吉田フル出場のセインツ、2つのスーパーゴールもユナイテッドに追いつかれドロー《プレミアリーグ》2018.12.02 04:25 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第14節、サウサンプトンvsマンチェスター・ユナイテッドが1日に行われ、2-2の引き分けに終わった。セインツの吉田麻也はフル出場を果たしている。▽ここまで1勝5分け7敗の19位セインツと、6勝3分け4敗の7位ユナイテッドが激突。リーグ戦ここ6試合未勝利のセインツは、直近のEFLカップのレスター・シティ戦でも低調な試合内容の末、PK戦で敗北。最悪のチーム状況となっている中、吉田3バックのセンターとしては公式戦4試合連続の先発出場を果たした。

▽一方、こちらも好調とは言えないユナイテッドは、直近のチャンピオンズリーグではヤング・ボーイズ相手に試合終了間際のフェライニのゴールで勝利をもぎ取りグループステージ突破を決めた。リーグ戦はここ2試合勝利から見放されている中、守備陣に負傷者を抱えるモウリーニョ監督は3バックを敷き、フィル・ジョーンズ、マティッチ、マクトミネイを最終ラインに据える稀なフォーメーションで挑んだ。

▽キックオフから3分、ユナイテッドは思わぬ形でチャンスを迎える。ユナイテッドはルカクが敵陣深くまで攻め込むが、吉田の対応でセインツボールに。一度GKマッカーシーに下げたのだが、ボックス右のゴールライン上から大きく蹴りだそうとしたところを、ラッシュフォードの圧力からか空振りしてしまう。ラッシュフォードはすぐさま後ろに下げ、エレーラがシュート。相手にブロックされたエレーラはさらに後ろのルカクに下げてシュートを放ったが、GKマッカーシが決死のブロックでピンチを凌いだ。

▽試合を動かしたのはセインツ。13分、ボックス手前右でレドモンドが細かいタッチのドリブルで3人のマークを剥がしボックス手前のオバフェミへ。オバフェミはそこからボックス右のアームストロングに展開すると、アームストロングは右足を振り抜き豪快にサイドネットを揺らした。

▽前節2ゴールのアームストロングの2試合連続ゴールで先制したセインツは20分にボックス手前左の絶好の位置でFKを獲得。これをセドリックがゴール左上に突き刺さるスーパーゴールを決めてリードを2点に広げた。

▽ここまでわずか10ゴールの相手に早くも2点を奪われてしまったユナイテッドだが、33分にまずは1点を取り返す。敵陣中央のポグバから入った鋭い縦パスをラッシュフォードがキープ。ボックス右に侵入し、折り返したところにルカクが飛び込んでゴールを決めた。

▽ユナイテッドの攻勢は続く。39分、右サイドからラッシュフォードがドリブルで縦に突破。ボックス右深くまで侵攻したところでマイナスのクロスを送ると、これに反応したエレーラがバックヒールでゴールに流し込み瞬く間に同点とした。

▽試合を振り出しに戻したユナイテッドは後半、51分にFKからフェライニがヘディングシュート。しかし、惜しくも枠の右上に外れる。後半は一進一退の攻防に。ボールを持つユナイテッドに対し、セインツはカウンターで応戦。

▽そんな中、ユナイテッドは73分に負傷したショーを下げてジオゴ・ダロトを投入。プレミアリーグ初出場となった。77分には。2アシストのラッシュフォードに代わりマルシャルがピッチへ。

▽80分に、ユナイテッドは自陣中央でポグバがボールを失いピンチに。レドモンドがボックスの外から思い切りよく狙ったシュートはGkデ・ヘアが何とかかき出した。

▽ユナイテッドは87分にルカクを下げてリンガードをピッチへ。だが、状況は打開できずこのまま試合終了。2点差から追いついてドローに持ち込んだ。一方のセインツはこれでリーグ戦7試合白星なしとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

記者の質問に苛立つモウリーニョ…不出場のポグバについては「ノー」

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、リバプール戦後の会見で記者陣の質問に苛立つ様子を見せた。<br><br>16日に行われたプレミアリーグ第17節で、マンチェスター・Uは敵地でリバプールと対戦。ライバルとの一戦で意地を見せたいマンチェスター・Uは、24分にリバプールに先制点を許すも、その9分後にジェシー・リンガードがゴールを奪って試合を振り出しに戻す。しかし、後半にジェルダン・シャキリに2ゴールを奪われ、1-3で敗れた。<br><br>この敗戦で、首位リバプールとの勝ち点差は「19」に広がり、上位勢の背中が遠のいてしまったマンチェスター・U。試合後、モウリーニョ監督はイギリス『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、これでも選手たちを擁護するかとの質問に反論した。<br><br>「どういうことだ? 選手たちが不誠実とでも言いたいのか? 君たちは私に選手たちが不誠実か聞くことができる。しかし、君たちとは逆で、私は彼らを誠実だと信じている。フットボール選手である以上、毎日、毎試合、毎分全力を尽くす必要がある。少しでも手を抜いてしまえば君たちは選手たちを不誠実だと呼べるが、彼らはピッチの上で全力を出していた」<br><br>また、この窮地から立て直すことができるかと問われた同指揮官は、トップ4を狙えるチャンスがあると強調した。<br><br>「タイトルは取れないだろうが、まだ4位フィニッシュを果たせるチャンスはある。ただし、簡単ではないだろう。間違いなくトップ6には入れるが、現状でのベストは4位に入ることだ。今はまず、5位を目指す必要があり、その後4位を目指す」<br><br>これでマンチェスター・Uの今シーズンの失点数は29に到達し、早くも昨シーズンの失点数である28を上回った。モウリーニョ監督は自身の戦術が問題ではなく、地力の差でリバプール攻撃陣に太刀打ちできなかったと認めた。<br><br>「リバプールは我々よりも良いチームで、彼らのインテンシティやフィジカル面、さらにテクニック面を我々と比べることはできない。3点目が入るまで我々は戦えていて、最後の10分や15分は彼らと同じだけのチャンスを作れていたから引き分けにできる可能性もあった」<br><br>また、この試合をベンチから見守ったポール・ポグバについて問われると「ノー」と即答。理由については「(ネマニャ)マティッチ、(ジェシー)リンガード、(アンデル)エレーラで満足しているからだ」と回答している。<br><br>提供:goal.com 2018.12.17 08:50 Mon
twitterfacebook
thumb

今季のユナイテッド、データ的にも最悪 モウリーニョ解任に拍車か

▽データを扱う『Opta(@OptaJoe)』によれば、今シーズンのマンチェスター・ユナイテッドは数字上も最悪だ。 ▽巻き返しを狙うユナイテッドは、16日に敵地で行われたプレミアリーグ第17節でリバプールと対戦。1-1で試合を折り返したが、後半にスイス代表MFジェルダン・シャキリの2発に沈み、5試合ぶりのシーズン5敗目を喫した。 ▽ユナイテッドの失点数は昨シーズンの総失点「28」を上回る「29」に。第17節終了時の勝ち点「26」も1990-91シーズンに並ぶクラブ史上最低の数字であり、1992年創設のプレミアリーグだけでいけばワースト記録だという。 ▽敗れたユナイテッドは、これで首位リバプールとの勝ち点差が「19」に。チャンピオンズリーグ出場権争いにおいても、4位チェルシーとの勝ち点差が「11」に広がった。ジョゼ・モウリーニョ監督の更迭に待ったなしか。 2018.12.17 08:45 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:リバプール 3-1 マンチェスター・ユナイテッド《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第17節、リバプールvsマンチェスター・ユナイテッドが16日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが3-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽リバプール採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181217_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 アリソン 4.5 何でもないクロスをキャッチし損ねて失点に関与。それ以外は危なげない対応を見せた DF 2 クライン 6.0 今季リーグ戦初出場。守備面では無理を強いられる場面はほぼなかったが、攻撃面でクオリティを欠いた 6 ロブレン 6.0 押し込んだ中でファン・ダイクと共にリスク管理。空中戦で攻守に存在感 4 ファン・ダイク 6.0 責任を持ってルカクに対応しながらマイボール時には安定した捌きを披露。セットプレーの場面では積極的にゴールを狙った 26 ロバートソン 6.5 前半は相手のシステム上フリーで攻めあがれる場面が多く攻撃の起点に。ややクロスの精度は低かったが、終盤のソリッドな守備を含め見事な出来 MF 10 マネ 6.5 絶妙な動き出しとシュート技術で先制点を奪取。積極的な仕掛けでチャンスに顔を出す (→ヘンダーソン -) 5 ワイナルドゥム 6.0 相手の屈強な中盤の選手相手に球際の勝負で奮闘。ただ、攻撃面では無難に捌く形が多かった 9 フィルミノ 6.5 セカンドトップのポジションで攻守に多くの仕事をこなす。2本の決定的なシュートはデ・ヘアの好守を褒めるべき 3 ファビーニョ 7.0 見事なパスで先制点をアシスト。長い手足を生かしたボール奪取にボール捌きや攻撃への絡みも見事だった 8 N・ケイタ 5.5 攻守両面で積極性を見せたが、全体的に質は今一つ (→シャキリ 7.0) 指揮官の期待に応える見事な2ゴールを奪取。スーパーサブとして完璧な仕事を果たした FW 11 サラー 6.0 前線でボールを収めながら相手守備の注意を引き付けたが、なかなか決定的な仕事は見せられず 監督 クロップ 6.5 シャキリ投入で流れを引き寄せて苦手ユナイテッド相手にプレミア初勝利 ▽マンチェスター・ユナイテッド採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181217_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 デ・ヘア 6.0 失点はいずれも仕方なし。再三のビッグセーブで意地は見せた DF 36 ダルミアン 5.5 3バックの右と右サイドバックでプレー。与えられた守備のタスクは何とかこなした 3 バイリー 5.5 スモーリングのウォームアップ中の負傷で急遽先発。立ち上がりこそバタついたが、試合を通して安定したプレーを見せた 2 リンデロフ 5.5 負傷明けのビッグマッチだったが、粘り強い守備でチームを支えた MF 20 ジオゴ・ダロト 5.0 終始押し込まれる場面が目立ち攻守に質の低さが出た (→フェライニ 5.0) 球際で強さを見せたが、プレー精度を欠く 21 エレーラ 5.5 豊富な運動量に要所で気の利くプレーを見せたが及ばず… (→マルシャル -) 14 リンガード 6.0 意地の1ゴール。サポートが少ない中、ラッシュフォードと共に何とか起点になろうと腐心 (→マタ -) 31 マティッチ 5.0 何度か球際で強さを見せたが、判断や切り替えの鈍さが目立った 18 ヤング 5.5 失点場面に改善点は見られたが、試合を通して粘り強い守備でチームを助けていた FW 9 ルカク 4.5 アリソンのミスを誘うクロスを供給も流れの中でほぼ起点になれなかった 10 ラッシュフォード 5.5 ルカクに代わってボールを収める仕事や突破など孤立した中で奮闘 監督 モウリーニョ 5.0 アウェイでの弱者の戦いを選択したが、相手に上回られて無残な敗戦に ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ファビーニョ(リバプール) ▽スーパーサブとして完璧な仕事を果たしたシャキリを推したい気持ちもあるが、試合を通して中盤を完全に制圧したファビーニョをMOMに選出。持ち味のボール奪取能力に加えて、正確なサイドチェンジや意表を突く仕掛け、ミドルシュートで攻守に躍動。とりわけ、先制点をお膳立てしたフィードは見事だった。 リバプール 3-1 マンチェスター・ユナイテッド 【リバプール】 マネ(前24) シャキリ(後28) シャキリ(後36) 【マンチェスター・ユナイテッド】 リンガード(前33) 2018.12.17 03:13 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプール、途中出場シャキリの2発でクロップ体制のプレミアでユナイテッド初撃破!6連勝で無敗&首位を維持《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第17節、リバプールvsマンチェスター・ユナイテッドが16日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが3-1で勝利した。 ▽開幕から16戦無敗(13勝3分け)で首位に立つリバプール(勝ち点42)と、トップ4フィニッシュに望みを繋ぎたい6位のユナイテッド(勝ち点26)によるビッグマッチ。 ▽前節、エースFWサラーの今季初のハットトリックもありボーンマスに4-0で快勝したリバプールはリーグ戦5連勝を達成。さらに、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)では決勝トーナメント進出を懸けたナポリとの大一番を勝ち切って2位通過を果たした。激戦から中4日で臨んだこの一戦に向けては先発4人を変更。負傷のアーノルド、マティプに代わってクラインとロブレン、中盤はミルナーとヘンダーソンに代えてナビ・ケイタ、ファビーニョを起用し、サラーを最前線に配しフィルミノをセカンドトップに置いた[4-4-1-1]の布陣で臨んだ。 ▽一方のユナイテッドは前節に最下位のフルアム相手に4-1の快勝を収めてリーグ戦5試合ぶりの白星を手にした。直近のCLバレンシア戦ではすでに決勝トーナメント進出を決めていたこともあり大幅なターンオーバーを敢行。やや乏しい内容での1-2の敗戦となったが、主力を休ませることに成功した。そのバレンシア戦からはルカクを除く10人を変更。負傷明けのダルミアンやリンデロフが復帰し、前線はルカクとラッシュフォードの2トップの下にリンガードが入る[3-5-2]を採用。なお、ウォーミングアップ中のケガによりスモーリングに代わってバイリーが急遽先発に入った。 ▽後方に重心を置くユナイテッドに対してホームのリバプールが前から圧力をかけていく。開始7分にはボックス手前でパスを受けたフィルミノがゴール右隅へミドルシュートを飛ばすが、これはGKデ・ヘアの好守に遭う。この直後にはユナイテッドもラッシュフォードのミドルシュートで応戦を見せるも、ここから試合は完全にリバプールペースに。 ▽相手が引き気味なことに加えて、[4-4-1-1]のより守備バランスの取れた布陣を採用したことで2列目、3列目の選手が積極的に攻撃参加をみせ、ユナイテッド守備陣に後ろ向きの対応を強いていくと、サラーやマネにファビーニョと積極的にシュートを浴びせていく。すると24分、相手陣内左サイドでのスローインから細かく繋いでボックス手前左のファビーニョが絶妙なフィードをゴール前に入れると、DFの背後から飛び出したマネが胸トラップからGKデ・ヘアの股間を抜くシュートを流し込んだ。 ▽敵地で先制を許す厳しい入りとなったユナイテッドはその後も押し込まれる状況が続く。しかし、ほとんどゴールの匂いを感じさせる場面を作れない中で相手のミスから追いつく。33分、左サイドでエレーラ、リンガードを起点に良い形でボールが繋がりボックス左に走り込んだルカクが低い弾道のクロスを供給。これをGKアリソンがキャッチにいくと痛恨のファンブル。こぼれ球に詰めたリンガードが冷静に流し込んだ。 ▽そして、思わぬ形で振り出しに戻った試合は追いついたユナイテッドが守備面での強度を高めて盛り返したこともあり、前半終盤にかけては拮抗した展開の中でハーフタイムを迎えた。 ▽迎えた後半、ユナイテッドはジオゴ・ダロトを下げてフェライニをハーフタイム明けに投入。この交代でマティッチをアンカーに配した[4-3-3]に布陣を変更した。一方、後半も同じメンバー、システムを継続したリバプールは52分に後半最初の決定機を作る。ゴール前の競り合いでDFバイリーが倒れて一瞬プレーを止めようとしたユナイテッドの隙を突きゴール前の密集をこじ開けたフィルミノがシュートを枠に飛ばすが、これはGKデ・ヘアのビッグセーブに阻まれた。 ▽後半もユナイテッドを押し込んでシュートを浴びせ続けるリバプールだが、徐々にシュートを枠に飛ばせなくなり、相手のペースに引きずり込まれる。流れを変えたいクロップ監督は70分にナビ・ケイタを下げてシャキリを投入すると、この選手交代が試合を動かす。 ▽73分、ファビーニョへの左サイドへの大きな展開からポジションを左に移したマネが鋭い仕掛けでボックス左ライン際からクロス。これをGKデ・ヘアが足で弾いたボールがボックス中央にこぼれると、いち早く反応したシャキリが右足でシュート。DFヤングに当たってコースが変わったボールがクロスバーの内側を叩きゴールネットに吸い込まれた。 ▽クロップ采配的中で勝ち越しに成功したリバプールはここで引かずに勢いづいて攻めたてると、80分にはバイタルエリアでボールを持ったシャキリの縦パスをフィルミノがうまくペナルティアーク付近に落とすと、これをシャキリが得意の左足でシュート。DFバイリーに当たったボールがゴール左隅の絶妙なコースに決まった。 ▽何とか意地を見せたいユナイテッドは3失点目の前に投入していたマルシャルに続きマタを投入して反撃を試みるが、フェライニが決定機でシュートを枠外に外すなど、2点目を奪うことはできず。難敵ユナイテッド相手にシュート30本以上を放つ圧倒的な内容で勝ち切ったリバプールがリーグ6連勝を飾るとともに、クロップ体制のリーグ戦で初となるユナイテッド戦での勝利を手にした。 2018.12.17 03:12 Mon
twitterfacebook
thumb

29年ぶり悲願のリーグ制覇へ…リバプール主将は自信「優勝する準備はできている」

リバプールのイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンが、プレミアリーグ優勝への意気込みをイギリス『テレグラフ』に語った。<br><br>第16節終了時点で無敗をキープし、首位に躍り出たリバプールド。これまで名門と謳われながらも1989-90シーズンを最後に優勝から遠ざかるチームだが、ユルゲン・クロップ監督体制4シーズン目で悲願のタイトル獲得へ向け、マンチェスター・シティと激しい優勝争いを繰り広げている。<br><br>在籍8年目となるキャプテンのヘンダーソンは、優勝を目前にしながらもマンチェスター・Cに逆転された13-14シーズンとの比較に「メンバーも違えば、シナリオも違う」と前置きをしつつ、現在のチームは「優勝するポテンシャルがある」と意気込みを語った。<br><br>「過去を振り返るのは好きではない。クラブのためにできる限り多くの試合に勝利することに集中しているんだ。目の前の試合に勝っていけば、最終的にトロフィーを獲得することにつながる」<br><br>今シーズンのチームについて問われると「優勝する準備は全員できている」と語り、「ドレッシングルームにいる全員が、近い将来トロフィーを獲得すると確信している。願わくばそれを今シーズンにしたいね」と自信をのぞかせた。<br><br>優勝を睨むリバプールドは、16日の第17節で6位のマンチェスター・ユナイテッドとホームで対戦。15日の試合でマンチェスター・Cがエヴァートンに勝利(3-1)したため、暫定で2位に転落したレッズ(リバプールドの愛称)にとっては負けられない一戦となる。<br><br>ヘンダーソンは&ldquo;ノースウェスト・ダービー&rdquo;へ向けて気を引き締めている。<br><br>「この試合は特別だ。リバプールドとユナイテッドの対戦は、世界でも最大級の試合だよ。彼らはワールドクラスの監督が率いる、ワールドクラスのチームだ」<br><br>「彼らには多くの素晴らしい選手がいる。リーグ戦で最後にユナイテッドを破ったのはいつだっけ&hellip;&hellip;。順位表を見れば、彼らが上手くやれていないことに少し驚きがあるかもしれない。だが、脅威であることに変わりはないよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.16 21:16 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース