【セリエAプレビュー】崖っぷちローマがインテルをオリンピコで迎え撃つ! 主役ナインゴランは欠場…《ローマvsインテル》2018.12.02 13:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第14節、ローマvsインテルが日本時間2日28:30にスタディオ・オリンピコでキックオフされる。開幕から低迷する7位のローマ(勝ち点19)と、ユベントス、ナポリの2強に食い下がりたい3位のインテル(勝ち点28)による重要なビッグマッチだ。▽今夏の大幅なチーム刷新が機能せず、開幕から低迷が続くローマ。前節、10連勝中だったお得意様ウディネーゼにまさかの敗戦を喫すると、直近のチャンピオンズリーグ(CL)では昨季から7連勝中だったオリンピコでレアル・マドリーに0-2の敗戦。他会場の結果、決勝トーナメント進出を決めたものの本調子ではないCL3連覇中の王者相手に攻守のイージーミスから流れを失って敗れた姿は現在のチーム状況を如実に表すものだった。

▽エースFWジェコ、チーム得点王のFWエル・シャーラウィ、キャプテンのMFデ・ロッシら主力を負傷で欠く厳しい状況の中で臨む難敵インテルとのホームゲームだが、今節の結果如何で解任の可能性も伝えられるディ・フランチェスコ監督としては勝利以外に現体制を維持することはできない。悲壮な決意を持って臨む指揮官をここまで期待に応え切れていない新戦力が救えるか。

▽一方、開幕2戦未勝利から一時7連勝で完全復調を見せたインテルだが、前々節にアタランタ相手に屈辱的な1-4の大敗を喫すると、格下フロジノーネ戦の勝利を挟んで臨んだCLでは敵地ウェンブリーでトッテナムに競り負け、自力でのグループステージ突破の可能性が消滅。もちろん、トッテナムは最終節に首位バルセロナとのアウェイゲームを残しているものの、突破を逃す可能性も十分に想定されるところだ。

▽その敗戦からバウンスバックが求められるスパレッティ監督率いるチームだが、リーグ戦では指揮官の古巣ローマ、開幕から圧倒的な強さを見せる首位ユベントスとの厳しい連戦が控える。仮に、この連戦で連敗を喫するようなことがあれば、スクデット争いはおろか、熾烈なトップ4争いに巻き込まれるため是が非でも勝ち点3を手にしたい。

▽昨季の対戦ではインテルが1勝1分けで勝ち越しているが、その前年はローマが連勝しており、ここ最近の通算成績はほぼ五分と言っていい。なお、今夏の移籍市場ではローマからMFナインゴランがインテル、インテルからDFサントン、MFザニオーロがローマにトレードで加入。サントンとザニオーロの古巣初対決は実現濃厚だが、オリンピコ初凱旋が期待された今回の主役の1人、ナインゴランはトッテナム戦でのケガによって欠場が決定的している。

◆ローマ◆
【4-2-3-1】

▽ローマ予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:オルセン
DF:サントン、マノラス、ファン・ジェズス、コラロフ
MF:クリスタンテ、エンゾンジ
MF:フロレンツィ、ザニオーロ、クライファート
FW:シック
負傷者:MFデ・ロッシ、チョリッチ、ロレンツォ・ペッレグリーニ、FWエル・シャーラウィ、ジェコ
出場停止者:なし

▽出場停止者はいない。負傷者に関してはデ・ロッシ、ロレンツォ・ペッレグリーニ、ジェコのセンターラインの主力3人に加え、直近のレアル・マドリー戦で負傷したエル・シャーラウィ、チョリッチも欠場が確定。その一方で、練習復帰したペロッティとパストーレに関しては何とかベンチに入った。

▽主力の度重なる離脱によって苦しい台所事情を強いられる中、ディ・フランチェスコ監督はスタメン選考に悩まされることになる。前線に関してはペロッティとパストーレが間に合わない限り、流れを変えられる選手がいないためサントンを右サイドバック、フロレンツィを右ウイングに配し、ジェンギズ、クライファートのいずれかをベンチに置く可能性が想定される。また、シック以外にセンターフォワードが不在なため、プリマヴェーラでゴール量産中のU-19スロベニア代表FWツェラルのデビューも見込まれる。

◆インテル◆
【4-2-3-1】

▽インテル予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:ハンダノビッチ
DF:ダンブロージオ、シュクリニアル、ミランダ、アサモア
MF:ヴェシーノ、ブロゾビッチ
MF:ポリターノ、ボルハ・バレロ、ペリシッチ
FW:イカルディ
負傷者:DFダウベルト・エンリケ、デ・フライ、MFナインゴラン
出場停止者:なし

▽出場停止者はいない。負傷者に関してはダウベルト・エンリケとトッテナム戦で足首を痛めたナインゴランの欠場が濃厚に。さらに、ヴルサリコは復帰可能もトッテナム戦で負傷交代したデ・フライに関してはベンチスタートが濃厚だ。

▽スタメンに関してはデ・フライに代わってミランダが先発に復帰し、コンディション次第ではボルハ・バレロ、ペリシッチに代わってジョアン・マリオ、ラウタロ・マルティネス、ケイタが先発を務める可能性もある。

★注目選手
◆ローマ:FWパトリック・シック
Getty Images
▽ローマの注目プレーヤーはエースFWジェコの代役を担うシックだ。昨夏、サンプドリアから鳴り物入りでローマに加入したシックだが、ジェコの高い壁を越えられず公式戦26試合でわずか3ゴールと期待外れの1年目となった。捲土重来を期して臨んだ今季は第12節の古巣サンプドリア戦でようやく今季初ゴールも公式戦11試合で1ゴールと昨季同様に厳しい状況は変わらず。しかし、チームではジェコとチーム得点王のエル・シャーラウィがいずれも3週間ほどの離脱を強いられることになり、チーム唯一のセンターフォワードである同選手が負う責任は非常に重くなる。

▽今回のダービーに向けては同じ2016年にサンプドリアに加入し、隣国スロバキアの将来を担う、同年代の元同僚DFシュクリニアルとマッチアップする。今やメガクラブの注目を集めるワールドクラスのセンターバックに成長したかつてのチームメートが守るゴールをこじ開け、苦境のチームに勝利をもたらしたい。

◆インテル:DFミラン・シュクリニアル
Getty Images
▽インテルの注目プレーヤーは若きディフェンスリーダーのシュクリニアルだ。前述のようにチェコ代表の若きエース候補シックと共にサンプドリアに加入したシュクリニアルは翌年にインテルへ加入。昨夏時点の市場評価はシックに劣っていたものの、ビッグクラブ初挑戦を感じさせない安定したプレーでインテルの最終ラインに君臨。今季はデ・フライ、ミランダと列強の代表チームで活躍する名手を抑えてセンターバックのファーストチョイスとなっている。

▽今季のCLではバルセロナFWスアレス、トッテンムFWケインというワールドクラスのストライカー相手に一歩も引かない好パフォーマンスを披露しており、市場価値をさらに高めている。今回のダービーではジェコではなくかつての同僚との対峙となるが、この1年間で培った経験、成長を見せつけるようなパフォーマンスが期待される。
コメント
関連ニュース
thumb

ローマに朗報! 至宝ザニオーロがライオラを拒否!

今季のブレイクでビッグクラブの関心を集めるローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(19)が、世界屈指の代理人として知られるミーノ・ライオラ氏からの誘いを断ったようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 今夏、元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランとのトレードで元イタリア代表DFダビデ・サントンと共にインテルからローマに加入した若きトレクァルティスタ。 190cm近い大型レフティは懐深いボールキープや力強い持ち上がり、繊細なボールタッチを生かした密集地帯での突破や視野の広さを生かしたチャンスメークとローマ攻撃陣を見事にけん引。直近のチャンピオンズリーグ(CL)のポルト戦ではCL初ゴールを含むドッピエッタの大活躍でチームを2-1の勝利に導いた。 すでに国内のライバル、ユベントスを始め国内外のビッグクラブの関心を集める“金の卵”には、代理人業界からも熱心な誘いがあるようだ。 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えるところによれば、先日にはMFポール・ポグバやFWズラタン・イブラヒモビッチ、MFマルコ・ヴェッラッティ、GKジャンルイジ・ドンナルンマらを顧客に抱え、ローマではDFリック・カルスドルプ、FWユスティン・クライファートの代理人を務めるライオラ氏からも誘いがあったようだ。 しかし、元プロサッカー選手でザニオーロの実父であるイゴール・ザニオーロ氏は同紙の取材に対して、「我々はクラウディオ・ヴィゴレッリと共にある」とコメント。代理人を変更する意思がないと語っている。 なお、ザニオーロは以前にステフェン・カステルノヴォ氏からヴィゴレッリ氏に代理人を変更。ヴィゴレッリ氏は昨夏インテルから共に移籍してきたサントンらを顧客に持っている。 先日に「僕はこのクラブの象徴になりたい。そして、僕の目標は永遠にローマに留まることなんだ」と語り、ローマへの忠誠を誓ったザニオーロだったが、一部で悪徳代理人とも揶揄される辣腕代理人の誘いを断ったことで、再びロマニスタを喜ばせる形となった。 2019.02.21 03:25 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマの2人の19歳に指揮官が言及「ザニオーロには10番の話が出たが…」

ローマの指揮官エウゼビオ・ディ・フランチェスコが、チームの若手2選手について見解を述べた。<br><br>ローマは今シーズン、好不調の波に悩まされており、指揮官の去就が危ぶまれた時期もあった。だが12月26日のサッスオーロ戦以降は、リーグ戦で無敗を続けており、第24節終了時点で5位につける。ディ・フランチェスコは、「今年は成績がやや安定せず、調子を取り戻したかと思えば、再び下降してしまった。今後はできる限り失敗を減らさなければならない」と述べ、今後の挽回に意欲を見せた。<br><br>ところでローマでは、19歳のMFニコロ・ザニオーロが目覚ましい活躍を見せており、&ldquo;新トッティ&rdquo;として注目を集める。ローマ指揮官も期待を寄せている。<br><br>「ザニオーロの現状について全般的な話をする。彼にはこれまで通りのびのびとしていてもらいたい。指揮官として言うが、彼は19歳の若者で、あまりに多くの責任を負わせるべきではない。彼に背番号10番を与えるかどうかについて話も出た。彼は成長期間にあり、現段階では22番のままが良い。彼が成長できるよう環境を作り、上手く指導していけるようにしなければならない。将来性の豊かな選手だが、今後、証明していくべきことはまだたくさんある」<br><br>続いてローマ指揮官は、同じく19歳のFWジャスティン・クライファートについてもコメントを残している。<br><br>「彼は違う環境(アヤックス)からやって来た。好不調はあるが、それも若手の成長のプロセスである。度々プレッシャーを受けることが当たり前の世界だ。SNSを目にしすぎることで、周囲の雑音を重視しすぎてしまう。だが本来、トリゴリアの中の声だけに耳を傾けるべきなのだ。ジャスティンは最近、非常に良く練習に取り組んでいる。トレーニングへの姿勢も変わった。良い兆しと言える」<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.20 15:05 Wed
twitterfacebook
thumb

守護神オルセンが低調ローマを救う! セットプレー2発でボローニャに競り勝ち公式戦3連勝《セリエA》

セリエA第24節、ローマvsボローニャが18日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが2-1で勝利した。 熾烈なトップ4争い、残留争いに身を置く6位のローマと、18位のボローニャによるマンデーナイト開催の一戦。 前節、キエーボ相手に3試合ぶりの勝利を手にしたローマは、ミッドウィークに行われたホーム開催のチャンピオンズリーグ(CL)ポルト戦も2-1で先勝。公式戦3連勝を目指す一戦に向けては先発3人を変更。負傷明けのGKオルセンが復帰した他、デ・ロッシ、エル・シャーラウィに代わってエンゾンジ、クライファートが起用された。 前回対戦で敗戦を喫したボローニャ相手にリベンジを目指すローマは、立ち上がりからハイプレスを仕掛けて主導権を奪いにかかる。良い形でショートカウンターを繰り出すも、8分にはロベルト・ソリアーノに強力なミドルシュートでゴールを脅かされる。 ボール保持率を高めて再度を起点に相手を崩しかける場面を増やすも決定機まで持ち込めないローマは、22分に再びピンチ。自分たちのCKの場面でクライファートがボールを失い数的不利でロングカウンターを許すと、ボックス内でソリアーノに2度のシュートを打たれる。 さらに36分にはサンタンデールの頭の落としに反応したソリアーノにゴール前に抜け出されるが、ここはGKオルセンのビッグセーブで凌ぐ。流れが悪いローマは43分にもポーリのクロスに対してDFファシオの緩慢な対応でGKオルセンが無理な体勢でクリアを強いられると、ゴール右で拾ったエデラにフリーでシュートを許すが、これもオルセンがファインセーブ。そして、前半ラストプレーではサンタンデールの落としからソリアーノにこの試合3度目のビッグチャンスも今度はクロスバーを叩き、守護神と相手の決定力に助けられたホームチームは辛くも無失点で前半を終えた。 流れを変えたいローマは精彩を欠き警告ももらっていたクリスタンテを下げてハーフタイム明けにエル・シャーラウィを投入。この交代で[4-2-3-1に並びを変えて2列目は右からクライファート、ザニオーロ、エル・シャーラウィとなった。 すると、この選手交代がローマに先制点をもたらす。55分、ボックス内でジェコと短いパス交換を試みたエル・シャーラウィがDFヘランデルに倒されてPKを獲得。これをキッカーのコラロフが冷静に流し込んだ。 このゴールをキッカケに試合は一気に開かれた展開に。57分にはボックス手前でポーリが放った強烈なボレーシュートがDFにディフレクトして枠の右隅を捉えるが、ここはGKオルセンがビッグセーブ。直後にはボローニャのCKからロングカウンターに転じたローマがボックス左角度のないところからザニオーロが左足のシュートを枠に飛ばすが、古巣対戦のGKスコルプスキが見事なワンハンドセーブではじき出した。 行ったり来たりの展開を落ち着けたいローマは67分、クライファートを下げて頼れるカピターノを投入。すると、またしてもこの選手交代がゴールをもたらす。73分、左CKの場面でキッカーのコラロフがアウトスウィングのボールを入れると、ニアで競り勝ったデ・ロッシが頭でフリック。ファーでフリーのファシオが抑えの利いたダイレクトボレーで流し込んだ。 この2点目で大きく勝利に近づいたローマだが、攻撃的なカードを切ってゴールを目指すボローニャの反撃を受ける。82分にはゴール左に抜け出したファルチネッリに決定機を許すが、GKオルセンが一対一のピンチを凌ぐ。しかし、直後の84分には左サイドから強引に中央へ切れ込んだサンソーネにゴール前の密集を抜ける見事なシュートを決められて点差を縮められる。 それでも、デ・ロッシ、オルセンを中心とする守備陣がこれ以上の失点を許すことなく試合をクローズ。守護神オルセンの圧巻のセービングとセットプレー2発で勝ち切ったローマが辛くもボローニャを退けて公式戦3連勝を飾った。 2019.02.19 06:32 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマの新たな希望ザニオーロ、「永遠にローマに留まりたい」

ローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(19)がクラブへの忠誠を誓った。同選手がイタリアのテレビ番組『Le Iene』で語った。 今夏、元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランとのトレードで元イタリア代表DFダビデ・サントンと共にインテルからローマに加入した若きトレクァルティスタ。 シーズン当初は攻撃的MFの序列で3番手の評価だったが、190cm近い大型レフティは懐深いボールキープや力強い持ち上がり、繊細なボールタッチを生かした密集地帯での突破や視野の広さを生かしたチャンスメークとローマ攻撃陣を見事にけん引。直近のチャンピオンズリーグ(CL)のポルト戦ではCL初ゴールを含むドッピエッタの大活躍でチームを2-1の勝利に導いた。 すでに国内のライバル、ユベントスを始め国内外のビッグクラブの関心を集める超逸材だが、選手自身はクラブのレジェンド、フランチェスコ・トッティ氏のようにローマの象徴となる夢を抱いているようだ。 「僕はこのクラブの象徴になりたい。そして、僕の目標は永遠にローマに留まることなんだ」 「(フランチェスコ・トッティの足跡を辿るつもりか?) 自分がトッティのような存在になれるとは感じていないけど、ローマですべてのキャリアを過ごすことは夢だね。トライしたいと思っている」 なお、すでに5000万ユーロ(約62億4000万円)以上の値付けがされているザニオーロに関してローマは、現行契約の年俸27万ユーロ(約3370万円)を受け取っているとみられるザニオーロに対して、8倍増にあたる年俸200万ユーロ(約2億5000万円)の新契約を打診しているようだ。 2019.02.17 23:38 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:ローマ 2-1 ポルト《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦、ローマvsポルトが12日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが2-1で先勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ローマ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190213_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 83 ミランテ 5.5 失点はノーチャンス。難しい枠内シュートがほぼなかった中、的確なポジショニングとコーチングで最終ラインをサポート DF 24 フロレンツィ 6.5 機を見た攻撃参加に加え、大胆かつ繊細な守備でサイドに穴をあけず 44 マノラス 6.0 ソアレス相手に格の違いを見せ付ける堅守を披露も失点場面ではやや気を抜いたか 20 ファシオ 6.0 制空権を完全に握り、マイボール時は果敢な持ち上がりからジェコの決定機を創出 11 コラロフ 6.0 ペッレグリーニらとの良好な関係で再三の攻撃参加を見せた MF 4 クリスタンテ 6.5 中盤の肉弾戦で優位に。シンプルな捌きで味方に前向きなプレーを促す 16 デ・ロッシ 6.5 抜群のポジショニングと判断で中央の危険なエリアを攻略させず。冷静に縦パスを前線の味方に供給 7 ペッレグリーニ 6.5 攻守両面でダイナミズムを発揮。2点目の起点となるなどプレーの連続性が素晴らしくチームのリズムを作った (→エンゾンジ -) FW 22 ザニオーロ 7.0 CL初ゴールを含むドッピエッタの活躍でチームを勝利に導く。抜群のキープ力と献身的な守備でも貢献 (→サントン -) 9 ジェコ 7.0 2度ポストに嫌われるも、ザニオーロの2点を演出。強靭なフィジカルを生かしたキープ力でチームの攻め上がりを促した 92 エル・シャーラウィ 6.0 カウンターの起点として幾度も攻め上がりを見せ、先制点の起点となった (→クライファート -) 監督 ディ・フランチェスコ 6.5 不運な形での失点でアウェイゴールを許すも、それ以外はほぼ完ぺきな内容だった ▽ポルト採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190213_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 カシージャス 6.0 2失点を喫したが、安定したゴールキーピングで2ndレグの逆転に望みを繋ぐ DF 3 ミリトン 5.5 身体能力の高さを生かした守備で存在感。ただ、攻撃の局面での貢献は限定的に 28 フェリペ 5.5 焦れずに危険なスペースを埋めつつ気の利いたカバーリングを見せた 33 ペペ 5.5 ジェコのフィジカルに苦戦もうまく味方を動かしながら要所を締めた 13 A・テレス 5.5 守備は堅実にこなしたが、持ち味の攻撃参加はほとんど見せられず MF 25 オタビオ 5.5 献身的な守備に加え、中間ポジションでボールを引き出す仕事をこなした (→エルナニ -) 22 ダニーロ 5.5 球出しの局面で苦戦。対人守備ではよく身体を張った 16 H・エレーラ 5.5 攻守両面でチームにスイッチを入れようとしたが、あまり奏功せず 8 ブラヒミ 5.5 献身的なプレスバックやボールキープなど最低限の仕事はこなしたが無念の負傷交代 (→アドリアン・ロペス 6.5) 途中投入で貴重なアウェイゴールを決めた FW 29 ソアレス 5.5 幸運な形で1アシスト。前線で孤立する場面が多く相手の屈強なセンターバックコンビに抑え込まれた 37 フェルナンド 5.0 元神戸FWがCLデビュー。豊富な運動量と機動力で前線をかき回そうとしたが、あまり効果的ではなかった (→アンドレ・ペレイラ -) 監督 セルジオ・コンセイソン 5.5 ラツィオのレジェンドがオリンピコ帰還。試合内容では完敗もアウェイゴールを持ち帰る ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ジェコ(ローマ) 試合を決める役割はザニオーロに譲ったが、その2つのゴールをほぼ完ぺきにお膳立てするなど試合を通した貢献度は見事だった。相手の屈強な守備陣相手にクサビのボールを収め続けた。 ローマ 2-1 ポルト 【ローマ】 ザニオーロ(後25) ザニオーロ(後31) 【ポルト】 アドリアン・ロペス(後34) 2019.02.13 07:15 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース