代表FWニコラ・ペペ(23)の新天地はチャンピオンズリーグ(CL)出場可能な“赤い”チームになるのかもしれない。フランス『SO FOOT』が伝えている。 昨季、残留を争ったリールの1部残留に貢献したペペは今季センターフォワードから本職の右ウイングに固定されると、圧倒的なスプリント能力、ドリブルテクニックを武器に躍動。ここまでリーグ戦25試合に出場し16ゴール10アシストの圧巻の数字を記録。 より推進力に長けたストライカーながらレンヌ時代のMFウスマーヌ・デンベレを想起させるレフティに関しては、マンチェスター勢やバルセロナ、バイエルン、チェルシー、リバプール、アーセナル、パリ・サンジェルマンなど多くのビッグクラブが関心を示す。 そのペペの新天地に関してリールを率いるクリストフ・ガルティエ監督が移籍先のヒントを明かした。 「ニコラ・ペペは素晴らしいシーズンを送っており、彼はさらに成長していくはずだ」 「彼はチャンピオンズリーグでプレーするようなクラブに行く必要があると思っている。個人的には中堅クラブで段階を踏む必要はなくできるだけ高いレベルのステージに行くべきだと思っている。赤(ユニフォーム)でプレーしているようなクラブにね」 今回の発言に関しては確定事項ではなくあくまでガルティエ監督の助言という形だが、恩師の助言を受けてペペ本人がCL出場可能な“赤い”チームへの移籍を意識している可能性はありそうだ。 なお、ここまで噂が出ているクラブで条件を満たすのは、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルン、リバプール、アーセナルの4チームだ。ただ、ユナイテッドとアーセナルに関しては来シーズンのCL出場権を獲得できるか微妙なところだ。 2019.02.21 02:37 Thu
twitterfacebook
thumb

次のビッグマッチへ向かうロバートソン「ホームのユナイテッドは全く違うチーム」

リバプールに所属するスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンが、次の試合に頭を切り替えている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 リバプールは19日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでバイエルンをホームに迎え、0-0で引き分けた。決してネガティブな結果ではないものの、アンフィールドでの試合を苦手とする相手をねじ伏せることは出来ていない。 そして、そのビッグマッチを終えたリバプールには、休む間もなく次の激戦が控えている。24日に行われるプレミアリーグ第27節のマンチェスター・ユナイテッド戦だ。 プレミア第26節終了時点でのリバプールの順位は、勝ち点65の2位。同勝ち点で首位に立つマンチェスター・シティの方が1試合多く消化しているとはいえ、1試合も落とせない状況であることに変わりはない。 ユナイテッドの成績は、オーレ・グンナー・スールシャール暫定監督が指揮権を委譲されて以来、公式戦13試合11勝1分け1敗。直近ではFA杯5回戦のチェルシー戦も2-0で制しており、ビッグマッチをものにする力も取り戻している。 苦しい日程の中で好調ユナイテッドの本拠地オールドトラッフォードに乗り込まなくてはならない状況に、ロバートソンは気を引き締め直した。 「前回の試合とは少し違ったものになると思う。あの新しい監督の下で彼ら(マンチェスター・ユナイテッド)は上がってきてるし、特にホームでは全く違うチームだ」 「とてもタフなタスクになるだろうね。僕らのゲームに持ち込む必要がある。もしそれが出来れば、上手くいけば十分に勝てると思う」 2019.02.20 19:30 Wed
twitterfacebook
thumb

過去にポグバ酷評のキャラガーが自身の非認める 「過去の発言は誤り」

リバプールで活躍した元イングランド代表DFのジェイミー・キャラガー氏が、マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバに対する過去の痛烈な批判が誤りであったことを認めた。イギリス『マンチェスタ・イブニング・ニュース』が伝えた。 ジョゼ・モウリーニョ監督の下でシーズン前半戦で深刻な不振に陥っていたユナイテッドにおいてポルトガル人指揮官との確執が噂されたポグバは思うようなパフォーマンスを見せられず。これを受けて、キャラガー氏は昨年9月のダービー・カウンティ戦後にフランス代表MFに対して以下のような辛辣なコメントをしていた。 「彼は自分が思っているほど優れたプレーヤーじゃない。彼は才能を持っているが、問題は試合を理解していないということだ。彼がユナイテッドに来て以来、問題となっておりそれは今も変わらない」 「人々はモウリーニョが問題を引き起こしていると言っている。彼はポグバからキャプテン権限を剥奪した。だが、彼は本当のキャプテンでなかった。プレー面ではどうだろうか」 しかし、モウリーニョ監督の解任後、オーレ・グンナー・スールシャール暫定監督の下ですぐさま輝きを取り戻したポグバは、絶好調のチームを牽引する圧巻のパフォーマンスを披露。18日に行われたFAカップ5回戦のチェルシー戦では2-0の勝利に導く1ゴール1アシストを記録していた。 そして、ユナイテッドに精通するイギリス人記者のスコット・パターソン氏が前述のチェルシー戦後に、ポグバに対するキャラガー氏の過去のコメントを引き合いに出してイジリを行うと、キャラガー氏はダイレクトメッセージで自身の非を認めた。 「彼はスールシャールの到着以降、ユナイテッドに啓示をもたらしている。それはスールシャールが基本的に守備のタスクを彼に与えていないからだ。それは私にとって予期していなかったものであり、その意味で過去の発言が誤りだったと認めることに問題はないよ」 「しかし、ポグバが過去2年間のモウリーニョ体制のユナイテッドでシステムや役割が何であれ、より多くの成果をもたらすべきだったという自分の考えを変えるつもりはないよ」 2019.02.19 23:41 Tue
twitterfacebook
thumb

スールシャール監督、1G1Aのポグバを大絶賛!「世界最高レベルの選手」

マンチェスター・ユナイテッドは18日、イングランド・FAカップ5回戦でチェルシーに2-0で勝利。試合後、オーレ・グンナー・スールシャール監督は活躍したポール・ポグバを絶賛するコメントを残した。<br><br>試合は31分、左サイドでボールを受けたポグバがゴール前にクロスを入れる。これに反応したアンデル・エレーラが頭で合わせ、マンチェスター・Uが先制に成功。続けて前半終了間際には、ポグバのスルーパスにマーカス・ラッシュフォードが抜け出す。ラッシュフォードが右サイドからクロスを入れ、走り込んだポグバがダイビングヘッドでネットを揺らした。このままリードを守りきったマンチェスター・Uが2-0で勝利を収めた。<br><br>スールシャール監督は、12日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のパリ・サンジェルマン戦の敗戦から立ち直り、見事に1ゴール1アシストの活躍をしたポグバに最大限の賛辞を送った。<br><br>「ポグバにとってPSGとの試合は難しいものだった。しかし、それでも彼は我々のベストプレイヤーだ。今日は、世界最高の守備的MFの1人である(ヌゴロ)カンテと対峙したが、素晴らしい出来だった。彼はプレーのビジョンを持っている。アンデル(エレーラ)にアシストしたクロスや、自分で決めたゴールもファンタスティックだった。世界最高レベルの選手だよ。<br><br>もちろん、称賛に値するのはポグバだけではない。サブを含めた選手全員が素晴らしかったね」<br><br>提供:goal.com 2019.02.19 20:05 Tue
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース