原口が古巣ヘルタ戦で途中出場もハノーファー敗戦、ここ5試合で4敗目《ブンデスリーガ》2018.12.02 03:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ハノーファーは1日、ブンデスリーガ第13節でヘルタ・ベルリンをホームに迎え、0-2で敗れた。ハノーファーのFW原口元気は66分から出場し、FW浅野拓磨はベンチ入りも出場機会はなかった。

▽前節ボルシアMG戦を1-4で大敗した16位ハノーファー(勝ち点9)は、古巣対戦となる原口が3試合連続ベンチスタートとなり、負傷明けの浅野もベンチ入りした。

▽8位ヘルタ・ベルリン(勝ち点17)に対し、ハノーファーは44分にCKからトルナリガのヘディングシュートで先制されてしまう。

▽低調な前半を終えて、66分にハノーファーは原口を左サイドに投入。しかし73分、イビセビッチにヘディングシュートを決められてリードを広げられてしまう。

▽終盤にかけても前がかったハノーファーは81分にチャンス。フュルクルクのスルーパスでボックス左に抜け出したウェイダントがシュート。しかし、GKヤルシュテインにセーブされた。

▽結局、このまま0-2で敗戦。ハノーファーはここ5試合で4敗目を喫し、不振が続いている。
コメント
関連ニュース
thumb

バイエルンが原口と浅野先発のハノーファーに4発快勝! 原口は後半から右SBでプレー《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第15節、ハノーファーvsバイエルンが15日に行われ、0-4でバイエルンが快勝した。ハノーファーのFW原口元気はフル出場、FW浅野拓磨は62分までプレーしている。 ▽前節ニュルンベルク戦を3-0と快勝し、3位に浮上したバイエルン(勝ち点27)は、3日前に行われたチャンピオンズリーグのアヤックス戦を壮絶な打ち合いの末に3-3と引き分け、何とか首位通過を果たした。消耗する試合を戦った中、アヤックス戦のスタメンから3選手を変更。リベリ、J・ボアテング、ラフィーニャに代えてコマン、チアゴ、フンメルスを起用した。 ▽対する17位ハノーファー(勝ち点10)は前節マインツ戦で原口と浅野が共に先発した中、終盤のPK被弾で引き分けに持ち込まれてしまった。そのハノーファーは原口と浅野が引き続き先発となった。 ▽前節同様、原口が[3-5-2]の右ウイングバックで、浅野が右インサイドMFで先発となったハノーファーに対し、バイエルンは開始2分に先制する。クリアの浮いたルーズボールをペナルティアーク右のキミッヒがボレー。これがゴール左に決まった。 ▽その後も圧倒するバイエルンは20分にゴレツカのパスを受けたボックス中央のミュラーが決定的なシュートに持ち込めば、27分にはカウンターに転じたゴレツカがドリブルで持ち上がってボックス右まで進入。枠の左上を捉えるシュートを放ったが、GKにセーブされた。 ▽それでも29分、バイエルンが加点する。CKの流れからペナルティアーク中央のアラバがハーフボレーで完璧にミートすると、強烈なシュートがゴール右上に突き刺さった。 ▽防戦一方のハノーファーは44分、原口が右サイドで仕掛けてクロスを上げると、ファーサイドのヴァイダントがヘッド。しかし、枠の左に外れ、前半を2点ビハインドのまま終えた。 ▽後半からDFのフェリペに代えてマイナを左サイドハーフに投入したハノーファーは、4バックに変更。原口は右サイドバック、浅野は右サイドハーフでのプレーとなった。 ▽しかし53分、ボックス右で仕掛けたニャブリがシュートをねじ込んでバイエルンが決定的な3点目を奪いきった。 ▽さらに62分、右サイドゴールライン際からのキミッヒのクロスをレヴァンドフスキがヘッドで押し込み4-0。終盤にかけてはギアを落としたバイエルンがそのまま試合を終わらせて快勝し、リーグ戦3連勝とした。 2018.12.16 01:26 Sun
twitterfacebook
thumb

原口と浅野が先発のハノーファー、原口先制アシストも浅野が決定機逸… 終盤のPK被弾でドロー《ブンデスリーガ》

▽ハノーファーは8日、ブンデスリーガ第14節でマインツとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。ハノーファーのFW原口元気はフル出場、FW浅野拓磨は79分までプレーしている。 ▽前節ヘルタ・ベルリン戦を落として2連敗となった17位ハノーファー(勝ち点9)は、浅野が第3節以来、原口が4試合ぶりの先発となった。 ▽10位マインツ(勝ち点18)に対し、[3-5-2]を採用したハノーファーは原口が中盤の右、浅野が右インサイドMFの位置で先発となった。 ▽開始5分にマテタに決定的なヘディングシュートを許したハノーファーだったが、立て続けにチャンスを生み出していく。まずは8分、ロングボールに抜け出した浅野が落としたボールをボックス右のヴァイダントがシュート。しかし、枠の外に外してしまった。 ▽続く9分、今度は浅野に決定機。ボックス左ゴールライン際からヴァイダントがマイナスに折り返したクロスを浅野がダイレクトでシュート。だが、枠の上に外れてしまった。 ▽それでも12分、ハノーファーが押し切る。原口が右サイドから上げたクロスをヴァイダントがボレーで合わせてネットを揺らし、先制ゴールとなった。 ▽リードして以降は原口が自陣に下がって5バックを形成し、マインツの攻撃を凌いでいく展開に。27分には原口が右サイドからカットインしての左足シュートで牽制した。ハーフタイムにかけてはハノーファーが集中した守備でチャンスを与えず、1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、発煙筒の煙がピッチ内に充満したことで開始早々、数分間の中断となった。 ▽視界が開けてリスタートとし、引き続きハノーファーが重心を低くして応戦する中、61分にラツァにポスト直撃のミドルシュートを浴びてしまう。 ▽耐えるハノーファーは75分、浅野に決定機。ヴァイダントのスルーパスに抜け出した浅野がGKと一対一に。しかし、シュートはGKに止められてしまった。 ▽79分には浅野を下げ、DFのエレスを投入して逃げ切りを図ったハノーファーだったが、87分にPKを献上してしまう。ボックス右に侵入したマテタに対し、オストルツォレクが身体を当てるとPK判定となった。 ▽そしてこのPKをブロシンスキに決められ、ハノーファーは同点に追い付かれてしまう。結局、10分あった追加タイムで勝ち越しゴールを奪えなかったハノーファーは、今季3勝目を逃している。 2018.12.10 01:36 Mon
twitterfacebook
thumb

原口元気、まだハノーファーでポテンシャルを発揮できず…指揮官「期待に応えられていない」

ハノーファー率いるアンドレ・ブライテンライター監督は、日本代表MFの原口元気についてコメントした。ドイツ誌『キッカー』が伝えている。<br><br>ハノーファーは今夏、原口を450万ユーロ(約5億8000万円)と見られる移籍金でヘルタ・ベルリンから獲得。しかし同選手はこれまでリーグ戦10試合、カップ戦1試合に出場して1アシストにとどまっている。1日に行われたブンデスリーガ第13節ヘルタ・ベルリン戦では66分から出場するも流れを変えられず、残留争いに巻き込まれているチームは0-2と敗れた。<br><br>原口の獲得を自ら希望したことを何度か強調してきたブライテンライター監督だが、同選手のパフォーマンスに満足していない様子。『キッカー』曰く、「ゲンキに状況を説明するために、通訳を介してとても長い時間話した。確かなのは、彼自身が今までの自分のパフォーマンスに非常に不満であること」と明かす指揮官は、「当然、彼はまだ期待に応えられていない」とも認め、次のように続けた。<br><br>「ほかよりポテンシャルを発揮している選手、3列目から2列目や1列目まで進んできた選手だっている。彼らは他クラブからの興味さえも引いている。だがポテンシャルを発揮できておらず、残念ながら今のところ他クラブに必要とされない理由を示している選手もいる」<br><br>「フォルトゥナ・デュッセルドルフでの2部での半年間は別として、ヘルタで過ごした4年間のことだ。ゲンキはあちらでも試合に出場していたけど、攻撃面における決定的なプレーが不足していた」<br><br>ワールドカップ出場で、新クラブでのプレシーズンに参加できなかったことも、尾を引いているかもしれない。ブライテンライター監督は「それは彼が苦しんだことに関する合理的な説明となるかもしれない」と語り、同選手の日本代表でのプレーについて「あちら(代表)では我々が彼から引き出そうとするポテンシャルを見せている」との見解を述べる。「我々はこれまでそれができていない。認めざるを得ない」と、そのポテンシャルを引き出すことができない責任も感じているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.03 22:05 Mon
twitterfacebook
thumb

原口元気、初の古巣対決に向けた意気込みは?元同僚との再会は楽しみも「絶対に勝ちたい」

日本代表MF原口元気やFW浅野拓磨らが所属するハノーファーは12月1日に行われるブンデスリーガ第13節でヘルタ・ベルリンをホームに迎える。原口は元チームメートとの再会を心待ちにしているようだ。<br><br>昨季後半戦はヘルタからフォルトゥナ・デュッセルドルフに送り出されていた原口は、夏には完全移籍でハノーファー入り。今回、初めて古巣対決に臨む同選手はクラブの公式サイトで、公式戦106試合に出場したヘルタについてこのように語っている。<br><br>「ベルリンでは良い時間を過ごしました。ヨーロッパでの最初のチームで、選手たちはみんなすごく助けてくれましたね。再会を楽しみにしています」<br><br>元同僚のなかでとりわけ仲が良かったのはノルウェー代表GKルネ・ヤ―ステイン。34歳の守護神の彼とは「メッセージを送り合ったりしています。(コミュニケーションは)いつもドイツ語、英語の間で切り替えながら」と今でも交流が続いているという。<br><br>一方で、現在16位に沈むハノーファーは降格圏から抜け出したいところ。原口も古巣相手であれ、「僕は今はハノーファーの選手だし、土曜日は絶対に勝ちたいです。僕たちは勝利のためにすべてを尽くします」と気を引き締めた。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.11.28 19:50 Wed
twitterfacebook
thumb

原口途中出場のハノーファー、開始20秒弾のロケットスタートもボルシアMGに4失点完敗《ブンデスリーガ》

▽ハノーファーは25日、ブンデスリーガ第12節でボルシアMGとアウェイで対戦し、1-4で敗れた。原口は前半アディショナルタイムから途中出場、浅野はベンチ外となった。 ▽前節のヴォルフスブルク戦で、今季2勝目を手にしたハノーファー。連勝を目指す今節は原口が2試合連続でベンチスタートに。浅野はベンチ外となった。 ▽試合は思わぬ展開を見せる。キックオフ直後、一度最終ラインにボールを下げたハノーファーは、エレスのロングボールで一気に前線へ。これをフュルクルクが頭でフリックすると、ウッドが最終ラインを抜け出しボックス右へ。相手のマークに付かれながらも右足でGKの股を抜いてゴール。開始20秒での秒殺弾だった。 ▽しかし、ボルシアMGも黙ってはいなかった。7分、ボックス左から短く丁寧にパスを繋ぐボルシアMGは、最後はボックス右にいたT・アザールが左足でゴール左上を捉える見事なゴールを決めてすぐさま振り出しに戻した。 ▽息もつかせぬ展開となった試合は、その後しばらく膠着状態に。そんな中、40分頃にボルシアMGのギンターとハノーファーのサレンレン=バジーが球際で激しく衝突。サレンレン=バジーは何とか立ち上がったものの、ギンターはストレッチャーに乗せられてピッチを後に。代わりにヤンチュケが投入された。 ▽ギンターの容体が心配されるボルシアMGは44分、そのヤンチュクのパスからボックス右に抜け出したラングが流し込んで追加点。逆転に成功した。 ▽その後、先ほどの衝突で頭を強く打ったサレンレン=バジーも続行不可能となり原口と交代。原口は前半アディショナルタイムからの出場となった。 ▽後半に入り、ボルシアMGはリードを広げる。58分、ボックス左へ侵入したT・アザールがゴール前の空いたスペースにクロスを入れると、そこに飛び込んだシュティンドルがダイレクトボレーで豪快にゴールに突き刺し3点目を奪った。 ▽さらに77分には、直前にプレアとの交代で入ったザカリアがストロブルの鋭いスルーパスで左サイドを突破し、そのままゴールを陥れた。 ▽試合はそのまま終了。開始20秒で先制したハノーファーだったが、終わってみれば1-4で大敗。今季7敗目を喫した。 2018.11.26 03:49 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース