【セリエAプレビュー】崖っぷちローマがインテルをオリンピコで迎え撃つ! 主役ナインゴランは欠場…《ローマvsインテル》2018.12.02 13:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第14節、ローマvsインテルが日本時間2日28:30にスタディオ・オリンピコでキックオフされる。開幕から低迷する7位のローマ(勝ち点19)と、ユベントス、ナポリの2強に食い下がりたい3位のインテル(勝ち点28)による重要なビッグマッチだ。▽今夏の大幅なチーム刷新が機能せず、開幕から低迷が続くローマ。前節、10連勝中だったお得意様ウディネーゼにまさかの敗戦を喫すると、直近のチャンピオンズリーグ(CL)では昨季から7連勝中だったオリンピコでレアル・マドリーに0-2の敗戦。他会場の結果、決勝トーナメント進出を決めたものの本調子ではないCL3連覇中の王者相手に攻守のイージーミスから流れを失って敗れた姿は現在のチーム状況を如実に表すものだった。

▽エースFWジェコ、チーム得点王のFWエル・シャーラウィ、キャプテンのMFデ・ロッシら主力を負傷で欠く厳しい状況の中で臨む難敵インテルとのホームゲームだが、今節の結果如何で解任の可能性も伝えられるディ・フランチェスコ監督としては勝利以外に現体制を維持することはできない。悲壮な決意を持って臨む指揮官をここまで期待に応え切れていない新戦力が救えるか。

▽一方、開幕2戦未勝利から一時7連勝で完全復調を見せたインテルだが、前々節にアタランタ相手に屈辱的な1-4の大敗を喫すると、格下フロジノーネ戦の勝利を挟んで臨んだCLでは敵地ウェンブリーでトッテナムに競り負け、自力でのグループステージ突破の可能性が消滅。もちろん、トッテナムは最終節に首位バルセロナとのアウェイゲームを残しているものの、突破を逃す可能性も十分に想定されるところだ。

▽その敗戦からバウンスバックが求められるスパレッティ監督率いるチームだが、リーグ戦では指揮官の古巣ローマ、開幕から圧倒的な強さを見せる首位ユベントスとの厳しい連戦が控える。仮に、この連戦で連敗を喫するようなことがあれば、スクデット争いはおろか、熾烈なトップ4争いに巻き込まれるため是が非でも勝ち点3を手にしたい。

▽昨季の対戦ではインテルが1勝1分けで勝ち越しているが、その前年はローマが連勝しており、ここ最近の通算成績はほぼ五分と言っていい。なお、今夏の移籍市場ではローマからMFナインゴランがインテル、インテルからDFサントン、MFザニオーロがローマにトレードで加入。サントンとザニオーロの古巣初対決は実現濃厚だが、オリンピコ初凱旋が期待された今回の主役の1人、ナインゴランはトッテナム戦でのケガによって欠場が決定的している。

◆ローマ◆
【4-2-3-1】

▽ローマ予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:オルセン
DF:サントン、マノラス、ファン・ジェズス、コラロフ
MF:クリスタンテ、エンゾンジ
MF:フロレンツィ、ザニオーロ、クライファート
FW:シック
負傷者:MFデ・ロッシ、チョリッチ、ロレンツォ・ペッレグリーニ、FWエル・シャーラウィ、ジェコ
出場停止者:なし

▽出場停止者はいない。負傷者に関してはデ・ロッシ、ロレンツォ・ペッレグリーニ、ジェコのセンターラインの主力3人に加え、直近のレアル・マドリー戦で負傷したエル・シャーラウィ、チョリッチも欠場が確定。その一方で、練習復帰したペロッティとパストーレに関しては何とかベンチに入った。

▽主力の度重なる離脱によって苦しい台所事情を強いられる中、ディ・フランチェスコ監督はスタメン選考に悩まされることになる。前線に関してはペロッティとパストーレが間に合わない限り、流れを変えられる選手がいないためサントンを右サイドバック、フロレンツィを右ウイングに配し、ジェンギズ、クライファートのいずれかをベンチに置く可能性が想定される。また、シック以外にセンターフォワードが不在なため、プリマヴェーラでゴール量産中のU-19スロベニア代表FWツェラルのデビューも見込まれる。

◆インテル◆
【4-2-3-1】

▽インテル予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:ハンダノビッチ
DF:ダンブロージオ、シュクリニアル、ミランダ、アサモア
MF:ヴェシーノ、ブロゾビッチ
MF:ポリターノ、ボルハ・バレロ、ペリシッチ
FW:イカルディ
負傷者:DFダウベルト・エンリケ、デ・フライ、MFナインゴラン
出場停止者:なし

▽出場停止者はいない。負傷者に関してはダウベルト・エンリケとトッテナム戦で足首を痛めたナインゴランの欠場が濃厚に。さらに、ヴルサリコは復帰可能もトッテナム戦で負傷交代したデ・フライに関してはベンチスタートが濃厚だ。

▽スタメンに関してはデ・フライに代わってミランダが先発に復帰し、コンディション次第ではボルハ・バレロ、ペリシッチに代わってジョアン・マリオ、ラウタロ・マルティネス、ケイタが先発を務める可能性もある。

★注目選手
◆ローマ:FWパトリック・シック
Getty Images
▽ローマの注目プレーヤーはエースFWジェコの代役を担うシックだ。昨夏、サンプドリアから鳴り物入りでローマに加入したシックだが、ジェコの高い壁を越えられず公式戦26試合でわずか3ゴールと期待外れの1年目となった。捲土重来を期して臨んだ今季は第12節の古巣サンプドリア戦でようやく今季初ゴールも公式戦11試合で1ゴールと昨季同様に厳しい状況は変わらず。しかし、チームではジェコとチーム得点王のエル・シャーラウィがいずれも3週間ほどの離脱を強いられることになり、チーム唯一のセンターフォワードである同選手が負う責任は非常に重くなる。

▽今回のダービーに向けては同じ2016年にサンプドリアに加入し、隣国スロバキアの将来を担う、同年代の元同僚DFシュクリニアルとマッチアップする。今やメガクラブの注目を集めるワールドクラスのセンターバックに成長したかつてのチームメートが守るゴールをこじ開け、苦境のチームに勝利をもたらしたい。

◆インテル:DFミラン・シュクリニアル
Getty Images
▽インテルの注目プレーヤーは若きディフェンスリーダーのシュクリニアルだ。前述のようにチェコ代表の若きエース候補シックと共にサンプドリアに加入したシュクリニアルは翌年にインテルへ加入。昨夏時点の市場評価はシックに劣っていたものの、ビッグクラブ初挑戦を感じさせない安定したプレーでインテルの最終ラインに君臨。今季はデ・フライ、ミランダと列強の代表チームで活躍する名手を抑えてセンターバックのファーストチョイスとなっている。

▽今季のCLではバルセロナFWスアレス、トッテンムFWケインというワールドクラスのストライカー相手に一歩も引かない好パフォーマンスを披露しており、市場価値をさらに高めている。今回のダービーではジェコではなくかつての同僚との対峙となるが、この1年間で培った経験、成長を見せつけるようなパフォーマンスが期待される。
コメント
関連ニュース
thumb

補強下手のユナイテッド、ローマの敏腕SD招へいに失敗…

▽マンチェスター・ユナイテッドがローマでスポーツ・ディレクター(SD)を務めるモンチ氏の招へいに失敗したようだ。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽モンチ氏は2000〜2017年までセビージャのSDとしてチーム編成を担当。そのセビージャでの仕事ぶりが評価され、2017年4月に4年契約+1年の延長オプションでローマの新SDに就任した。 ▽近年のユナイテッドはエド・ウッドワード最高経営責任者が補強を司っているが、ジョゼ・モウリーニョ監督の要求に応え切れておらず、今夏もセンターバックの新戦力獲得に失敗している。 ▽そのユナイテッドは、以前から関心が取り沙汰されてきたモンチSDにアプローチ。招へいを試みたが、本人からローマでの仕事に専念したい意向もあり、打診を断られてしまったという。 ▽そのため、ユナイテッドはかつてトッテナムやサウサンプトン、MKドンズで働き、現在RBライプツィヒに在籍するポール・ミッチェル氏にシフトした模様だ。 2018.12.17 11:30 Mon
twitterfacebook
thumb

クライファートがセリエA初弾含む1G1A! 2度のビハインド跳ね返したローマが6戦ぶりの白星!《セリエA》

▽セリエA第16節、ローマvsジェノアが16日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが3-2で勝利した。 ▽公式戦5試合未勝利で8位に低迷するローマと、先日にユリッチ監督を解任しプランデッリ新監督を招へいした15位のジェノアによる一戦。 ▽前節、9人のカリアリ相手に2点差を追いつかれる失態を演じたローマは、ミッドウィークのチャンピオンズリーグ(CL)でもビクトリア・プルゼニに敗戦。今回の試合で勝てなければ、ディ・フランチェスコ監督解任やむなしとの報道も出ている。必勝を期して臨んだこの一戦に向けてはシックを外してザニオーロを最前線で起用する[3-4-3]の新布陣を採用した。 ▽冷たい雨の降りしきる閑散としたオリンピコでスタートした一戦は緊張感から硬さが見えるホームチームに対して、よりリラックスしたアウィチームが伸び伸びとしたプレーでペースを握る。相手のウイングバックの上がったスペースを起点に縦への意識を見せるジェノアはクアメとピョンテクの2トップが立ち上がりからシュートを放っていく。 ▽なかなかリズムを作れない中、16分にはボックス付近での細かい繋ぎからジェンギズ・ウンデルのパスを受けたザニオーロにシュートチャンスもここは相手DFのブロックに遭う。すると、直後の17分にはヒリェマルクの低い弾道のミドルシュートを雨の影響かGKオルセンがまさかの後逸。これに詰めたピョンテクにネットへ流し込まれ、指揮官の進退が懸かった重要な一戦でミスからビハインドを背負うことに。 ▽何とか追いつきたいローマだが、セットプレー以外になかなかチャンスを作れない。それでも、31分には相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのフロレンツィが入れた低いボールをニアのザニオーロがフリック。これを中央のファシオが右足ダイレクトシュートで右隅に流し込み、同点に追いつく。だが、直後の33分に与えた右CKではキッカーのロムロが入れた速いボールをニアのサンドロに頭でフリックされると、これをファーのヒリェマルクにボレーで流し込まれ、同点からわずか2分で勝ち越しを許した。 ▽この試合でもメンタルの弱さを露呈したローマは再び反撃に出るが、焦りからか細かい連係ミスが目立ちリズムを掴めない。それでも、前半終了間際の45分にはカウンターから左サイドのコラロフの斜めのパスを中央のジェンギズがワンタッチで右サイドに流すと、快足を飛ばしたクライファートがボックス右に持ち込んでファーポストへ右足のシュートを流し込んだ。 ▽クライファートのセリエA初ゴールによって何とか2-2のスコアに戻して後半を迎えたローマ。キックオフ直後には右サイドを突破したフロレンツィの低いクロスをGKが前にこぼすと、これをジェンギズが無人のゴールへ蹴り込みにいくがシュートをふかしてしまう。すると直後の49分には最終ラインの背後を取られて波状攻撃からラゾビッチにシュートを決められるが、ここはビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、オフサイドの判定でゴールは認められず。 ▽辛くもVARに救われたローマは開き直って攻勢を強めると、59分にこの試合初めてリードを奪う。中央のエンゾンジからクサビのパスを受けたクリスタンテが浮き球の短いパスをクライファートに。そして、小兵アタッカーの頭でのリターンパスを受け直したクリスタンテが豪快な右足の弾丸シュートで2戦連続ゴールとした。 ▽試合をひっくり返されたジェノアはペドロ・ペレイラ、ロロン、パンデフと続けて3枚の交代カードを切ってこの試合で始めて追撃態勢に入る。対するローマはここ数試合の反省を生かして守りに入らず、トドメの4点目を狙う。 ▽その後、ジェンギズとクライファートを下げてサントン、シックの投入で試合を締めにかかるローマは、コラロフやクリスタンテに4点目のチャンスが訪れるも決めきれない。逆に、サイドの深い位置を取られてはピョンテク、パンデフにあわや同点ゴールという決定機を許す。それでも、何とか相手の反撃を泥臭い守りで凌ぎ切ったローマが逆転で公式戦6試合ぶりの勝利を掴んだ。 2018.12.17 06:28 Mon
twitterfacebook
thumb

【CLグループG総括】2強順当突破も昨季の面影なし

▽CL3連覇中のレアル・マドリー、昨季ベスト4のローマと、CSKAモスクワ、ビクトリア・プルゼニの東欧勢と2強2弱の構図が明確となったグループG。しかし、2強の突破という順当な結果とは裏腹に今グループステージで最もカオスを生むグループとなった。 ■グループG順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.レアル・マドリー[12/4/0/2/7] 2.ローマ[9/3/0/3/3] 3.ビクトリア・プルゼニ[7/2/1/3/-9] 4.CSKAモスクワ[7/2/1/3/-1] ◆絶対王者の面影なし~レアル・マドリー~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181213_34_tw2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽CL3連覇中の絶対王者は比較的組み合わせに恵まれたグループステージをきっちり首位で通過したが、そこに絶対王者の面影はなかった。今夏、ジダン前監督とエースFWクリスティアーノ・ロナウドが去ったマドリーだったが、国内リーグでは開幕3勝1分けと上々のスタートを切った。ローマとのCL初戦でも3-0の快勝発進をみせ、偉大な指揮官とエースの不在を感じさせなかった。 ▽しかし、国内リーグでセビージャ相手に0-3の大敗を喫すると、ここから王者らしからぬ精神面の脆さを露呈し、第2節のCSKAモスクワ戦では格下相手にまさかの敗戦。その後、ビクトリア・プルゼニ戦での辛勝で一時立て直すもクラシコでの大敗を受けて、ロペテギ前監督が解任。ソラーリ新監督の下で再スタートを切ったチームはプルゼニ、ローマ相手に大勝を飾り、最終節を残して首位通過を決めたものの、一部主力を温存したCSKAモスクワ戦ではサンティアゴ・ベルナベウで屈辱の0-3の大敗を喫し、ネガティブな形でグループステージを終えることになった。守備面の緩さに加え、C・ロナウド不在を大きく感じさせる迫力不足の前線と課題山積みの中、実力者揃いの決勝トーナメントを勝ち抜き4連覇を果たすのは至難の業だ。 ◆好不調の波が大きく安定感欠く~ローマ~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181213_34_tw3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽バルセロナを破るなど見事な快進撃を見せてリバプールと共に昨季CLを沸かせたベスト4チームのローマだが、今夏大きく舵を切ったチームは厳しいグループステージを過ごすことになった。守護神アリソン、MFナインゴラン、MFストロートマンと昨季ベスト4進出の功労者を放出し多くの新戦力を加えたローマは開幕から不振に陥った。CLではレアル・マドリー相手の初戦を落とした後、エースFWジェコとMFジェンギズ・ウンデルの活躍でプルゼニ、CSKAモスクワとの連戦で3連勝も試合内容自体は低調さが目立った。 ▽その後、国内リーグにおける不振とジェコやMFデ・ロッシ、FWエル・シャーラウィなど主力の故障に悩まされたチームはレアル・マドリー、プルゼニ相手に自滅感満載の内容で連敗。プルゼニとCSKAモスクワの潰し合いで辛くも2位通過を決めたものの、ディ・フランチェスコ監督の解任報道が盛んに伝えられるなど、突破以外にポジティブな要素なしで決勝トーナメントに臨むことになる。 ◆組織的な戦いぶりで健闘~ビクトリア・プルゼニ~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181213_34_tw4.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ローマ相手の金星を含めて2勝を挙げたチェコ王者は堂々とした戦いぶりで3位でのヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント進出を決めた。チェコ代表選手を中心にスタープレーヤー不在のプルゼニだったが、組織力と献身性を生かしたコンパクトな守備、国内王者らしい勝負所を見極めたカウンターを武器に安定した戦いぶりを披露した。レアル・マドリー、ローマ相手に0-5の大敗を喫した2試合を除きチームとしてきっちりゲームプランを遂行できており、その集大成となった最終節のローマ戦だ。他会場でCSKAモスクワ大量リードという状況にも関わらず、必要以上にリスクを冒して戦うことはなく公式戦5戦ぶりの勝利に躍起になる相手に対して老獪な試合運びで我慢比べを制した。 ◆最下位も絶対王者を粉砕~CSKAモスクワ~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181213_34_tw5.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽最下位での敗退も絶対王者にダブルをかます今グループステージ最大のインパクトを残した。DFイグナシェビッチ、ベレズツキー兄弟と守護神アキンフェエフと共に長年チームの屋台骨を支えた大ベテランがチームを去った中、若手主体のチームに生まれ変わった今季のCSKAモスクワ。すると、MFヴラシッチやFWチャロフ、MFアルノル・シグルドソンら活きのいい若手が躍動感あふれるプレーをみせ、ホームではヴラシッチ、アウェイではチャロフ、シグルドソンが圧巻のパフォーマンスを披露しレアル・マドリーを粉砕してみせた。その中で今夏ベガルタ仙台から加入したFW西村拓真はローマ戦、レアル・マドリー戦の試合最終盤の数分間しかプレータイムを与えられなかったが、大舞台の空気を味わえたことは今後のキャリアにおいて大きな経験になるはずだ。 2018.12.14 12:00 Fri
twitterfacebook
thumb

低調ローマに競り勝ったプルゼニが3位確定でEL決勝Tへ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)のグループG最終節、ビクトリア・プルゼニvsローマが12日に行われ、ホームのプルゼニが2-1で勝利した。 ▽前節、最下位のCSKAモスクワ(勝ち点4)を破って同勝ち点も当該成績で3位に浮上した ビクトリア・プルゼニ(勝ち点4)と、すでに2位通過を決めたものの直近の公式戦4戦未勝利でディ・フランチェスコ監督の解任報道も出ているローマ(勝ち点9)によるグループG最終戦。 ▽直近のリーグ戦で9人のカリアリ相手にまさかのドローゲームを演じたローマは5戦ぶりの勝利を目指す。そのカリアリ戦からは先発4人を変更。35歳でCLデビューのGKミランテ、サントン、マルカノ、パストーレとベテランが新たにスタメンに入った。 ▽細かい雪が降りしきる中でスタートした一戦はやや動きの少ない入りに。ボールを保持するローマはクライファートとジェンギズ・ウンデルの両ウイングがハーフスペースでボールを受けながら細かいパス交換で揺さぶりをかけていく。20分過ぎにはクライファートの背後を取る動きやパストーレのミドルシュートで相手ゴールを脅かす。 ▽一方、自陣で堅固な守備ブロックを形成しつつ相手のサイドバック裏のスペースを使ってカウンターを試みるホームチーム。26分には波状攻撃からゴール前でルーズボールに反応したコヴァリクに絶好機もここはシュートをふかしてしまう。 ▽前半終盤にかけては攻めあぐねる場面が目立つローマに対して、プルゼニの要所で見せるカウンターが機能。38分にはコヴァリクの続けざまのクロスにゴール前のチョリーが飛び込むが、これはわずかに届かず。それでも、ゲームプラン通りに試合を進めたホームチームが最低限の0-0で前半を終えた。 ▽迎えた後半、開始直後に右サイド深くに侵攻したエンゾンジのクロスからクライファートに決定機も決め切れないローマ。すると、前半同様に相手のカウンターに晒されると、62分には中盤でのロストからショートカウンターを浴びると、ボックス右でコピツが斜めに入れたグラウンダーのクロスをコヴァリクにワンタッチで流し込まれ、先制点を献上した。 ▽それでも、すぐさま反発を見せたローマは68分、エンゾンジの右サイドへの展開からサントンがボックス中央に折り返す。これをジェンギズが左足のダイレクトシュートでゴール左隅へ流し込んだ。 ▽この同点ゴールで一気に形勢逆転と思われたが、リズムを掴み切れないローマは直後に再び勝ち越しを許す。72分、相手のロングカウンターからホロソフスキの右サイドからの精度の高いフィードを胸トラップしたコヴァリクに決定的なシュートを放たれるが、これはGKミランテがビッグセーブ。しかし、こぼれ球をチョリーにダイビングヘッドで流し込まれた。 ▽その後、75分を過ぎてフロレンツィ、ルカ・ペッレグリーニと選手交代で流れを変え意に行くローマだが、この交代が裏目に。85分を過ぎてルカ・ペッレグリーニが不用意なファウルで続けてカードをもらい、退場処分に。最後は決死のパワープレーで同点を目指したものの試合はこのままタイムアップ。ホームで勝ち切ったプルゼニが3位でのEL決勝トーナメント進出を決めた。一方、すでに突破を決めていたローマだが、公式戦5戦未勝利と泥沼から脱することはできなかった。 2018.12.13 05:08 Thu
twitterfacebook
thumb

9人のカリアリにラストプレー被弾のローマ、痛恨ドローでディ・フランチェスコ解任必至か《セリエA》

▽ローマは8日、セリエA第15節でカリアリとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。 ▽前節インテル戦を2度のビハインドを負いながらも引き分けに持ち込んだ7位ローマ(勝ち点20)は、引き続きディ・フランチェスコ監督の首が危うく負傷者を多数抱える中、現状のベストメンバーを送り込んだ。 ▽ここ3試合引き分けている13位カリアリ(勝ち点16)に対し、[4-2-1-3]で臨んだローマは3トップに右からジェンギズ、シック、クライファート、トップ下にザニオーロを起用した。 ▽そのローマが立ち上がりから押し込むと、3分にザニオーロが際どいミドルシュートを浴びせる。そして、良い入りを見せたローマが14分に先制した。右クロスをクライファートが丁寧に後方に落とし、ペナルティアーク中央のクリスタンテが左足ミドルでゴール左へ叩き込んだ。 ▽先制後もジェンギズのボレーシュートでゴールに迫ったローマは、20分にもクリスタンテがミドルシュートでカリアリを脅かしていく。 ▽前半半ばからハーフタイムにかけてカリアリの反撃を受けたローマだったが、41分に突き放した。ゴール正面で得たFKをコラロフが直接狙うと、壁に当たってディフレクトしたボールがゴール右に決まった。 ▽そして45分のD・ファリアスのボックス左からのシュートをGKオルセンが防いで前半を2点リードしたまま終えた。 ▽迎えた後半開始7分、ローマはルーズボールを拾ったボックス左のザニオーロが強烈なシュートでGKを強襲。続く61分にもザニオーロがボックス右から右足で際どいシュートを浴びせて主導権を渡さない。 ▽後半半ば過ぎから守勢に回るローマは、クライファートに代えてDFのルカ・ペッレグリーニを投入。しかし84分に1点を返される。右CKからジョアン・ペドロにヘッドでフリックされ、ファーサイドのイオニタに頭で押し込まれた。 ▽試合終了間際、決定機を逸したカリアリはファラーゴとスルナが退場するアクシデントに見舞われ、ローマがこのまま逃げ切るかに思われた。ところが追加タイム5分、スルーパスに抜け出したサウにGKとの一対一を制されてまさかのドロー。9人のカリアリにゴールを許し、勝利を掴み損ねてしまった。 2018.12.09 04:08 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース